犬はごぼうを食べても大丈夫!その驚くべき効果と注意点

8693view

犬はごぼうを食べても大丈夫!その驚くべき効果と注意点

「犬はごぼうを食べても大丈夫なの?」という声をたまに聞くことがあります。徐々に犬の手作りごはんが浸透してきている今日この頃。食材として、ごぼうを取り入れる飼い主さんも少なくはないのでは?今回は私たち人間にも馴染み深い健康食材でもある「ごぼう」を犬に与えることについてお話したいと思います。

犬はゴボウを食べても大丈夫なのか

犬はごぼうを食べても大丈夫?

ごぼうといえば食物繊維、ミネラル共に豊富な根菜類であり、健康食材としても有名ですね。
しかし、「こんなに繊維質で硬いごぼうを犬にあげてもいいの?」「ごぼうの成分は犬にとって有害だったりしないの?」「愛犬にごぼうを食べさせるのが少し怖い。」
と、ごぼうを食べさせることに疑問を抱く方も多いかと思います。
でも安心してください、ごぼうは犬にとっても良い食材なのですよ!

犬にもごぼうを与えてみよう!便秘解消に効果的!!

ごぼうは犬にとってもとても良い健康食材なんです。
食物繊維が豊富なごぼうは人の症状でよく悩まれている「便秘」に効くと言われていますが、犬にとっても便秘解消に大変役立つ食材なのです。

飼い犬の便秘で悩んでいる飼い主さんも結構多く、これを期に手作り食を始めたり、ドッグフードにちょいたしするトッピングごはんを始めるという方もいるぐらいです。
しかし、ごぼうを犬に食べさせる時には注意しなければいけない点がいくつかありますので、それだけは覚えておきましょう。

ごぼう食べさせる際の注意点

犬にごぼうを食べさせる時の注意点

ごぼうは根菜類であり、人でも生では食べることができませんね。
それは犬にとっても同じ。

犬は雑食と言われていますが、元はオオカミだった名残もあり、動物性タンパク質の消化の方が得意なのです。
ごぼうのような、これだけの繊維質な食材をそのまま与えてしまうと消化不良を起こしかねません。
また、動物性タンパク質の消化は得意なのですが、食物繊維の消化はあまり得意ではないのです。

ではどのように与えれば良いのかというと、まずはできるだけごぼうを細かく切りましょう。
老犬に与える場合はフードプロセッサーなどで細かくするのがおすすめです。
そして小鍋でコトコトじっくり茹でます。
しばらく茹でて、ごぼうが柔らかくなったかどうか確認したら鍋から出して、冷まして与えましょう。

この時に別の食材と一緒に与えると、栄養価もアップしますし犬の嗜好性も高めて良くたべてくれますよ。
ただし、生で与えれない食材はごぼう同様に茹でる必要がありますので注意しましょう。

驚くべきごぼうの効果!

水 ミネラルのイメージ

ごぼうはミネラルが豊富であり食物繊維も豊富なため、犬にとっても犬の健康増進に大変役立つ食材です。
では、どんな効果があげられるのでしょうか?

ごぼうに含まれる栄養素

ごぼうに含まれるミネラル

ごぼうには亜鉛やカリウム、ビタミン類マグネシウムなどが含まれており、その栄養価の高さが健康増進に繋がります。

腸内環境を整える食物繊維が豊富

ごぼうの食物繊維は「イヌリン」と呼ばれるもので、犬の腸環境を整えて善玉菌を腸内で住みやすくする効果があります。
ごぼうと一緒に乳酸菌を取るとさらに良いですね。

抗酸化作用もあり!

ごぼうにはなんと!活性酸素を除去してくれる抗酸化作用が含まれていたのです。
この抗酸化作用は「セレン」と呼ばれるもので、体の中で抗酸化作用を高めて、老化防止やがん予防なども期待できます。

解毒作用もできる!

ごぼうにはさらに、解毒作用をしてくれるリグニンという栄養素も含まれており、犬の体内に入ってしまった毒素を排除してくれる働きをもっているのです。
普段のドッグフードだけではデトックスできなかった有害物質を排除して犬の体の中をクリーンにしてくれるのですね。

ごぼうがおすすめのわんちゃん

単に犬にごぼうを与えるといっても、さらに効果があると見込める状態というのを一応頭に入れておきましょう。ごぼうがおすすめのわんちゃんは以下のとおりです。

  • 便秘がちな犬
  • 腸内環境が不安定な犬
  • シニア期に入る頃の犬

ごぼうのイラスト

まとめ

犬にごぼうを与えるということで、腸内環境の改善だけでなく、老化防止やがん予防などの効果もありましたね。
与え方などに注意さえすれば、ドッグフードだけでは不足してしまう栄養素を摂ることができる便利でとても良い健康食材です。

ぜひ、あなたもご自分の愛犬にごぼうを与えてみてくださいね。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。