犬が見せる『ありがとうサイン』3選

犬が見せる『ありがとうサイン』3選

犬は言葉を話すことはできませんが、喜び、怒り、不安、恐怖、好き、嫌いなどさまざまな感情を持ち、その感情を全身を使って表現します。もしかすると、犬は感謝の感情も持っていて、ありがとうの気持ちを飼い主さんに伝えているかもしれません。この記事では、犬が見せる『ありがとうサイン』についてご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が感謝の気持ちを持つことはあるの?

“Thank you”の吹き出しと黒い犬

愛犬と一緒に暮らしていると、「癒してくれてありがとう」「いつもそばにいてくれてありがとう」といった愛犬への感謝の気持ちでいっぱいになりますよね。では、愛犬のほうはどうなのでしょうか?愛犬も飼い主さんに対して、「ありがとう」という感謝の気持ちを持つことはあるのでしょうか?また、その気持ちを表現することはあるのでしょうか?

気になって調べてみたのですが、残念ながら犬に感謝の感情があることや、感謝の気持ちを表すしぐさや行動があるという確証を得られる資料を見つけることはできませんでした。しかし、犬には「うれしい」という喜びの感情があり、それをしぐさや行動で表現します。感謝は喜びの中から生まれると言われているので、もしかすると犬の喜びの表現の中には、「ありがとう」の気持ちが隠されているかもしれません。

そこで今回は、犬が喜んでいるときに見せるしぐさや行動をヒントに、「これは犬の『ありがとうサイン』では?」と考えられるものをピックアップしていきたいと思います。

サイン①笑顔のような表情を浮かべる

笑顔の柴犬

犬はうれしくて喜びの感情があふれると、口元や頬を緩めて、まるで笑顔のような表情を浮かべます。その目はキラキラ輝いていたり、あるいは満足そうに細めていたりして、人間の笑顔と同じに見えます。私たちが誰かに「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えるとき、自然と笑顔になっていることが多いものです。ですから、犬の笑顔にありがとうの気持ちが込められていても、不思議はない気がします。

サイン②尻尾を大きく左右に振る

笑顔で尻尾を振るゴールデン・レトリーバー

犬は、尻尾の動きでも感情を表現します。喜んでいるときは、明るい表情で尻尾を大きく左右に振ります。愛犬におやつをあげるときや一緒に遊んでいるときに、うれしそうに尻尾をブンブン振る愛犬を見て、「ありがと~」と言っているように感じることもあるのではないでしょうか。

犬が尻尾を振っていると「喜んでいる」と思い込んでしまいがちですが、そうとは限りません。不安なときや警戒しているときなどにも尻尾を振ることがあります。

尻尾を左右に振っていても、ゆっくり振っていたり、小刻みに振っているときは警戒モードです。このようなときに「尻尾を振っているから大丈夫」と思って、安易によその犬に近づくと、唸られたり噛まれたりしてしまうことがあるので注意しましょう。

サイン③手や顔をなめてくる

女性の顔をなめる犬

犬が飼い主さんの手や顔をなめるのは何気ない行動のように思えますが、このときも犬は自分の気持ちを伝えています。なめる行動も、犬の感情表現のひとつなのです。

犬は人の顔や手をなめて、「かまって」とか「まぁまぁ、落ち着いて」といった気持ちを伝えることもありますが、うれしそうになめてくるときは、その人のことを好きな気持ちやうれしい気持ちを伝えています。
ピンチを救われた犬が、救ってくれた人の顔をなめる映像を目にすると、助かった喜びと共にありがとうの気持ちを伝えている気がしてなりません。

愛情や喜びの表現として愛犬になめられるのはうれしいことですが、犬の口腔内にはさまざまな菌が存在しており、ズーノーシス(人獣共通感染症、動物由来感染症)を引き起こす恐れもあるため、口元をなめさせるのは避けたほうがよさそうです。とはいえ、愛犬の愛情や喜び気持ちを「ダメ」「やめて」と拒否するのはかわいそうですので、愛犬が口元をなめてこようとしたら自分の口元に手を当て、手をなめるように誘導するといいでしょう。愛犬と触れ合ったあと、手を洗うこともお忘れなく。

まとめ

バラの花束を抱えたジャック・ラッセル・テリア

犬に感謝の感情があるのかはっきりとは分かりませんが、感謝は喜びの中から生まれることを考えると、ご紹介したようなサインで飼い主さんに「ありがとう」の気持ちを伝えているかもしれません。感謝や見返りを求めて愛犬のお世話をする飼い主さんはいないと思いますが、もし愛犬がありがとうの気持ちを伝えてくれているとしたら…やっぱりうれしいですね!

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 ショコラママ

    先日16年を共に過ごした愛犬のミニチュアダックスフントショコラが、天国に旅立ちました。
    高齢でしたので、最後の頃には自分で立ち上がることも、顔をあげて水を飲むことも出来なくなりました。
    病院で点滴を打って貰った帰りの事です。家に戻るエレベーターの中で、ショコラが顔を上げて私の顔をじっと見つめ、鼻と鼻をこすりつけたり、顎の辺りをなめたり、また鼻を私の顔につけたりを3回も繰返しました。これは私とショコラの好き好きの合図でした。そして意識があるうちの、最後の挨拶でした。その後部屋に戻ると直ぐにぐったりとしその後意識が遠のき、その日の夜に天国に旅立ちました。
    ショコラ、我が家に来てくれてありがとう。楽しい想い出をありがとう。愛してるよ…。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。