犬が怒る4つのこと。理由や対処法について

24675view

犬が怒る4つのこと。理由や対処法について

犬はとても優しい動物です。しかし、行動によっては犬が怒ることもあります。この記事では、犬が怒ることを4つご紹介していきたいと思います。あなたも、愛犬を気づかぬうちに怒らせていないかどうかをチェックしてみましょう!

犬だって怒る!

怒っている犬

犬はとても寛大な動物です。私たちの失敗にも穏やかに接してくれます。しかし、どうしても我慢できないこと、嫌なことがをされると「怒る」という表現で私たちに伝えてきます。犬が怒るときには、

  • 鼻にシワを寄せる
  • 歯を見せる
  • 唸る
  • 吠える
  • 噛みつく

などの表現をして伝えてきます。では、具体的にどのようなことに対して犬は怒るのでしょうか?犬が怒ることとその理由、対処法を学んでいきましょう。

犬が怒ることその1:大切なものを取られた

怒りそうな犬

人間でも自分の大切なものをいきなり取り上げられたら嫌ですよね。犬にも「所有」という概念があり、自分の大切なものが分かっています。犬が「大切なもの」としやすいものとしては、

  • ごはん
  • お気に入りのおもちゃ
  • 子犬(母犬の場合)

などが挙げられます。これらを扱うときは特に注意をしましょう。

対処法

「取り上げない」「触らない」ことが1番です。犬がごはんを食べている時などは邪魔をしないようにしましょう。絶対に途中で取り上げたりしてはいけません。どうしても取り上げなければならない場合は、犬の注意を逸らしてタイミングを図りながら取り上げましょう。

犬が怒ることその2:暴力をふるわれた

吠える犬

暴力をふるわれ、防衛本能から反撃したり、「やめて欲しい」ことを表したりするために怒るという表現をします。

対処法

どんなにイライラしても、愛犬に対して暴力はふるわないようにしましょう。あなたの表情や雰囲気で、あなたの怒りは犬に十分伝わります。

犬が怒ることその3:苦手なことをされた

苦手な事をされそうな犬

爪切りや歯磨きなど、そのワンちゃんが苦手なことを無理にしようとしていませんか?「いやだよ!やめてね!」という意味を込めて怒りを表しています。

対処法

愛犬の苦手なことへのイメージを変えましょう。たとえば、歯磨きが嫌いなワンちゃんは「初めての歯磨きの時に苦しかった」「歯ブラシが痛かった」などマイナスのイメージがついていると思われます。「少しずつ」「ご褒美をあげながら」など愛犬が少しでも良いイメージを持てるように工夫してあげましょう。

犬が怒ることその4:縄張り、権力争い

二匹の犬

飼い主さんがワンちゃんのお気に入りの場所やお家を掃除したりしていた際に中に入った時やご家庭でワンちゃんを数匹飼っていたり、もしくは他の動物を飼っていたりしてた際にその子たちがワンちゃんのお家やお気に入りの場所に入った時、ワンちゃんが怒ったりそわそわしているような様子をしているのを見たことはありませんか?

それは自分の居場所や縄張りを占有されるのが犬の本能で嫌だから怒ってしまったり、飼い主さんに対しても信用しているからこそどうして?というような気持ちがあって困惑しているんです。

対処法

ワンちゃんのための場所、人のための場所、共有する場所。といった線引きをしっかりすることでワンちゃんにもストレスを与えなくて済むし、しつけにも繋がり一石二鳥だと思います。

愛犬が怒る行動に関する調査

虫眼鏡から覗いている犬

「愛犬が怒る行動」について、飼い主さんたちにアンケートを取ってみました。些細なことから当たり前だと思うことまで、犬が怒るポイントは様々です。愛犬とトラブルのない生活を過ごすための参考にしてください。


女性 40代
耳の中を触ったとき。寝起きに構いすぎたとき。


女性 40代
他の犬が顔をくっつけて来ると、鼻をピクピクさせ、しつこくされると怒って噛み付く。


女性 30代
掃除機をかける時。
玄関のポストに、外から投函された時。
冷蔵庫の自動製氷機から、氷が落ちる音がした時。
ゴミなどをくわえて離さないのを無理やり取り上げた時


女性 40代
犬猫など動物が映るだけでテレビでさえも吠えまくる(笑)
でも、人が何をしても怒らない…


女性 50代
先住犬は2頭目が来てから、おもちゃで遊んでいるときに、横取りされそうになると怒ります。穏やかな子で、今までは怒ったことがないので、おもちゃは、よっぽど大事なのでしょうね。


男性 50代
机の下でなにかを噛んでいるときに足を引っ張って出すときは唸り声をあげます。


女性 40代
靴下やハンカチをたたんでいる時に犬が咥えて持って行ってしまい、それを取り返そうとした時。


女性 40代
愛犬が寝ているとき、子供(17歳ですが…)が触れるとウーと唸ります。酷い時は近くに寄っただけで唸るときも…
私が愛犬を抱いているときに子供が抱きかかえようとしたときも唸ります。


女性 20代
食事中にちょっかい出した時。イタズラしとき。気に入ったものを取られそうになった時


女性 30代
人に怒ったことはありません。犬に対して礼儀が出来てない子に怒ることがありますが、唸って教える程度で噛みつくことはありません


女性 60代
お腹をちょっとさわった時、ウ~ッと言って怒ります。


女性 50代
自分のフードをもらう時に先住猫がそばを通ったり、誰かがちょっかいをだしたりすると、普段は平気なのに急にほえる。


女性 20代
出かけようとした時。2匹居るので片方をハグした時。犬が食べているおやつに手を出そうとした時。


女性 40代
初めのうちは頭としっぽを触ろうとすると威嚇してきましたが、現在は特にないです。


女性 40代
玩具や、その時くわえている気に入った物を取り上げようとした時。お風呂に入れる時。構ってほしくて色々とアクションを起こしても、飼い主はテレビを見ていて無視した時。


女性 50代
郵便局のバイクの音、自分が認識していない車や人が敷地内に入った時です。

まとめ

床に伏せている犬

以上4つの「犬が怒ること」を見てきました。いかがでしたでしょうか?人間も怒るのにすごくエネルギーがいるし、いざ怒ると疲れてしまうことってありますよね?ワンちゃんも同じ生き物だからきっと同じだと思います。仲良く暮らすのが1番の幸せですね。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 50代以上 女性 ベータママ

    1の大切なものを取られたという項の子犬はわかりますが、ごはんやお気に入りのおもちゃを取り上げないというのは誤りです。ごはんを取り上げられるかというのはアメリカのカリスマドッグトレーナーのシーザー・ミランが犬の服従性の確認にやると良いと言っていますし。給餌してもそれは飼い主のもので犬のものではないのです。飼い主が餌を取り上げて犬が怒るとしたらそれはしつけに失敗しているのです。
    おもちゃも同様に取り上げられないのは犬の固執性を上げることになり、しつけに良くないのです。
    おもちゃを取り上げられて怒るというのは飼い主との関係がうまく築けていない証拠です。
    誤りは修正すべきです。
  • 50代以上 男性 ハリー

    犬の抜け毛でイタズラに鼻の穴に突っ込んだ時や突っ込むフリをした時に歯をむき出し鼻にシワを寄せて威嚇してくるけど、その姿がかわいい。
  • 40代 女性 いんこ

    うちの犬が歯を剥いて怒ったところをはじめて目撃したのは、犬が4才になってからでした。おもちゃをとりあげようが、ゴハンを取り上げようが、嫌な顔はすれど決して怒りはしないので油断していました。
    実家へ帰省中に、ラムチョップステーキが夕飯だったのですが、父親がラムチョップの骨部分を犬に与えたのです。
    生まれてはじめて食べるラムチョップに大興奮で骨を大事そうにソファーまで持って行ってガリガリ夢中で噛んでいたのですが、そろそろ短くなる頃なので喉に突っかかったら大変だと取り上げようとしたら、はじめて聞く唸り声とともに歯をひん剥いて私をけん制しました。
    はじめて見た愛犬の野性味あふれる姿に、少々胸が痛みました。
  • 40代 女性 RYUCH

    まあ、あげられている原因をみても至極当然のことばかり。どんなにいい子でも怒って当然のことだと思います。たまに「うちの子いい子だから何しても怒らない」という人がいたり、面白半分に犬がいやがることをやって笑っている人(もちろん遊びのつもりで)がいますが、いつか飼い犬の反逆にあって噛まれたりしないかちょっと心配もしています。遊び半分にからかっている時、犬も楽しそうならいいと思うんですが、表情を見ていると鼻や口もとがひくひくしていたり、目が真顔な感じなんですよね。だから我慢してるんじゃないかとかわいそうにも感じます。犬が怒ると不幸な事故にもつながりかねないので、犬の気持ちや意思をきちんとくみ取って怒らせないようにしてあげる配慮もとても大切なことだと思っています。それが気心が知れたつもりの飼い犬だとしてもです。
この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。