非常に危険!犬の爪を放置し続けるとどうなるの?

7735view

非常に危険!犬の爪を放置し続けるとどうなるの?

犬の爪を切らずに放置し続けると、爪が割れたり折れたり、爪が肉球に食い込んでしまったりなどの危険が伴います。また、犬の爪が持つ大切な役割を失ってしまう可能性もあるんです。

愛犬の爪切りの頻度はどれくらいですか?

トイプードルと爪切り

犬の爪って意外と伸びるのが早いですよね。みなさんの愛犬の爪切りの頻度はどれくらいでしょうか。

うちの愛犬のポメラニアンは2ヶ月に1回です。1ヶ月に1回の頻度で爪切りをされる方もいらっしゃると思います。

うちの愛犬のミックスは爪切りをほとんどしません。前足にある狼爪のみを1ヶ月に1回切っています。

その他の爪は全く伸びません。伸びないというよりは、毎日のお散歩で削れている、という方が正しいと思います。

狼爪(ろうそう)を知っていますか?

爪と肉球

狼爪は、犬の前足にあり、後ろ足にはありません。人間で例えるなら親指のようなイメージでしょうか。

狼爪は、ある犬とない犬がいるそうです。ない犬は、ブリーダーによって生まれてすぐに切除された可能性があります。

無麻酔で行われ、とても強い痛みを伴うのだそうです。うちの愛犬たちには狼爪があり、先が鋭く尖ってしまいやすいため、こまめにチェックしています。

犬の爪を切らずに放置し続けるとどうなるの!?

犬の足と爪

狼爪は地面に触れることがありませんが、その他の爪は地面に触れるため、うちの愛犬のミックスのように自然と削れていることがあります。

しかし、延びた爪の先が地面に触れるということは、手足の指が押し上げられることでカラダを支えにくくなり、とても不安定な状態になります。

四肢の骨格バランスの乱れに繋がってしまう可能性もあります。

血管と神経が伸びてしまう!

犬の爪には血管と神経が通っています。爪を長く伸ばしてしまうと、血管も神経も伸びてきてしまい、爪を短く切ることができなくなってしまいます。

そうなってしまうと、爪が長い状態のまま過ごさなければならず、手足を痛めてしまう原因にもなりかねません。

巻き爪になってしまう!

犬の爪も人間と同じように巻き爪になってしまうことがあります。

ケージやカーペットなどに爪が引っ掛かりやすくなってしまったり、爪が割れたり折れたりなどの危険性もあります。

肉球に食い込んでしまう!

人間の爪は縦に伸びていきますが、犬の爪は巻くように伸びていくため、切らずに放置し続けると、やがて肉球に食い込んでしまいます。

外にずっと繋がれたままお世話をしてもらえず、爪が伸びすぎて肉球に食い込みそうになっている状態で発見された犬を見たことがあります。

食い込む手前ではありましたが、爪が肉球に当たり、歩くだけでもとても痛かっただろうなと思います。

犬の爪には役割がある!

走るドーベルマン

うちの愛犬たちの爪は、前足が5本・後足が4本です。前足の狼爪がない犬は、前足も後足も4本かと思います。まれに後足にも狼爪がある犬もいるようです。

みなさんの愛犬の爪は何本あるでしょうか。

犬の爪には、「地面をしっかりと捉え、滑らないようにする!」という重要な役割があります。スパイクとしての役割もあり、長距離を走ることに適しているのだそうです。

犬の爪って、とても太くて頑丈ですよね。
うちの愛犬のミックスは急斜面に上ることが好きなのですが、太くて頑丈な爪があるからこそできるんだろうなと思います。

狼爪にはどんな役割があるの?

地面と触れることのない狼爪ですが、斜面を上るときのスパイクの役割を持っているとされています。

急斜面を上ることができるのは、太くて頑丈な爪を持っていることだけではなく、狼爪を持っていることにもあるようです。

短く切りすぎてもダメ?

短く切り過ぎてしまうと血管や神経を傷つけてしまう恐れがあります。血管ギリギリまで切るのって難しいですよね。

短く切りすぎてしまうと踏ん張ることができず、滑りやすくなる可能性があります。

歩くときに爪が地面に触れてカチカチ音が鳴ってしまわない程度に切ると良いのではないでしょうか。

ご自分で切ってあげる際には深爪になってしまったり、血管や神経を傷つけてしまわないように十分に注意しなければなりません。

爪切りが苦手なのであれば、獣医さんやトリマーさんにお願いするのがベストです。

まとめ

前足と爪

  • 血管と神経が伸びてしまう!
  • 巻き爪になってしまう!
  • 爪が肉球に食い込んでしまう!

犬の爪を切らずに放置し続けると、このような危険が及んでしまいます。

また、犬の爪は伸ばしすぎても短くしすぎても、大切な役割を失ってしまう可能性があります。愛犬の爪は伸びていないかな?と、こまめにチェックしてあげてください。

乾燥する季節には犬の爪も割れやすくなってしまうので、保湿クリームなどでケアしてあげるのがおすすめです。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 女性 GRAY

    狼爪っていうんですね。いつも不思議でした。スパイクのような役割ということで納得です。
    うちの子は爪が伸びるのがとても早い気がします。
    ただ、昔飼ってたミックス犬の時に自分で切ってあげようとして爪から出血してものすごく驚いたことがあり、爪にも神経と血管が通っているのをそこで初めてしりました。
    今はその時のことがトラウマで自分で切ってあげることは出来ないのですが
    従姉妹がペットショップで働いていたこともあり従姉妹に切ってもらうこともあります。
    地面に両足が付いた時に全く爪が地面に付かないのは切りすぎです。
    ちょっと伸びてる??ぐらいの方がベストだということですが、素人はやっぱり難しいですよね。
    飼い主さんがご自身で爪切りしてあげている方にお願いですが、カットしたあとは出来れば少し爪用のやすりで研いであげてください。爪切りで切ったままだと意外に鋭い状態で飛びついた時など凶器になってしまいます。
    また、もしカットしたときに血管が切れたときは止血クリームを塗ってあげて化膿しないようにしてください。その時のクリームは特別なものではなくてもいいそうです。
    天然成分のクリームなど刺激の少ないものであればいいそうです。
    クリームを塗ることで「膜をはる」ような役割をしてくれるとのこと。
    記事にもあるように爪もほおっておくと巻き爪になり肉球に食い込んだり、血管と神経がのびると爪を切ることに痛みが発生し、ワンコが爪切りの度に痛い思いをしなければいけなくなります。
    こまめにチェックして月に一回ぐらいは爪切りしてあげるのが理想的です。
  • 30代 女性 まる

    犬の爪を切るのがいつも怖くて中々、自分で切ってあげれません…(汗)なのでトリミングの時に切ってもらったり、旦那に切ってもらったりしています。爪を切るのがこわい場合は動物病院で切ると500円くらいで行ってくれるそうですよ。安価ですし、いつも利用している動物病院なら安心出来ますよね。
    それにしても、爪を伸ばしていると神経や血管も伸びてしまうなんて知りませんでした。我が家は月に一度切っているのですが、どれくらい伸ばすと神経や血管が伸びてしまうんでしょうね…?ただ確かに狼爪以外はアスファルトなどで削られているのかあまり伸びている様子がありません。狼爪は放っておくとすぐに巻爪になってしまうのでいつも気にしています。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。