犬がマンゴーを食べても大丈夫!ただし与える量に注意

17808view

犬がマンゴーを食べても大丈夫!ただし与える量に注意

甘酸っぱくてみずみずしいマンゴー。南国のフルーツの中でも有名ですよね。夏場なら冷やして食べればさらにさっぱり。そんな美味しいマンゴーを犬に食べさせても大丈夫なのか?について考えてみました。

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

犬にマンゴーを与えても大丈夫なの?

赤いマンゴー

基本的に犬がマンゴーを食べても大丈夫です。ですが、与える量や犬の体質によっては健康に悪影響を及ぼす場合があります。

マンゴーにはたくさんのビタミンや栄養素が含まれています。私達人間にとってはもちろん、犬の体にも良い効果が期待できます。しかし、良い効果はあれど、リスクもあります。飼い主さんに充分な知識があれば、美味しいマンゴーを安全に、犬に食べさせてあげることができるでしょう。

犬にマンゴーを与えても良い量

食事中の犬

  • マンゴー(大):15g、約10Kcal
  • マンゴー(小):15g、約11Kcal

犬にマンゴーを食べさせる場合は、1日15g以下が理想的です。食べすぎは体調を崩す原因になってしまいます。マンゴーには水分や食物繊維が多く含まれていますので、それによってお腹を壊したり、下痢をしてしまうかもしれません。

  • マンゴー(大):1個約400g、可食部 約265g、172kcal
  • マンゴー(小):1個約230g、可食部 約150g、96kcal

そしてマンゴーのカロリーは結構高いです。食べさせ過ぎると、太る原因になります。『もっと食べたい!』とつぶらな瞳で見つめてきてもあげてはダメですよ。それが愛犬のためでもあります。

マンゴー以外のカロリーが高いフルーツ

余談ですが、マンゴーに限らず、カロリー、糖分が多いフルーツはたくさんあります。バナナ、キウイ、桃、ブドウ類など。基本的に果物は与える時に注意が必要だと言われています。また、未成熟な果物の実や種には中毒症状を引き起こす物質が含まれていることがあるので、気を付けましょう。

犬にマンゴーを与えることで期待できる効果

健康診断を受けている犬

  • 胃腸の働きを助ける
  • 活性酸素を抑止
  • 免疫力を上げてくれる
  • 老化防止
  • 美肌
  • ナトリウム(塩分)を排出する

マンゴーにはビタミンCやβカロテン、カリウムなどが豊富に含まれています。さらに消化酵素も含まれており、胃腸を助ける効果も期待されています。マンゴーに含まれるβカロテンは必要に応じて体内でビタミンAに変わり、残りは活性酸素を抑止し、免疫力を上げてくれる優れた栄養素。さらにビタミンCとの組み合わせで、老化防止や美肌にも期待ができるそうです。

マンゴーの場合、青い状態のうちはビタミンCが豊富で、完熟するほどにβカロテンが増えると言われています。ドッグフードなど加熱された食事ばかりを摂っていると、体内の酵素が使用されてしまいほかの機能に使用できなくなってしまったり、消化不良を起こすようになってしまうことも。

酵素を食物から摂取することは、体内の酵素を消費せずにいられるのでアンチエイジングや健康維持に効果的だと考えられています。また、カリウムには摂りすぎたナトリウム(塩分)を排出する働きがあるので、汗をかきにくく過剰な塩分を排出しにくい体質を持つ犬にとっても有益な栄養素です。

これらの効果は私達人間にも言えることなのですね。年齢を重ねた中年から高齢の犬には特に良い効果が期待できると思います。犬は家族も同然、老化を遅らせて、健康寿命を伸ばし、長生きをしてもらいたいですよね。

マンゴーを与える前に犬の体質を知っておこう

マンゴーの果皮にはウルシオールと似たマンゴールという接触性皮膚炎の原因になる成分が含まれています。アレルギーのある犬に食べさせてしまうと、赤くかぶれたり、かゆみや目の充血を引き起こすこともあります。犬は自分にアレルギーがあるだなんてわかりません。初めて食べさせる時は、少しづつあげながらアレルギー反応がないか確認しましょう。

犬にマンゴーを与える方法

スプーン

どういう時にマンゴーをあげるのか

もちろん、『一食分のご飯として与える』、なんてことはしてはいけません。糖分やカロリーが多く含まれているので毎日は避けましょう。時々、ご褒美やおやつに食べさせてあげましょう。また、いくら体に良い効果があるとは言っても犬の体調が悪い時はあげないのが無難です。

どのくらいのマンゴーを与えるのか

適量とされるのは15gですが、わかりやすく言うと人間の一口より少し多めくらいの量です。とは言え、きちんと計って与えて下さいね。

マンゴーに対しての犬の反応

マンゴーは癖が強いので、人間でも苦手な方や食べられない方はいますよね。犬にも好みがあります。見向きもしない子、舐めるだけでそっぽを向いてしまう子、すぐに食いつく子など。犬の好みを尊重して無理に与えることはしないで下さいね。

犬用マンゴープリンの作り方

調理中の飼い主と眺めている犬

マンゴーに含まれる栄養素は水や熱に強く、調理損失がほとんどありません。つまり、お菓子の材料として使うには最適です。今回は豆乳と卵を使った美味しいマンゴープリンの作り方を紹介したいと思います。

材料

  • 豆乳120g
  • 卵1個
  • マンゴー15g

手順

  1. 豆乳を火にかけ、沸騰する一歩手前まで温めます
  2. 割ってといた卵を火にかけている豆乳に少しずつ混ぜ、プリン用の耐熱性の容器にいれます。小さくカットしたマンゴーを散らし、あら熱をとります
  3. 2を蒸します。(蒸し器の場合は沸騰してから15~20分。スチームオーブンの場合も15~20分。固まり具合を見ながら時間を調節してください)
  4. 冷蔵庫で冷したら豆乳マンゴープリンの完成です

マンゴーとは

切ったマンゴー

マンゴーはウルシ科マンゴー属の果実です。皮は緑から黄色、桃紅色など様々な色がありますが、果肉は黄色で多くの水分を含んでいます。完熟すると甘味が強くなり、独特の香りを放ちます。

現在では500以上の品種があるそうで、インドやメキシコ、フィリピン、タイ、オーストラリア、台湾が主な原産国だそうです。知っての通り、熱帯の果物ですね。日本では沖縄県、宮崎県、鹿児島県、和歌山県、熊本県で主に栽培されています。

犬にマンゴーを与えることについてのまとめ

食事を舞っている犬

大事なのは与え過ぎないことと、皮や種を取り除いて少しずつ食べさせてあげることです。小さくカットしてあげると、食べやすいです。上で書いたように、皮はアレルギーの原因になる成分が含まれていますし、種は大きくて硬いです。

カットせずにそのまま与えてしまうと、種を飲み込んで喉につまらせてしまうかもしれません。美味しいフルーツを犬と一緒に楽しむために手間を惜しまずに用意してあげてくださいね。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

平松育子先生

記事の監修
  • 獣医師
  • 平松育子先生
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 Chappy

    あまり犬にマンゴーを与えるという考えはないかもしれないです。マンゴーの酵素が犬の胃腸の働きにいいのとビタミンが摂取できるのはわかるのですが、犬によって合う合わないがあるみたいですし、他の食材で補ってあげてもいいかなぁと思いました。
    でも、たまにご褒美であげるのはいいかもしれないですね♪
  • 40代 女性 TIKI

    人間にとってもビタミン豊富で美味しいマンゴー。ワンコにもあげていいものだと初めて知りました。
    ただ、1日15g以下というのは果糖の取り過ぎ注意や下痢にならないよう注意ということなんですね。

    アレルギーがないのなら、そういった点に気を付けて、ほんの少しおすそわけしてもいいかもしれないですね。
  • 20代 女性 ゆり

    マンゴーは高級フルーツなので、あまりあげる機会がなさそうですが…
    もし食べることがあったら、愛犬にも少しおすそわけしたいです!
    マンゴーはものすごい甘みなので、愛犬もきっと喜ぶでしょうね。
    喜ぶ顔を見るとついついあげすぎてしまう危険性があるので、最初から適量を計っておいてから与えようと思います。
  • 40代 女性 ぴいすけ

    犬にマンゴー!何だかぜいたくですね(笑)。とても甘いフルーツなので、喜んで食べるわんちゃんもいそうです。我が家ではまだあげたことがないですが……というより、高級フルーツなので、家でマンゴーを食べる機会がそもそもありません。
    学生時代の友人に、マンゴーなどのパッションフルーツ系にアレルギーのある人がいました。うっかり食べてしまうと身体中にじんましんがでたり、顔がはれたりと大変そうでした。
    人間にもそういう強い影響を与える食物なので、犬に与えるときはなおさら注意したほうがいいかもしれません。記事にあるように、本当に量には注意ですね!あげるときは、ほんのちょっぴりだけ!アレルギーを発症してしまうと、人間以上に大変なことになりそうです。
  • 女性 白川

    人でもなかなか食べる機会がない贅沢果物マンゴーを愛犬に一口、あげたいですね。
    マンゴーに含まれるカロテンは抗酸化作用があるので、老化防止に一役かってくれそうです。そしてビタミンAは白内障予防にも効果があります。
    カリウムも含まれているので、不要な塩分排出に効果があります。マンゴーに限らずカリウムを多く取りすぎると、お漏らしをしてしまうことがあります。特に、高齢のわんちゃんに与えてしまうと、寝ている間にちょろちょろお漏らししてしまうことも。

    南国の果物は体を冷やす作用があると言われています。マンゴーはほぼ80%が水分でできていることも合わせて、夏に与えたい一品です。

    甘くて犬の好む味ですので、食べ慣れてしまうと他のおやつやご飯に目もくれないなんてことにもなってしまいます。
    栄養的にも毎日必要とする果物ではないので、なにかのご褒美に特別にもらえるおやつとして与えるのがいいですね。

    与えられる一回量がとても少ないので、一回分を細かくして回数を多くしてあげると満足すると思います。
  • 女性 シュナ

    わんこにマンゴー、贅沢ですね~。マンゴーやパッションフルーツは飼い主である私が大好きですが、愛犬にあげる発想はなかったです。とはいえ、スイカやりんごなど、フルーツはときどきあげています。マンゴーは糖分高そうなイメージがあったのですが、適量を守ればOKなんですね。記事にもありますが、バナナも糖度が高いことが気になり、最近はあげるのをひかえていました。ですが、特別なときやお祝いのときにわんこにも少しだけ、おすそ分けするのも素敵ですよね。うちはアレルギーやその他もろもろ気になるのでケーキ系(わんこ専用)のご褒美はあげないようにしています。自然のものでたまのごほうびにわんこにあげれる食材が増えるのはとても嬉しいです。素敵な情報をありがとうございます。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。