ジャックラッセルテリアの抜け毛対策とは?犬種別の対処方法と関連の病気を知ろう

【獣医師監修】ジャックラッセルテリアの抜け毛対策とは?犬種別の対処方法と関連の病気を知ろう

お気に入りに追加

脱毛が多いと言われるジャックラッセルテリア。その被毛の種類はいくつかありますが、どのジャックラッセルテリアの種類も非常に脱毛しやすい事をご存じでしょうか?ここではジャックラッセルテリアの被毛の構造や脱毛のケアをはじめ、脱毛を引き起こす病気についても述べたいと思います。

11011view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

ジャックラッセルテリアの抜け毛対策

ジャックラッセルテリア

具体的な抜け毛対策はどうすればいいの?

まず、ジャックラッセルテリアは「抜け毛の多い犬種」です。
そのため、定期的なケアが必要です。
また毛の種類は3種類ありますが、どのタイプも基本的な対策は「ブラッシング」になってくるでしょう。

ブラッシングで古い毛を除去!

ジャックラッセルテリアの1番の抜け毛対策は、こまめなブラッシングです。
ブラッシングをすることで、古い毛を取り除き、落ちる毛を少なくするのです。

朝と晩2回のブラッシングをお勧めします。ブラッシングは、抜け毛を減らすこと以外にも、血行を良くし換毛を促したり、皮膚を清潔に保ったりと、メリットは多いです。

ブラシの種類

ブラッシングの種類には、コームやブラシ、グローブなど様々な種類があります。

やり方としては、毛玉になってるものは人間の手である程度ほぐし、ブラシで表面の古い毛を取り除きます。
最後にコームで表面が滑らかになるように整えてあげます。被毛の毛質や長さに合わせて、道具を選ぶと良いでしょう。

シャンプーも効果的

また、シャンプーも、古い毛を取り除くのに有効です。ただし、シャンプーのしすぎは必要な皮脂もおとしてしまい、乾燥しがちになり皮膚トラブルを起こしやすいので月に2、3回程度で十分です。

ジャックラッセルテリアの毛の種類と抜けやすさ

ジャックラッセルテリア

抜け毛が多いジャックラッセルテリアはどの種類?

ジャックラッセルテリアはイギリス生まれの小型犬です。
小さいながらも筋肉質で、活発です。賢い一方、実は頑固で、しつけはそこそこ大変と言われています。ジャックラッセルテリアの毛の種類は3種類あります。

  • スムースコート
  • タイプラフコートタイプ
  • ロークンコートタイプ

愛犬のジャックラッセルテリアがどの被毛の種類なのか、そしてその被毛の種類により抜け毛のケア頻度が変わってきます。

ジャックラッセルテリアの毛の構造

まずジャックラッセルテリア含む犬の被毛は、皮膚の保護の役割を果たすオーバーコートと、体温調節の役割を果たすアンダーコートの2種類に分かれます。

ジャックラッセルテリアはこの2種類の被毛がある「ダブルコートタイプ」に当てはまり、大量に毛が抜ける「換毛期」があります。

そして、抜け毛の多さやケア頻度は、タイプによって変わってくるのです。

スムースコートタイプ

被毛の長さは数ミリから1センチくらいで、1番被毛が短い種類です。
ジャックラッセルテリアの中でも1番抜け毛が多いのは意外にもこの被毛の短いスムースコートタイプなのです。動くたびにパラパラと床に落ちることも多いと思います。
特に換毛期にはごっそり抜け毛が取れます。

ラフコートタイプ

長毛で毛の量も1番多いタイプです。抜け毛の多さは、スムースより少ないようですが、抜ける毛の長さを考えると、定期的に抜け毛のケアを行うべきでしょう。

ブロークンコートタイプ

これは、スムースコートタイプとラフコートタイプのいわば中間で、短い被毛と長い被毛が混合して存在します。
毛質もスムースコートのように硬かったり、ラフコートのように柔らい毛があったりと、様々です。
中間的な性質のため抜け毛の量も両方の中間程度です。

抜け毛になるジャックラッセルテリアの病気は?

ジャックラッセルテリアの抜け毛は、病気が原因で引き起こされる場合がある事を覚えておきましょう。

とくに、過度な抜け毛が続く場合や、局部的な抜け毛が続く場合は、患部の状況や愛犬の具合をよく観察して、直ぐに動物病院へ連れて行ってあげましょう。

抜け毛をひき起きす皮膚の感染症

ジャックラッセルテリアに限りませんが、脱毛になる病気は多々あります。まずは皮膚の感染症についてです。

膿皮症

皮膚の細菌感染によるもので、表皮小環とよばれる円形病変が認められ、円形の周りにフケを伴い、時には抜け毛を起こします。

皮膚糸状菌症

真菌によるもので、これは人間にも感染のリスクがあるので要注意です。円形に脱毛するのが特徴的です。

マラセチア症

マラセチアと呼ばれる酵母菌による感染症です。口周り、顎、脇、鼠径部、指の間などが赤くなったりべたつきが出てきたりします。犬が痒くて引っ掻いたり、噛んだりすると脱毛を起こします。脂漏症の原因にもなります。

毛包虫症

毛包虫(アカラス)と呼ばれる寄生虫による感染症です。四肢や体幹部に発疹とカサブタを生じ、皮膚病変が重度になったりします。細菌感染が重度になるとかゆみを伴いますが、毛包虫の感染のみではそれほど痒みが出ません。犬が寄生部位を噛んだりすると脱毛します。

感染症以外にも、脱毛を起こす病気があります。ホルモン性脱毛と呼ばれるものです。ホルモン性脱毛は痒みはなく、左右対称性に脱毛するのが特徴です。

甲状腺機能低下症

甲状腺の機能が低下し、甲状腺ホルモンが減少して起こる病気です。甲状腺機能低下症による抜け毛はラットテールと呼ばれるように、尻尾の先が脱毛するのが特徴的な病気です。そのほか、元気がないなど全身状態にも変化があります。

副腎皮質機能亢進症

副腎皮質機能亢進症は、外観的にはお腹が膨らんでおり、ホルモンの影響によって皮膚が薄くなるため全体的に毛が無くなってきます。そのほか、食欲増進、多飲多尿の症状なども特徴的です。

抜け毛をひき起きすアレルギー

アレルギー

アレルギーが原因で抜け毛を起こす事があります。

アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎は食餌がアレルゲンとなる食餌性、アレルゲンの吸入により起こるアトピー性、アレルゲンに触ることによる接触性が挙げられます。アレルギー性皮膚炎は、顔や四肢、脇や鼠径部が赤くなったり脱毛したりするのが特徴です。また、ノミがアレルゲンの皮膚炎では、腰の部分に脱毛が起こります。

その他にも稀ですが、下記のような脱毛を生じる皮膚の病気が挙げられます。

魚鱗癬

文字通り、魚の鱗のように皮膚の表面が硬くなり、剥がれてしまう病気です。皮膚表面の角質形成傷害が原因で、遺伝性角化症のひとつです。

黒色被毛毛包形成不全症

黒色の犬や、黒色やその他の色を持つ犬の黒色の毛のみに、脱毛などの症状がみられます。遺伝性と考えられていますが原因は不明で、治療法はありません。

まとめ

2匹のジャックラッセルテリア

いかがでしたでしょうか?ジャックラッセルテリアは日頃からお手入れが欠かせない犬種です。
また、抜け毛が多いジャックラッセルテリアには、季節性以外にも脱毛を起こしやすい病気が隠れていることを良く覚えておきましょう。

皮膚と被毛のケアをするにあたって、普段、よく触って、観察してあげましょう。

▼ジャックラッセルテリアについて詳しく知りたい方はこちら
ジャックラッセルテリアについて 性格や特徴、飼い方からしつけまで

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 ポチ子

    とても勉強になりました。うちの子は、スムースなので1番抜け毛が多いんですね。毎日 掃除も大変ですけど かわいい我が子ですから。そして、ちゃんと皮膚もこまめにチェックします。
  • 投稿者

    40代 女性 ミミの母

    ウチの仔はブロークンですが、毎日ブラッシングしてても抜ける抜ける…恐ろしくなるくらいです。掃除機は毛で目詰まりしてしまい、しかも舞ってしまうので、クイックルワイパーのウェットタイプのものを使って床を掃除する毎日です。絨毯とか畳はコロコロで、身体を掻いたりブルブルしたり、ジャレたりする度にコロコロ…衣類は「フリーランドリー」というものを洗濯機に入れて、乾いたらコロコロして、毛と闘ってますが、可愛い我が子なので、苦になりません。ブラッシングの時に全身くまなくチェックすることも忘れずにしています。月に2回シャンプーに入れますが、ブラッシングした後でもかなりの毛が抜けます。その後の掃除も大変ですけど、清潔に保つため必要なことかな?とも思います。年に3〜4回はトリミングに行ってプロの方に綺麗にしてもらっています。抜け毛とは闘いですが、習慣になれば大丈夫ですよ。
  • 投稿者

    女性 パー子

    ジャックラッセルテリアの毛が抜けるなんて、知らなかったです。見た目は毛も短いので、そんなに抜けない犬種かと思っていました。我が家の愛犬はパグですが、本当に毛が抜けます!獣医さんやトリマーさんに聞いたところ、やはり日々のブラッシングが大切だと言っていました。我が家では、愛犬のパグにシャンプーをする際はよくブラッシングをして、それからシャンプーをしています。こうすることによって、3日くらいは抜け毛が減るような気がします。ジャックラッセルの種類が3種類いることも知りませんでした。種類によって抜け毛の量が違うなんて、面白いですね。毛の構造もよくできていると思いました。愛犬の抜け毛をどうにかして減らし、日々の掃除の量を減らしたいものですよね笑。
  • 投稿者

    20代 女性 コナ

    ジャックラッセルテリアの抜け毛が多いとは意外ですが、先日我が家に遊びに来たわんちゃんの忘れ物(抜け毛)の多さに驚愕していたところです。
    うちの犬は抜け毛がほとんどない犬種のため、家の布物、カーペットやソファなどに犬の毛が付いて困るといった経験をこれまでしたことがありませんでした。
    後輩が犬を連れて遊びに来たのですが、ジャックラッセルテリアの元気いっぱいの男の子で、滞在時間2,3時間だったでしょうか。たったそれだけなのに、帰宅後鼻がムズムズ、フローリング床の上に抜け毛が見え、部屋中コロコロを小一時間かけてしまいました。
    もちろんわんちゃんにも飼い主さんにも、なんの落ち度もありませんし、構わないのですが、犬ってこんなに毛が抜け落ちるものなんだなと驚いたのです。
    抜け毛がほとんどない犬種を飼っていると、わからないことでした。
  • 投稿者

    30代 女性 nico

    ジャックラッセルってなんとなく毛が抜けにくい犬種なのかなって思っていました。ラフやブロークンは見た目的になんとなく抜けなそうというか特別なカットというかケアが必要なんだろうなぁと漠然と思っていて、スムースはすごくなめらかなぺたっとした短毛なので抜けにくいのかなって。でもそういえば同じような印象で抜けにくいんだろうと思っていたラブラドールレトリバーがすごく抜け毛が多いと言っていたのでそれを同じ感じですかね。短いんだけどすごく抜けるし、短くてしっかりした毛だから色々な布に刺さってなかなか掃除機だけじゃ取り切れなくて大変と言っていたのを思い出しました。でも抜け毛はどんな子でもあるから、それを面倒だと思うなら犬を飼うには向いてないかもですよね。
  • 投稿者

    女性 ひまわり

    被毛のタイプが多いジャックラッセルテリアは、どのタイプでもケアが大変なんですね。抜けにくそうな印象のスムースタイプも逆にお掃除が大変なのは何となくわかっていましたが、やはり小まめなケアが重要そう。。。どんなグッズを使ってお掃除するのか、またブラッシングの頻度などを事前に決めて、習慣にしておくのが良さそうですね。
  • 投稿者

    女性 すもも

    ジャックラッセル飼いではありませんが、愛犬が先週シッポに炎症を起こして脱毛が続いているため調べていたらこの記事にたどり着きました。
    病院へ行って細菌や虫ではないと言われたのですが、それ以来元気もないようなので気になっています。甲状腺機能低下など、思いもよらないことが原因の場合もあるんですね。
    セカンドオピニオン、他の病院へも行って相談してみようかな。
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    ジャックラッセルテリアは意外にも短毛のスムースコートが一番抜け毛量も多いんですね。
    抜けた毛がソファーや絨毯などに落ちないように、犬に服を着せてしまう方法もありますが、この方法は抜け毛が服の中で毛玉になり皮膚や被毛にダメージを与えてしまい返って抜け毛が増える原因になってしまうそうです。大変でも地道にブラッシングをしていくことが一番安心ですね。
  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    ジャックを飼い始めてすぐのお散歩中に教えて頂いた方法です。硬く絞ったタオルをレンジでチンして蒸しタオルを作り、タオルで目ヤニと身体を結構きつめに拭いた後、タオルの水分を手のひらに含ませて毛並みに沿って首から背中にかけてこするとびっくりするくらい抜け毛がとれますよ。試してみて下さい。
  • 投稿者

    女性 もふころ

    ジャックラッセルの被毛を見ると割と短いので、そんなに抜け毛が多いようには感じられませんでしたが、ダブルコートだったんですね。
    硬く短い抜け毛はカーペットや服などに刺さりやすいので掃除も大変ですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

ジャックラッセルテリアの飼い主さんが実践している抜け毛対策を教えてください(^O^)

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。