犬の爪切りを嫌がるワンコと黒いツメの対処法

犬の爪切りを嫌がるワンコと黒いツメの対処法

あなたは愛犬の爪切りを自信を持ってできますか?特に、黒い爪の犬の爪切りはとても難しいですよね。犬の爪切りを怠ると、様々なトラブルの原因になるから注意が必要です。ここでは犬の爪切りについて、黒い爪の切り方のコツも合わせてご紹介します。

お気に入り登録

犬の爪切りに準備するもの

犬の爪切りに準備するもの

自宅で愛犬の爪を切る場合、次のような道具を用意しておきましょう。

犬用爪切り

犬の爪は筒状になっているため、割れやすく、人間の爪切りで切ることはできません。必ず犬用の爪切りを用意してください。

犬用爪切りには、「ニッパータイプ」と「ギロチンタイプ」の2種類があります。

ギロチンタイプは、爪を固定して切ることができるため初心者におすすめです。

中でも「犬用爪切りZAN(斬)」は、動物病院やトリミングサロンなど専門家にも愛用されています。

ペット用つめきり ギロチンタイプ

廣田工具製作所 ペット用つめきり [ZAN] ギロチンタイプ M サイズ
¥1,664円(税込)

コットン、脱脂綿、ガーゼなど

深爪して血管まで切ってしまった時に、出血することがあります。

その際に、コットン・脱脂綿・ガーゼなどで抑えて止血するため用意しておきましょう。

下記は、あると便利なものです。

爪やすり

ペット用やすり

爪やすりは、特に黒い爪を切る時に活躍します。

爪切りである程度切った後に、爪やすりで血管が見える直前まで削る時に使用します。

また、最後の仕上げに爪の切り口をなめらかにします

クイックストップ(止血剤)

万が一、爪切りで血管を切ってしまったときのために止血剤を用意しておくと良いでしょう。

出血した患部に塗ることで、瞬時に止血することができます。

クイックストップは、動物病院でも使われている商品です。

文永堂薬品 クイックストップ

【動物用医薬品】文永堂薬品 クイックストップ 1/2オンス(約14g)
¥2,750円(税込)

犬の爪を切るタイミング

伸びきった犬の爪

家の外で飼っている愛犬や、散歩をよくする愛犬の場合、地面と爪がこすりあわされることにより自然に爪が磨耗していきます。

そのため、爪の手入れをする必要がほとんどありません。

一方で、室内犬や、あまり散歩をしない犬の場合は、削れる機会が少いため爪がどんどんと伸びていきます。

そのため、爪の先が床や地面に着くようになった時が、爪を切るタイミングになります。

犬がフローリングの床などを歩いて、カチャカチャと爪があたる音がするようになったら、ただちに爪切りをしましょう。

爪を伸びたままにしていると危険

犬の爪は筒状になっていて、その中に血管が通っています。厄介なのは、爪が伸びるとこの血管もいっしょに伸びてしまうことです。

そのため、爪を伸びたままにしていると、爪切りをした際にこの血管も一緒に切ることになり、愛犬に痛い思いをさせてしまうことになってしまいます。

また、爪が伸びていると、自分の体を掻いたときに誤って皮膚を傷つけてしまいます。歩いていても、爪に物が引っかかりやすくなります。

限界まで伸びすぎてしまった場合、爪が皮膚にめり込んで痛みを伴うことにもなってしまいます。

最悪な場合、爪がぽっきり折れてしまったり、指先から爪が抜けてしまったりすることもあります。

そうなってしまうと、場合によってはひどく出血すこともあるので、愛犬も飼い主もとても辛い思いをすることになってしまいます。

そうなる前に、早めの爪切りで正常な長さに保ってあげましょう。

上手な爪切りのコツ

爪切りの途中の犬

落ち着いて、優しく、素早く切る

犬の爪切りは、足を無理やり引っ張らないように、声をかけながら優しく固定して、素早く切るようにしましょう。

飼い主が不安がっていると、愛犬にも不安が伝わってしまいます。

そうすると、ますます愛犬は爪切りを怖く感じてしまいますので、心を鎮めて爪切りにのぞみましょう。

血管を傷つけないように意識する

爪の断面図のイラスト

犬用の爪切りを使っているからと言って、深爪は厳禁です。

爪が伸びすぎていると、ついたくさん切ってしまいたくなりますが、一気に切ろうとすると血管を傷つけることがあるため注意が必要です。

地面についている爪の先を切るだけでも、爪切りの効果はありますので、一気に切ろうとしないように心がけておきましょう。

黒い爪の切り方のコツ

黒い爪の切り方

黒い爪の犬は、爪の中の血管が見えないため、どこまで爪切りして大丈夫なのか判断がとても難しいです。

黒い爪の場合、断面を確認しながら切る

黒い爪を切る場合も、一気に切ってしまわないように少しずつ切り進めていきましょう。

最初は白っぽい乾いた断面ですが、切り進めるうちに、やや黒っぽくなり少し湿った感じに変わります。

その先が血管になるため、そこで切るのをストップしてください。

後は、やすりで削って整えてあげると良いでしょう。

なお、黒い爪も、日光にあててよく見てみると、爪が透けて血管の位置を確認できることもあります。

また、自分で爪切りをする前に一度プロに切ってもらい、どれくらいまで切って大丈夫なのか、写真に撮っておくこともおすすめです。

爪切りを嫌がる犬の場合

お腹の下に手を通して持つ

自分で愛犬の爪を切ろうとしたけれど、暴れてとても爪を切れるような状態ではない、ということもあるでしょう。

愛犬が爪切りを嫌がる場合、前足の爪から切ろうとしているということはないでしょうか?

前足を触られるのを嫌がるわんちゃんは意外と多いです。

爪切りの時、写真のように、小型犬の場合は片手を犬のお腹の下に通して持ち上げると、大人しく爪切りをさせてくれます。
(写真はわかりやすくしていますが、実際は安全のためすぐ下に机や台があります)

それでも嫌がる場合は、無理をさせずにゆっくり行いましょう。1日片方の足だけ、4日で完成といった具合でも問題ありません。

また、普段から前足や後ろ足を優しく触って、もたれることに慣れるようにしておきましょう。

しっかりと前足を持たせてくれるようになったら、本当にちょこっとだけ爪を切ります。

沢山切ると、失敗した時にその衝撃が大きくなってしまうので、少しずつ切って、まずは慣れさせることが大切です。

関連記事
犬が爪切りを嫌がる理由と対処法から注意点まで
犬が爪切りを嫌がる理由と対処法から注意点まで

爪切りを嫌がる犬に、苦労している飼い主さんも多いのではないでしょうか。爪が長く伸びすぎてしまうと、犬が怪我をしたり骨格変形をおこしたりする危険があるため、嫌がるからといって、伸ばしたままにしておくわけにはいきません。今回は、犬が爪切りを嫌がる理由から対処法までを紹介します。

  • お手入れ
  • 爪切り

犬の爪切りで注意すること

みんなからの犬の爪切りの注意事項

最後に、皆さんから寄せられた、犬の爪切りの注意点をご紹介します。まだ、犬の爪切りを経験していない人は参考にしてみてはいかがでしょうか?

女性 20代
・爪切りで血管をきらないこと!

わんちゃんの爪を切る時に、血管を切らないよう注意が必要です。

白い爪の場合はピンク色の細長いものが爪の中心に伸びているのですが、これの少し手前で爪を切ります。

だだ、黒い爪の子は一気に切らずに、角を取るようにちょっとずつちょっとずつ切り進めていきます。

すると、爪を切った断面の真ん中になんとなく質感の違う少し湿ったような部分が現れます。ここが血管をぎりぎりの目安。

これ以上切ると出血しますので注意しましょう!

・爪切りの際に保定をしっかりする

保定がしっかりできていないと、わんちゃんが転倒したり、関節を痛めてしまいます。

わんちゃんの関節の動きかたをよく観察し、どう動かしたら良いのか、どう動かしたら痛みが出たり負担がかかるのか見極めましょう。

ポイントはわんちゃんの体と自分の体を密着させて、わんちゃんを立たせて、切る肢の関節を押さえて爪を切ることです。

・もしもの時のために止血剤を用意

気を付けていてもつい深爪をしてしまい、わんちゃんの爪から出血してしまうこともあります。

その時、慌てないために事前に止血剤を用意しておきましょう。

ペットショップやネットで購入できます。

女性 30代
自宅で犬の爪を切るときは、嫌がったり痛がった時は無理に続けない事です。

「爪切り=怖い」とイメージがついたらトリミングに出した際に非常にストレスになります。

トリミングの際に暴れたりしても追加の料金がつく時もあります。

無理に切ろうとせずに徐々にわんちゃんも飼い主さんも慣れる事が大切だと思います。

だからと言って爪切りが億劫になると、爪の神経が延びるので、小まめに切ることが大切です。

動物病気等で教えてもらったりしてもいいと思います。

女性 30代
・我が家ならでわの爪切りの方法

爪切りを行う時の体勢


ココアは、爪が黒いので少しづつ切ります。爪を切り過ぎると出血してしまうので慎重に行います。

万が一出血してしまった時の為に、ニッパーの他に止血剤の準備もオススメ致します。

また、飼い主が不安がったり、緊張したりすると犬に伝わり体をバタバタしてやりづらいので、私がリラックスして音楽を聴きながら爪切りを行います。

最近は、ココアも嫌がらず、爪切りの時間も短縮され爪切りがやり易くなりました。宜しければ、一度お試し下さいませ。

女性 20代
わんちゃんの爪切りは、飼い主さんがやるのは大変ですよね。

私も基本的にはトリミングの時にお願いしていますが、時々自宅で自分でやる時もあります。

自分で犬の爪切りをする際に注意することは、まず大きく切りすぎず少しずつ切っていくことです。

わんちゃんの爪にも神経や血管があるので、あまり深く切りすぎるとその部分にダメージを与えてしまいます。

また、大人しく切らせてくれない場合もありますので無理矢理ですとケガに繋がります。

ですので、1本切ったらお互い休憩して、気長に、わんちゃんがリラックスしているのを見ながらやるといいと思います。

女性 40代
犬の爪を切る際、色々と注意すると良い点があります。

小型犬や運動量の少ないわんちゃんは、割と爪が伸びやすいので日々のケアも大切になってきます。

犬の爪切りをする際は、爪切りのほかに、止血剤や爪やすりがあると便利です。

注意点としては、爪を短く切り過ぎると、爪の中に通っている血管や神経を傷つけて出血してしまう場合がありますので気をつけましょう。

出血してしまった場合はあわてすに、止血剤を使ってください。

爪を短く切り過ぎないポイントは、一気に切り過ぎずに少しずつ切るようにすることです。

次に注意することは、わんちゃんをしっかり安定させて、押さえてあげることです。

わんちゃんが暴れたりしていると、怪我の原因にもなってしまいますので、しっかり押さえるという事も忘れずにしてください。

まとめ

爪切りしている犬

病院やトリミングの時に、爪切りをお願いしている方も多いかと思います。

しかし犬が老犬となり介護が必要となった時、家で一通りの世話を飼い主が行った方が、犬のストレス軽減となります。

頑張って爪切りにチャレンジをしてみてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。