虐待され下半身麻痺になった犬。手術とリハビリで目覚ましい回復を見せた!

虐待され下半身麻痺になった犬。手術とリハビリで目覚ましい回復を見せた!

一緒に保護された2頭の犬のうちの1頭は、ひどい身体的虐待のために、様々な障害を負い、下半身はマヒしてしまいました。動かない下半身は少しでも回復するのでしょうか。

お気に入り登録

後足はブランブラン

入院していた病院を退院

「フラン」は、姉妹の可能性がある「ファニー」とつながれた状態で地面に倒れていたところを保護されました。打ちのめされたり、首を絞められたりした疑いがあるそうです。その保護の様子を昨日『強いきずなで結ばれた2頭の犬。1頭は下半身がマヒしていました』という記事でご紹介しました。

フランは医療処置の後、保護団体Stray Rescue of St. Louis の施設で過ごすことになりました。フランを迎えに来た団体のリーダー2人の前に、病院職員がフランを連れてきました。腰を帯で吊り上げて歩行を助けています。背中から尻尾にかけて体毛はそられてツルツルです。

動きを見ると、後足は機能していませんね。持ち上げられて、時々浮いたような状態になり、左右の後足はダランとして互いにからんだりしています。

滞在していた病院を振り返るフラン。「あれ、あそこじゃないの?」という感じで、一度立ち止まります。職員にかわいがられたのでしょうね。

リハビリ

シェルターで暮らし始めたフランは、定期的にワゴンに乗って保護団体のボランティアたちと広場に行き、機能回復訓練(リハビリ)を受けます。

あれ、この赤いワゴン、これまでも体がマヒした犬たちを乗せていましたね。

頭を持ち上げることさえできなかった犬「ライリー」や、恐ろしい虐待から生還したシェパードの「シェップ」の回復過程で活躍したワゴンです。

リハビリに精を出します。まだ立っていることができませんが、少しずつ後足が動くようになってきました。

後ろにいる黒い子もリハビリ中でしょうか?

その後

ブランブランで、全く体を支えられなかったフランの後足。動画の最後には、歩行こそしていませんが、しっかりと4本の足で立っています!

フランの回復への道のりはまだ始まったばかりです。

その後のその後。季節はクリスマス!

季節はめぐり、リハビリを経てフランは目覚ましい回復を見せました。そして何より、硬かった表情が柔らかくなり、尻尾を振るなど感情表現が出るようになったのです。この動画のフランの背中は、まだ刈上げです。説明はありませんが、追加の手術も行われていたのでしょうね。フランの進化はまだまだ続くことでしょう。

すばらしい回復の様子をこちらでご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Stray Rescue of St. Louis

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。