強いきずなで結ばれた2頭の犬。1頭は下半身がマヒしていました

強いきずなで結ばれた2頭の犬。1頭は下半身がマヒしていました

お互いを綱で結びつけられた姉妹のような2頭の犬を警官が発見し、保護団体に保護依頼をしました。2頭のうちの1頭(姉)は下半身が全く動きません。病院につれてゆく間じゅう、妹は心配でたまらない様子でした。

お気に入り登録

動ける犬と動けない犬が互いにつながれて放置されていた

通報・発見

ある日、保護団体Stray Rescue of St. Louisは警察から姉妹らしい2頭の犬の保護依頼を受けました。2頭は当初、互いにつながれていて、そのうちの1頭は動けないということです。

到着すると、警官たちが倒れた犬を見守っていました。2頭を一緒につないでいた綱はすでにはずしてあげたので、元気な方の犬は心配そうに彼らの足元をうろついています。

倒れている子も意識はあって、頭をもたげることと、前足を動かすことはできる様子。どうしたのでしょう。背後に心配して歩き回る子も見えますね。

保護

掛け布団ですくい上げて車に運びます。

その時も、右側から妹(本当に姉妹かどうかわかりませんが、とりあえず妹と呼びましょう)が心配そうにのぞき込んでいます。この子が運ばれる姉を追ってウロチョロするので、警官が「大丈夫だからね」と言ってどかせなければならないほどです。きずなが強いのですね。

動けない姉を「フラン」、心配する妹を「ファニー」と名付けました。救急病院への車中でも、ファニーはずっとフランに寄り添っていました。

検査

診察室までついてきたファニーは、フランに呼びかけるように軽く吠えています。フランも診察台からファニーを探している様子。

そして応急処置が始まると、心配でたまらないファニーは、後ろで伸び上がって見ています。「姉さんをいじめないで!」と思っているのかな?

診療室でウロチョロして危険なので、つながれちゃったファニー。鼻をなめるのは、緊張からでしょうか。フランをいじめないから安心して、ファニー。

その後

フランの状態の詳細はこの動画では明かされていませんが、ひどい身体的虐待にあっていたようです。打ちのめされ、首をきつく締められた後もあったようなのです。その結果、状態はとても悪いとのことで、別の病院へ運ばれることになりました。ファニーでなくても心配です。

続き

長くなりますので、動画はここでいったん終了です。

フランとファニーのその後については別の動画になっていますので、また次回ご紹介しますね。フランの頑張りをご覧ください!

※こちらの記事は動画配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Stray Rescue of St. Louis

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。