柴犬の胡麻毛の性格や特徴、見分け方や子犬の価格まで

柴犬の胡麻毛の性格や特徴、見分け方や子犬の価格まで

日本犬の中でも人気ナンバーワンの柴犬ですが、「胡麻毛」と呼ばれる色をした柴犬がいることを皆さんはご存知ですか?世界でも注目度が高く、日本人には昔から馴染みのある柴犬ですが、胡麻毛の柴犬はとても珍しく、なかなか見かけません。胡麻毛の柴犬は、「渋みがある」とか、「野性的」など、毛の混ざり具合で印象もさまざま。今回は、柴犬の中でも特に「胡麻毛」の柴犬について、詳しい特徴や見分け方などをご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

柴犬の胡麻毛の特徴

胡麻毛の柴犬

柴犬の毛色は大きく分けて4種類あります。一番多く見かける最もポピュラーな「赤毛(茶色)」をはじめ、「黒毛(黒柴)」「白毛(白柴)」の柴犬のほかに、「胡麻毛」が存在します。

胡麻毛とは、赤毛・黒毛・白毛が混ざり合った毛色のことを言います。さらに、被毛に赤毛の割合が多い場合は「赤胡麻」、黒毛の割合が多い場合は「黒胡麻」というように細かく色分けされて呼ばれる場合もあります。

胡麻柴は、柴犬全体の数%しか存在していない大変珍しい毛色と言われていますが、明確な胡麻柴の定義というものは実はありません。「胡麻毛は赤毛に黒毛が混ざったもので、体の一部に白毛の部分があり、渋みのある毛色」とだけ定義されていて、胡麻毛か赤毛かの見分け方は一般の人には難しいかもしれません。

胡麻毛の柴犬の場合、子犬の頃の色の雰囲気が、成長するにつれ全く違った感じになる場合もあります。例えば、赤胡麻の子犬が成犬になる頃には黒味が強くなり黒胡麻に近づくこともあります。また、成犬になったらすっかり赤毛に変わってしまったというケースもあるようです。

柴犬の胡麻毛の性格

胡麻柴と青空

性格

  • 警戒心が強い
  • 聡明
  • 頑固
  • 忠誠心が強い
  • ツンデレ
  • 甘えん坊

柴犬は毛色による性格に違いはありません。胡麻毛色という被毛に突出した個性も特になく、一般的な「柴犬らしい」と言われる性格をしています。

柴犬はもともと狩猟犬でした。このため、獲物を追い詰める気の強さと粘り強さや賢さを持っています。自我や警戒心も強く頑固な面もあるので、初めて犬を飼う人にとってしつけにくく、なかなか苦労する犬と言われています。

一方で、家族への愛情が大変深い犬として知られています。一度主人として認めた相手には心を開き、終生忠誠心を持ち続けます。時には自分が捨て身になって、大切な家族を守ろうとするような面もあるのです。

また、家族にもべったりと甘えてきたかと思えば、時にはクールでマイペースになります。かまって欲しい時とそうでない時の落差が大きく、一筋縄ではいかないところがあるのです。柴犬を好んで飼う人は、そのツンデレな性格が魅力と言う人が多いようですね。

胡麻以外の柴犬の毛色の種類

胡麻以外の毛色の種類

  • 赤毛(茶色、レッド)
  • 黒毛(ブラック&タン)
  • 白毛(クリーム)
  • 虎毛

赤毛

赤毛の柴犬

赤毛は、明るい茶色でキツネ色・レッドとも呼ばれている毛色です。柴犬のうち約80%がこの色を占めていますので、町で見かけることも多いでしょう。

見た目は単色のようですが、胸とお腹周りは白い毛で覆われています。特に目の周りの白い部分が個性の現れる部分で、表情を豊かに見せています。

黒毛(ブラック&タン)

黒柴

黒毛は柴犬の全体の10%を占めています。目の上にあるタン(薄茶色)の眉毛が目立ち、「マロ眉」という愛称で親しまれていることからブラック&タンとも呼ばれています。

赤毛に比べ、色の珍しさから販売価格も赤毛より高めの傾向にあります。

白毛(クリーム)

白柴

白毛は、黒毛より更に珍しい色となります。赤柴同志を交配させていくと白い毛色の柴犬が生まれることがあり、その確率は5~10%と言われています。

全身が白く柔しい印象がありますが、白にも純白に近い色からクリームがかった白色など微妙に違いがあります。希少な色の柴犬ですが、大変人気があります。

虎毛

虎毛は胡麻毛の一種です。柴犬の胡麻毛の中でもさらに個体数が少なく、非常に珍しい種類とされています。虎毛と呼ぶか、胡麻毛と呼ぶかの明確な定義はありません。

虎毛は胡麻毛の模様の入り方が特徴です。胡麻毛色の赤や黒の毛と、白毛のコントラストがくっきりとしている場合や、そのコントラストが虎模様に見える場合に、作出者の判断で虎毛として表記されることが多いようです。

柴犬の胡麻毛の子犬の価格

胡麻柴の子犬

値段の相場

10万円以上

柴犬の胡麻毛は大変個体数が少なく、希少価値が高いので、販売価格も高めの傾向にあります。

柴犬全体の相場は現在5万円~20万円です。最もポピュラーな赤毛の販売価格が最低5万円程度からあるのに対し、胡麻柴は最低価格が10万円からとなっています。

販売先がペットショップかブリーダーかによっても違いますが、20万円近い値段が胡麻毛の販売価格と考えて良いでしょう。

柴犬の胡麻毛をブリーダーから迎えるには

胡麻柴の親子

柴犬専門のブリーダーは全国各地にあります。ですが、胡麻毛専門というわけではありません。胡麻柴は作出が大変難しい毛色のようです。

胡麻毛の柴犬を迎えたい場合は、全国各地の柴犬のブリーダーの情報をチェックしていくと良いでしょう。知人で柴犬をブリーダーから迎えた方に評判を聞いてみるのも良いかもしれません。

柴犬は日本犬なので日本の風土にも合い、比較的病気に強い犬種として有名ですが、遺伝的疾患がないとは言えません。ブリーダーから柴犬を迎える際は、そのような病歴や血縁、親兄弟の性格など細かな点まで詳しく丁寧に教えてくれる、ブリーダーを探しましょう。

柴犬の胡麻毛の里親になるには

胡麻柴の顔UP

柴犬を飼いたい場合、里親制度を利用する方法もあります。里親募集のサイトもあるので、全国の情報をチェックしてみると良いでしょう。

柴犬は里親募集されている可能性は高いかもしれませんが、「胡麻毛」に特定してしまうと見つかる可能性は低くなるでしょう。それでも、胡麻毛の柴犬を希望する場合は、常に情報収集する必要がでてきます。

まずは近隣の動物保護センターや動物愛護団体、自治体の里親募集制度や地元の保健所、または犬の譲渡会に積極的に参加し、出会いの範囲を広げることをお勧めします。

里親を探している犬ということは、一度飼い主から手放された犬ということです。家庭の事情もあれば、犬の性格が手に負えなくなったということも考えられます。

特に柴犬は警戒心も強い性質を持っています。里親を希望する場合は、それらの犬の過去や性格と向き合い、最後まで一緒に生活できるかどうかを判断してから決めなくてはなりません。

まとめ

胡麻柴のコントラスト

胡麻毛色の柴犬は、古くから日本中で飼われ、親しまれている、柴犬の中でも特に珍しいなかなか出会えない毛色です。色の混ざり具合で、同じ胡麻毛でも全く違った雰囲気を持つところも大きな魅力ですね。

また、成長するにつれ毛色が変化する面白さもあります。柴犬愛好家の中でも注目されること間違いないでしょう。胡麻毛に限らず、柴犬にはいろいろな毛色が存在します。ひょっとしたらご近所の柴犬たちの中にも胡麻毛が紛れているかもしれません。意識してよく観察してみるもの面白いですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。