犬の里親の条件ってこれでいいの?「厳しすぎる」「現実的ではない」との声も

77797view

犬の里親の条件ってこれでいいの?「厳しすぎる」「現実的ではない」との声も

保護犬の里親になりたいと思った時に一番の難関である、譲渡条件のクリア。最近里親になりたいという人が増える一方で、なかなか譲渡に至らない、「厳しすぎる条件」の問題があります。

保護犬を家族にしたいと思ったら

犬と女性のシルエット

犬を家族に迎え入れたいと考えたときに、主なお迎えルートは3つあります。

  • ペットショップから迎える
  • ブリーダーから迎える
  • 里親になる

多くはこの3つのうちのどれかからワンちゃんを家族に迎え入れると思います。
しかし、近年パピーミルが問題になり摘発される事件や、ペットショップの売れ残り問題など、ペットをお迎えする方法についての考え方が変わってきました。
保護犬を家族に迎えるためのイベントも多く取り上げられ、実際に迎え入れた心優しい家族の話題も目立ちます。

ですが、残念なことにそんな心優しい家族たちが悲しい思いをしていること、皆さんはどれだけ知っていますか?

厳しすぎる里親になるための条件

犬を抱いた人

里親になるためには多かれ少なかれクリアしなくてはならない条件があります。
ペットショップでお迎えするときも、住所、名前、電話番号の必要最低限の個人情報開示と、「一生大切に家で飼います」といった内容の書類にサインするなどの条件があるのですが、里親になるための条件はこんな簡単なものではありません。

※これからご説明する項目は、必ずしも全ての里親団体に当てはまる条件ではありません。里親に応募する際は必ず事前に里親団体等に条件を確認しましょう。

これに当てはまったらまずムリ!NG項目

NGマーク

単身、男性、学生、未婚のカップル、固定電話無し、フリーメールでのお問い合わせ、8時間以上の留守、60歳以上、飼育経験無し、賃貸住み(ペット可でも)、子持ち

クリアした上で里親が義務付けられること

世帯主の源泉徴収票(or預金残高証明)、勤務先の連絡先(会社に団体から電話確認)、顔写真、身分証明証のコピー、不動産登記、予防接種と去勢避妊証明、毎週の成長報告、寄付、治療費、アポなし自宅訪問、アポあり複数人で自宅調査、エサ指定

まず、これをクリアできる人がどれだけいるのでしょうか。
まるでカードの審査や家宅捜索のような現状です。ましてや寄付を義務付けるあたりはもう譲渡ではありません。
それぞれの項目には恐らくそれなりの意味があるとは思いますが、世帯主の源泉徴収票(or預金残高証明)に関して言えば完全に個人情報ですし、アポなしで自宅訪問なども常識ある社会人の行動とは言えません。
こんな事がまかり通っていいのでしょうか?

また、飼育経験が無い飼い主さんは里親になれないとするなら、初めて犬を飼う時はペットショップやブリーダーから迎えるべきなのでしょうか?

※これらの条件はあくまで一部の保護団体の条件であり、すべての保護団体がこの条件というわけではありません。

心優しい家族が傷つけられる悲しいお話

困っている女性

大切な犬猫をきちんとした里親の元に届けて、より良い暮らしができるようにサポートする団体さんやボランティアさんにはとても頭が下がる思いですが、残念なことにあってはならない事がたくさん起きているのです。

  • 最初からものすごく突っかかるような高圧的な態度で話す
  • 突然連絡が取れなくなったり、訳も話さず譲渡はできない。など社会人としておかしな言動がある
  • プライバシーや人権を侵害するような言動
  • 嫌味、威嚇、失礼なもの言い
  • 譲渡会が終始ピリピリした雰囲気(犬達も不安がっている)

とても悲しい事ですが全て実際にあった事です。
もう二度と保護犬に悲しい思いをさせないためとは言え、犬を迎えに行った人がこんな扱いを受けて傷つく事は、とても許される事ではありません。

しかしこうなってしまったのにはいくつかの訳があります。

里親放棄

里親になる人が増えた反面、里親になった後に犬を返しにくる人も増えたそうです。
すでに一度悲しい経験をした保護犬が更にまた捨てられてしまうということがないように、条件がより厳しくなっていきました。

里親詐欺

里親に応募し、引き取った動物を虐待するような信じられない事件があってから、動物の譲渡はさらに変わっていきました。
それを防止するために条件などが設けられ、行き過ぎた例が今回のような事態に発展しました。

これでは動物は助からない

うずくまる女性

この厳しすぎる条件をクリアできる心優しい家族がどれだけいると思いますか?
私は人に気持ちよく接する事のできないような人に、動物はまず救えないと考えます。

そして、粗暴な態度は犬にも伝わります。
そんな人達に保護されているワンちゃん、幸せになれると思いますか?

辛いですが、里親になれる人がどんどんいなくなり、なかなか明るい道へと歩めないワンちゃんがたくさんいること、それは紛れもない事実なのです。
保護犬に対して責任があるからこそ、厳しい条件や態度を取っているのかもしれませんが、譲渡会の本当の意味は引き取られた先でわんちゃんと里親の家族が幸せに暮らせるように考えることだと思います。

しかし、全てがこのような悲しい団体ばかりではありません。
もし仮に譲渡会で嫌な思いをされた方も、そこで諦めずに違う譲渡会にも行ってみてください。
本当に心ある団体さんもたくさん存在しています。

せっかく里親という選択肢を選んだ人が、保護会のイメージが悪かったせいでペットショップに行ってしまうような、そんなことは決して起きてはならないことですし、そんなことでは保護されるわんちゃんは減っていかないと思います。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 女性 匿名

    私もあるNPO法人のワンちゃんを我が家の家族に迎えたくアンケートを提出しましたが返事は凄く 上から目線で ドックフードは穀物の入っていないプレミアムフードで今は安全なところから取り寄せた安全な肉を上げているとか(~_~;)我が家の先住犬も良いと言われているプレミアムフードを食べていて至って健康 獣医にも勧められた物ですが医者はペットが病気にならないと困るので 本当に良い物は勧めないとか!
    条件は高齢者は不可
    私は60過ぎですが 息子夫婦と同居、持ち家、主人は大学教師
    里親希望 初めてで 里親になる厳しさを感じています。
    一匹でも幸せにしてあげたいと思っていたのに残念です。


  • 50代以上 女性 ゆり

    この記事を見て 里親になる事を諦めてしまう人が多くなったら悲しいです。
    団体はたくさんあるし、人間同士だから相性もあるでしょう。

    それに、犬猫との相性も。

    時々、犬猫が自ら、飼い主を決めることがあります。
    そんな時は、躊躇しないでください。 その子とあなたは、必ず幸せになれます。

    愛護団体も、社会と同じように、いろんな人格の人がいるのです。
    「愛護団体だから、やさしくて当たり前」と、思わないでください。
    みんな個性のある、人間同士なんです。

    毎日、毎日、人が見捨てた動物を、なんとかしようと尻ぬぐいをしているのです。
    「なんでそんな理由で?」と、怒りがわくような引き取りが、ほとんどです。
    そんな元飼い主は、ロクなしつけも、医療もしていません。

    多額の費用と、労力をかけて、「もう一度」幸せになれるように、やりなおしているのです。

    そしてもう2度とその子が、傷つかないように、細心の注意を払っている。

    だから、厳しいところもありますが、そうでもないところもたくさんあります。

    愛護センターから引き取ることも、視野に入れてみてくださいね(^^)

    団体より、厳しくないし、費用がかかりません。
  • 40代 女性 清水 美森

    確かに厳しい条件になるのはよくわかります。私はドッグトレーナーをしていて仕事柄、何度も譲渡をしていますし、自身の犬も保護犬ばかりです。それもひどい虐待を受けていた犬ばかり。本犬が何をされたかを話してくれるわけではないですが、引き取ってみると、すぐに何をされてきたかわかります。私が譲渡する子の場合、必ずしつけをし、飼いやすいように更生させてから譲渡します。でも、譲渡の条件は、
    1、何度も見学に来てもらう事
    2、一緒に遊んで貰う事
    3、家族で来て貰う事
    4、飼った後、必ず、家族でトレーニングを受けて貰う事
    これだけで十分です。
    こうする事で、どんな家族構成か、本当にその家族に愛して貰えるか、犬が安心出来るかなどわかるからです。トレーニングを受けて貰う事で、家族が抱える問題も解決出来ます。その後の成長も見る事が出来ます。
    かえってこちらの方が、厳しいかもしれませんね。
    団体によって餌を指定したり、私からすればくだらない条件を付ける所もあります。
    私自身、何度も譲渡を断られた経験もあります。
    けど、譲渡する側を選ぶのも自身です。保護犬を飼うと言う事は、それだけの覚悟がいると言う事だと私は思います。保護犬達には、色々な過去があります。だから保護犬なのです。
    条件が厳しいのは、試されているのです。本当にこの子を幸せにしてくれるかを。
    ペットショップとは違い、保護活動の人は、商売でもなく、商品としていないのです。(中には悪い人もいますが)
    私が保護をしていると、冷やかし、偽善者と言ったとんでもない人から、犬が欲しいと連絡が来ます。ちょっといい条件(珍しい犬種、高い犬種、子犬、トレーニング済み、ただなど)の子だと驚くほど連絡が来ます。
    保護活動の方はこう言う事などに悩まされるのです。
    もう1度言います。条件が厳しいのは、試されているのです。本当にこの子を幸せにしてくれるかを。
    私は保護をしている方の味方と言うわけではありませんが、こう言う現実がある事もわかって欲しいと思います。
  • 50代以上 女性 ゆう

    ボランティアしています。
    条件は団体、個人、いろいろあって、お互いに合うところをみつけて、譲渡していただいたら良いと思います。
    保護している方は、威圧的や感情的なのはいけませんが、命の為に必死でいます。
    逆に威圧的や馬鹿にされた態度をされた事もあります。
    何より、今の状態より条件の悪いところには出す意味がありません。
    たくさんの医療費や時間などをかけて、大切に、大切に、して来た命です。
    批判はしないで、条件の合うところをみつけて欲しいと思います。
  • 女性 匿名

    条件が厳しいと思う家には、里親になる資格はない。甘い。
    至極当然の条件。
    譲渡はいくらでもいつでも成立している。
    自分に資格がないことを自覚し、なぜ、保護団体が存在しなければならないのか
    頭を冷やして考えるべき。
    せっかくかわいそうな子をもらってあげようと思ったのに、
    という勘違いはなはだしい、自称「心優しい家族」の一部が、
    保護団体に呆れられ更に条件を厳しくせざるを得ない状況。
    ふつう判るでしょう、これらの条件がなぜ、必要なのか。
    どうしても迎えたいと思う里親希望者は、大金預けてでも迎えたい、
    ダメなら寄付をと熱心に通う。
    言っておくが、里親条件に合わなくても譲渡成立しているし、
    条件が合っても断られている。
    やりとりで人となりが解る。
    現実を何も理解できていない。
  • 50代以上 女性 匿名

    愛護団体の中には里親希望者に個人情報を提出させ、個人情報を悪用している団体もあるので要注意です。住所や氏名など以外に、給与明細提出、間取り提出、自宅訪問、履歴書。保護犬猫を引き受けるためにここまで要求される人がいました。
    あまりにも行き過ぎていると感じたら愛護団体代表者の情報を確認すべきです。動物愛護だけで生計をたてている団体には要注意です。支援金までしゃぶりつくされます。
  • 30代 男性 匿名

    私も保護団体さんから、今の子を譲り受けてきましたが、とてもいい団体さんでしたよ。

    保護犬を譲渡するのは、お嫁に出す気分だそうで(嬉しいような悲しいような)ワンを届けに来てくれて、帰る少し前から涙ぐんでいました。
    それだけ保護犬に思い入れがあるんだなぁ、これからこの子を大事にしなきゃ!と思いました。
    なので、ぜんぜん強制はされてませんが、メールをたまにしたりイベントの時に連れて行ったりしています。

    他の団体さんも見に行きましたが、代表の方が冷たくて怖かったです。
    1ヶ所見に行って諦めずに自分に合った団体さんと巡り逢えるといいですね!
  • 女性 匿名

    私は県立動物愛護センターからもらいましたが、講習会を必ず受けなければなりましせんが、民間の保護団体より簡単でしたね。まあ、公務員なんで本気出したらあらゆる事を調べられるんでしょうけど(笑)
    民間団体も行ってみましたが、源泉徴収や不動産登記などを、よくある事務書棚に放り込んでてビックリしました。バール1本で5秒もあれば壊せるやつです。泥棒に入るなここ!ってレベル(笑)
    個人情報管理のいい加減さを理由に、こちらが断りました。
  • 40代 女性 Hello

    専業主婦でもこどもがいたらだめ、とはやはり厳しいです。一人っ子で兄弟のように育ってほしいと保護犬を受け入れることを考えていたのですが、条件である「子供なし」にひっかかりました。
    保護犬たちに二度と辛い思いをしてほしくない、という気持ちはわかりますが、ここまで条件が厳しいと逆に殺処分数を増やすことになりませんか?
    条件を満たさなくても、家族として本気で受け入れたいと思っている人はちゃんと存在します。
    そういう人を見極める別の基準はないものでしょうか?
  • 40代 女性 匿名

    わたしは民間団体から保護犬を譲り受けました。
    単身でしたが、自分の仕事や思いを伝えたところ、その団体のかたは、助けた犬たちの幸せの可能性を狭めたくないと言われ、門前払いせずに話を聞いてくれ、最終的には里親になることがでしました。確かに単身はお留守番をさせてしまいますが、それ以上に愛情を注いでいるつもりです。たくさんのワンちゃんがパートナーと出会えることを祈ります。
  • 40代 女性 匿名

    うちは里親サイトでこの仔!って一目惚れしたワンちゃんが娘同様に暮らしています。
    個人間だったのですが、車でお迎えに行って元の飼い主さんとさよならして、車を発進したとたんに「きゃん!きゃん!」と二回大きな声でないて「さよなら!ありがとう!」と聞こえて泣きながら運転したのを思い出しました。
    とても賢いワンちゃんで、すぐに私の太ももを枕にして眠ってました。
    あれから5年。もう10歳になります。
    うちに来てからは精神的な下痢でした。
    1週間は元気がなくしょぼ〜んとしていましたが、お散歩をいっぱいして、いっぱい話しかけて、スキンシップもいっぱいして、すぐに懐きましたよ。
    あと10年は一緒にいられないけど、5年前のあの時から沢山の笑顔と癒し、、いっぱい貰ってます。そこに年月は関係ないと思います。ワンちゃんが幸せかな?って考えてしまう時もあるけど、最後まで悔いのないようにいっぱい可愛がって長生きしてもらいたいです。
  • 50代以上 女性 匿名

    圧迫面接みたいなもんで、そういう手法でしか本気度を見られない低レベルの人がやってるんでしょう。犬は好きだが人間は嫌い!みたいな人多いですよね。保護団体って。まともな保護団体を選びましょう。長い付き合いになるのだから
  • 40代 女性 匿名

    我が家には多頭崩壊から引き取った2頭のシーズー親子と大型犬の雑種9ヶ月 がおります。いずれも里親です。色々な団体さんの里親探しに参加しましたが、本当に上から目線の団体の多いこと!言葉は悪いですが私からは〝レスキューしている自分に酔ってる〟と半ば呆れる人も1人や二人ではありません。私が一言〝雑種〟と言ったら目を吊り上げて〝ミックスって言ってよ!〟と叱られた事もありました。そして何より嫌悪感を持ったのは団体同士仲が悪く以前何処其処の里親会に行ってきたと言うとそこの団体の悪口を上げ連ねた事でした。話していてもまるで私はこの人の部下か?と思うような態度〝仕事何してんの?犬は飼ったことあんの?何処に住んでるのさ?〟と、そして最後に語ったのは〝避妊手術等のかかった金額プラスαだからこの子だと15万です。〟って!?ていの良いペットショップの様でした。私が行ったのは名の知れたレスキュー団体です、NPO法人にもなってます。善意を利用されてるようで本当に腹が立ちました。
    私は寄付はもっぱら現金ではなくてフードやシーツにしています。金銭に関しては何に使われているのか全く信用出来ません。
    情けないですよ、北の街のレスキュー団体は…
  • 40代 女性 匿名

    うちは3年ほど前に、あるネット系のショップで子犬を迎えました。
    最初は譲渡会や愛護団体から迎えようと6か所ほど回ったのですが、この記事や皆さんのコメントにあるように審査が厳しく、またかなり高飛車な態度の所ばかりでした。
    中には自らが批判しているパピーミルより酷いのでは?と思うほど飼育環境が悪いところや、ペットショップ並みの高額な寄付を強要されるところもありました。

    ネットで買うのも抵抗がありましたが、ホームページに書かれている事に共感し、試しに問い合わせてみたら、実はネットはあくまでも窓口で、ちゃんと子犬やブリーダーにも合わせてくれるという事で大阪からお里のある香川県まで出向きました。
    ご縁があってから3年経ちますが、いまだにいろいろ電話で親切に相談を受けてくれます。
    もちろん、良心的な愛護団体も多数存在しているとは思いますし、私がお世話になったショップは例外的に良心的なところだったのかもしれません。でも、私の経験では一般的なイメージである「愛護団体は正しくて、ネットやショップはろくでもない」とは真逆の体験だったのも事実です。

    でも、かわいそうな犬たちを1匹でも無くしたいという本来の主旨には大賛成です。いろんな人がいるので審査が厳しくなるのは仕方がありませんが、せめて社会人として当たり前の接し方をしていただけるとこういった批判も少なくなるのではないかと思います。
  • 30代 女性 匿名

    もちろん行き過ぎは良くないけど、とにかく売れれば良いやのペットショップと比べて、より良い環境に移してあげたいと思って活動している里親団体の方が条件厳しく提示して来るのは、まぁ当然ですよね。
    むしろすぐに売っちゃうショップが無責任です。
    購入にせよ里親にせよ、きちんと動物と向き合う覚悟は必要なので、長時間留守にしないとか、幼い子供がいないとか、経済的に余裕があるとか、この辺は必要条件だと思う。
  • 50代以上 女性 匿名

    うちのワンコも元保護犬です。
    ボランティアさんのホームページには色々条件がありましたが、ここにあるようなものはいっさい求められませんでしたよ。
    うちは集合住宅、幼児もいて、親子してシングルなので留守番も9時間近い状態です
    なので、1番始めに問い合わせた団体さんからは、寂しい思いをさせたくないと断られました。
    納得いかなかったので、私はワンコではなく人を探しました。私が共感出来る人を。
    結局は人と人との問題ですよ。
    ただ試すとか試されるとか、凄く嫌です。
  • 40代 男性 匿名

    保護等のボランティアに従事してるからといって、全ての人が善人じゃありません。少数ですがボランティアの名を利用し詐欺?と思われるような行為を行ってる団体や個人もいます。
    記事になると、どうしても多いと思われがちになりますが、逆に自腹切って、譲渡費用ゼロの方もいます。
    ただその場合、里親詐欺・転売目的の輩も寄って来る場合もあるので、人を見る目が必要になります。
    一律として事が起こる度に条件を追加していった結果(直接的に事件にあったワケでもない場合も含む)がこれかな?と思います。思考停止してる人達ってボランティアに限らず多いので・・・。
    ブリーダーにしてもシリアスブリーダーと呼ばれる人達は売る人をかなりの基準で選んでます。
    悪質なペットショップが取り沙汰されますし、そういう所は即刻営業停止にするべきだと思いますが、普通にちゃんと法令を守って「売る」だけじゃないペットショップだって存在します。
    皆が「人」をしっかり見ていけば少しは改善されるかもしれません。
  • 女性 匿名

    条件が厳しい理由は分かりますけど、人をバカにした様な態度&自分の配偶者捜しをしている団体の方には本当に呆れます。
    名の知れた団体だということで安心していましたが、主人の年収を聞いた途端目の色が変わり、アポ無し突撃(あえて突撃と書かせて頂きます)を繰り返し、私がどれだけ動物に対して至らないか、主人はクリアだが私はダメだという内容を語り、電話ではしきりに主人に代わってくれといい、その上「奥さんのいない時間にお伺いしたい」と言って呆れられると慣れてきた犬を取り上げて帰りました。
    その後も奥さんさえいなければ云々といって、1年ほど迷惑しました。
    年収?配偶者や子供の有無?アポ無し訪問?正直今となってはどれも「理由」としては噴飯物です。
  • 女性 匿名

    一人暮らしだから最初の条件でクリアできず。ひとり暮らしが多い世の中、家族ありの方にしか譲渡できないとなると、保護犬、猫達と比例しないですよね…。
    まぁでもひとり暮らしで長時間の留守番させるのも気が引けるし、今まさに留守番させてますが、留守番ばっかりだから月に最低でも一回は遠出して自然の中を散歩したり、他犬と触れ合ったりする時間を作ってます。
    普段の散歩もちゃんとしてますが、飽きちゃうかなーと思って。
    寝るのも一緒!これから暖かくなるから一緒に寝てくれなくなるなぁ。
    留守番してもらわなきゃ美味しいおやつもご飯も買えないのたけど生き物を育てるって本当に大変ですよね。
    留守番多くても大切にしてくれる人もいると思うんだけどなぁ
  • 女性 匿名

    新しいワンコを迎えたくて、里親も考え、サイトを見てみれば、必ずご自宅に伺います。の文言が。
    時には自宅の中の写真を見せてくださいなど。
    見ず知らずの他人にどうして自宅を見せなくてはならないのか、それなりに理由があるのは分かりますが、こちらからしてみても、相手がどんな人なのかも分からないのに、一方的に何を要求してるんだろうと思いました。
    里親は断念し、ショップから迎えました。
  • 40代 女性 ぺぱみん

    友人の職場の軒下に産み捨てられていた7匹のうち一匹を引き取りました。友人が見つけてボランティア団体に連絡をしたのですがその前に一匹を引き取りました。実は当初は高校生の娘の友人が引き取るはずでした。私も軽はずみだったので反省しているのですが家族の許可も取っていると言うことで信用し一緒に引き取りにいったのですが、翌日やっぱり親が反対するからもといた場所に捨てにいくとのこと。
    それはあまりにも無責任なので我が家で一旦預りました。我が家には先住猫がいたため家族には迎えるのは無理でしたので、里親を探しました。でもなかなか見つからずそのうち愛着もわき、もしも見つかった里親さんが最後まで優しく面倒を見てくれるか不安になってしまい、悩んだ末家族に迎えました。ぶっちゃけ先住猫とは仲は悪いですが、それぞれ縄張り?も自然とでき、今はお互い無関心ですごしてます。どちらも完全室内飼いです。
    ちなみに私はシングルマザー。子供二人。フルタイムで働いてますが、最近はどこも病院も遅くまでやってるし病気もしましたが、身動きとれない!という経験はまだないです。躾は疎かかもしれませんが愛情たっぷりかければにゃんこもワンコもわかってくれるように思います。なので臨機応変に里親の条件も緩和されることがあったらもっと命を落とさずにすむワンちゃんたちがいるように思います✨
  • 女性 匿名

    保護団体さんはボランティアでやってます。
    自分たちの時間を割いて無償で犬たちの世話、
    引き渡しまでやっています。
    だから保護犬を希望している方達に言いたいのは
    「お客様扱いされることは期待しないで」です。

    私はある大きな団体のお世話ボランティアをしています。
    ペットショップ以外から犬猫を引き取りたいという人たちが
    全て善人かと言えばまったくそうではありません!
    「ただでもらえるんだろう?おおきくならない子犬はいないの?」
    「やっぱり飼えないなってときは戻していいの?」
    「吠える子は無理なんだけど」
    「増やして売りたいから血統書(純血種のことを言いたいのだろう)のある子!」
    「しつけしやすい飼いやすい子はどれ?」
    信じられないでしょうが、これらは一部の人ではありません。
    一日の問い合わせで必ずある事です。
    正直、犬たちの世話よりこういう人間たちの対応にウンザリです。
    何度も言いますが、ボラスタッフは無償なんですよ。

    良いことばかり言って引き取りまで決まったものの、
    数日~数か月後に出戻ってくることもよくあります。
    それらのほとんどが
    単身、男性、学生、未婚のカップル、固定電話無し、
    フリーメールでのお問い合わせ、8時間以上の留守、
    60歳以上、飼育経験無し、賃貸住み(ペット可でも)、子持ち
    なんですよ!!

    そもそも犬を飼える環境じゃない人が、
    心に傷を負った普通の犬よりもひと手間二手間かかる子に
    長時間の留守をさせるとか、満足に散歩もさせずにつなぎっぱなしとか、
    小さい子供のおもちゃがわりにするとか
    まじで勘弁してくださいって感じです。
  • 40代 女性 ケイザブロー

    ペンション村に行った時、大型犬の泣き叫ぶ声が沢山する家がありました。ペンションの方に教えてもらったのが、「あのお宅は大型犬の保護犬をやっていて、譲渡するのにトイレの訓練とか室内対応の為の訓練をされているんですよ」 との事でした。
    私は?と思いました。よく条件に「完全室内飼い」とあります。でも犬種によっては、それが合わない子もいます。家の中より外の庭で放し飼いの方がワンコ達のストレス無くなる子もいます。ピレネー犬を外でゆったり楽しそうに暮らさせる事もできます。もちろん、歳と共に室内とかの時間を増やしたり。完全室内の為にあんなに泣き叫んでいるなんてかわいそうです。やっぱり一緒に暮らす人がその家にあった訓練を、その子にあった勉強方法をして行けばよいのかな?譲渡金も年々上がっていて、ペットショップと変わらないのかな?何だか儲けてる感じの匂いがします。本当に難しい事です。命ですから、でもだから、マッチングが大切なのかな?そうしたら、外で暮らせる子と家を空けている時間が長くなってしまう人との暮らしとか、でも、将来を考えてその家の中でも、ゆったり出来る様に夜は室内とか、もう少しワンコ達に自由を与えて欲しい。出来たら暮らしやすいお庭があって気持ちの良い日は外で家族帰ってきたら、一緒に家の中とか。我が家は代々ワンコは迷子犬です。お庭で自由に放し飼いです。歳と共に中の時間を増やしワンコの安心て顔を見れる様にしてきました。介護の時が勝負です。保護犬の団体さんも監視や条件ではなく、困った時のサポーターにはなれませんか?働きながら暮らしたい人がほとんどです、あの厳しい条件が出来ないから、ペットショップでお金で条件を買うという事?だったらその子命はどうなるのか?条件よりマッチングを考えて欲しい。監視よりサポートを行なって欲しい。過保護より自由を与えて欲しい。
  • 40代 女性 匿名

    現在3匹目の保護犬と暮らしています。
    嫌な思いをした保護団体さんも沢山あります。
    環境や人が変われば犬や猫も変わります。預かりさんの所での最高のルールが、里親宅での最高のルールとは限りません。また、その時条件に合っていても人生何があるか分かりませんしね。
    勿論、最低限のルールは必要ですが、過度な条件や決めつけに一つでも従わないと(!)頭から否定するのではなく、状況に応じて臨機応変に対応して頂く事はできないのでしょうか。
    譲渡会やお見合いに我が家の健康そのものの愛犬を連れて見せて話をしても信用してもらえない・・そんな事が何回も続けばやっぱりヘコミますよ。
    基本的に皆さん善意でやっている、と思っているから難しいですね。
  • 50代以上 女性 キャラメルママ

    センターからのレスキューを個人で1匹ずつやっています。家族と先住犬いるので家族会議の結果1匹だけのレスキューなので里親が決まればまた、1匹。でも、とても丁寧にできていると自負してます。不妊去勢後のお渡しは最低条件として、その犬にあった里親さんを丁寧にやり取りして探せるし、その後のコンタクトもできる里親さんならさらにベスト。私のようにできる範囲で看取り覚悟で、家庭でレスキューから里親探しできる人がたくさん増えると、いいな、、といつも思っています。写真のようにセンターには人馴れした子も多いけど時間をかければ良い家庭犬になる犬もいます。家庭での丁寧なお世話で繋げられるのです。
  • 50代以上 女性 ミミ

    保健所から引き出した成犬(1歳)の里親になりましたが、ボランティアから、犬が15歳になる時に夫婦が何歳になるかを考えるようにと。15年先のことを想定することは難しいです。40年近く犬を飼っていて、現在も2頭の小型犬がいます。どの仔も健康で長生きですし、ボランティアよりも優秀な飼い主かも知れません。譲渡に際して一律に厳しい条件を提示し飼い主の選別をするボランティア団体が多数あることを知り、ペットショップで買いたくなる人の気持ちがわかりました。
  • 40代 男性 匿名

    私の家には自分が物心つく前から犬と一緒に生活してきました…
    ちゃんと生涯一緒に暮らし全頭とも長寿命でした!これは犬にも人からの愛情が伝わった結果だと思っています。
    残念ながら近所から譲り受けたりなどで
    1度も里親として迎い入れた事はないですが、この投稿の5人目の女性のような高圧的な物言いを見ていると非常に不愉快極まりない!一体あなたは何様ですか?
    このサイトの管理者様にお聞きしたいのですが投稿の内容は承認制となっていますが
    5人目の投稿者は適切な内容ですか???
    犬を飼った事がない人があの投稿を見た時点で非常に嫌な気分になりませんか?
    いくらでも引き取り手は居る?あなたが勘違いしているのではないですか???

    最低限の条件は犬を出す側からすれば提示されても仕方のない事でしょう…命を責任持って面倒をみる訳ですからね!
    この投稿は過度な表現として捉えられ皆さまの目にとまる事は無いと思いますけどね…

    もちろん1度引き取ってから返却してくるなんて里親はもってのほかですけどね…
    そもそも源泉徴収や銀行の残高などは提示をしなくても犬は幸せにしてやれます!

  • 女性 匿名

    我が家も里親希望でしたが、条件や希望の大きさで探しやっと見つけ問い合わせましたが、無視されました。
    家族構成や子供の年齢に固定電話などメールで送ったので、とても不快でしたね。
    結局、縁がなくショップから迎えました。
    二頭目は、保護犬からと思い某保護主とメールのやり取りしましたが、ペットショップから迎えたことに嫌味言われ、遠方なのに来店求められ不快に思いました。
    条件も飼育経験ないとダメだとかトリミングに出す頻度(家での手入れはダメ)や餌の種類など細かく難しいと感じましたね。
  • 50代以上 女性 まっくのおかん

    保護犬三頭目ですが、高齢の子、病気の子を家族に迎えています。
    60歳以上なら、これから先、そう長くは一緒にいることはできないとわかっている子をせめて最後、温かな家族の元で、「ぼく(わたし)、生まれてきて良かったな
  • 40代 男性 匿名

    保護犬を団体から譲り受けて2年になります。
    ホントにこんな条件のところがあるんですか?
    ウチがお世話になった所とは全然違うので驚きです。最初からすごくフレンドリーなスタッフさんばかりで今でもお世話になってます。ホントに必要な条件は当然ありますが、コレはやりすぎではないですかね。譲渡先を絞りすぎて逆効果に思えます。
  • 40代 女性 匿名

    まっくのおかんさんのおっしゃる通り。プレミアムフードとか年収とか、そんなことよりも、いつかお別れする時にワンコもニャンコも「生まれてきて良かった」と思えるような暖かい愛情を与え育てられるのなら良いと思いますが。
    ちなみにうちはペットショップからの子です。譲渡希望は断念せざるを得ない条件でしたし、譲渡というよりペットショップと変わらない料金提示と高圧的な態度、病気の仔が多かったので不信感を持ちました。
    どの子も大切な命です。人間が条件を満たせば必ずワンコもニャンコも幸せなのかしら?
    じゃあ、うちの子は不幸なのかしら。
    まだ先の話ですがうちの子がいつか寝たきりになる時がきても、私は最高の介護をするつもりです。
    仕事を引退し、うちの子の面倒をみると家族には了解もらっています。
  • 30代 女性 匿名

    うーん、里親希望者が〝あっ!此処の団体は辞めよう〟の決断を迅速にするしかないですかね。以前訪ねたNPOの看板出してる所の方は私が説明を求めた子の前で一言〝この子噛みますよ良いですか?〟と〝じゃ躾は引き取ってから私がするのですか?〟の問いに〝ニヤッ〟と笑って〝止めた方が良いですよ〟って事でした。そこが殺処分0の署名をお願いします!市議会で の法改正云々の署名を!なんてホームページで1面に出してるのを見たり里親募集ページで野犬を里親募集しているのを覗いてみたりしても怒りを通り越して呆れた笑いしか出ません。土曜日の夜の動物番組でドックランをタレントさんにリフォームしてもらって知名度は上がったりしましたが現状は悲惨です。私が今家族に迎えた子は個人で細々と活動している方からです。その方からは友人も迎えてくれました。大きすぎると手が廻らない…それに簡単にNPOだからといって信用しない、行政もなあなあになり過ぎないで抜き打ちで調査してほしいです。一長一短ですね。ボランティアは手弁当、医療費だって莫大にかかると解っていて動物のレスキューに携わるようになったと思います。それはとても素晴らしいこと頭が下がります。でも、迎えたい人達に無視、暴言、寄付と称して多額の金銭の要求をするのはどうかと思います。
    沢山あるなかの一握りの団体なのでしょうが、でもそんな一握りが私の廻りには何故?こんなにあるのでしょう?
  • 50代以上 男性 匿名

    条件を厳しくするのは、過去の失敗から学んだ?ことかもしれません。
    厳しい条件なら、経験が浅い人の判断であっても、ある程度の里親探しをできるかもしれません。
    要するに人を見る目がないということかもしれません。

    大切な命を他人に託す人、逆に、一生大切に育てたいと覚悟してきた人、
    どお互いに真剣なら、何か違うものが見えてくるかもしれません。
  • 男性 匿名

    条件を厳しくするのと、初対面の人に上から偉そうにするのは別
    しょうもない里親希望者の対応で大変なのはわかるが、その大変さを他の無関係の里親希望者にぶつけて憂さ晴らしするんじゃない
    ボランティアの人が信用できない希望者が多いと書いてるけど、希望者からしたら団体もよく知らないから信用できない
    お互いが信用できてないのに、自分たちは良いことやってるからいいんだというおごりが透けて見える
    キツイこと書いたけど、ちゃんとしている団体もあるから考えてる人は沢山声かけてみると良いと思う
    ただ上に書いてあるけどボランティアは大変!というアピールして、希望者にキツイことやってもいいと思ってるみたいな考えを持ってる人がいるところは上手くスルーしよう
  • 40代 女性 匿名

    団体から保護犬を譲り受けて2年です。

    我が家の保護犬は話さずともわかりあえ、
    虐待にあっていたと思われます。

    声帯を切られ、足をさかんに怖がり、
    背の高い細い若い男性を怖がり吠え続けます。

    そんな手に負えないワンコを又戻される事のないよう。団体さんも必死なんです。

    私の団体さんはとても優しい方ばかりでした。

    1メートル近く積み上げた糞尿の中のワンコ救出。体じゅう糞尿まみれでドロドロのシャンプー。家に連れてきても匂いはとれない。

    血だらけのワンコや腫瘍がお腹中ボコボコのワンコを病院送り…

    朝晩の多頭散歩。
    仕事して又ご飯あげにセンターへ。

    団体さんのやられている行動を
    ではあなたは毎日できますか?

    団体さんも必死です。
    レスキューされた子の幸せを願い
    奮闘しているのです。
  • 女性 働くママ

    私もワンコ欲しかったです。
    犬を飼うようになって、20数年。
    2頭かのワンコが、天寿をまっとうして
    手元から空に帰りました。
    持病があるワンコも、必死に育てました。
    私の人生に沿ってくれた子は、
    今の子たちを含めて4頭です。

    保護犬、迎えたかったけれど、
    お留守番が長いので、ダメでした。
    制度を悪用する人もいるので、
    仕方ないと諦めています。でも、
    飼った犬を愛しむことには、自信があるし、
    これまでそうしておくってきたのに、
    認めては貰えないのだなぁ…
    と、思いました。

  • 女性 colo

    保護犬を迎え入れたいと思い他県まで赴いた際、スタッフさんから質問を受けた時にあまりにも個人情報を聞き過ぎではないかと思いました。

    世帯主の源泉徴収票の提示はさすがにありませんでしたが、年間通してどのくらいの収入があるか、加えて家族全員の収入まで聞かれました。
    自宅の住所や連絡先はもちろん知らせるつもりでしたが、家の見取り図を書いてほしい、その図からスタッフがゲートを設置する場所を指定するので、必ずつけるように、と言われここまで負担がかかるものなのかと思いました。

    保護犬を迎え入れた際の病院はどこになるか、治療を受けた際の金額、そして治療を受けた証明を獣医師に一筆書いてもらうこと、病院の場所や連絡先、担当医の名前なども任意ではありましたが半強制で書かされるようでした。

    今度こそ大事に最後まで面倒を見てもらえるように、最初の時点で厳しくする必要はありますが、団体によってはやり過ぎる傾向も目立ちます。
    個人的に感じたことは、譲渡会の際、差し入れをした家族は優先的に保護犬と触れ合えたようですが、差し入れをしなかった家族は外で待機させられていた点がとても疑問に思いました。何のための譲渡会なのか。

    ほとんどがボランティアなので、やはり厳しくなってしまう点は仕方がないと思いますが、本当に親身になって保護犬を迎え入れたくて訪れる家族もいるので、そういう人たちを邪険にしないでほしいと思いました。

    もちろん全ての団体がこうであるわけではないです。ちゃんとしているところはたくさんあります。保護犬を迎え入れたいと思った時は、先々もなにかしらでお世話になることもあると思いますので、その団体が飼い主さんにとっても合うか合わないか、という点もとても大事だと思います。
  • 40代 女性 匿名

    里親サイトで犬を探しています。単身者ですが、戸建てで今までも貰った犬を飼っていました。

    里親サイトでは、まず単身者で駄目(身内がすぐそばに居住しているなど、そちらの連絡先まで書かされる)、マイカーがないから駄目(獣医さんは具合が悪い時はタクシーでワンメーターなので、タクシーで行くと書いても駄目)、その他「飼ってからも定期的に訪問する」「飼ってからもメールで画像などを送る」などの条件があり、なんで普通に里親になれないのか疑問です。単身者でも10年以上飼ってましたし、犬も気楽に室内でお留守番していました。

    ファミリーでも昼間は全員いないご家庭って普通にありますよね?それはいいの?と思います。

    また詐欺なのか、子犬の里親募集をかけて、おそらく連絡先を収集している方もいました。200件ぐらい問い合わせがあるのに、突然消えていました。

    条件とかアンケートと言いながら、こちらの居住情報とか家族構成とか、そういうのを簡単に提示させているのもどうかと思います。
  • 女性 ゆう

    私は保護猫のボランティアのお手伝いをしています。犬を飼っていますが、里親では無く、ブリーダーさんから迎えました。

    なぜかと言うと、私が探した限りですが、三ヶ所の団体と動物指導センターの条件に合わなかったからです。

    動物指導センターはこちらから辞退しましたが…(先住犬達の死因を何度も詳しく聞かれたので何だか犯罪者みたいな気持ちになってしまって…因みにみんな老衰です)

    持ち家一戸建て、夫婦と成人の息子の三人家族、全員アレルギー無しの動物好きですが私がパート勤めなのと、家が狭いのが問題になったようでした。

    犬の散歩の際も色々な方とお話をする機会があり、総じて思った事、現在は里親になる事がステータスになりつつある気がします。
    ここに書き込みをされていた方のお言葉を借りれば、
    “試された結果”
    “幸せな生活水準の高い幸せな家族として認定された”

    ペットショップ、ブリーダーと共に犬、あるいは猫を迎える手段のひとつでしか無いと思います。

    極論かもしれませんが、里親になると言う事は“殺処分を減らしたい、救いたい”と言う気持ちとは別の世界なのではと感じています。

    殺処分ゼロを思うなら里親になろう、では無く、どのようなお迎え方法でも最後までその子の一生の責任を持つ、これしか無い様な気がします。
  • 40代 女性 匿名

    とある団体さんに、里親希望の連絡をしました。すぐにアンケートが来て、返信をしたところ、とても良い条件なので、トライアルに入りたいと思います。つきましては、この子用のベッド、指定のフードの用意をしてくださいと連絡があり、トライアル希望の日をいくつか連絡してくださいと返事が来ました。すぐに希望を連絡しましたが、なかなか返事が来ず、数週間たった頃に、希望の子が変化があり、人間に威嚇したり、お口が出るようになったので、直接見に来て欲しいと連絡がありました。その間、身内が入院し、我が家は身内の犬を預かっていました。(退院までの短期間です)。そして数日後、その子に直接会いたくて、保護犬ミーティングという会に参加し、毎日のようにブログで成長を見てきた待望の子に会い、ずっとブログで成長を見ていたので、いとおしくて可愛くて、気持ちがいっぱいになりました。その子の預かりボランティアさんにも、とても良い条件で、この子を長い目で見てくださいと言っていただき、抱っこさせていただき、このこと家族になることを、前提に、狭い家をどうにかしようと家具を買い換え、床はアシニ負担がないようにくろすを張り替え、祈るような気持ちでおりましたが、あっさり断られました。
    里親に迎えるために出来るだけのことをしていたので、とてもとてもいたたまれず、もう保護犬を希望することは、私の精神的にも無理だと思いました。
    希望した子は、多頭飼いにも向いていて、ワンちゃん大好きな子とのことでしたが、身内の入院で短期間預かっていた子犬がいるからとのことでした。その時言われたことは、身内は、何歳?70?じゃあ、また子犬来るかもね、とか、両親の死、介護が前提と思われることを言われて、少なからず心が傷みました。預かっていた子犬たちは、兄夫婦がお迎えに来てくれて、両親も退院し、落ち着きました。身内みんなで、犬を大切に一緒に暮らしています。
    ですが、今回の団体さんの対応は、疑問がたくさん残りました。
    トライアルに入るので、指定のフードの用意、ベッドの用意などの指示があれば、お迎え希望側としては、不自由ないように用意します。その子の体重を見て、リード等も用意しました。
    短期間身内の事情で子犬を預かったことで、親の介護、死まで連鎖するようなことを言われ、挙げ句あっさり断られ、心が折れました。真剣に考えていたので。
    預かりボランティアさんは、その子を日々育て、その子を良くわかった上で預かりボランティアさんは、その子にとっては、犬好きなので、子犬ちゃんがいてもとても良いわ!私が専業主婦で子供も大きいので.その点もとてもいいといってくださいましたが、代表さんは、どこまでその子を理解してるのか、子犬がいたら、この子が目の端に入れてもらえないと判断だったようです。
    子犬を預かる期間も2~3週ていどだったのですけどね。
    身内が何かあれば、ホテルにという考えより、近所に住む身内で慣れたところでお世話する、犬も安心できるとの私の感覚が否定されたような気がしましたし、最初にトライアルにとの話だったのが、その子が人間に威嚇したり、口が出るようになったから直接見てくださいととの話でしたが、預かりボランティアさんは、とても賢く、飼いやすい子で、噛む真似はしても噛みませんともいっており、今考えると、最初から、渡す気がなかったようにも思えます。代表さんと預かりボランティアさんの話が違いすぎて。

    ただ、代表さんは、身内の入院で子犬を預かる事、あなたは、ありませんか?身内に何かあれば、家族で協力しませんか?
    と聞きたい。
    また、この子専用のフードはホームセンター等にはなかったため、取り寄せなどしました。
    具体的になってから、準備するものを知らせてくださればよかったのにと、結局来なかった子のためのフードは、悲しすぎます。
    私、家族共々否定されたような、こんな思いをするなら、そこに収入の話やら、家族詳細、わざわざ話さなければ良かった。
    こんな思いをするなら、里親希望をするのではなかった。
    里親になるためには、諸費用もかかります。でも、飼い主を待っている成長した子をと思いましたが、やはりペットショップ、ブリーダーさんのところで探す方が、心の負担にならずに済むと思うので、もう保護犬を希望することは恐怖でしかないです。
    他の団体さんの対応がどのようなものかはわかりませんが、そこの団体さん、代表さんは、犬は好き、自分の目線でとの感じでしたが、色んな考え方、言葉ひとつでも、もう少し選んで欲しかったです。
  • 女性 わんママ

    私の時も書かれているとおりでした。
    ですが、うちの場合、一軒屋、持ち家で、誰に文句を言われることはありません。
    ですが、問い合わせをした複数の団体は、更に細かい築年数まで言わせようとしました。
    家族全員の仕事、年収など、自分は名乗りもしないのに、何の権利があって尋問するのでしょう?

    私は、犬の問い合わせで電話をしています。
    その全てをさえぎってまであらゆる個人情報を強引に聞き出そうとする団体の人たちに、恐怖と違和感を覚えました。ちなみに、うちは100年住宅で、後50年は住めますが、そこまでいう必要も無いと重い、適当に断って電話を切りました。犬のことは無視されましたが、お金を払えるかと言う問いだけは、異常にしつこかったのも嫌でした。

    結局、市内のブリーダーさんの所でご縁があり、家まで連れてきて頂きました。
    そのブリーダーさん、その前に見て迷ったペットショップでも、同様のことで愛護団体で嫌な思いをして、うちに来る人が多いと言われていました。あの人たちは、結局お金目的と見られても仕方が無い仕打ちを善意の市民にしています。あの横柄な態度が変わらない限り、保護犬を迎える人は増えないようにも感じます。誠実なブリーダーさんのほうが、はるかに犬のことを教えて下さいました。
  • 女性 匿名

    痛くもない腹を探られるのは不快なので
    ペットショップに行きます。
  • 50代以上 女性 ダッフィー

    保護活動。とても大変だと思います。うちにも2年、3年ほど前から2匹のわんこが仲間入り。保護犬も考えましたが、成人している長男がペットショップで購入しました。2匹目をと考え市内の保護活動団体に問い合わせたりしたり、ふれあい会に参加したりしましたが、動物好きでも人間は嫌いなのかな?と思ってしまう方が多いなと感じてしまいました。しかしながら、保護犬、保護猫たちがそこにたどり着くまでどんな生き方をして放棄されたか、人間のエゴの犠牲でしかないなら里親を選ぶ事に慎重になるのも納得出来ます。ただ年収や、一戸建にも関わらず、家の間取りなどを調べられるのはちょっと行き過ぎですよね。皆さんのお話を聞いていると里親になるのは無理だなと実感しました。うちのわんこ達は生後6か月を過ぎたいわゆる売れ残りのわんこでしたが、それぞれ個性がありかわいいです。遊びに行く時も娘がわんこOKの場所やレストランをさがし予定を組みます。他人様から見ればしつけもされていないダメ犬かもしれませんが撫でてもらいたくてしっぽをふられるとわが子よりかわいいです。里親になりたい人も保護活動をされている方も「犬(猫)が大好き!」という共通点で分かり合えると良いと思います。ここに投稿されている方たちの愛情をすごく感じて読ませて頂きました。
  • 40代 男性 匿名

    上から目線。ヨーロッパ(ドイツ)に憧れすぎ。里親の気持ちは二の次
    虐待などの危険性は解りますが…
    あなたたちのせいでペットショップの生体販売はなくなりません。
  • 40代 女性 匿名

    我が家も保護団体さんから譲って頂いたワンコが居ます。
    保護団体さんに譲渡の申し込みをしたのは2回ですが、1回目に申し込んだ団体さんからは条件が合わないとの事で直ぐに断りのメールが来ました。まぁ、ここまでは保護犬を譲り受けると言う事は、そう簡単な事ではないんだなと思うくらいでした。
    その後、たまたま、その団体さんで預りボランティアをしている方と私の友人が知り合いだったようで……私が譲渡の申し込みをした事を知ってるのには不快感を覚えました。とても厳しい条件をクリアして譲渡してもらったとしても、後々の事を考えると、この団体さんから譲渡してもらわなくて良かったと少し思ってしまいました。

    その後、我が家の家族になった保護犬の団体さん、代表さんも預りボランティアさんも人間味溢れる方で良かったてす。

    譲渡する方も、譲渡してもらう方も人間ですから信頼感と相性が大切だと思います。

  • 50代以上 男性 ann

    私は72歳シングルで4匹飼育(うち3匹は10さい8歳ごろ里親になりました)
    団体はたいてい年齢とシングルで門前払いされますので。個人の応募に申し込みをします・
    個人の方は一様に問い合わせの返事があり、話が進みます、こちらも正直に本音が言えます
  • 30代 女性 匿名

    うちの子も保護犬です。
    先代が亡くなり、色んな保護団体のHPも見ましたが決定打がなく・・・。
    見てみようと家族が行った譲渡会もこれと言って響かず。今度はわたしと家族で少し遠い所に行きました。
    数匹の候補を選んで書類を出しました。純血だったり普通の雑種だったりオスメスいたり・・・。書類に書いたのは住所、連絡先、家族構成(年齢含む)、飼育歴、持ち家orペット可か、罹る予定の病院・・・でした。
    確かに寄付金は出しましたが、それはほとんど渡してくれたワクチンの領収書の額と同額でした。
    最終的に純血の大型犬の仔犬を引き取りました。
    後から他の団体も見聞きしましたが、確かに不可解なこともある団体も少なくありませんでした。引き取った所は緩めの条件でしたが、ここで良かったと思います
  • 50代以上 女性 匿名

    保護団体の条件が厳しいのは本気で里親になろうとしている人にしか譲渡しないよって思っているから仕方が無いと思います。

    中には全く審査なしで小さい子供がいる家に譲渡してしまう団体も有るようです。
    里親になり可愛がっているつもりなのでしょうが子供の犬に対する扱いが未熟すぎて恐ろしく思った事が有ります。

    情操教育のためになんて思って里親になろうとしている馬鹿な家に里親になる資格は有りません。犬はどれだけの苦痛を子供から味わっているのでしょうか。

    子供の躾をしてから里親になるのが筋です。私は高齢者より小さい子供がいる家に対する条件をもっと厳しくするべきだと思います。ファッションで犬を引き取る事はしないで欲しいです。それはペットショップで購入する人にも言えることだと思います。

    いずれ犬も年をとり老いていきます。老犬になっても引き取った時の様に可愛がってくれる良い人を保護団体の方は見抜いて欲しいです。
  • 40代 女性 匿名

    別々の保護団体から二頭目の犬を譲渡してもらったが、どちらのボランティアさんも親切だった。譲渡後も譲渡会に顔を出したりLINEをしたり、付き合いがある。厳しい方の団体でも譲渡条件は、日常的な留守番は6時間以内、譲渡時点で60歳以下の成人が2人以上居ること、その他は終世飼育の約束などの一般的な条件だった。譲渡条件が緩い方の団体は、譲渡条件よりその後の連絡を重視している。譲渡条件などは団体により様々でいいのではないかとかんじる。譲渡条件を付けたり、報告を義務付けなければならないボランティアの人達の接している不愉快な現実の方が問題だ。色々な団体のブログなど読んでいくと、あーこんなことがあれば譲渡条件が厳しくなるのも仕方ないと理解できるようになった。
  • 40代 女性 匿名

    40代、4人家族パート主婦です。子供は高校生で持ち家です。猫を飼うにあたり、ペットショップよりは猫助けになるなら・・という気持ちでいくつかのボランティア団体を巡りました。
    私自身は条件をクリアできたのですが、身分証明書写の提出、家の中の確認、譲渡後の報告の義務、餌や飼い方の指示など、正直煩わしいと感じてしまいました。何より「猫をペットではなく家族として迎えてもらいたい」ってという圧力が辛かったです。責任を持って終生面倒を見る気持ちは同じですが、飼い主とペットとの距離感は人それぞれで、ボランティアさんの価値観を押し付けられても困ります。
    この状態ではやはりペットショップは必要だと感じました。ペットショップは簡単に命が手に入るといいますが、値段は高額でかなりの決心が必要で簡単なことではありません。
    ボランティアさんと、その条件に対応できる柔軟な方の一定の小さなサークル内で幸せな譲渡ができればそれで良いのでしょうか?悪の手から猫を守るために、それ以上に差し伸べられる優しい手を振り払っているように思います。
  • 40代 男性 里親希望

    里親会で他にも希望されていた方はいました。
    私は独身で平日昼間に留守にする事は環境としては致し方ない事です。
    断られた理由が昼間留守にする時間があるからでした。
    独身でなくても昼間誰もいない事はあると思います。
    御断りの連絡があった時に、独身だと里親にはなれませんか?と聞くと難しいとの回答でした。

    でも、他の里親会では同じ話ををしましたが、1週間預りで自身の生活と犬がいる生活を体験してみて下さい、で預りましたら、
    私としては預りでの期間をいただいた事で、いろんなこと事に気付きました。
    本当に保護犬の事を考えているんだなぁ、と感じました。
  • 男性 匿名

    自分の経験、ある里親会からパピー(3ヶ月)を譲渡致しました。
    約束に収縮リード禁止と有り、安易に収縮リードを使った事で1.5歳に成った頃、強制返還にあいました。(約束を遵守出来ない自分に非が有ります)
    大切にしていても、おかまい無しで約束(返還)を行使します。
    些細なつもりでも約束を守れない方は近寄らないのが懸命です。
  • 40代 女性 水色きょろたん

    私の場合猫でしたが、経済的なことを重視している保護団体なんだな、という印象です。
    エサは健康に良いからとかなり高価なペットフードを勧められたし、トライアル前にケージを買えとも言われました。
    私が迎え入れる猫は子猫でもないし飼育経験がありケージなしでも飼育できる自信があっても強引に買ったほうがいいと言われました。
    ここで渋ると「本当に飼い続ける経済力があるのか?」と思われるようです。
    譲渡後も寄付やボランティアへの誘いが何気なく報告メールの返事などに書かれています。

    保護の実情が大変で経済的にも厳しいのだろうとは思いますが、里親になる人は金づるではありません。
    善意で成り立っているような動物保護の裏側を見てしまったようで悲しいです。
  • 50代以上 男性 縞

    話が ペットショップの方に 向かって行ってる様ですが。 何方も 言われてた様に 魚 ハムスター 亀 他にも沢山の
    命ある 生きものも 売り買いされてますよね。私も 好きで海水魚 熱帯魚 金魚 育てて来ました。
    勿論 ワン子も 先代の子は 引取り手が 無く 知りあいに 相談されて 老衰で 亡くなり 次の子は ショップで 家族に なりました。しかし今は 私どもの勝手で その子には 逢えませんが
    ショップ否定派肯定派おられますが
    否定派の方 ブリーダーも その片翼担って居ると思いませんか?
  • 20代 女性 匿名

    先日まさにこのことを実感しました。
    夫婦でペット可の賃貸に住んでおり、先住犬もこれまでも保護団体から引き取った子を育てていました。
    今回、新しい子を引き取ろうとしたのですが、
    *引き取り希望のメールとアンケートに答えても連絡がこない
    *再度連絡すると「今週末保護犬ミーティングがあるのでとりあえず来て」と言われる。
    *先住犬と1時間半かけてミーティングに参加も面接で「留守番時間が長いから無理」と言われ10分足らずで終了。
    *もちろんアンケートには留守番時間も記載済みです。

    「しっかりしている団体なので~」と言われましたが、なんだか納得がいきませんでした…。
    気になってた保護犬も、保護主さんは「臆病で傷つきやすい」「イタズラする」などばかりおっしゃってましたが、自分から愛想振りまきに来てくれるいい子でした。それに洗ってもらってないのか毛並みが汚く、綺麗にカットしてあげたらもっとみんなの関心が引けるのにな、とか少し違和感がありました。
    面談も留守番時間が長い工夫について話し合ったりではなく、「〇〇だから無理」の一点張りで本当にこの人たちは里親を探してるのか分からなかったです。
    今時、若者既婚で勤務時間5時間未満の人が何人いるんでしょう?そしてそんな人が保護犬を何人もらいに来てくれるんでしょう?
    もうペットショップで新しい子をお迎えすることにします。
  • 30代 女性 ウーロン

    我が家は今まで2匹の犬を飼ってきましたが犬を迎えるのに愛護団体から引き取る事はありませんでした。

    家族として犬を迎えるのに子犬からでなくとも血統書がなくても相性が良ければ迎え、多頭飼いせず大切に育てるという考えでしたので、2回とも2〜3年かけて愛護団体さんや保護センター、個人的な里親募集を最初に考え、色々と問い合わせや相談をしましたが
    末娘がまだ小さいということとで叶いませんでした。

    結局、一匹目は知り合いが里親を探していたので8歳位の犬を引き取り5年間一緒にくらして最後を看取り、
    二匹目はペットショップから購入しました。
    相性が良ければ受け入れる犬には条件などありませんでしたが面識のない方が、里親になる人の家を訪問し、家の中を見て回るというのには個人的にはすごく抵抗がありましたので里親になる事は諦めました。

    私は捨て犬を減らして社会に貢献する事がメインではなく、
    犬を家族に迎えるなら飼い主を待つ犬の中から迎えた方が社会貢献になるのではと思う程度なので、
    純粋な愛犬家の気持ちと
    不幸な犬を減らすという愛護団体さんの社会貢献の精神とでは、やはりズレが生じると思います。

    どちらの犬も子供達の良い相棒になってくれたので、里親募集の中から迎えられればもっと良かったのにと残念に思います。





  • 40代 男性 匿名

    譲渡会(ボランティア)というビジネスになっていると思われます。
    此方が迷い犬の引き取りで、保健所に問い合わせるも(ほぼ引き取り決定であっても)ボランティアがかっさらって行きます。その後、hpなんかで該当ボランティアをチェックすると、寄付金、ワクチン、諸々で20万~(もう販売?)譲渡してました。

    その後、わたしはペットショップで購入し、大切に育て、しつけをし、お互いのリズムを見つけ、幸せに過ごしています。

    本当にいい子に育ち、メロメロです。

    早い話、ボランティアはエゴ剥き出しで、マウントしてくるので、出会いがあればペットショップ&ブリーダーからの購入が一番です。

    はっきり言って、捨て犬、迷い犬の未来を閉ざしているのは、他ならないエゴ丸出しの自称ボランティア(ほぼ全部)です。

  • 40代 女性 匿名

    譲渡条件は厳しいと思います。
    保護された犬達は、様々な事情で元飼い主から離れ、愛護団体によって保護され、里親が見つかるまで、ボランティアの家で過ごすのです。
    この保護犬を預かった人の家には、子供がいなく、共働きでもなく、留守時間が少ない、多頭飼育していない、という事でしょうか?
    ブログなど、たくさんの保護犬の様子が書かれていますが、何だか腑に落ちません。
    ブログの写真に、この子を緊急保護しました。って、ん?これで何匹目?
    そんなに大きな家なの?
    子供はいないの?ボランティア活動してるのに、その間は保護犬達はお留守?
    次々に譲渡されて、新しい保護犬の世話をしているなら良いのですが... 。
    簡単には譲渡条件にあった人が見つからないですよね。
    5匹も6匹も、保護して、何だか多頭飼育している?
    譲渡条件とは、反した内容で保護?
    ブログには、可愛い洋服を着せられ、いかにも可愛がっています、とアピールしているように見えて仕方ないのです。
    虐待、放棄などあるので、厳しい審査になる事は分かりますが、ある少数の人の事がニュースで流れて、大問題と騒ぎ立てて、譲渡条件がどんどん厳しくなっています。
    譲渡する、ボランティアの人愛護団体の人の見る目が確かだと自信があったら、譲渡して良いと思うのですが。
    寄付金品を掲載して、助けて下さいって、どの団体もやっていますよね。
    国などから、助成金が出ていないのでしょうか?
    本来なら、それで遣り繰りするのかと思っていました。
    寄付金が譲渡する金額にも入っているのが不思議です。
    寄付は、善意でいくらでもいい、となるはずでは?
    お寺をそうですよね?宗派によって違うかもしれませんが。
    お寺も、法人税が掛からない。非営利団体も。
    ボランティア、奉仕、善意とはなんなのか?考えてしまいます。
    ボランティア(保護犬を預かった人)は無償で行わないと、ボランティアとは呼べませんよね。
    殺処分ゼロを目指して、頑張ってるのは、よく分かります。
    どの県も、それを目標としてますから。でも、保健所で殺処分していないだけでは?
    ネコカフェも、営利目的ですよね。
    フクロウカフェも。でも経営してるわけですから。動物園も、トリマーも、ペットショップも。
    でも、ボランティア活動してる団体が営利目的っていうのが分からないです。
    多頭飼育してはいけない、子供がいるうちには譲渡できない、と言ってて、自分達は、何匹も保護して、ボランティア活動して?
    仕事もしている方多いですよね。
    ボランティア活動している時間あるのでしょうか?
    ご家族とのコミュニケーションは大丈夫なのでしょうか?
    専業主婦で時間が余っているという人なら、ボランティア活動出来ると思います。
    譲渡条件は、もう少し緩くした方が、里親が見つかる可能性が広がると思います。

  • 50代以上 女性 匿名

    私自身は犬も猫も歳なのでもう飼おうとは思いませんが、譲渡の条件の中によく「小さな子供のいる家庭は不可」となっているのが、悲しいというか残念ですね。
    子供時代に動物に触れ、一緒に暮らし、その死を看取ることは人が大人になっていく過程でとても大切なことです。
    私も幼少期にペットを飼っていましたが、その時のペットとの絆や思い出は今でも鮮明ですし、自分の考え方や感じ方の基礎になっていると思います。
    保護団体の人に言いたいのは、子供のいる家庭でもペットは十分幸せになれるし、子供にとってペットは学びを与えてくれるかけがえのない命だと言うことです。
    ペットの持つ包容力、愛情、暖かさ、無邪気さ、純粋さなどを子供に感じさせてあげる機会も持たさてあげてください。共存とはそういうことではないでしょうか。
  • 30代 女性 エマ

    猫の譲渡会に行って思ったのですが2.3か月の子猫に避妊去勢手術がしてあって、かわいそうだと思いました。まだ本当に小さくて体力的にもこれから成長していく上でも大丈夫なのか?と疑問に思いました。
    保護団体の人たちは、動物虐待をあってはならないことだと言っていますが、月齢もいかない子猫の体にメスを入れるのは平気なのでしょうか?
    私には大きな違いがあるとは思えません。。。。。。
  • 40代 女性 匿名

    私も最近2匹目は保護犬をと思い、ある個人ボラの方に申込をしました。今は色んな人がいるので、厳しい条件になるのは理解しています。
    申込の時点で住所、名前、年齢、家族構成、家庭環境、飼育経験、何故その子を希望したか、先住犬は…等々
    最初のメールが全てと言っても過言ではないと書かれていたので、自分なりに時間を掛けて考えて、先住犬との事も悩み思いを伝えたいと申込をしました。
    その方はブログをされていても、自分の素性は一切明かしていないのに、希望者にはまずそれを当たり前の様に求めて、メールの返事が来ても名前も名乗らず、また質問攻め。
    ブログはどの位読んだか。主人の犬との関わり方。主人は申込についてどう思ってるのか…
    家族が同意してないと申込出来ない条件があるのに、敢えて聞くの?
    先住犬がいる方なら分かると思いますが、やはり相性は気になりますし、ストレスを与える事になったら可哀想な訳で、それを少し心配してると伝えると、とりあえず会わせてみるだけという軽い気持ちならお断りします!という返事。
    凄く時間を掛けて考えて申込をした旨を伝えているのに、流石にカチンと来ました。そんな事を言う前にまず、名乗りましょうよ。
    その後も質問攻めで、結局他に在宅してる人がいても、主に世話をする人が6時間以上家を空けるのは条件から外れるので、お断りしますとの事でした。
    結局、個人情報だけ提供しただけで、何かしら断る為の質問攻めだったのかと思ってしまいます。
    本当に里親探しをする人の対応、言動ではないと思います。
    上からで攻撃的。
    保護犬の未来を邪魔しているとしか思えません。
    こんなので、里親になれる人なんて何人いるの?
  • 50代以上 女性 匿名

    保護犬のことがどうしても頭から離れず、いろいろ自分なりに調べてみましたが、やはり、全体的に譲渡条件厳し過ぎると思いました。犬種に関係無く室内飼い強制であったり繋ぐのは虐待とされたり4時間以上の留守はダメとか。ずーっと一緒に生活しているわけでもない他人様に、飼い犬への、愛や絆を、~だから愛してない ~だから虐待 と決めつけられるとは、恐ろしい世の中になったものだと思ってしまいました。
  • 20代 男性 匿名

    ビジネスになってると書いている人もいますが、本当にそうだと思う。
    僕の友人は保護団体のボランティアをしてたけど、2か月で辞めました。
    保健所から飼い主が決まりそうな見たくれのいい子を引き出してきて、
    子犬・猫なら手術費用が取れるように格安の手術をして譲渡会に出す。
    里親になった人には、報告を続けさせ寄付などのつてにしていて、何度か寄付をした人には
    年会費なども取るようになる団体もあるということを言っていました。
    結局、保護動物の世話もしていたけど、駅や大型店舗前で募金活動をさせられたり譲渡会に来てる人の里親選考基準が”どれだけお金を持っていて、出してくれるか”だと気づいてから、やる気がなくなったそうです。
    資金もないのに保護団体と言うだけで手を広げ過ぎていると思う。
    自分たちでやりくりできる範囲を超えてるなら、個々に活動するのをやめて大きな団体にでもなって、ちゃんと県や国から助成金をもらえばいいと思う。


  • 40代 女性 匿名

    我が家も保護犬を迎え入れるべく、いろんな団体を見に行きました。
    我が家は私(40代独身女性)と60代以上の両親3人家族です。何匹かワンコを育ててきました。今回は少し歩くのが困難になった母のため小型犬で……と言ったら「なら面倒みられませんね」の一言で終わり。
    他もたくさんの義務付け条件があるところがほとんどでした。
    辛い思いをしたであろうから、我が家で最後の最後まで愛し育てたいと思っていたのに……。こんな思いばかりするなら……となんだか複雑な思いをしています。
  • 30代 女性 匿名

    うちも保護団体から子犬を譲り受けました。
    今は違う団体ですが、ボランティアもしています。
    人と人とのお付き合いです。
    合う合わないあると思います。
    でも一つ引っかかるのは、家を見せるのは当然だと思っていたので、そこでひっかかってる方がたくさんいらっしゃった事です。
    里親さんの所に行った子達が安全で本当に幸せになれるのか。
    それで家の確認があるんじゃないんですか?
    もしかしたらペット不可の所で、また、その子が捨てられたら。
    多頭崩壊になるのではないか。
    虐待されるのではないか。
    これ以上悲しい想いをさせないために、家の確認があるんだと思います。
    単身でも譲ってくださるところはありますよ!
    なので、諦めずに保護団体や愛護センターなどから迎え入れてあげてください。
    ペットショップの子供達の親は、本当に劣悪な環境にいます。
    そんな子達を無くすために、お願いします。
  • 20代 男性 りょ

    凄くわかります!
    自分も里親10件お断りで2歳の息子が居るからと、、
    だったらペットショップで買うわ!ってなりました。
    条件厳しすぎて、里親の意味が全くないと思います。
    うちはペットショップで買い、仲良く家族3人1匹と暮らしています?
  • 20代 男性 匿名

    厳しいかもしれませんが、概ね妥当な条件なのではないでしょうか?犬種や大きさ、性格などで細かい分け方はしても良いと思いますが……。
    保護犬は精神的に傷ついている子も多く、ハッキリ言って普通の犬より手間が掛かります。それを鑑みると、態度はともかく条件については緩める訳には行かないと思いますね。
  • 50代以上 男性 はんぺん

    婚活と同じです。相手に求める条件が高いままなら貰い手がいない。
    最近、公園やスーパーで連れられている犬の大半が雑種ではない、ことに気が付きました。
    譲渡条件が厳しいならショップで買うでしょう。
    今後のシェルターは血統書つきの犬に置き換わるかも知れません。
    里親になろうしても厳しい。なら同じ犬種の仔犬をショップで買うほうがいいということになりかねません。
    譲渡条件を厳しくするのは自由です。
    でも保護団体や個人も含め、捨てられる犬猫を保護し続けてもキャパシティや運営資金は大丈夫なのか疑問ですね。
    貰い手がいないまま、時だけがすぎ次第に狭いゲージに移されていく……そのようなことにはならないのでしょうか。
    ミザントロープで貰い手を信じない。犬猫の重みに耐えきれず崩壊したら、それこそ本末転倒です。
    しかも、2025年には4人1人が75歳以上と言われる超高齢化社会に突入です。
    人材不足で雇用形態も変わるし、親の介護をしないといけない人達も爆発的に増えていきます。一つ間違えれば介護離職です。このような譲渡条件で維持できるのでしょうか。
  • 女性 匿名

    うちにも元保護犬が2匹居ます。別々の団体から譲渡してもらいました。譲渡条件の厳しさは中ぐらいでした。二団体のボランティアさん達とは、譲渡後も良い関係です。

    ボランティアさんに聞きましたが、譲渡費用を値切ったり、子犬や若い犬を希望する人に限って、自分は可哀想な犬を貰ってやるんだぞという言動を取る人が多いそうですよ。また高齢の飼い主からの保護依頼は毎日のように連絡が入るそうです。しかも血統書付きの犬だからと金銭を要求されることも何度もあったとか。保護犬を譲り受ける側、犬を手放す側の問題点もぜひ取り上げて下さい。愛護センターからは高齢犬や病気で治療の必要な犬を次々保護して貰えないかと相談されるそうです。ボランティアさん達は便利屋さん扱いされ、心も体も疲弊してる人が多いと思います。
  • 30代 男性 匿名

    ちょっとネットで調べただけでも犬猫の譲渡に関するトラブルが多く、弁護士の相談サイトなどに公開されています。
    中には譲渡金を払ったのに動物の引き渡しを何かと理由をつけてしないなどの詐欺的なものもあり、法規制の整備も必要だと思いました。
    そこまで悪質でなくても、里子に出したのに未練があるのか返却を要求してきたり、元保護主が口うるさく飼育方法などを過剰なまでに指定して、里親がノイローゼになりそうなくらい電話を何度もしてきたりなどの「過干渉」の相談も多いです。
    感情が問題の根源だけに、弁護士も納得させたり解決するのが大変だなあと感じました。
    これからも譲渡件数が増えると予想される中、譲渡の契約方法を規則化するなどしないとトラブルは増えると思いますね。
  • 女性 匿名

    命のやり取りなので、悲しい思いをした子達が幸せになって欲しい故に、虐待等の里親詐欺を警戒するのはわかりますが、やり過ぎな条件設定が多すぎます。

    里親側の里親詐欺ばかりに注目して、個人情報を悪用する保護者側の詐欺があることが周知されていないような気がします。

    もちろん善良な保護者さんや団体もあるのでそちらを頼るのが1番でしょうが…。

    どちらが飼い主なのかわからないような条件や、個人情報を片っ端から得ようとする条件は、当然躊躇してしまうし、それが双方の不振に繋がってしまうのは本末転倒じゃないですかね?

    人間の非常識な行動に振り回される子達が減ることを願います。
  • 30代 女性 匿名

    先日NHK で、「愛護団体行き詰まり殺処分ゼロでいま何が?」
    という番組をやっていました。
    動物を保護していき団体自体が破壊する危機に至っている。という内容でした。
    犬猫を保護し、譲渡されず増えていき、キャパオーバーしている。
    番組の団体は、シェルターで保護していましたが、ただ保健所からシェルターに移っただけのように、見えました。
    譲渡会をされているようですが、里親がなかなか見つからない。
    里親になる為の条件が各団体によって違う、譲渡費用がかかる団体と、かからない団体があります。番組に出ていた団体はどうか分かりませんが。
    行政は、ボランティア団体、愛護団体に任せて終わり。
    どのように譲渡しているのか?
    保護している様子を見に行く、などチェックをしてもらいたいです。
    ボランティア団体と名乗ると、一般的では無償と捉えてしまいます。
    私の知る限りでは、無償でない団体がほとんど。
    避妊去勢手術、ワクチン、マイクロチップなどの医療費、交通費、寄附金を里親に請求する団体が多いです。
    その他、個人情報提示、アポなし訪問、里親後の報告義務、里親になってから寄附金要求など、数えたらキリがありません。
    これではペットショップが無くなる訳がありません。譲渡条件が厳しいので、ペットショップに買いに行く人は絶えないと思います。
    子供や老人には、アニマルセラピーが良いという位に犬猫が心を癒してくれる、一緒に生活する事で優しい心を育てる事もできます。
    しかし、譲渡条件では、単身者や老人や幼児がいる家は渡せないと。
    ボランティアとのトラブルで民事訴訟や弁護士相談が増えてきています。
    何故そうなっていくのか?私の考えですが、ボランティアの人、代表の人の言葉ひとつにしても、接遇が出来ていない。
    人と人とのやり取りで、ボランティア側が言葉使いや態度が上から目線というのは間違っていると思います。
    保護団体でなく、事業所として経営する方が、接遇は改善し、利益をあげても文句は言われない、保護人に給料支給となればやる気も出ます。
    ボランティア、やっている人は自己満足。無償で手助けしている自分に酔っているように、見えます。
    行政から1匹保護すると何千円と助成金が出る。
    ペットショップ、ブリーダーから買うほうが後腐れなくて良いですね。

  • 女性 匿名

    私も里親になろうとして、断念したくちです。
    お話を聞いていると、結局は自分ちの”ペットシッター”を探したいだけなのだと思いました。
    手を差し伸べる人はたくさんいるのに、みんな断って
    結局、寒いシェルターのケージの中でいつまでも。。

    里親に出すということは、いろんなことを覚悟しないと無理です。
    それができないなら、全部自分で飼うべきだと思います。
  • 30代 女性 匿名

    避妊去勢手術のことに触れている方もいますが、私も時期には慎重になったほうがいいと思います。
    動物病院でトリマーをしていますが、時々子猫の具合が悪くなったと来院する方がいらっしゃいます。まだ引き取って日も浅く環境の変化もあるとは思いますが、手術は子猫にとってかなり負担のあることです。
    ワクチンなどを完璧にしていても、手術で感染症になることも体力のない子猫にはあり得ることです。と、我が院の獣医医師は言っておられました。
    おなかを切られて、その上病気になって辛い思いをする子猫の身にもなってみてください。
    酷いと死亡例もあります。
    我が院にも保護団体の方が手術の手伝いを無償でしてほしいと頼みに来たことがあります。
    その時の印象が(獣医なんだから手術に協力するのは当たり前。とにかく数をこなしたい。)という感じで必死さはあるのですが、共感できるものではなく、お断りしていました。
    犬猫の幸せを考えるのであれば、その基盤である健康でいられることも考えてほしいです。

  • 50代以上 女性 匿名

    わたしは自分勝手な人間なのかもしれませんが、全部の犬が好きなのではなく、愛犬が好きなのです。亡くなってしまった愛犬は、人から譲ってもらった柴犬で、だから、柴犬が好きなんです。人から、犬をお金を出して買うなんて とか、先代の犬にそれだけ愛情注げたなら保護犬にも目を向けてみて とかいろいろ言われ、いろんなサイトを見ましたが、保護犬を譲り受けるための敷居の高さに驚き、ブリーダーさんやペットショップは悪というような言い方に驚き引いてしまいました
    再び犬を飼うことを真剣に考えたところ、わたしは、保護犬が飼いたいというわけでなく、犬ならどんな犬でも一緒とも思えず、再び飼うなら長生きさせて無事育てた経験のある先代と同じ犬種(柴犬)のほうが環境と経験から考えても、最後まで責任を持つ自信があると思い柴犬専門の信頼のおけるブリーダーさんから、先代と似た子を譲ってもらう(当たり前ですがお金で)ことにしました。殺処分される犬を少しでも減らしたいのはわたしも同じ気持ちですが、飼い主、ペットショップ、ブリーダー、愛護団体、ボランティア、里親、元親等々、生き物に関わるいろんな立場の人の一部の心ない人のためにその立場の人達皆が悪というのではないと思うし、需要と供給という点ではもっと法律的なものも含め考えていかなくてはいけないと思うし、保護犬を守ると同じように純血種を守ることも大事なことだと思います。
    一番大事なことは飼う前に最後まで責任を持って飼うことができるかよく考える(犬種の検討も含まれると思います)飼ったら、当たり前ですが、家族として最後まで責任を持つ。ということじゃないかな と思います。
  • 40代 女性 匿名

    条件をつけることはその団体にとって大事なんでしょうが、その時に結婚していても離婚するかも知れないし、若くても病気になるかも知れない。 家族が同居でもその人が世話をしなくなったら継続してくれるのか分かりません。 60代だって元気な人もいるし、単身であろうと働いていても朝出勤前や帰宅後に散歩をする事も出来る。 結婚していても妊娠したり、旦那の仕事が忙しくなれば面倒見きれないと放り出す人もいるので。  一概に条件が正しいのかも不明です。  だから条件に見合わず断られるとショップで安易に買えるのでそちらに走ります。 その条件付のせいで保護犬の幸せが失われていくのは避けられたらいいなと思いますね。
    私はボランティアをしていますが、その団体では単身者にも高齢のご夫妻などにも面接後に譲渡しています。 その場に足を運ぶだけで、意思があるという事ですし。 ただ保護自体は綺麗事では済まないので(ボランティアさんの活動も無償ですし、)ある程度厳しい態度の方はいると思います。 
  • 40代 女性 匿名

    我が家にも、迎えてからもうすぐ一年になる保護犬がいます。

    数年前から犬を飼いたいと思っていて、飼うなら保護犬を…と色々と調べたりしました。でも、大半が条件が厳しすぎたりして、正直なところ、ゲンナリしてしまいました。犬を助けたいという、同じ思いのはずなのに、どうして一方的に上から目線で指示をされなければいけないのか…納得できない条件もあったりして、もう保護犬を飼うのはやめようと何度も思いました。

    そんなとき、ある団体のホームページを見つけました。私にとってはとても好印象で、示されている条件も納得できることだったので、結局、そちらから引き取りました。諦めなくて良かったです。

    里親になることを検討している方々には、諦めずに色々と調べてみていただきたいです。ご自身の納得できる団体がきっと見つかるはず。

    1頭でも多くの命が助かり、幸せな居場所を得られる様、願っています。
  • 30代 女性 匿名

    過去にとある大手の保護団体から譲渡された、繁殖場の様な場所からレスキューされた老犬を迎えた経験があります。

    ブログでずっと状況を把握していて、何度も条件を見ながら意を決して応募しました。連絡はきましたが、まず『若い夫婦』という点がかなり引っかかったのか何回も子供の予定や家族計画聞かれました。
    更に試すつもりか高圧的、かつ侮辱的な内容のやりとりが続き、ノイローゼ気味になりそうでした。
    それでもその犬の魅力と運命を信じ、負けずに対応し続けて譲渡してもらい、半年ほど経過して悪態的な態度は治りました。
    しかし、その預かり主宅にいた頃に治療が殆どされてなかったのが、やり取りの中で判明し(ただはっきりとは言ってくれなかった)、治療の遅れが原因で数年で犬は亡くなりました。
    脱走対策で家中の細かな対策も指示されましたが、数年後、預かり主本人が単純な不注意で犬を脱走させてました。
    が、ブログには言い訳に近い内容と、預かり仲間からの激励のコメント。里親にはあんな態度なのに…と呆れました。

    皆さん書かれている様に、保護犬を幸せにしたい気持ちも、だから条件厳しいのもうなづけますが…。それとは違う、個人的な偏見や思想のもとにまるで自分たちは神様かの様な態度の方が多い気がします…。
    最近、亡くなった犬が忘れられず保護犬を検討し、問い合わせしましたが、今回は無視されて終わりました。
    毎回、不快な思いしかしてません。
  • 50代以上 女性 匿名

    そもそも、保護犬は誰のもの?というのがありませんか?
    少ししか飼えなくて手放した元親のもの?
    自分が繁殖させて無事出産させたわけでもないのに本当に家族に迎え入れようとしている人より先に保護します!と連れていった保護主さんのもの?
    そんなに譲渡条件を厳しくするなら保護主とか、言わずに全部自分で最後まで飼ったらいいじゃないですか?むしろ飼えないならなぜ保護したの?
    犬は保護主も飼い主も選べないんです。犬自身が、里親より保護主のほうが立派で保護主のほうが好きだと言ったのでしょうか?
    犬のことより保護主であることが重要と無意識でも意識でも思ってる保護主や保護団体とは関わりあいになりたくありません。まあ、そういうのは一部の保護主や保護団体だと信じてはいるのですが。
  • 40代 女性 里親

    譲渡してもらえなくて根に持つ人からのボランティアさんへの嫌がらせ多いらしいですよ。言葉の端々にそういう人ではないかという気配を感じ断ることが結構あるとボランティアさんおっしゃってました。保護犬は他人からもらえる可哀想な犬ではないですからねえ。ちなみにそのボラさんは、自分の判断が間違ってる可能性もあるが、それでも自分が保護した犬に対する責任があるため少しでも引っかかることがある人には譲渡しないとのこと。里親選びで犬の一生は決まってしまうと。保護団体が信用できなかったり条件に合わない場合は、保健所や個人放棄の犬の里親になってもいいと思いますが。色々な選択肢ありますよ。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

わんちゃんホンポ掲示板

人気のトピック

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。