愛犬が爪切りを嫌がる!そんなわんちゃんへの対策について

21531view

愛犬が爪切りを嫌がる!そんなわんちゃんへの対策について

伸びてしまった爪を切らないと、色々と困ったことが起きてしまいますよね。でも、爪切りが嫌いな犬は吠えたり暴れたりして大変!犬の爪には血管と神経が入っていますので痛がってしまうのも無理はないですが、爪のケアはちゃんとしなければ…!そんな爪切りの対策を紹介します!

爪切りを嫌がる理由を考えてみる

犬用爪切り

爪切りを嫌がるワンコ、多いですよね。ひどい時には噛みついて流血・・・なんてことにもなりかねないので注意が必要です。
ではなぜ、そんなに嫌がるのでしょうか??

  • 道具を使うことが怖い
  • 過去に爪切りで怖い思いをした。
  • 爪切りの時の飼い主の態度の変化を敏感に感じ取っている

などの理由はさまざまあるようです。
しかし、だからといって、しないわけにもいかないのが「犬の爪切り」です。

散歩をたくさんする!→爪の長さキープ

フレンチブルドッグのガウディ

  • 散歩で爪を切る頻度を減らす事が出来る
  • 散歩でアスファルトなどの固い地面によって爪が削られる

先ず、爪を切る頻度を減らす事から覚えましょう。ワンコは散歩をすることで、アスファルトなどの固い地面によって爪が削られます。このため、爪切りが必要ないというワンちゃんも沢山いるぐらいです。
めんどくさがりな飼い主さんには、この方法が合えば一番よいですよね!

愛犬に精神的負担を与えずに、爪もベストな長さを保てるならばそれが一番。自然に逆らわない理想形の形かもしれません。

ですが、健康上の理由により、そこまで散歩も多くできないワンちゃんもいるでしょうし、毎日の散歩の頻度によっても爪が削れるまではいかないワンちゃんも多いのではないでしょうか。

どちらにせよ、飼い主さんは爪を切る方法を覚えておいた方が良さそうです。

この後は、実際に爪を切る時のコツを確認していきましょう。

コツその1:言い聞かせながら少しずつ

  • 爪切りは痛くない・怖くないことを教える
  • イスに乗せその上で爪を切ってみる
  • 恐怖を忘れて爪を切らせてくれる

爪の先端のみを切って「爪切りは痛くない・怖くない」ことをしっかりと伝えながら、少しずつ慣らしていく。という方法もあります。

最初は人間の腰程の高さのイスなどに乗せて、その上で爪を切ってみるとうまくできる場合があるようです。噛みついたり暴れたりするような様子があれば、最初は誰かに少し抑えてもらって1本でも切ってみる。

根気よく続けることで、少しずつ恐怖を忘れて、おとなしく切らせてくれるようになる場合もありますので試してみましょう!

コツその2:二人がかりで落ち着かせながら

我が家のガウディの場合、上述の方法はどれもうまくいかなかったのです。

普段は温厚で吠えることもほとんどしないガウディが、本気で噛みつくときの歯の力も相当で、本当に嫌だったのだと思います。

ですが、ガウディの体を考えると伸びっぱなしにもできません。爪が伸びれば伸びるほど血管も神経も伸びてきます。なので、二人がかりで実施する方法をとることにしました。

一人が膝の上に抱えて前足後ろ足が、ブラーンとフリーになる状態で抱きます。

抱えられるガウディ ↑こんな感じ。

そして、ガウディから見えない後ろ足からパツンパツンと手際よく、なるべく早く切ります。

我が家では爪を急いで切る為、流血してしまうこともあるのでお風呂場でやります。最初は暴れましたが、一人が抱きしめている為か、徐々に落ち着きを取り戻して切ることができるようになりました。

愛犬に合った爪切り法。怖がるワンちゃんには本当に難しいですし、飼い主もつらいですよね。少しでも心穏やかに爪切りができるような方法がみつかるとよいですね♪

爪切りを嫌がる犬への対策まとめ

  • 爪切りは痛くない・怖くないことを教える
  • イスに乗せその上で爪を切ってみる
  • 最初は誰かに抱っこしてもらう
  • 切っている所を見られないように抱き方を工夫してみる
  • なるべく早く爪を切る
  • 切れ味のいい爪切りを使う

いかがでしたか?爪切りを自分でする時はとても緊張しますよね。最初は誰かに押さえてもらいつつ、犬から切っている所から見られないようにすると良いかもしれません。

また、爪切りは切れ味のいいものを使うと、爪が押しつぶされる感覚がなく痛みも少ないと感じる子もいますので、愛犬が爪切りを嫌がる時は、爪切りを変えて挑戦してみてはいかがでしょう。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 20代 女性 ゆん

    私も、2人で爪切りを行うとスムーズにできると思います。1人が犬の首を軽く押さえてあやしながら、1人が爪切りを行うかたちです。
    爪が白い犬であれば、ピンク色の血管が見えますので、その部分を切らないように少しずつ切っていくと良いですね。できたら褒めてあげましょう。
    軽くおやつなどのご褒美もあげて良いと思います。爪切りは子犬の頃から慣らしておくと楽ですよ。
  • 20代 女性 小夏

    爪切りが嫌いなわんちゃんには、いろんな理由があると思いますが、うちの子は、爪切りの道具がとてもこわいみたいで…視界に入らないように爪を切るようにしたらおとなしく切らしてくれましたよ?
    二人がかりでできたらそっちの方がわんちゃんも落ち着くのかもしれませんが、一人で切らないといけない人もいると思います。個々のわんちゃんに合う方法で少しでもストレスを軽減させてあげれたらいいですね。
  • 30代 女性 ひじき

    爪切りが嫌いなわんちゃんはとても多い印象がありますよね。苦手なものというのは、慣れているか慣れていないかで大きく分かれると思います。
    人も経験を積む事で成長します。初めての事や慣れない事は怖いものですよね。だったら初めから慣れさせる環境を作っていくのが良いのではないかというのが我が家の考え方です。

    我が家は愛犬が生後4ヶ月のときに里親としてむかえました。その頃からすぐに爪切りゲームを毎日頻繁にするようにしていました。
    爪切りを愛犬の爪にタッチして、タッチ出来たらご褒美のオヤツをあげる。という簡単なゲームです。それでも最初のうちは爪切りをとても嫌がりましたが、根気よくやっているとその内に爪切りを取り出すと嬉しそうに近寄って来るまでになりました。

    日々のお散歩で爪が削れていても、均等には削れていきません。なのでこまめに切るように心がけています。
    切る時は一気に切るのではなく、ほんの少量ずつを削るようにして切るくらいの感じにして、その分切る回数を多くしています。そうする事で愛犬が爪切りに慣れる環境を作っています。この方法なら血が出る事も殆どありません。
    爪を切らない日でも、愛犬の爪に爪切りタッチをしてオヤツを与えるようにして、少しでも爪切りに良い印象を増やし、悪い印象は最小限にするといった感じです。

    飼い主側は大変ですが、一度嫌いになってしまうと切るのも一苦労ですし愛犬のストレスにも繋がり、飼い主との関係も崩れてしまう危険があります。我慢をさせるよりも、慣れさせてあげる事を心がけた方が愛犬の精神的な負担を減らせるのではないでしょうか。

    我が家の愛犬は爪切りをおとなしくさせてくれています。嫌な気持ちは今でも変わらないのでしょうけれど、爪切りが終わった後のオヤツを毎回楽しみにしているようです。
  • 40代 女性 ぽち

    爪切りは本当に嫌がりますよね。飼い主さんがひと苦労するところだと思います。
    わたしの愛犬は獣医さんに行った時とトリミングサロンに行った時に爪が伸びていたら切ってもらいますが、お家では切ったことはありません。
    獣医さんはやはりコンクリートで擦れるから爪切りは必要ないとおっしゃっていました。

    またもし爪切りをとても嫌がるようでしたら、人間の使っている爪やすりがおススメです。
    この方法は獣医さんから教えていただいたのですが、爪を切るわけではないので犬も怖がらず受け入れてくれるとのこと。使い方は爪やすりをゆっくりとシュッシュッと動かすだけですので、簡単です。
    これでしたら犬用の爪切りのようなパチっとした音がでないため、犬も恐怖感がないと思います。また爪やすりも色々ありますが、大げさでない小さめなサイズが良いようです。
    実際に愛犬に試してみたところ、嫌がらずおとなしく手を出してくれました。
    宜しければ一度お試しください。
  • 40代 女性 ナツ

    うちの愛犬もそうですが、爪切りが苦手な子は多いですよね。犬にとって四肢の先端は敏感で触られることを苦手とする上に、爪切りの道具と、あのパチンパチン!という音。出血をして痛い思いをしてしまうと、なおさらです。

    人間の爪とは違って、犬の爪には神経や血管が通っているので、爪がのびるとその神経と血管も一緒にのびてしまいます。そのため、しばらく爪を切っていないと、爪を切るときに神経と血管も一緒に切ることとなり、出血をしてしまうのです。愛犬に痛い思いをさせずに、爪切りに慣らす為にも、まめに爪がのびていないかをチェックして切るようにしてあげたいですね。

    そして、お散歩で爪が削れるから大丈夫と思いがちですが、ひとつ気を付けたいのが犬の足の内側のある狼爪です。うちの愛犬には前足に狼爪があります。親指にあたる部分で足の内側の高い位置に爪があるため、地面と爪が接触をしません。そのため、散歩などでは削れない爪なのです。

    この狼爪を切らないでいると、巻き爪のようにのび続けて、爪が皮膚を貫通してしまうことがあります。実際、私の友人も愛犬の狼爪に気が付かずに切っていなかった為に、のびた狼爪が足の皮膚を貫通して出血をし、痛がって可哀そうなことをしてしまったと、話していました。狼爪がある子は、気を付けてあげて下さいね。

    こちらの記事にあるように、爪を切るさいには、二人で落ちつかせながらという方法もありますね!我が家でも最初の頃は、まだ愛犬が爪切りに慣れずに暴れて嫌がっていましたので、ひとりが抱っこをして爪を切りを持ち、もう一人が「頑張ったらご褒美があるよ♪」とおやつの方に愛犬の意識をもっていっている間に切っていました。

  • 30代 女性 fanta

    うちの犬は、爪切りをする人によってはとても時間がかかります。毎月トリミングサロンでやってもらっているのですが、店の外まで響き渡るような「きゃあーーーっ!」という悲鳴を上げます。トリマーさんが若い女性だと必ずこれをやるそうです。オーナーの年配の厳しいトリマーさんだと大人しくさせるようで、先日は爪切り前に「ほら、悲鳴やるなら今やっちゃって」と言われて困っていました。どうやら人を見ているらしくて、初めは若いトリマーさんだからあまり上手じゃないのかな、と心配していたのですが。どうやら優しいトリマーさんには悲鳴をあげたり不安な声を出したりして大げさな芝居をするようです。どうしたの?大丈夫だから、と優しくされると尻尾を振ってデレデレ喜んでいます。ひととおりかわいがってもらうと、あっという間に爪切りをさせますので、どこかで爪切り前に叫んだら優しくしてもらえるということを覚えたのでしょうね。面倒くさいし、恥ずかしいですがすっかり習慣になってしまいました。
  • 30代 女性 38moto

    黒い爪の子はどこまで切ってもいいのか見極めが難しく、うっかり切りすぎて出血させてしまうこともあります。自宅に止血剤を用意しているならすぐに対処できますが、使う機会も多くなければ常備しているお家はあまりないと思われます。そこで、家にあるもので代用できるのが小麦粉です。
    出血した部分につけ、少しだけ圧をかけ押さえます。血が止まれば大丈夫ですが、数日間は外のお散歩などは控えた方がいいです。

    ひとりで行うよりもふたりで行った方が愛犬も安心できると思いますが、一度痛い目に合うと警戒してなかなか大人しくしてくれません。焦って切るとまた出血させてしまうので、無理に切ろうとせず、動物病院やトリマーさんにお願いして切ってもらう方が安心です。
    爪切りの他に肉球の間の毛もカットしてもらうといいと思います。
  • 40代 女性 めいりーん

    2匹いるワンコの1匹が爪切り大嫌い。動物病院の先生に2回も出血爪切りで、まさにトラウマ。爪切り見ただけで、この世の終わりの様な悲鳴をあげる始末。

    そこでホームセンターでゲットした400円弱のダイヤモンドヤスリで地道にシャリシャリやってみました。

    これがめちゃめちゃナイスでした。
    爪切りのお互いのストレスが軽減されました。しかも好みの長さまで削れます。

    ペット用の静音電動ヤスリよりも、ワンコの嫌々感が少ないようでした。

    ワンコの爪の硬さの違いにも気づけました。硬い爪の子は爪切りのストレスが半端ないのかもしれません。

    悩んだあげくの苦肉の策でしたが良かったと思います。

  • 女性 コロ

    飼い主が怖がっていると、犬もそれを察知してしまうと思います。
    私も愛犬の爪切りで失敗したことがあり、それ以来自分では切ってあげることができず、動物病院にお願いしに行っています。簡単な健康診断も兼ねているので今はプロにお願いすることが一番です。愛犬もわかるようで、トリマーさんに切ってもらう時は全く反抗しません。
  • 女性 ゴン吉

    愛犬が高齢なので、関節に負担をかけないようにお散歩へ行く場所も芝生の上や柔らかい場所が多くなってしまいました。そのせいで爪も自然に削れることがなくなり伸びるのも早いです。
    黒い爪なのでやっぱり怖いですね。他の方のコメントにあったヤスリはいいアイデアだと思いました。よく肉球マッサージをするので、その延長でヤスリも上手く活用してみようかなと思います。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。