犬用ドライヤーのおすすめ商品6選!選び方から注意点まで

犬用ドライヤーのおすすめ商品6選!選び方から注意点まで

お気に入りに追加

自宅でも犬をシャンプーすることがありますが、家で犬を乾かす際に使うドライヤーの選び方ひとつで作業のしやすさも変わってきます。しかし、実際どのようなドライヤーを選ぶといいのかイマイチわかりませんよね。そこで、ここではドライヤーを選ぶポイントや注意点などをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

14676view

犬用ドライヤーと人間用ドライヤーの違い

強風をあてられる犬

犬用ドライヤーを選ぶ際にまず考えるのが、人間用と何が違うのだろう?という点だと思います。結論から言うと、業務用ドライヤーに限って言えば人間と犬用ではパワーが全然違います。

犬種にもよりますが、犬は基本的に毛の量が多く密度もあります。そして、できるだけ早く乾かしてあげる必要があるため、人間用ドライヤーよりも強いパワーを持ったドライヤーが使われているのです。

また、トリミング室を覗くとわかると思いますが、使っているドライヤーは基本的にスタンドドライヤーと言って、両手が使える状態になっています。

なぜハンドドライヤーではなくスタンドタイプのドライヤーになっているのかというと、犬は人間と違って必要に応じて動かないということはできないため、人間が落ちないように支えたり乾かしやすい体制に変える必要があるからです。

そのため、犬用のドライヤーはパワーがあるだけではなく両手をフリーにできるように作られており、安全に犬を乾かすことができるようになっているのです。

犬用ドライヤーを選ぶときのポイント

トリミングされる犬

犬用ドライヤーを買おうと思ったとき、自宅に業務用ドライヤーを用意するわけにはいきませんよね。もちろん買っても問題はないのですが、お値段も高いですしそれなりに場所も取ります。

しかし、業務用のスタンドドライヤーを買わなくても犬用のハンドドライヤーは売られていますし、素早く乾かしたい場合は人間用でもパワーがあれば十分使うことができるため、そうしたことを踏まえて犬用ドライヤーを選ぶときのポイントをご紹介します。

1000W以上の風圧

パワーの良し悪しはワット数で判断することができます。できるだけ手早く乾かしたいのであれば、風圧があることが大事になるため、最大1000W以上のものを選ぶことがおすすめです。

しかし、怖がりの子は風圧が強いと怖がってしまうため、そこは強弱を調整して怖がらないようにしましょう。

温度調整が可能

早く乾かすためには温度が高い方がいいですが、温度が高すぎても熱すぎて火傷をしてしまいますし、皮膚の状態によっては低温で乾かしていった方が良い場合もあります。

そのため、必要に応じて温度が調整できるものを選ぶようにし、適切な温度で乾かすことができるようにしましょう。

スタンドタイプorハンドタイプ

スタンドドライヤーといっても業務用のような大きなものではなく、自宅で簡単にケアできるスタンドタイプのものもあります。

しかし、業務用のスタンドドライヤーのように細かい稼働がきくものではなく、動かせても首や本体自体を上下に動かすだけのものなので、用途に合わせてハンドタイプと使い分けるといいでしょう。

また、ハンドタイプだと両手を使うことは難しいですが、お腹の下や脇など細かい部分に風を当てることができるため、使い慣れればオールマイティに利用できます。

犬用ドライヤーを選ぶ際の注意点

注意マークを出す犬

犬用ドライヤーを選ぶポイントを押さえたら次は注意点です。注意点を知っておくと買って失敗するということも少なくなるため、選ぶポイントとセットでぜひ覚えておいてください。

ホースやコードが短すぎないもの

ハンドタイプだと一般的に目にするドライヤーのものもあれば、本体にホースがつながったホースタイプのものとあります。

この場合、コードの長さやホースの長さが十分にあるかを確認し、短すぎて乾かすときに不便にならないように注意しましょう。

風量や温度が調整できないもの

選ぶポイントでもお話ししましたが、犬種や状態によって温度や風量を変えてドライヤーはあてていきます。しかし、一定の温度や風圧でしか使えないものはそうした調整ができないため、状態に合わせたドライヤーの使用が不可能です。

今後一生風圧も温度も変えることがないのであればいいのですが、調整できた方が安心できるため選んだドライヤーが調整可能か必ずチェックしましょう。

犬用おすすめドライヤー

ブイサインをする犬

では、実際におすすめする犬用ドライヤーをご紹介していきます。

1.テスコムヘアドライヤーNobby NB3000

テスコム ヘアドライヤー Nobby  NB3000
16,520円(税込)

商品情報
・業務用ハンドドライヤー
・パワー3段階切り替えが可能
・最大風速17m/秒

Nobbyのハンドドライヤーは、人間のサロンでも使われている業務用ハンドドライヤーです。パワーは600w・1000W・1500Wの3段階から選ぶことができ、温度も温風と冷風で調整できます。

また、ペットサロンでも愛用されているドライヤーなため、業務用のスタンドドライヤーの代わりをこれ1本で補うことができます。

2.DoggyManスタンド式ドライヤー

DoggyManスタンド式 ドライヤー
7,440円(税込)

商品情報
・パワフルな1200W
・3つのモードに切り替え可能
・風向は3段階に調節可能

こちらの形状はハンドドライヤーのようですが、スタンド式のフリーハンドになるため両手を自由に使うことができます。パワーも1200Wと威力がありますし、「温度高モード」「温度低モード」「冷風モード」と3段階に調整可能なのもうれしいですね。

また、風向きも3段階に調整できるためさまざまな部分を乾かすことができます。

3.プロフェッショナルペットドライヤー

プロフェッショナルペットドライヤー
4,180円(税込)

商品情報
・パワーは1875W
・温風、冷風の切り替えがボタン一つ
・温風とともにマイナスイオンが発生

1875Wと十分なパワーに温風・冷風と温度調整も可能なだけではなく、なんと温風使用時にはマイナスイオンも出てくるため被毛を乾かしながら、潤い美しい状態へと導いてくれる美のドライヤーです。

また、スタンドが付属になっているためハンドドライヤーとしてだけでなく、ハンズフリーでの使用も可能で1本で両方の使い方ができます。

4.アイリスオーヤマペットドライヤー

アイリスオーヤマ ペットドライヤー
4,880円(税込)

商品情報
・両手が使える置き型ドライヤー
・ノズルで風の角度や高さを調節可能
・ペットに優しい運転音

400Wとパワーは低いですが、怖がりさんでも安心して使える優しい音と風量になっているため、スピードよりも安心感を重視したドライヤーになっています。

温度は温風と送風で切り替えができ、風向きもホースタイプになっているため自由に調整することが可能です。ホースの向きを変えた後も固定することができるので、ハンズフリーで乾かすことができます。

5.ペット用ドライヤー「メガブロー」

ペット用ドライヤー「メガブロー」
34,560円(税込)

商品情報
・強い風力で水分を吹き飛ばす
・3種類のノズル付き
・風力・温度共に無段階調整が可能

プロも使用している強力ホースドライヤーとなっているため、毛量が多く毛が長い犬種でも素早く乾かすことができます。また、風圧が強いためブラッシングを使わなくても毛を伸ばすことができ、プードルのような毛質にもおすすめです。

これだけパワーの強いドライヤーですが、風力・温度共に無段階調整が可能なので、風が怖い子に使用しても驚かせる心配がありません。

犬種に合わせて幅広く使うことができるため、大きめではありますが重宝できるドライヤーとなっています。

6.METROエアフォーズブラスターB-3V

METROエアフォースブラスターB-3V
41,700円(税込)

商品情報
・4馬力の超強力パワー
・プロ用ドライヤー
・2種類のノズル付き

4馬力もの超強力パワーを持ちながら省エネを実現した、速乾型ホースドライヤーでプロも愛用しています。また、速乾性が高いだけではなく、ストレートノズルとフレアノズルを使い分けることで軽い抜け毛や毛もつれの除去も一緒にでき、お手入れの時短アイテムにもなるのが魅力的です。

まとめ

タオルに巻かれている犬

犬用ドライヤーは基本的にパワーがあり風量・温度が調節できるものを選びますが、用途や性格に合わせてパワーよりも優しさを重視したものを選ぶのもまた大切なことです。

このように、さまざまなドライヤーがありますがいずれもパワーだけでなく、風量・温度を調節して犬の状態に合わせて使えるようになっているものが多いため、あとは自分が使いやすそうかどうかと予算と相談しながらベストなものを選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。