犬の『肛門腺絞り』はなぜ必要なの?しないとどうなるの?考えられる2つの危険性

犬の『肛門腺絞り』はなぜ必要なの?しないとどうなるの?考えられる2つの危険性

この記事では「【要監修】犬の『肛門腺絞り』はなぜ必要なの?しないとどうなるの?考えられる2つの危険性」をテーマに、犬の肛門腺絞りの必要性としない場合の危険性について紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

肛門腺絞りはなぜ必要なの?

犬のお尻

犬には肛門腺というものがあり、肛門腺は自分の匂いを分泌するためのもので肛門の左右の皮下に存在しています。

この肛門腺から生じた分泌物は、普段は排便時にごく少量ずつ分泌されます。そして便に臭いを付着させているのですが異常があると問題が生じてしまいます。それは、感染や炎症を起こすことにより出口が腫れてしまい、過剰な分泌物が溜まり、酷い場合には皮膚が破れて排膿してしまうということです。

肛門腺の分泌物が溜まってくると、お尻の辺りがムズムズすることにより地面にお尻を擦りつけたり、尻尾を追いかけるようにクルクル回るような仕草をよくするようになるのです。

以上の理由から定期的に肛門腺絞りという分泌物を絞って外に出してあげるということをする必要があります。

しかし、飼い主さんが一生懸命やろうとしても中には肛門腺を絞るのを嫌がる犬もいます。

そのため初めて肛門絞りをする場合はきちんとしたやり方を事前に覚えなくてはいけません。理由として、初めのうちに愛犬に苦手意識を与えてしまうと、今後肛門腺絞りをする際に逃げたりなどの抵抗をし、やりづらくなってしまう恐れがあるからです。

正しいやり方をネットや本で覚えようとしても中々理解できなかった場合は、獣医さんなどの専門家の人に教えてもらうか、直接やってもらうのも一つの手段であると思います。

肛門腺絞りをしないとどうなる?

こちらを見つめている犬

先ほども書きましたが肛門腺絞りをしないと、炎症をおこす可能性があります。具体的な病名としては肛門腺炎と言われています。

これは肛門嚢と言われる肛門腺のある袋に溜まった分泌液に細菌が繁殖することで炎症が起こり、特徴として肛門周りの皮膚が赤くなったり、荒れたりします。

そのまま炎症がひどくなると、肛門付近が腫れて痛みを伴うようになります。また、発熱したり食欲がなくなること、様々なことが犬の負担になり肛門の痛みから排便をガマンするようになってしまうこともあります。

肛門腺絞りしないとどうなるの?:病気のきっかけになったり、ほかの病気の早期発見につながる

診察されている犬

また定期的な肛門腺のお手入れを忘れることにより病気を患ってしまう恐れもあります。代表的なものは先にお話しした「肛門腺炎」です。肛肛門腺が炎症を起こすことで、違和感や痛みを引き起こします。

この状態が悪化すると肛門腺付近の皮膚まで炎症を起こし皮膚が破れる「肛門腺自潰(こうもんせんじかい)」を起こします。破れた皮膚から血の混じった膿が排泄されかなりの痛みを伴います。

また、必要がない限り肛門周辺を見ることもないと思いますが、肛門周辺の異変を見つけるには定期的に肛門腺絞りをする習慣が大切です。瓜実条虫というのみが媒介する寄生虫は片節という小さな切れ端状で肛門から排泄されます。

腸の中では長さが1mに及ぶ大きな寄生虫ですが、排泄されるときには非常に小さく排泄直後はクネクネ動いていますが、この片節が乾燥すると白ゴマのように見えます。肛門周辺や尾の裏側にこのようなものが付着していたら瓜実条虫を疑い駆虫薬とのみの予防薬を投与する必要があります。

ほかにも、去勢していない高齢犬の場合は「肛門周囲腺腫」や「肛門腺癌」などが肛門周囲に発生することがあります。小さな場合は手術もしやすく、がんと診断されても早期に治療に入ることができます。

しかし、大きくなりすぎてから発見しても予後がよくなかったり、肛門周囲に筋肉を大きく切除する必要があるので便が漏れてしまう場合があります。

肛門腺を定期的に絞る習慣があると様々な病気に予防や早期発見につながります。

まとめ

肛門腺絞り

いかがでしたでしょうか?

犬の肛門腺絞りの必要性としない場合の危険性の例として、

  • 愛犬の身体のためにする必要がある
  • 炎症をおこす
  • 病気のきっかけになったり、ほかの病気の早期発見になる

を紹介しました。

肛門腺絞りは馴染みのないものかもしれませんが、犬と暮らすなら覚えておかなければいけないことです。自分でやるのが難しい場合は、放っておくのではなく必ず獣医師さんに相談をしてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。