ネフガードとは 腎臓病への効果と使用上の注意点について

【獣医師監修】ネフガードとは 腎臓病への効果と使用上の注意点について

腎臓病のわんこに勧められることが多い『ネフガード』。このサプリメントが効果を発揮する病気や、それに対するネフガードの作用について、さらにはネフガードの使用時の注意点をご説明します。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

ネフガードってどんなサプリメント?

共立製薬 犬猫用 ネフガード協和 90粒
2,684円(税込)

ネフガードは、動物病院で主に「腎臓病」で使われることが多いサプリメントです。

ネフガードの主成分は「ヘルスカーボン」と言われる活性炭の仲間です。活性炭は様々な毒性物質を吸着し、体に吸収されるのを防いでくれる作用を持った優れものです。

一見、真っ黒い色をしているので「不味そう」に見えますが、活性炭なので基本的には味も臭いもなく、フードと混ぜてもしっかりと食べてくれます。

また、ネフガードには「粒」タイプと「粉末」タイプがありますが、どちらも作用は変わりません。

共立製薬 犬猫用 ネフガード協和(顆粒) 400mg 50スティック
2,375円(税込)

ネフガードの肝臓病に対する効果

薬

腎臓病とは?

腎臓病と一言といっても様々な種類がありますが、そのほとんどが結果的に腎臓の機能を低下させる病気となります。

腎臓はもともと血液をろ過して、体に不要な老廃物をおしっことして体外に流してしまうための臓器です。

腎臓の機能が低下すると、このろ過する力が低下してしまい、本来排せつしなければならない老廃物が体にたまってしまいます。

そしてこの老廃物が体にたまってしまうと、いわゆる「尿毒症」と呼ばれる状態になり、嘔吐や食欲不振といった様々な症状がみられるようになります。

ネフガードの作用は?

腎臓の機能が低下して、体にたまった老廃物は、主に「腸管循環」と呼ばれる代謝経路を通ります。

腸管循環では、体で代謝されたものが一時的に腸に出て、そこから再び体内に吸収されるのですが、ネフガードはこの腸に出たときの老廃物や老廃物の元になる物質を吸着しその後、便とともに排出することで、毒素が体にたまっていくのを抑える働きをします。

ネフガードを使うときの注意点は?

サプリメントのネフガード

ネフガードは腎臓機能低下時の老廃物をはじめ、様々な毒性物質を吸着してくれる優れたサプリメントですが、残念ながら体に入るすべての毒性物質を吸着できるわけではありません。

ですので、ネフガードだけで腎臓病を管理することは不可能ですので、食事療法や内服薬、あるいは輸液療法など、適切な治療を行いながら、それと一緒にネフガードを使ってあげることが大切です。

また、お薬の中にはネフガードにその成分を吸着されてしまうものもありますので、お薬を併用する際には、飲ませ方に注意が必要です。ネフガードの投与とほかの薬の投与は同時に行わず、必ず2時間以上ずらすようにしてください。

サプリメントと言えど、使用する前には必ずかかりつけの獣医師に確認するようにしてください。

まとめ

サプリメントのネフガード

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 たんぽぽ

    元動物看護師です。
    腎臓はとても働き者の臓器で、悪くなっても悪くなった部分を腎臓内で必死に補おうとするので検査上では異常値が出にくい臓器です。
    血液検査上で腎臓の値が悪く出るには、4分の3がダメージを受けないと結果として出ないと言われています。
    初期の腎不全を発見するには、尿検査が最も有効だと言われています。
    私が以前勤めていた病院でも腎不全を患った子にネフガードをよく処方していました。
    患者さん(ヨークシャテリア)で慢性腎不全を10歳で患い、ネフガード、療法食、飲み薬、体調が優れない時には点滴の治療を続け、20歳まで長生きしたわんちゃんもいます。
    腎不全はきちんと治療をした場合としなかった場合では、延命が3倍差があると言われています。
    もし腎不全を患ってしまっても諦めずにネフガード等を上手く活用し、腎不全と上手く付き合っていきましょう。
  • 投稿者

    40代 女性 momo

    我が家には14歳のゴールデンレトリバーがいますが、ここ1年程で血液検査の際にBUN(尿素窒素)の数値が若干高めになってきました。BUNは腎機能の衰え等でも影響があるそうですので、腎不全の初期検査なども合わせてしていただきました。それはお陰様で正常値で大丈夫でしたが、今後の予防の為にもと思い、2カ月ほど前から<ネフガード粒>を給与量より少し少なめに与えてみました。炭というとちょっと抵抗がある方もいるかと思いますが、我が家では人間も(主人)以前知人から「腎臓には純炭を使ったサプリがいいらしい」という事を聞いて良い結果が出ていましたので、愛犬にも抵抗なく与える事が出来ました。与えてから1か月後に血液検査をした際に、少なめに与えていたとはいえ効果があり、数値が下がっていました。今後も引き続き<ネフガード粒>は食事に混ぜて与えていきたいと思っております。ただし薬の服用をしている場合は、例えば昼にネフガード、夜に薬というように時間を空けてからの方が良いそうです。
  • 投稿者

    女性 ゆん

    ネフガードはサプリメントですので、末期の腎不全や単独での腎不全治療には有効とは思いませんが、高齢の慢性腎不全の犬に他の治療と併用して飲むのは良いと思います。お聞きした話ですが、私の知り合いに15歳のミニチュアダックスフントを飼っていらっしゃった方で、腎不全と動物病院で診断され、もう数ヶ月の命かもしれないと言われたそうです。定期的に病院に皮下補液の治療に通ったり、家でネフガードやレンジアレンというリンの吸着剤を毎日欠かさず飲ませていたところ、そのわんちゃんは18歳まで生きられたそうです。3年寿命を伸ばせたことで、愛犬と一緒にいられる時間をいつも以上に大事にすることができたし、お別れの時の覚悟もできたとその方はおっしゃっていました。サプリメントだと諦めるなかれ、続けることも大事なんだな、と感心しました。
  • 投稿者

    女性 シュナ

    ワンコも長寿化が進み、いろいろな発見や進歩があると思います。私は動物関係の仕事に就いたことがないので以前からあったのかもしれませんが、こういった補助的にでも愛犬の体を守れるお薬やサプリメントの存在を知ると少しほっとします。うちの愛犬は今は元気ですが、犬種的に腎関係の病気になりやすいといわれています。まずは発病しないように予防に努めていますが、もしものとき、いろいろな治療法があると飼い主としても安心できますし救いになります。人間のお薬やサプリメントもそうですが飲み合わせや副作用などもありえるのでお医者様と相談しての使用になるかと思いますが、愛犬には何歳までも元気でいてほしいです。まずは予防、病気になったときは最善の方法をお医者様と相談して進めていきたいです。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    うちの14歳のシニア犬も、病気をきっかけで薬を多量に飲むようになって腎臓の数値も悪くなってきました。病院で腎不全の検査をしましたが、まだそこまで重篤ではないのでこちらの記事で知った「ネフガード 粒」をあげてみる事にしました。粒が思いのほか小さくて、効果があるのか心配でしたが、徐々に腎臓の数値が良くなって効果を実感しております。
    使い始めた当初は、炭という事で便が黒いのが出るのでビックリしますが体調に問題なく大丈夫です!
    注意点として、他の薬を飲む際はこの炭に成分を吸着されてしまうので、時間はあけて服用した方がよいそうです。老犬を飼っている方、腎臓の数値が心配な方にはお勧めしたいサプリメントです!
  • 投稿者

    30代 女性 にこママ

    医薬品というわけではなく、サプリメントでもここまでしっかりとした効果が期待できるものがあるんですね。健康管理というより、しっかり「腎臓用」という形でつくられているのはすごいなと思います。うちの子はまだまだ大きな病気をしていないのでわからないのですが、動物病院でもサプリメントって処方されるんでしょうか?どうせ飲むならサプリメントでも病院が推奨しているものが安心ですよね。
  • 投稿者

    女性 なまず

    腎臓は悪くなると完治がなかなか難しいイメージです。食事療法が必要になったり、人間だと透析が必要になったり。うちの犬が腎臓にトラブルを抱えているわけではないので、犬のケースはあまり知りませんが、人間だと相当大変なので、愛犬には経験させたくないです。効果のあるサプリがあるということで、なんとなく安心しました。
  • 投稿者

    女性 もふころ

    我が家の愛犬も元々腎臓があまり強くないので、ちょっとしたことで腎臓機能が低下しやすく、お薬でも負担をかけてしまうので悩んでいました。
    炭はいいと知っていましたが、粉ばかりだったので毎回オブラートに包んだり与えにくいなと思っていましたが、粒タイプもあるんですね!
    あくまでも腎臓病用のサプリメントなので、予防としては適さないようですが、今後を考えて参考にしたいと思います。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。