犬のヒゲは伸びたら切るべき?意外と知らないヒゲの意味とは

犬のヒゲは伸びたら切るべき?意外と知らないヒゲの意味とは

お気に入りに追加

愛犬のヒゲをカットしたことはありますか?「猫のヒゲは切ってはいけないが、犬のヒゲは切ってもOK」ということを聞いたことのある人も多いと思いますが、それは本当のことなのでしょうか。また、なぜそのように言われるようになったのでしょうか。

4794view

犬のヒゲの役割とは

地面のにおいかぎをするジャックラッセル

①顔、目を守る

犬はヒゲに何かが触れると目をつぶる反射があります。右のヒゲに触れると右目を、左のヒゲに触れると左目をつぶる傾向にあります。草むらなどに顔を突っ込んだ時に草や枝で目を傷つけてしまわないようにヒゲに何かが当たった時は反射的に目をつぶり守るようになっています。

②センサーとしての感知機能

猫はヒゲで空間の広さや対象物との距離感をはかったり、平衡感覚を保つ働きがあるとされているため非常に重要な器官とされています。しかし犬にも同じような働きがあると考えられており、空気の流れや温度、風向きを感知するセンサーとしての役割があるとされています。

③障害物などの位置の把握

犬は口やあごの下付近のものを見ることが苦手です。口まわりにあるヒゲに物が当たることで物の位置や距離をある程度把握することができるので、感覚機能をサポートすることができます。特に目の悪くなりがちなシニア犬などにとっては重要な役割を果たします。

犬のヒゲは切ってもいいの?

柴犬のマズルアップ

犬のヒゲを切ってもいいのか、ということについては賛否両論あります。多少なりとも犬のヒゲにも役割があり、必要だからこそ退化せずに存在していると考える専門家は切るべきでないという意見を持っています。ただし、ヒゲを切っても犬の行動などに大きな影響が見られないという意見もあります。

そのためどちらでも問題ないというのが一般的な認識ですが、特別な事情がなければ切る必要はないかと思います。少しでも犬の感覚や機能を補完する役割があるというのであれば、やはりそれは残しておくべきだと考えます。特に目や耳などの機能が低下してくるシニア犬の場合は、ヒゲによって感覚機能を補うためできるだけ残してあげましょう。

ただし、感覚過敏傾向にある犬の場合は外で色々と物に触れるたびストレスを感じてしまうことがあるのであえて切るという選択肢もあります。

犬のヒゲのカットの仕方

口元のカットをするマルチーズ

犬のヒゲを切る場合はできるだけトリマーなどプロに任せることをおすすめします。あまりにも短く切りすぎてしまうとやはり感覚機能としての役割を果たせなくなってしまいますし、はさみで簡単に切っていいものではありません。切る必要があるか悩んだ時は、長すぎるかということや切らないとどうなるかなどを確認して相談するようにしましょう。

犬のヒゲを切る場合でも、長さを揃える程度であったり先端の方だけを切って半分以上残すような形であれば、感覚機能としての役割にそれほど影響を与えないと考えられています。そのため、見た目も機能も気になる場合は先端を切りそろえる程度にして様子を見るといいかもしれません。

まとめ

ひっくり返って甘える柴犬

「猫のヒゲはだめだけど犬のヒゲは切っても大丈夫」という世間に広がっている認識は、間違っているわけではありませんが犬によっては適切ではない場合があります。

実は犬のヒゲは目の上や頬、あごの下など顔のあらゆるところに生えている「触覚毛」という毛のひとつです。触覚毛は太く長くピンとした毛で、上記した通り感覚機能を補完する役割や感情表現に使用するもので犬にとっては大切な機能なのです。

トリミングなどを定期的に行っているとヒゲのカットを提案されることもあると思いますが、見た目のかわいさだけでなく、目や耳など犬の身体的な機能について考えて切る必要があるかどうかを考えるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。