犬がウンチのときに飼い主を見つめる理由4つ

犬がウンチのときに飼い主を見つめる理由4つ

この記事では「犬がうんちのときに飼い主を見つめる理由4つ」をテーマに、ワンちゃんがうんちをしている時やした後に飼い主さんを見つめる理由や心理についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

うんちのときに飼い主を見つめる理由1:褒めてもらいたいから

飼い主さんに撫でられて喜んでいる犬

きちんとしつけをしていると、ワンちゃんはいつも同じ場所でトイレをします。しかし、子犬だった頃などのまだトイレを覚えられていないときは、何度もトイレを違う場所でしてしまうことが多いです。そんなときにトイレを指定された場所で上手にできたら、飼い主さんはきっとワンちゃんを褒めたはずです。

ワンちゃんは、大好きな飼い主さんに褒められるとすごい嬉しい気持ちになり、その嬉しさを大きくなっても忘れないため、うんちをちゃんとできたときに、飼い主さんにまた褒めてもらいたいから見つめているのかもしれません。

同様にワンちゃんがちゃんとトイレをできたときにご褒美でおやつをあげたことはないでしょうか?もし与えてことがあるならば、そのご褒美をもらいたいからうんちのときに飼い主さんを見つめている可能性もあります。

うんちのときに飼い主を見つめる理由2:早く片付けてほしいから

ホウキとちりとりを持っている犬

ワンちゃんは綺麗好きな動物です。そのため、いくらトイレにあるとはいえ、うんちがいつまでもあったら嫌がります。うんちをした後に掃除をするのを忘れてしまい、そのままの状態になっていた際に、ワンちゃんが早く片付けてほしいという気持ちを訴えているのかもしれません。

ワンちゃんがうんちをしたら、なるべく早く片付けてあげると綺麗好きなワンちゃんでしたらすごく喜び、安心できるのではないかと思います。

うんちのときに飼い主を見つめる理由3:邪魔されないか警戒してるから

歯を出して怒っている犬

排泄をしているときは無防備な状態です。集中して踏ん張っているときには邪魔されたくないものですよね。過去に人から排泄中にちょっかいをかけられたり、邪魔されたりしたことが記憶にあるワンちゃんは、ソワソワしながら周りの人の様子を伺うことがあるでしょう。

ワンちゃんがウンチをしているときは見て見ぬふりをし、触ったり話しかけたりせずにそっとしておいてあげるのが良いですね。

うんちのときに飼い主を見つめる理由4:食べても怒られないか気にしているから

暗闇の中で真剣な眼差しの黒い犬

以前にトイレの失敗や食糞などで怒られたことがある場合、ウンチをしてるときに飼い主さんの顔を見つめることがあります。

うんちをした後に何らかの理由で過度に怒ってしまうと、うんちをトイレ以外の場所で隠れてするようになったり、排泄を我慢してして体調を崩してしまったりすることも考えられます。うんちを失敗してしまっても、怒らずに黙って冷静に片付けるようにしたいですね。

まとめ

注意の看板を持っているパグ

ワンちゃんがウンチのときに見つめてくるのには、様々な理由があったのですね。どんな気持ちや要望があって見つめてくるのかを状況に合わせて考えて、ワンちゃんが快適に排泄タイムを過ごせるようにしてあげたいですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。