トイプードルのサマーカットとは?夏のトリミングのメリットとおすすめヘア

95379view

トイプードルのサマーカットとは?夏のトリミングのメリットとおすすめヘア

暑い季節にはサマーカットにする飼い主さんも多いのではないでしょうか。トイプードルのサマーカットについて、メリット・デメリットも含めてみていきます。

トイプードルのサマーカットとは

暑い季節に大人気のサマーカット

最近、暑い夏になると、可愛くサマーカットしたトイプードルを見かける機会が増えてきたようです。

このサマーカットとは、どういったものなのでしょう?

一般的にサマーカットといっても、通常のスタイルより短めということであって、毛の長さに決まりがあるわけではありません。

サマーカットのスタイルも実にさまざまあって、どれも可愛いのですが、一般的にトイプードルのサマーカットというと、3ミリか5ミリくらいのバリカンの刃を使用することが多いようです。

トイプードルの毛はバリカンが入りやすい毛質のため、3ミリ刃では、少し短いと感じることもあるかもしれません。

ちなみに、3ミリ刃の場合、実際の毛の長さは大体6ミリほどになります。

5ミリ刃で1センチ程度です。(刃の長さの倍と考えると良いようです。)3ミリ刃で剃ると、毛質や毛量にもよるのですが、皮膚が見えるくらいです。

毛量によっては、5ミリ刃でも、うっすら見えることもあるようです。

トイプードルは、大量の毛が一気に生え変わる、換毛期がある犬種ではないので、抜け毛の多さに困る心配は少ないのですが、何もお手入れしないで放っておくと、大体、月に1センチのペースで、人間と同じように、どんどん毛が伸び続けていく犬種です。

毛むくじゃらだと暑いよ

また、個体差がありますが、毛がカールしているので、毎日丁寧にブラッシングをしないと、すぐに毛玉ができたり、大変可愛そうな状態になってしまいます。

そこで、トイプードルの飼い主さんは、少なくとも月1回ほどのペースで、ペットサロンでトリミングをしてもらっていることと思われますが、せっかく毎月通っているのですから、暑い夏にはサマーカットに挑戦するのも良いでしょう。

サマーカットは、手軽にイメージチェンジできるだけでなく、わんちゃんにとって良いことも多いので、大人気なのですが、注意しなくてはならないポイントもあるので、気を付けなければなりません。

トイプードルのサマーカットのメリット

気温が高いだけでなく、湿度の高さにも悩まされる日本の夏。

もともと、原産国がフランスやドイツといわれているトイプードルは、この湿気だけでも体調を崩しかねません。

多くの犬にとって、冬の寒さより、夏の高温多湿の方が健康面に重大な影響がでる傾向にあります。

これは、たいていの犬種では、一年中被毛に覆われているために、特に毛色が黒い犬の場合は、太陽の熱を吸収してしまい、熱が体内にこもってしまうからです。

特に、長い毛の犬種や、トイプードルのように、まるで羊毛に似た毛質で、さらに巻き毛となると、熱がこもってしまい、熱中症など体に悪影響がでてしまうことがあります。

人間のような、さらっとした汗を分泌する、「エクリン汗腺」は、人間の場合は大体全身に分布しているのですが、犬の場合ですと、足の肉球にしかないのです。

ですから、汗をかくことで、体内に溜まった熱を放射し、体温を下げる機能を備えている人間とは異なるということを、飼い主がしっかりと理解しておくことが大切です。

また、夏の暑い時期に、犬が舌を長く出して、ハアハアとしているのを度々目にしますが、これは「パンティング」とよばれ、効率よく汗がかけない犬が代わりに行うものです。

見た目にも、お疲れ様、と言いたくなるような様子ですが、この実際に、この「パンティング」は、想像以上に体力を消費するのです。

特に子犬の場合は、体温調節が成犬のようには上手くできないので、より一層の注意が必要なのです。

そこで、注目されるのが、「サマーカット」です。

くるくるした巻き毛が魅力的なトイプードルですが、すぐに伸びて(月に1センチくらい)、毛玉もできやすく、トリミングが欠かせないので、カットは月に1度を目安にしましょう。

暑い夏には普段より風通しがよい長さにカットしてあげることで、熱がこもることを防ぎ、もつれや絡みを防ぐことにもなるので、快適に過ごせるのでは、と飼い主さんの人気が高いようです。

トイプードルのサマーカットのデメリット

被毛は、適度な長さ(3センチ程度)があることで、皮膚に影をつくり、紫外線や直射日光から守る役割を果たします。

また、寒い冬には体温を保つなどの大切な理由があって生えているものです。

また、被毛に覆われていることで、虫や怪我から身を守る役割も果たしています。

そのため、毛を極端に短くカットしてしまうと、草むらに入ったときに、皮膚に傷をつけてしまう恐れや、ノミやダニが直接皮膚についてしまう危険性があります。

特に、トイプードルは暑さに弱い犬種で、また、皮膚は人間と比べると角質層が薄く、外的刺激に弱いので、強い日差しを直に肌に受けてしまって、かえって苦しめることにもなりかねません。

ですから、皮膚がうっすら見える程に刈り込んだスタイルは、人間からみれば、涼しそうなのですが、トイプードルにとっては必ずしもそうとは限りませんので、しっかり判断することが大切なのです。

おすすめのトイプードルのサマーカットは

トイプードルには、一匹一匹に違いがありますから、同じデザインのカットをしたとしても、それぞれ違った仕上がりになるものです。

そして、それが魅力ともいえます。

また、毛並みの生え癖や、カールの強さなども、それぞれですので、どんなスタイルが似合うのか、トリミングサロンに相談してみることをおすすめします。

人気のサマーカットスタイルを、いくつか紹介しましょう。

テディベアカット

今では、すっかりおなじみで、トイプードルの人気のきっかけとなったカットといえます。クマのぬいぐるみ「テディベア」をイメージしていて、気軽にクマさんに変身でき、大人気です。

マイアミサマーカット

このスタイルは、足首のまわりがフンワリしていて、歩く姿がとても可愛いです。

体と足の付け根部分は短くカットしているので、毛玉になりにくいのもポイントです。

ライオンカット

かつて、沼地などの水中で、猟犬として働いていた歴史があり、その時に考えられたスタイルが、このライオンカットと言われています。

水中でも動きやすいように、下半身の毛はごく短くし、防寒のためや、体を傷から守る意味で、胸から前あしにかけて毛を残しているのが特長です。

ラムカット

顔や足先の毛を短く剃りこみ、子羊のような印象で可愛いスタイルです。

トイプードルのサマーカットについてのまとめ

サマーカットで暑い夏も元気に過ごそう

様々なサマーカットが人気のトイプードルですが、人間の好みを押し付けることが、愛犬にとっては幸せとは限りません。

そもそも、人間と犬は違う生き物。

心は通じ合っていても、きちんと理解していない点もあるかもしれません。言葉が話せない愛犬の健康管理は、飼い主さんに任せられているのです。

愛犬の体質、毛質、また、体調もよく観察したうえで、トリミングに連れて行くようにしてあげてくださいね。

愛犬と楽しく快適な夏を過ごせると良いですね。

▼プードルについて詳しく知りたい方はこちら
トイプードル大辞典!知っておきたい基礎知識

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 のんのん

    おしゃれなカットの種類がたくさんあるトイプードルは、特にカットでのデザイン性に富んでいます。
    しかし、そのカットひとつひとつに、ファッション性だけでなく、プードルが快適に過ごせるよう工夫がされていたのは初耳でした。実用性も考慮されているのですね。
  • 30代 女性 Chappy

    トイプードルを飼っていらっしゃる方は、ほとんど夏の暑い日は、サマーカットされている方が多いですよね♪冬は長めのクルクル、夏はサッパリで見た目も変わり、カット後はあれ?違う子かな?なんて時もよくあります。
    ワンちゃんにとっても、涼しいほうがいいに決まってますが、やはりデメリットもあるのですね。
  • 30代 女性 TIKI

    私の実家ではマルプー(マルチーズ×トイプードルのMIX)を飼っていますが、まめにトリミングに連れていくと夏はいつも涼しげなサマーカットにしてくれます。
    記事にあるようにトイプーの毛質はバリカンが入りやすいのでトリマーさんもやりやすいのですね。でも、短いのをキープしてあげないと、熱がこもりやすい毛質のようなので熱中症に注意した方がいいと思いました。
  • 20代 女性 こなつ

    サマーカットはうちの子もしに行きます!冬場は私がカットしているのですが…夏場は必ずって言ってもいいくらいバテるんですよ…あっついですもんね…
    長毛種、巻き毛なんて熱がこもって考えられないくらい暑いんだろうな…と思います。夏場はいかに少しでも涼しく過ごせるかが大事ですね!
  • 女性 きい

    トイプードルといえば、あのくるくるでもこもこな毛並みが特徴でとてもかわいいですが夏場はトイプードルちゃんにとってそんな特徴な毛が暑くて仕方ないでしょうね。
    そんな時にサマーカットをする飼い主さんがいますが、夏に見れるトイプードルちゃんの普段ではなかなかしない短くカットした姿を見ると毎年夏だな〜と感じます(笑)
    トイプードルちゃんはどんなカットをしてもかわいいですよね。夏限定な姿が楽しみです。
  • 女性 ろん

    まさに4日後美容院で、今回こそいつもと違うカットにしたいとモヤモヤしているところです。ライオンカットは斬新ですね!うちのわんこはネコっ毛なので逆立てるようなカットは不向きだと言われたのですが、やはりインパクトのあるカットに憧れます。
    夏だからといって短く切ればいいわけではないということ、初めて知りました。確かに毛量が減ることで、虫に刺されたりノミダニを貰ったりしやすくなりそうですね。
    トイプー仲間の話では、カット料金を抑えるために目周りの毛と爪だけでも飼い主さんが切ってあげるのだとか。私は怖くてトリマーさんに任せきりなのですが、おうちで手入れしてあげるだけでより快適に過ごせるのかもしれませんね。
  • 40代 女性 Potty

    サマーカットは犬にも人にも清潔で快適。
    お顔回りだけテディベアカットにして,しっぽだけポワンとボンボリみたいにすれば
    ,長期間清潔を保てて愛らしいプードルの出来上がり
  • 女性 yuntaro

    最近は顔をバリカンで刈ったスタイルのプードルは見かけなくなりましたね。
    私がトリマーしていた時代(20年以上前ですが)は顔バリカンが当たり前で、このカットのせいなのかプードルは今ほど人気がありませんでした。その当時でも「鳥みたいで気持ち悪いから顔は刈らないで」と今で言うテディベアカットされる方もいて、散歩中に「なんと言う犬種ですか?」と聞かれると嬉しそうでした。プードルは毛が抜けにくくて飼いやすいのですが、伸びるとクルクルともつれやすいのでサマーカットは5mmバリカンをオススメしてました。すぐ伸びるからと3mmバリカンを希望する方も多かったです。短くしたいけれど皮膚が弱くて外部の刺激に耐えられないようなワンちゃんは、脇の下からお腹や耳周りなど、もつれやすい箇所を短くしてあげてました。今流行りのアフロカットは本当に可愛くて、もうプードルをカットする機会はないのですがカットしてみたい!
    これからもどんなスタイルが流行るのか楽しみです。
  • 30代 女性 匿名

    私の愛犬のトイプードルの女の子は、若犬の頃はラムクリップでした。彼女は顔立ちがすっきりしてて、とても似合ってました。2歳になる前に、突然顔バリをいやがるようになって、今は顔バリはしていません。
    体の毛は、かなり巻きが強く量も多いので、短いのも長いのも似合うけど、年間を通して、耳の毛以外は短くしてます。
    3ヶ月のトイプードルの男の子もいますが、彼は4歳の愛犬と比べて毛が薄く、顔バリはあまり似合わなそうな感じですね。
    トリミングできるくらいに大きくなったら、サマーマイアミクリップみたいなスタイルに挑戦してみたいです。
この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。