パンフェノンってどんなサプリメント?成分や効果について

パンフェノンってどんなサプリメント?成分や効果について

お気に入りに追加

パンフェノンというワンちゃん用のサプリメントがあり、アレルギー性皮膚炎や心臓病などにも効果があると言われていますが、その成分を見てもイマイチよく分からないという方も多いので、詳しくご説明いたします。

14684view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

パンフェノンとは

パンフェノン

パンフェノンは、フランス海岸松の抽出成分や発酵ゴマ抽出成分からなるサプリメントです。あくまでサプリメントですから、効果効能を明言することはできませんが、動物病院では、「アレルギー性皮膚炎」や「心臓病」、「痴呆、認知症」などでお勧めされているようです。

パンフェノンの成分について

フランス海岸松の抽出成分は様々な抗酸化物質が含まれているのですが、主成分は「プロアントシアニジン」と呼ばれるポリフェノールの一種です。また発酵ゴマ抽出成分も「セサミン」と呼ばれる抗酸化物質です。

パンフェノンに含まれる抗酸化物質とは

サプリメント

体は様々な化学反応によって、その代謝が成り立っていますが、体にダメージを与える反応は主に「酸化反応」と呼ばれています。この酸化反応が多く起こると、いわゆる「体がさびついてしまう」状態になり、さらには様々な炎症の原因になってしまいます。

抗酸化物質はこの酸化反応を抑制し、体のサビつきを抑えることで、健康維持に役立てようとするものです。

パンフェノンに含まれる「プロアントシアニジン」と「セサミン」は、そんな抗酸化物質の中でも、強力に抗酸化作用をもつもので、その他の抗酸化物質よりも強力に体の酸化反応を抑えてくれると考えられています。

パンフェノンを使った効果とは

パンフェノン

パンフェノンはあくまでもサプリメントですので、どれくらいの効果があるというようなデータはありません。サプリメント全体で言えることですが、あくまでも「そのワンちゃんに合えば」それなりにしっかりとした効果を望むことができると思います。

しかしパンフェノンについては、これまでの皮膚用のサプリメントに比べると、効果を実感していらっしゃる飼い主様が多い印象があることと、また大学の先生もアレルギー性皮膚炎のワンちゃんに使用して、その効果の高さについて学会発表したりしていますので、より強くお勧めできるサプリメントと言えます。

まとめ

私の動物病院では主にアレルギー性皮膚炎のワンちゃんに、このパンフェノンを使っていただいていますが、やはり重度の皮膚炎では、ステロイドなどのお薬を使わないとほとんど改善はみられないのですが、軽度の皮膚炎では、中にはパンフェノン単独で改善したケースもあります。

なかなかアレルギー性皮膚炎の管理がうまくいかないワンちゃんや、なるべくステロイドなどのお薬を使いたくない方は、ぜひこの「パンフェノン」をお試しいただければと思います。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 そらね

    アレルギーかなぁ?との疑惑がありパンフェノンを3年前から愛用しています。飲んでからすぐに涙やけがキレイになりました!他の健康法も色々試していますが、ずっと愛用して離れられないお守りのサプリメントです。
  • 投稿者

    30代 女性 クッキー

    このサプリメントを使った事がありますが、確かに、軽度の皮膚問題に対しては長期間使う事によって改善の兆しがみられました。しかし、一方でこういったサプリメントに頼りすぎて、重い皮膚病を軽く見てしまう事もあるかもしれませんので、飼い主の注意が追求されますね。
  • 投稿者

    30代 女性 香瑠

    以前愛犬が皮膚炎になった際に、色々なサプリを検索していてこの「パンフェノン」がヒットしたことがあります。記事によると、アレルギー皮膚炎の他にも、痴呆・認知症にも効果があるようで、我が家の13歳のシニアワンコにも必要になってくるかなと思いました。興味深いサプリの1つです。
  • 投稿者

    30代 女性 ハッピー

    お薬をたくさん飲んで病気を治すようになってしまうよりは、普段からまたは症状が軽いうちからサプリメントを摂取する方が、ワンちゃんの体にも負担が無いように感じます。セサミンから摂れるなら、フードにゴマをプラスしてあげるのもいいですね。
  • 投稿者

    20代 女性 いちか

    初めて聞くサプリメントの種類でした。皮膚が弱い犬は皮膚炎になりやすいと聞きました。痒がっている様子や皮膚がただれているの犬も飼い主様も辛いです。もし、愛犬が皮膚トラブルの時は検討したいです。
  • 投稿者

    20代 男性 KOMA

    最近は人間だけではなく動物のサプリメントも良く出て来ました。こちらのパンフェノンというサプリメントの効能をみてみると、犬体のアレルギーの改善、心臓病にも有効というのが見られました。

    犬体のアレルギーは人間同様様々で埃や花粉、もちろん食べ物色々なアレルギーがあります。これらのアレルギーを改善するには薬もそうですが、やはり自然から取れる養分、それこそ副産物を含まないノーリスクな物が求められます。

    ステロイドは効能は確かでしょうがいかんせん体の健康によろしくないように思えます。あとワンちゃんにサプリメントを食べさせる時ワンちゃんにもよりますがあまり受け付けてくれない子もいます。そうなるとちょっとした工夫が必要で
    ・餌と混合させる。
    ・おやつの中に入れて食べさせる。
    等色々な試行錯誤が求められます。こうしたアレルギーを改善させたい人は是非使ってみたらどうでしょうか。
  • 投稿者

    女性 miya

    こういったサプリの口コミは怪しいとまず疑ってみるのが私の性格です。あまりにもメリットばかりを挙げられていると、デメリットは存在しないのだろうかという謎がどんどん大きくなってきてしまうんです。
    日米で5つの特許を取得済みな上、人間で実証しているとあるので信用してもいいサプリですね。
    パンフェノンはアトピーだけではなく心臓病にも効果があるようです。
    愛犬が心臓病なので、それに効果があると聞けばぜひとも試してみたい気持ちはあります。こういったサプリはとても高いので、試すにも踏ん切りがつかないことが多いのですが、パンフェノンには初回限定でお試しコースがあるのでとても良心的です。
    まずは主治医の獣医さんに相談して、一度試してみて効果を感じ取ることができたなら、続けていくのもひとつの手だなと思います。

    プロアントシアニジンはブドウの種子に含まれる成分なのですが、ブドウは犬には禁忌のはず。サプリの場合は有効成分だけ抽出してあるものだとは思いますが、今までに問題は出ていないのかが少々気になります。
  • 投稿者

    女性 ポムポム

    私はまだサプリメントの使用をしたことはないのですが、最近は人間だけでなくワンコにもいろいろなサプリがあるんですね。うちのわんこもアレルギー系の皮膚炎にかかったことがあります。その際、サプリのお話はありませんでしたが治療の方向としてステロイドはやはり気が進みませんでした。飼い主の方の中には、同じようにステロイドの効果はわかるものの、違う作用もきになり踏み出せない方もいらっしゃると思います。軽度でしたら効果が期待できるかもとのことで、選択肢がたくさんあるのは飼い主としても嬉しいことだと思います。因みに、うちは皮膚病にかかった際は病院からシャンプーを処方してもらいました。毎晩、幹部をシャンプーして完全に乾かすのを続けるという少し手間のかかるものでしたが、効果は抜群で2週間くらいでよくなりました。治療の方法と選択肢、信頼できる動物病院があるのは飼い主としてもとても心強いです。
  • 投稿者

    女性 れもんたると

    愛犬たちにサプリメントは与えていますがパンフェノンと言うサプリメントは知りませんでした。
    アレルギーや心臓病や痴呆などに効果があるといわれているんですね。
    うちの子たちは当てはまる症状がない為、使う予定はありませんが痴呆や認知症に効果が期待できるのは嬉しいですね。
    わんちゃんの寿命が延びる中で痴呆や認知症は避けては通らない場合もありますから、内服薬ではなくなるべくサプリメントで効果が期待出来るのであれば、それが良いと思うので。
    ゴマに含まれるセサミンの効果については、存じている方も多いと思います。
    テレビショッピングでセサミンのサプリメントの紹介されているのを見た事ある方も多いのではと思います。(人用ですが)
    皮膚病や心臓病に関しても、あくまでサプリメントは補助的な気休めくらいに考えら方が良いですが、内服薬以外で少しでも効果が期待出来るのがあれば併用、またはサプリメントだけで対処したいですよね。なるべくステロイドなどのお薬は長期服用は避けたいですから。

    パンフェノンを服用する前には、念のため動物病院で診てもらってから飲み始めるのが良いですよね。
    たまにお薬は身体に負担がかかるから、サプリメントや食材など自然のもの?で改善しようと頑張る飼い主さんもいますが、時には内服薬も必要なんですよね。
    アレルギー皮膚炎も心臓病も痴呆も、長引きやすい病気ですし、生涯治療を続けなければならない場合もあります。
    体質改善は良いことですが、お薬と併用しながら改善していくのが良いかと思います。
    サプリメントも合う合わないがありますし、効果も不確かな部分はありますが良き効果を実感出来る場合もあります。
    1つの選択肢としてサプリメントを試してみるのは有りだと思いました。
  • 投稿者

    女性 ななこ

    飼っている犬が7才になりそろそろシニア期にさしかかろうとしています。現在のところ健康状態に問題はないのですが、予防医学といいましょうか、今からなにかサプリメントなどを始めておいた方がおじいちゃんになってからいいかな、と期待をしています。セサミン、人間にも人気のある健康成分なので興味があります。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

パンフェノンの評価をお願いしますm(__)m

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。