犬にアイスを与えても大丈夫?

5302view

犬にアイスを与えても大丈夫?

愛犬と一緒にアイスクリームを食べたという経験はありませんか?それは暑さ対策の一環として犬にアイスクリームを与えたのかもしれません。中には、アイスクリームをじっと見つめる愛犬の瞳に負けてしまい一口食べさせた…ということもあるのではないでしょうか。果たして犬にとってアイスはどんな影響があるのでしょうか?アイスクリームを食べさせては良いものかどうかも考えてみました。

犬にアイスを与えるという問題の前に知っておきたいこと

そもそもアイスクリームって何でできているのでしょうか?

アイスクリーム

アイスクリームは何からできているのかというと・・・アイス・クリームというだけあって、『主成分は牛乳』ということですが・・・・

みなさんは牛乳を単純に冷凍庫で凍らせて食べてみた事はありますか?
私は子供の頃にやってみたことがありますが、凍らせないで牛乳を飲めば、普通に牛乳の味。
けれど、一旦凍らせてシャーベット状にした牛乳は、牛乳の味が全くなくしゃびしゃびに薄めた牛乳をなめている感じがしました。

これはなぜかというと、冷たい食べ物は味覚がマヒしてしまい、甘さを感じにくくなってしまうからです。
つまり、冷たくても甘くておいしいアイスクリームには、相当量の糖分が含まれていることになります。

アイスは乳製品と糖分のほかに、油分、香料、着色料などからできています。

犬とアイスクリームの原料となる乳製品の相性は?

牛乳を飲むとおなかがごろごろする」という人がいますよね?

実は私もその一人です。
特に冷たい牛乳は飲んだ途端いきなりおなかがごろごろ・・・・調子が良くないときなど、おなかをこわしてしまうくらいです。

これを「乳糖不耐症」といいますが、体の仕組みから言うと、犬は人間と同じ「乳糖不耐症」を持っています。

「乳糖不耐症」はアレルギーと違うので、牛乳を飲んだからといって体に何か起きるということではありません。
その人その人が持っている許容量を超えた時に、何らかの症状が出るというものなのです。

特に牛乳そのものよりも乳製品のほうが、どれくらい牛乳が含まれているのかがわかりづらいため、気が付か付かないうちに、摂りすぎてお腹を壊してしまう場合があります。
また、アイスなどの乳製品は、冷たさが加わり、犬にとっても更におなかを壊しやすい食べ物だと言えます。

鼻の上におやつを乗せて舌を出している犬

犬は過剰な糖分を摂取する必要はない

100gあたりのアイスクリーム類の中には、約20~25gの糖分が含まれています。
一日に適当といわれる糖分の摂取量は約100gということは・・・アイス4個分という計算になります。

では犬は一日にどれくらいの糖分が必要なのでしょうか?
答えは「糖分は不必要」です。

犬に必要といわれる栄養素は、たんぱく質、炭水化物、脂肪、ミネラルなどが主で、ほかの栄養素が糖分に変わり代用されるため、特に糖分そのものを必要としていないそうです。

つまり、犬にとってアイスは「ただの趣向品」なのです。

犬にアイスを与えるのをやめたら急に痩せた!?

ガムをかじる犬

最近は特にいろんな商品が発売され、昔よりも格段においしくなってきたので、アイスはとても心惹かれますよね?
特にお風呂上がりなど、体を冷ますためなどには持ってこいです。

ところが、ここに大きな落とし穴があります。
「お風呂上がりにアイスを食べ続け、甘いジュースも一緒に飲み続けた結果、見る見る太ってしまった」
「それにいち早く気づいて、ジュースもアイスをやめたら一気に痩せた」
という話を時々聞きます。

私も、甘いものがキライでは無いので、糖分を真っ向から否定や非難するつもりは全くありません。
ですが、必要量以上の糖分と、寝る前に糖分をとってしまうという行動に問題があります。

睡眠は体を休めるためのものであり、寝る前にアイスを食べてから寝るという行為、これは高カロリーのアイスを体に蓄積しようと試みているとしか思えない行動だからです。

それでは、犬にとってはどうでしょう?

遊んでいる時、お散歩のとき、ご飯のとき以外はほとんど眠っている犬たちにとっては、どのタイミングでアイスを食べようが、人間が寝る前に食べている事と、変わらないと言えます。
当然、犬がアイスをたくさん食べてしまうと、急に太り始めてもおかしくないという事です。

そして、その行為に気がつかないままでいると、重度の肥満になり、お散歩も行きたがらなくなり、ますます太ってしまう・・・という悪循環をも招きかねません。
また、糖分を犬が多量に摂ることは、肥満を始め糖尿病などの原因にもなりかねないのです。

頭に食器をのせている犬

結論:犬にアイスクリームを与える必要はない

糖分だけでなく塩分も、人間と犬では許容量が全然違います。

それに加えて人間の食べ物は今「添加物」という大きな問題を抱えています。
人間が「添加物」によって引き起こされている健康被害の問題を犬にまで持ち込む必要はない。

愛犬の長生きや病気予防の面からみた時に、人間と同じ食べ物を犬に食べさせるのはよくありません。
特にアイスなど糖分が多く高カロリーの食品は犬にとっては「太りなさい」と言って与えているようなものだと思います。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

  • 20代 女性 しずえ

    与えすぎは良くないとはもちろん思っているのでほんの何口か程度ですが、時々愛犬に与えているのですが今回この記事を読んでみてやはり糖分が多い物ですので、糖分を必要としていないわんちゃんにあげる必要のない物だと書いてありギクリとしました。やはり与えない方が良さそうなのでこれからは気を付けたいと思いました。
  • 20代 女性 まいこ

    アイスは私自身大好きで1週間のうち半分は食べています。
    我が家の愛犬もアイスを食べているとじっと見てくるので、食べ終わった棒を舐めさせていました。
    糖分が多いとわかっていながらも自分で食べて、愛犬に食べさせてしまう…
    自分ためにも愛犬のためにもどちらも辞めたほうがいいですね。
    そして私自身も太りだしているので、アイスは辞めたほうがいいですね…
  • 40代 女性 MAKI

    記事にあるように、犬に甘いものをあげる必要はないという事は正しいと思います。人間とは体質が違うという事をまず理解して、欲しがるからとか、あげると喜ぶからとか飼い主の満足感のみで愛犬の体調を崩してはいけませんね。
    ただ、夏の熱中症予防に多少の糖分の入った犬用のポカリスエットなどはいいのかもしれないです。状況を考えて摂取させるのがいいですね。
  • 女性 ロンロン

    私はよく手作りアイスクリームを作ります。
    ご近所から頼まれて作って持っていくこともあります。
    家の場合、牛乳が手に入らないので、生クリームに似たall purpose cream というものを使います。
    それをそのままわんこたちにあげることはないのですが、とても欲しがるので、凍らせる前の器に残ったものをわんこ茶碗に移してなめさせたりはしていました。
    確かに糖分も多いですし、牛乳を使ったものより脂肪分が多くなっているはず。
    ほしがるからと言って、もっとたくさんあげるのは止めようと思いました。
記事を読んで、他の飼い主さんの役に立つ情報を書き込もう!

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!