ミニチュアダックスの毛色「レッド」その人気の秘密や特徴とは?

ミニチュアダックスの毛色「レッド」その人気の秘密や特徴とは?

ミニチュアダックスにももちろん毛色の違いがあります。その中の「レッド」をみなさんはどれだけご存知でしょうか?人気犬種の上位に常に君臨してきたミニチュア・ダックスフンド、その中でも最もポピュラーの毛色であるレッドという毛色について紹介していきたいと思います。

はてな
Pocket
お気に入り登録

ミニチュアダックスはどんな犬?

ロング・コートのミニチュアダックス

ミニチュアダックス(ミニチュアダックスフンド)は胴長短足の独特の容姿をしているダックスフンドの1種。
体重や体高の大きさの違いで、「ミニチュア」、「スタンダード」、「カニンヘンダックス(カニーンヘン)」に分類する事ができます。

スタンダードが一番大きく、その次がミニチュア、そしてカニンヘンとサイズが小さくなります。
それらのなかでも、ミニチュアダックスが現在最も人気がある種類です。

ケーキを食べるミニチュアダックス

ミニチュアダックスの毛色「レッド」の特徴

ミニチュアダックスの中でもいくつかの毛色は存在しており、そのなかの「レッド」はとてもポピュラーと言える毛色です。
ミニチュアダックスのレッド・カラーはとても明るい印象の毛色で、ブラック&タンと並んでミニチュアダックスの基本カラーの1つ。

ミニチュアダックスのカラーは様々あり、飼い主の好みによって飼育するミニチュアダックスを選ぶのも楽しみな犬種なんです。

なお、現在では珍しいカラーを好む飼い主が多い為、レッド・カラーの人気が落ちている傾向にあるようです。

珍しいカラーの場合は何かしらの遺伝性疾患になりやすい危険性がありますが、ブリーダーによる努力の成果が実り、少しずつ改善傾向にあるといわれます。

こういった事から健康面から見ると、レッド・カラーやブラック&タン・カラーが飼育し易いと言えるでしょう。
又、カラーの違いによる性格の違いなどは存在しないといわれます。

丸太を飛び越えるミニチュアダックス

ミニチュアダックスの歴史とは?

ダックスフンドは現在では愛玩犬として人気がありますが、当初はアナグマ猟の為に繁殖されてきた歴史があり、狩猟犬の本能を現在まで受け継いでいるといわれています。

狩猟犬として活躍していたダックスフンドですが、どうしても入る事のできない穴の中に入れるようにする為に19世紀頃、スタンダードよりも小さいタイプのダックスフンドが作出されました。現在それがミニチュアとカニンヘンの種類にあたります。

1900年には非常に小さなサイズのダックスフンドが登場しましたが、その殆どはダックスフンドの特徴を失っていた為に、1910年に品種改良の為の厳しい基準が設けられる事になりました。

日本でもチワワ、トイ・プードルと共に人気犬種のトップに君臨し続けていますが、人気犬種であるが故に乱繁殖の標的にもされてきた悲しい歴史を持つ犬種といえます。

ミニチュアダックスの特徴

飼い主にとても従順で基本的に賢く、友好的で落ち着きがあり、初めて犬を飼育する人でも飼育し易いタイプの犬種といえます。

好奇心旺盛で怖いもの知らず、情熱的で辛抱強い性格をしていて、時として攻撃的で負けず嫌いな性格を見せる事もあるので、他の犬と喧嘩にならないように注意する必要があります。

警戒心が強く、見知らぬ人には神経質になりやすい、攻撃的になる事があります。
番犬としては優秀ですが、度が過ぎないようにしつけをする必要があります。
また、ミニチュアダックスの中には臆病な性質を持つ個体もいるので、仔犬の頃から少しずつ社会性を身につけるようにしていきましょう。

乱繁殖の影響で、全ての個体はないですが、遺伝性疾患を抱えた個体や障害を持って生まれた個体がいるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

ミニチュアダックス「レッド」についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、ミニチュアダックスのレッドカラーを中心にご紹介させて頂きましたが、ご説明したとおり、ミニチュアダックスを飼うのであれば、レッドはとてもおすすめのカラーだと言えます。

なにより、レッドカラーはポピュラーなカラーであるため、レアカラー等が抱える健康面などの問題を考えても、比較的問題が少ないカラーだと言えます。

また、ミニチュアダックスは、飼い主に対して従順で賢く、警戒心も強いので番犬としても優秀な事から、初めて犬を飼育する人でも飼育し易い犬種といえるでしょう。

▼ミニチュアダックスについて詳しく知りたい方はこちら
ミニチュアダックスの性格と特徴

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 ゆべし

    ミニチュアダックスと言えばレッドが一番始めに浮かびますね。一番数が多いのもこのレッドではないかと思います。ミニチュアダックスのレッドは本来の毛色であるため、遺伝疾患も発症しにくいことから比較的体も丈夫だと言われています。

    稀に珍しいダップルのミニチュアダックスも見かけますが、ダップル遺伝子は劣性遺伝のため、好ましくありません。色素欠乏というのは思った以上に目や耳、内臓といったところにまで障害が起こりやすいのです。認められていないカラーはそれだけの理由があります。人とは違う毛色のミニチュアダックスが欲しいと思っても、重要なのはカラーではないと思います。

    ミニチュアダックスの毛色は退色しないと言われています。歳を取れば白髪は出てきますが、それでもあまり目立たない方ではないでしょうか。
    個人的には、レッドでも少しマロ眉のあるカラーがダックスの性格を表していて好きです。
  • 投稿者

    女性 みんく

    JKCの規定では、ダックスフンドのサイズによる種類分けは、体長や体高ではなく、胸囲により決まります。
    生後15ヶ月以上の時点での胸囲が、ミニチュアは35cm〜30cm、カニーンヘンは30cm以下になります。
    ちなみにスタンダードは、胸囲35cm以上となります。
    そのため、血統書にミニチュアダックスフンドで登録されていても、生後15ヶ月を過ぎてからの測定で、胸囲が30cm以下であれば、カニーンヘンダックスとして登録し直すことが可能です。
    レッドの中でも、黒い毛が散在するものをシェーデッド・レッドと呼び、通常のレッドとは呼び分けています。
    人気犬種だけに、乱繁殖による難聴や目の異常を持ち産まれてくる子も多くいます。
    遺伝病は、成長とともに見つかることが多いので、ミニチュアダックスの子犬を家族としてお迎えする場合には、親犬やさらにその上の世代まではっきり情報を開示してくれるブリーダーさんから譲り受ける方が良いかと思います。
  • 投稿者

    女性 匿名

    日本のダックスフンドのレッドはクリームに近い子も多く本当に綺麗な深いレッドの子はなかなか見かけないですね。せっかく丈夫と言われるレッドでもクリームの因子を持ってる子も多いようです。
  • 投稿者

    10代 女性 はると

    遺伝子的に無理させていると寿命や病気関係に響くと言われてますが、どの程度改善出来たのか気になります…。動物だけでなく魚もきれいな色をしているものは寿命が短い傾向にありますよね。飼いたい動物を家族にするべきですけど、やっぱり1日でも長生きしてほしいですからぜひデータがあれば見てみたいものです。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。