犬にとって小松菜は栄養価の高い野菜!ごはんのトッピングに最適

14123view

犬にとって小松菜は栄養価の高い野菜!ごはんのトッピングに最適

手作りご飯を愛犬に食べさせてあげたい!でも、意外と知らない犬に与えても良い食材と悪い食材。普段、私たちが食べている小松菜は犬に与えても良いのでしょうか。犬に小松菜を与えることについて述べます。

犬は小松菜を食べても良いの?

小松菜の写真

犬に小松菜を与えても大丈夫?

私たちも慣れ親しんでいる、小松菜という野菜ですが、果たして犬に与えてもいいのでしょうか?

普段ドッグフードに野菜をトッピングしたり、手作りご飯を作っている飼い主の皆様は、大好きな愛犬にできるだけ栄養価の高い食材を食べさせてあげたいと思うことも多いと思います。

今回は、犬に栄養価の高い小松菜を与えることは問題がないのか、調査しました!

犬が小松菜を食べても問題ありません!

健康な犬が小松菜を食べることは問題ありません。

小松菜は94%が水分でできており、そのほかにビタミンやカロテンが含まれています。
カルシウム、カリウム、鉄分も含まれており、これらは牛乳よりも小松菜の方が多く含まれています。
特にカルシウムにおいては、ほうれん草の約4倍も含まれているため、実は栄養素がたっぷりの野菜なのです。

ベータカロテンも豊富に含まれているため、免疫力アップや皮膚・粘膜の強化が期待できます。
栄養がたっぷり含まれており、手軽に購入できるので愛犬にはおすすめの食材ですよ。

ですが、ワンちゃんによっては小松菜を食べることを避けた方がいい場合があります。
それは、どんなワンちゃんなのででしょうか。

こんなワンちゃんは要注意

甲状腺の悪い犬には小松菜を含む、アブラナ科の野菜は与えない方が良いと言われています。
ヨウ素の吸収を妨げる、イソチオシアネートという物質があるため避けたほうがいいと言われています。

小松菜の与え方

犬に小松菜は茹でて与えましょう

愛犬に小松菜を与える際には、生ではなく茹でたものを与えるようにしましょう。
これには2つ、大きな理由があります。

まず1つ目の理由ですが、尿結石のリスクを軽減するためです。
小松菜にはシュウ酸が含まれており、シュウ酸を取りすぎると尿結石になるリスクが高まります。

小松菜を茹でることによりシュウ酸を減らすことができますので、必ず茹でて与えるようにしましょう。

2つ目の理由は、犬が小松菜を食べた際の消化を良くするためです。

犬は野菜に含まれている食物繊維の消化が苦手です。小松菜を茹でることによって、消化がしやすくなります。また、あまり噛まないで飲み込んでしまう犬もいますので、茎の部分など特に消化が悪い部分については茹でた上で、細かく切って与えてあげましょう。

小松菜は正しく与えれば、とても栄養のある野菜です。水分量が多いため水分補給はもちろん、ビタミンCも豊富に含まれているため、筋肉や皮膚を強化してくれます。

ごはんを食べる犬の写真

どれくらい与えてもいいの?

栄養価が高く、食べても問題ないからといって、与えすぎには要注意です。

犬の体重やサイズによっても適切な量は異なりますが、一般的に与える野菜の適切量は、フードの10%と言われているようです。小松菜でしたら、葉1枚を目安として考えましょう。

野菜は水分量が多いため、与えすぎると便が緩くなることや、下痢を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

適切な量を与え、楽しい食事タイムにしたいですね。

どんな与え方がおすすめ?

普段食べているドッグフードに、茹でた小松菜をトッピングするだけでも十分栄養価が高いため、とてもおすすめです。特別な日などは全て手作りのご飯を上げると、喜んでくれるかもしれませんね。

それでは、小松菜を使ったレシピを紹介します!

小松菜パスタ

食材
  • 小松菜・・・・適量
  • にんじん・・・適量
  • ささみ・・・・適量
  • パスタ・・・・適量
つくり方
  1. 小松菜、人参、ささみを茹でます
  2. 茹でた小松菜、人参、ささみを細かく切ります
  3. パスタを適量茹でます
  4. 茹でたパスタを細かく切ります
  5. お皿にトッピングして出来上がり!

とても簡単ですが、彩りが良く栄養も豊富で、きっと愛犬も喜んでくれるでしょう!

まとめ

かわいい犬の写真

犬への与え方に気をつければ、小松菜は栄養価の高い野菜です。犬に与えても問題のない食材だとお分かりいただけたかと思いますが、再度おさらいをしておきましょう!

  • 小松菜は、免疫力アップや皮膚粘膜の強化に役立つ食材。
  • 与える際は茹でて細かく切ったものを与えること。
  • 適切量は、フードの10%、小松菜の葉1枚を目安に。(※犬のサイズや体重によって異なります。)
  • 甲状腺の悪い犬には小松菜は与えないこと。

現在、特に病気がなければ小松菜は犬にとって、とても栄養価の高い素晴らしい食材です。
普段のフードだけでは飽きてしまった犬や、老化予防に適切な方法で小松菜を食べさせてあげましょう。
美味しくエイジングケアができますので、ぜひ愛犬のごはんレシピに小松菜を使ったレシピも追加してみてください。

今まで手作りごはんを作ったことがない飼い主さんは、まず小松菜のトッピングから気軽に始めてみましょう。普段のフードに、緑が加わるだけで見た目も華やかになり、味や食感のアクセントにもなります。

上級者さんは、特別な日などに今回紹介した小松菜パスタを、ぜひ試してみてください。普段と違うごはんに、きっと愛犬も喜んでくれることでしょう!

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 mika

    ドッグフードだけでは補いきれない栄養素を、手作りのご飯や野菜や果物で摂取するのはとても健康的で愛情もこもっていて好感が持てます。
    ワンちゃんの体調に合わせて必要なものを自然の物から摂って健康になってほしいです。
  • 30代 女性 ちびまま

    記事に載っている犬が食べている写真が、とても愛らしくてステキです。飼い主様が作った物を食べて犬も満足そうです。犬用のフードやお菓子以外にも、犬に食べさせて良い物があると知識が一つ増えました。
  • 30代 女性 あんず

    夜は手作りごはんなので、栄養が豊富な野菜の代表として小松菜を入れる事が多いです。
    小松菜はクセがないので食べやすいみたいですね。
    シュウ酸が多いので茹でてあげるというのは知っていましたが、甲状腺に問題のあるわんこにはあげない方がいいと言うのは初めて知りました。
    うちは問題ないのでこれからもあげようと思います^^
  • 20代 女性 かねごん

    わたしはわんちゃんに小松菜を与えていいことを知りませんでしたし、与えたこともありません。
    ですがこの記事を読んでみて、栄養素が高く茹でてから与えると良いとありとても興味深くぜひ試してみたいと思いました。

    ただ、甲状腺が悪いわんちゃんなどには与えるのは良くないともあり我が家のわんちゃんはそういった病気はしていませんので問題はないですが何にしても与える際の注意は大切だと思いました。
  • 20代 女性 maimai

    普段から1日2回のごはんのうち1回は手作りごはんにしているので、とても参考になる興味深い記事内容でした。
    小松菜に含まれるシュウ酸が尿結石の原因になる、という知識だけがあったので、手作りごはんに使用することはほとんどなかったのですが、全体の10%までなら使用しても良いとわかり安心しました。
    栄養価も高く、適量を守れば、むしろ愛犬の健康にも効果があるようなので積極的に取り入れたいと思いました。
この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。