犬を撫でると唸る理由とやめさせる方法

犬を撫でると唸る理由とやめさせる方法

お気に入りに追加

犬が唸る理由を知れば「なぜ撫でようとしただけなのに唸るのか?」その理由を理解してあげることができます。愛犬との上下関係や信頼関係をしっかり築くことができていない可能性もあります。

10302view

犬が唸る理由

撫でる二つの手と犬

撫でようとすると唸る犬がいますが、そもそも犬が唸る理由は何だと思いますか?犬が唸る理由を知れば、飼い主さんや家族が撫でようとしたときに唸る理由、他人が撫でようとしたときに唸る理由など、理解することができるのではないでしょうか。

  • 自分自身の優位性を示したい
  • 恐怖心
  • 仲間を守りたい
  • 仔犬を守りたい
  • ごはんやおやつを取られたくない
  • おもちゃを取られたくない
  • 縄張り意識
  • じゃれているだけ

など、犬が唸り声をあげる理由は様々です。

犬を撫でようとして唸られたとき、そのときの状況や犬の気持ちを考えることができれば、なぜ唸られたのかを理解することができます。

自分自身の優位性を示したい

「自分の方が優位なんだぞ!」ということを示すために唸ることがあります。飼い主さんや家族に唸るときもありますし、他人に唸ることもあります。この唸りをやめさせたい場合、上下関係や信頼関係をしっかりと築くということが必要です。

恐怖心

恐怖心から唸る犬がいますが、犬の表情や尻尾の動きなどからも理解することができるのではないでしょうか。はじめて会う人に撫でられそうになったとき、何をされるのか分からず、恐怖を感じて唸ってしまうことがあります。はじめて会う犬を撫でるときは、犬に恐怖心を与えてしまわないように注意しましょう。

ごはん・おやつ・おもちゃを取られたくない

ごはんやおやつを食べているとき、おもちゃで遊んでいるとき、撫でようとすると唸ったり噛みついたりする犬がいますが、取られたくないという気持ちから唸ったり噛みついたりしてしまうのです。

本気で噛みつくようなことはありませんが、ケガをしてしまう可能性もありますので、小さな子供さんはとくに注意してください。これもまた、上下関係や信頼関係をしっかりと築くことができれば改善することができます。

縄張り意識

外で飼われている犬を撫でようとしたとき、唸られたり噛みつかれたとい話をよく聞きますが、縄張り意識による行動です。

また、家や家族を守ろうという気持ちから起こる行動でもあります。唸り声をあげているときは、むやみに近づいたり撫でようとしてはいけません。

じゃれているだけ

人は、「ヨシヨシ」と撫でてあげようとしているだけかもしれませんが、遊んでもらえるのかなと思い、唸り声をあげて喜ぶ犬もいます。鼻にシワを寄せたり、牙を剥き出しにして唸り声をあげる犬もいますが、遊んでもらえると思い、嬉しい気持ちから唸り声をあげることと、恐怖心や威嚇によって唸り声をあげるのとでは大きく違います。

飼い主さんや家族ならどちらによる唸り声なのか、表情を見るなどし、理解してあげられるのではないでしょうか。鼻にシワを寄せたり、牙を剥き出しにすることは、恐怖心や威嚇によるものばかりではないので、上手く理解してあげられると良いですよね。

唸ることをやめさせたい!

威嚇する柴犬

  • 自分自身の優位性を示したい
  • ごはん、おやつ、おもちゃを取られたくない

この2つに関しては「やめて欲しい…」と感じている飼い主さんも多いのではないでしょうか。上下関係や信頼関係をしっかり築くことができていない証拠ですし、その原因についても考えなければなりません。

“犬を見れば飼い主がわかる”なんて言われることがありますが、「相当、甘やかされているんだろうな…」と感じる犬に会ったことがたくさんありますが、どれも本当にその通りでした。

上下関係と主従関係

優位性を示すために唸る犬の場合、上下関係と主従関係を築かなければ唸ることをやめさせることはできません。心から愛犬のことを大切に思う気持ちがあるのであれば、甘やかしてばかりではなく、厳しく接しなければならないこともあります。

飼い主さんに従わなければならないことを理解してもらわなければなりません。緊急時や災害時などにも飼い主さんに従うことができれば、愛犬も安全に避難することができるなど役立てることができます。

信頼関係

ごはん・おやつ・おもちゃを取られまいと唸ってしまう場合、コミュニケーション不足や信頼関係が築けていないということが考えられます。取られてしまっても唸ったり噛みついたりすることがなくなれば、誤飲を防ぐことができます。

取り上げようとしたけど唸って噛みついて…そのまま誤飲してしまった、と言って病院に来ている犬を見かけたことがありますが、信頼関係がしっかり築けていれば防げたことだと思います。

まとめ

撫でられているフレンチブルドッグ

犬が唸ることには必ず理由があります。上下関係や信頼関係をしっかり築くことができていないことが唸る原因になってしまっているのであれば、愛犬のためにも改善してあげたいですよね。
「こんなとき、どうしてる?」と飼い主さん同士で相談し合うことで解決方法を知るきっかけになることもあります。

かかりつけの病院で獣医さんに相談しても良いアドバイスをもらうことができますし、ドッグトレーナーさんからプロの意見をお聞きするのも良いのではないでしょうか。
ドッグトレーナーさんにお聞きしてみると、「犬ではなく飼い主に問題がある!」と指摘されることがとても多いようです。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    唸っているなら、そもそも人間が撫でるのをやめれば良いのでは?犬が撫でてほしいときに撫でれば良いのでは?なんで主従関係の話になっちゃうの?主従関係優先のために唸るのやめさせようとするから、ますます犬の信用を失うことになるんじゃないの?犬が嫌がっていることはしない、ただそれだけの話だよね?
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。