恐ろしい虐待から生還したシェパード。回復への意志の強さに脱帽!

恐ろしい虐待から生還したシェパード。回復への意志の強さに脱帽!

身体的虐待の極みともいうべきケース。体に複数の銃弾を浴び、さらに直腸を傷つける虐待を受けたらしいシェパードが、ひん死の状態で保護されました。犬も人もあきらめずに努力を続けた結果、驚くほどの回復を見せてくれました。

お気に入り登録

あり得ない虐待の痕跡

銃弾、そして…

保護団体Stray Rescue of St. Louis の設立者が、「米国内で私が見てきた動物虐待案件の中でもひどいケース」と言う、犬の「シェップ」のお話です。

シェップは、首や背中、直腸などに銃弾を受けていました。時々聞く、BB弾かもしれません。

さらに、肛門から直腸に物が無理やり押し込まれたための外傷もありました。

その結果、全身がマヒしていたのです。

ただただ、理解に苦しみます。

医師は、安楽死させてあげては、と提案したそうです。

でも、シェップに残る生きる力を信じて、治療することを選択しました。

目標は、シェップを孤独にしないこと、そして外出できるようにすることです。

移動はワゴンで。でも頭を持ち上げた態勢を保っているだけでも、すでに進歩している証拠。

フレンドリーな犬が近づいて、自分のにおいをシェップに嗅がせてあげます。

シェップの前足はヘンな角度に曲がっていますが、見て、尻尾をブンブン振っているのです。

尻尾の付け根の筋肉を動かせるのですね。

胴体を支えられて、シェップは前足をそろえ、時間をかけて、跳ねるように前進します。

進もうとする強い意志が感じられます。

すごく頑張ってる!

ふらつき、つんのめりながらも、ついに自力で、びょこん、びょこん、と、前へ進みます!

倒れそうになるとすぐに、見守っている人が手を差し伸べ、足の向きを整えてあげます。

シェップを引き取ったビルさんは、「こんなに意志の強い犬を始めて見ました」と証言します。

その後も、水中やマシンを使って機能回復訓練を続けました。

ビルさんはもともとシェパードのファンのようですが、シェップの頑張りには、特別に心を打たれたよう。

先住のシェパード2頭とも打ち解けて、むしろシェップが2頭に目を配っているぐらいだそうですよ。

その後

ビルさんは、シェップの新しい門出に、名前を「ローマン」に変えました。

ビルさんと散歩をするローマンは、壮絶な過去、安楽死寸前の状態を払いのけた、たくましい姿を見せてくれます。

当初の目標を達成し、さらに毎日のように進歩を遂げているそうです。

世の中には、考えも及ばない動物虐待が存在するのだということ、そして、激しく痛めつけられた犬も生きる可能性を秘めていることを、ローマンは教えてくれます。

※こちらの記事は動画配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Stray Rescue of St. Louis

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。