犬の白内障に効くサプリメントとは!その効果とオススメの商品3選

犬の白内障に効くサプリメントとは!その効果とオススメの商品3選

お気に入りに追加

犬たちにとって、身近な病気のひとつに白内障があります。ここでは、犬の白内障の症状やメカニズム、治療法をはじめ、予防に役立つサプリメントの紹介をします。犬の白内障は失明の可能性もある怖い病気です。もし愛犬が白内障になったとしても、ここで白内障について知識を深めておき、冷静に対処できるようにしましょう。

510view

犬の白内障について

白内障のダックスフンド

飼っている犬の目が、白く濁っている状態を目にしたことはありませんか?それは白内障かもしれません。犬も人間と同じように白内障になります。視力低下や失明の危険性もある犬の白内障について詳しくお伝えします。

犬の白内障とは

犬の白内障とは、目の中にある水晶体というカメラのレンズのような役割を果たす部分が白く濁ってしまう病気です。本来無色透明であるべき水晶体が白く濁ってしまうと、視界が常にかすんだり、ぼやけたりした状態になり視力が低下していきます。

進行が進んで手遅れになると、失明してしまう場合もあります。また、白内障は一度発症してしまうと薬で治すことはできず、白く濁った眼が元に戻ることはありません。物や壁にぶつかったり、壁を伝って歩くような行動がみられる場合は早めに受診しましょう。

犬の白内障の原因

犬の白内障の原因の多くは、加齢です。近年では住環境や食生活などにより犬の寿命が伸びており、犬の世界も高齢化になってきています。犬の高齢化に合わせて、9歳以上になると40頭に1頭の割合で白内障を発症するという報告もあります。

また、犬の白内障には、遺伝的要因の先天性の白内障があります。ミニチュアシュナウザー、ボストンテリア、ビーグルなど多くの犬が好発犬種とされています。その他、糖尿病をはじめとする病気からの合併症の場合や、外傷、紫外線、アトピー性皮膚炎など、犬の白内障はさまざまな原因により発症します。

犬の白内障のメカニズム

水晶体の役割のひとつとして紫外線の吸収がありますが、紫外線は水と反応すると、老化の原因でもある活性酸素を発生させる性質があります。この活性酸素が水晶体を構成するタンパク質を酸化させ、目は徐々に老化し、タンパク質は白く濁ってしまい、白内障へと進行していきます。

正常な場合、水晶体を通して入ってきた光は、網膜まで十分に届きクリアな視界で見ることができますが、白く濁った水晶体を通って入ってきた光は、網膜に十分に届くことができないため、視界が霞んだり、まぶしさを感じたり、見えづらくなってしまうのです。

白内障の種類

白内障にはいくつか種類があり、原因や発症の時期により呼び方が異なります。6歳以降の犬に発症した白内障を、老年性白内障と言います。逆に6歳以前に発症する白内障を若年性白内障、遺伝などが原因で生まれつき白内障の症状がある場合を先天性白内障と言います。

また、眼球が何らかの理由で眼球が傷ついてしまった結果、白内障になってしまった場合を外傷性白内障と呼びます。白内障の種類については素人の診断では難しいので、しっかりと診断してもらいましょう。

犬の白内障の治療方法

薬を食べる犬

軽度の白内障の治療には、内服薬や点眼薬が処方されます。この投薬による治療は白内障の改善目的ではなく、白内障の進行を遅らせるための薬なので、根本的な治療にはなりません。

一方、重度の白内障の場合や、根本的な治療を望む場合には手術が行われます。白く濁った水晶体を取り除き、人工レンズと入れ替えることで視力が回復します。

白内障の手術は一般的に行われるようになってきましたが、手術には全身麻酔が適用されるため、体が衰弱した老犬などは手術が受けられない場合もあります。

白内障の治療の進め方を決める際は、犬の年齢や体調、白内障の進行状況などを考慮することが大切です。病気の進行状況によっては、必ずしも手術を受ける必要がない場合もあるので、しっかりと診断をしてもらい相談しながら適切な治療計画を立てましょう。

また、治療に合わせてサプリメントを取り入れてみることも良いでしょう。サプリメントにはいろいろな種類があるので、目的や症状にあったものを取り入れ、適切な量を守って与えることが大切です。

犬の白内障におすすめのサプリメント

DHC愛犬用ぱっちり60粒

ディーエイチシー (DHC) 愛犬用ぱっちり60粒
790円(税込)

愛犬も老化による目の不満が増えています。DHC愛犬用「ぱっちり」はクリアな視界に役立つことで知られる成分、アントシアニンを含有するブルーベリーエキス、黒大豆種皮エキス、カシスエキスが配合されているサプリメントです。

小粒な錠剤なので、おやつやご飯に混ぜ込んであげると良いでしょう。白内障はもちろん、充血や涙やけなど犬の目の健康をサポートするサプリメントです。犬の体重によって服用量が変わるので、容量を守って使いましょう。また、生後3ヶ月未満の幼犬にはサプリメントの使用を控えましょう。

犬専用プレミアムサプリメント ビガープラスアイ

犬専用プレミアムサプリメント ビガープラス アイ
11,880円(税込)

犬専用プレミアムサプリメント・ビガープラスアイは、白内障、緑内障、角膜炎などの目の病気におすすめの高純度プロポリス、ブルーベリー、ルテインが配合されたサプリメントです。目に良いとされる色素成分カロテノイドが、光などの日々の刺激から守ります。

このサプリメントは粉末状になっているので、ご飯に振りかけたり、水に溶かしたり、そのまま与えることができます。味はチキン風味で、国産、無添加、天然にこだわって作られています。1日1回1スプーンを目安に与えましょう。

食べる目薬革命 30g 無添加 サプリ

犬 猫用 無添加 白内障 視力 サプリメント (食べる 目薬 革命 100g)
7,776円(税込)

食べる目薬革命は、添加物を一切使用せずに作られた国産のサプリメントです。粉末状になっているので、どの犬種にも適正な量を与えることができます。また、目だけではなく、加齢により減りがちな栄養素も一緒に摂取することができるサプリメントです。

すべて人用の食材を使用して作られたサプリメントなので、人間も一緒に飲むことができます。犬の体重によって服用量が変わるので、容量を守って使いましょう。

犬の白内障の予防法

食事を与えられる犬

犬の先天性白内障は遺伝的要因が強いため予防は困難ですが、日々の生活の中で白内障にならないように工夫してあげることが可能です。

食事

酸化ストレスは犬の体にある健康な細胞を酸化させてダメージを与えたり、組織の老化を促します。体を酸化させないためにも、柑橘類に含まれるビタミンC、かぼちゃやナッツ類に含まれるビタミンE、レバーや鰹節に含まれるミネラル、鮭や鯛などに含まれるアスタキサンチンなどの抗酸化栄養素を豊富に含んだ食材を進んで食事に取り入れてあげましょう

また、コエンザイムQ10は強い抗酸化作用を持っていますが、年齢とともに体内で作られなくなります。食事から摂取するのは難しいので、サプリメントを活用しましょう。

アイケア

日々の生活の中で、犬の目に負担をかけないように気をつけましょう。例えば散歩は、紫外線が比較的少ない朝や夕方の時間帯に連れて行きましょう。犬用の紫外線カット用ゴーグルなど紫外線対策商品もあるようです。

散歩中は、草むらや落ちている枝が目に入ってけがをしないように注意してください。目にゴミが入り手で掻きむしってしまうようなら、人工涙液を処方してもらい、目の中のごみを流してあげることも大切です。先ほど紹介したサプリメントを取り入れてあげることも必要に応じて検討してみましょう。

犬が白内障になってしまったら

犬とシニア女性

もし犬が白内障になってしまったら、飼い主として何をしてあげられるのでしょうか。受診して、治療するのはもちろんですが、日常生活を送るための環境整備も必要になります。

犬は多少目が見えなくなっても、鋭い嗅覚と聴覚で日常生活に順応することができますが、家具の配置は極力変えず、障害になるようなものは片づけて、犬の定位置を作ってあげるなど、室内の環境を整えてあげましょう。

また、目が見えづらい分たくさん話しかけてあげたりスキンシップをしてあげたりして、犬がさみしくならないようにすることも大切です。病院で処方された薬と合わせてサプリメントを取り入れてみることも良いでしょう。

まとめ

白内障の老犬

犬の白内障には、緑黄色野菜に多く含まれるルテインやブルーベリーに多く含まれるアントシアニンも目の健康に役立つ栄養素として有名です。食べ物やサプリメントを上手に使い分けて、犬の目の健康に気をつけてあげましょう。

犬の白内障は健康な犬であっても、加齢とともに発症することもある病気です。日常的にサプリメントを取り入れてあげることはもちろん、早期発見が大切なので、目が濁っていないか、見えづらそうな様子はないかなど様子を見てあげたり、定期検診を受診したりしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。