ダブルコートとシングルコートの違いについて

ダブルコートとシングルコートの違いについて

寒さに強いが、換毛期にごっそりと毛が抜けるダブルコート。寒さに対する耐久性はあまりないが、抜けが少ないシングルコート。あなたはどっち派?それぞれのメリットとデメリットについて解説します。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

東京農工大学農学部獣医学科卒業。その後、動物病院にて勤務。動物に囲まれて暮らしたい、という想いから獣医師になり、その想い通りに現在まで、5頭の犬、7匹の猫、10匹のフェレットの他、ハムスター、カメ、デグー、水生動物たちと暮らしてきました。動物を正しく飼って、動物も人もハッピーになるための力になりたいと思っています。そのために、病気になる前や問題が起こる前に出来ることとして、犬の遺伝学、行動学、シェルターメディスンに特に興味を持って勉強しています。

ダブルコートとシングルコートの違い

犬の被毛にはダブルコート(二重毛)とシングルコート(単毛)という分け方があります。
固くて太い長めのオーバーコート(上毛)と柔らかくて細い短めの綿毛のようなアンダーコート(下毛)と二重構造からなっているものをダブルコートと呼びます。また、アンダーコートがない、またはわずかしかないものをシングルコートと呼びます。

子犬

本来、イヌ科の動物はダブルコートですが、より人間の近くで生活することによって、いアンダーコートは必ずしも必要ではなくなりました。アンダーコートは主に防寒の役割をも果たしているので、寒い地方が原産の犬種の多くはダブルコートとなっています

ダブルコートは短毛種にも長毛種にもあり、短毛種は普段の手入れは比較的簡単だと思われがちですが、それは間違いです。短毛か長毛かより、ダブルコートかシングルコートかの方が被毛のお手入れの大変さに関係すると思います。

ブルコートの犬では、換毛期と呼ばれる春から夏に掛けては、アンダーコートがごっそりと抜け落ち、この時期に手入れを怠ると、そこら中が毛だらけになり、人間の生活にも支障をきたすようになります。その上、全身の皮膚が不潔になったり蒸れたりして皮膚病などの原因ともなります。

因みに換毛期と言うのは、犬の毛(主にアンダーコート)が大量に生え変わる時期のことで、約1ヶ月掛けて大量の毛が抜け落ち、新しい毛が生えて来ます。

シングルコートは、寒さに対する耐久性は少し落ちるかもしれませんが、普段の抜け毛も少なめで換毛期が少ない犬種も多いことから、抜け毛の処理という点では管理が楽かもしれません。しかし絹状の毛を持つ長毛種では、こまめな手入れが必要となります。

最近は冷暖房の普及により、室内犬は気温差を感じにくく、換毛の時期や量が曖昧になっているというケースも多々あります。理想的な換毛を行うには、犬にある程度、暑さ寒さを感じさせた方が良いのかもしれません。

ダブルコートの犬種と、飼う時に注意すること

柴犬

ダブルコートの犬種と言えば、柴犬、秋田犬、ウェルシュコーギー、シベリアンハスキー、シェトランドシープドッグ、スピッツ、ポメラニアン、ラブラドールレトリーバー、フレンチブルドッグ、パグ、ジャーマンシェパード、ジャックラッセルテリアなどの短毛種の他に、ロングコートのチワワ、ゴールデンレトリーバー、ロングコートのダックスフント、ボーダーコリー、キャバリアなどの長毛種もいます。

ダブルコートの犬種は換毛期には本当に驚くくらいに毛が抜けるので、日頃からのブラッシングに加え換毛期にはより頻繁なブラッシングや掃除が非常に大切になります。ブラッシングをして抜けた毛を取り除かないでおくと、不潔になったり蒸れたりして皮膚病の原因にもななることもあります。

ブラッシングには血行促進やマッサージ効果に加え、重大なコミュニケーションツールにもなるという利点もあります。

ダブルコートの長毛種の普段のお手入れにはピンブラシがおススメです。皮膚や被毛に優しく毛切れも起こしにくいです。しかし、毛玉を梳く事はには向いていません。毛玉ができる前にしっかりとケアをしましょう。ピンブラシのあとは、しっかりコームを掛けることで、毛玉になる前の毛束を見つけることが出来ます。

もしも毛玉が出来てしまった場合はスリッカーを使いましょう。ただしスリッカーは毛切れを起こしやすいので注意しましょう。スリッカーは短毛種にも使えます。ダブルコートの犬種には欠かせないものだと言えるでしょう。

しかし、短毛種の夏場のお手入れには獣毛ブラシが適切です。換毛期で毛が減っている時にスリッカーを使うと皮膚が傷つく恐れがあるからです。


ペティオ (Petio) プレシャンテ ピンブラシ L

同じ短毛種でもパグやフレンチブルドックのように非常に短い毛の場合には、抜けた毛を取り除くにはラバーブラシが向いていると思います。

シングルコートの犬種と、飼う時に注意すること

プードル

シングルコートの犬種と言えば、グレート・デーン、グレーハウンド、ミニチュアピンシャーなどの短毛タイプの他に、ヨークシャーテリア、パピヨン、アフガンハウンド、プードル、マルチーズなどの長毛種もいます。

シングルコートの犬種はアンダーコートがない、またはわずかしかないので換毛期がない場合が多くあります。しかし、一度に大量に毛が抜ける時期がないと言いうだけで、全く抜けていないわけではありません。アンダーコートがいっぺんに生え変わることがないので抜け毛に特に困る時期がないと言った方が正しいかもしれません。
比較的長毛犬種が多いので、毛玉防止、もつれ防止のため、毎日のブラッシングとこまめなお手入れが欠かせません。また、短毛犬種の場合は比較的お手入れは楽ですが、被毛のツヤと共に皮膚の健康のためにも、ブラッシングなどのお手入れは必要です。

同じシングルコート犬種でも、ヨークシャテリアやパピヨンなどは、絹のような細い被毛を持つ犬種のお手入れには、ピンブラシとコームが向いていると思います。毛玉があった際にはスリッカーも使いますが、毛切れを起こしやすいので、その時には優しくなでるようにしてあげて下さい。

プードルのようにカールした被毛を持つタイプには、スリッカーがおススメです。最後はコームで全身の毛がもつれていないかのチェックも忘れずにして下さい。

グレート・デーン、グレーハウンド、ミニチュアピンシャーなどの短毛種には、ラバーブラシや獣毛ブラシが良いでしょう。ラバーブラシは本来抜けたアンダーコートを取り除くことに向いているブラシですが、これらの短毛種はシングルコートでも抜け毛が多いので役立つかもしれません。

まとめ

ダブルコートとシングルコートにはそれぞれ違いがありますが、どちらもお手入れが必要なのは確かなことだと思います。ご自分のライフスタイル、犬の被毛のお手入れにかけられる時間と費用も考えて、最後まで面倒を見ることの出来る犬を生涯のパートナーとしてお迎え下さい。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 アイカ

    我が家の愛犬は4歳になるパグです。パグは昔からずっと飼ってみたい!と思っていたので、実際に一緒に暮らすパートナーとなり、とても嬉しかったのですが・・・こんなに毛が抜けるなんて予想もしていませんでした!毎日掃除ばかりしています。コロコロもすぐにシートを変えなくてはいけません!家に遊びに来る友人たちには毎回「犬の毛がものすごく付くから適当な服で来てね」と言っています。それくらいとにかく家の中が毛だらけです。なぜかと言えば、パグはダブルコートなので記事にも書いてある通り、換毛期になるとごっそり毛が抜けるのです。また、パグの毛はパラパラしたようなものなので、掃除は簡単にできます。しかし、日頃にしっかりブラッシングをしとくのが大事だと思います。
  • 投稿者

    30代 女性 セリ

    うちの犬は換毛期がないため、はじめてうちにお友達がパグを連れて来た時には抜け毛の多さに驚きました。
    黒いパグちゃんだったため、うちのフローリングが白っぽい気なので抜け毛が目立つため良く分かりました。飼い主さんは、黒い服ばかり着るようになったと言っていましたよ。パグの毛は短いので、繊維に刺さると取れないんだそうです。
    換毛期もなく、抜け毛もあまりないトイプードルですが、月に1回トリミングに出す必要があります。数日に1回は15分ほどブラッシングなどのケアをします。そのパグちゃんは、もちろんトリミングは必要ありません。どちらが楽かは、人それぞれかな。
    ただ私は、抜け毛の多い犬を飼ったことがないため、あれは掃除が大変だろうなぁ、と思ってしまいました。
  • 投稿者

    20代 女性 シーナ

    トイプードルを飼い始める時に店員さんに「この子は毛が抜けにくいから掃除が楽ですよ」と言われました。あとでダブルコートとシングルコートの違いについて知って、抜けないとはそういうことだったのかと納得しました。確かに家の中にあまり毛は落ちていませんね。お友達の柴犬がいるのですがその子のうちに行くと靴下とかに毛がたくさんつくので最初はびっくりしました。(毛がつくのが嫌だとか思ってるわけではないですよ!念のため。。。)多分換毛期だったんだと思うんですが、ブラッシングを一緒にやらせてもらったら驚くほどごっそり抜けて「大丈夫?はげない?」と心配になっちゃうくらいでしたね。でも気持ちいいくらい抜けておもしろかった(笑)トイプーは毛の手入れは必要ないので楽ですが、ちょくちょくトリミングに出さないといけないのでそれは手間だし、経済的にも負担がかかる部分ではありますね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。