犬が飼い主の足を噛む4つの心理とやめさせる方法

犬が飼い主の足を噛む4つの心理とやめさせる方法

お気に入りに追加

愛犬が「足」に噛み付くという悩みをお持ちの飼い主が結構います。なぜ足に噛み付くのでしょうか。その心理とやめさせる方法をご紹介します。

34498view

犬が飼い主の足を噛む心理とやめさせる方法

足に噛み付く犬

犬が足に噛み付くという悩みをお持ちの飼い主が結構います。なぜ飼い主の足に噛み付いてしまうのでしょうか。大きく分けると次のような4つの理由が考えられます。

犬が飼い主の足を噛む理由① 習性

靴を噛む犬

1つ目の理由として「動いているものに反応する」といった犬の習性が考えられます。狩猟本能がある犬は動いているものがあれば、反射的に噛み付いて動きを止めようとします。この習性のため目の間に動いている足があれば、つい噛み付いてしまうのです。このケースは子犬や小型犬によくみられるといわれています。

このケースの噛み付きをやめさせるためには、まずは「動きを止める」ことが有効です。あくまでもただ動いているものに対して反応しているだけなため、動きが止まれば噛むことはしません。

また、子犬の内から足は噛み付くものではないことを教えるのと共に、習性からくる噛み付き欲求を満たすために「噛み付いてもいいおもちゃ」を与えることでストレスを発散させてあげましょう。

犬が飼い主の足を噛む理由② 遊び

ズボンを噛む子犬

2つ目の理由として、「遊び」の欲求から噛み付いていることが考えられます。犬は常に遊びの欲求をかかえています。特に飼い主から遊んでもらいたいという気持ちを持っています。

そんな気持ちを持つ犬がある日、飼い主の足を噛んでみたら反応してもらえたとします。すると犬は「足を噛めば遊んでもらえる」と学習してしまいます。

このケースについても、犬に足はおもちゃではないことを学習させる必要があります。いくら子犬の甘噛みだとしても、噛まれた時にしっかりと叱る。もしくは足を噛まれても反応せずに無視をしてください。遊ぶつもりで飼い主の足を噛んでいる犬にとって、足を噛んでも反応しないことが分かれば、次第と噛むことはなくなっていきます。

注意したいのは足を噛まれた時に、反応したり反応しなかったりするいった態度です。足を噛まれた時に無視をするなら徹底して無視をしてください。また、子犬の時に許していたことを、成犬になってから禁止してもなかなか理解することができません。噛み癖は可能な限り子犬の頃から学習させるようにしましょう。

犬が飼い主の足を噛む理由③ 嫌なものへの威嚇

噛み付こうとする犬

3つ目の理由として「威嚇」行為で噛み付いていることが考えられます。嫌なものを避けようとするための手段として、噛み付くという行動に出ているのです。例えばブラッシングが嫌でブラシを見ただけで足に噛み付くなどのケースです。

やめさせる方法として、少し根気はいりますが噛み付く理由となる「嫌なもの」を良いものとして犬に認識させることです。例えばブラッシングを嫌がる犬の場合、ブラッシングの後にご褒美のおやつと言葉を上げることで、ブラッシング自体を良いものに変えてしまうのです。我慢して待てば褒めてもらえることを学習すれば、このケースの噛み付きは落ち着いていきます。また、嫌がる行為を無理に進めずに、少しずつ小分けに行うことで慣れさせていきましょう。

犬が飼い主の足を噛む理由④ 自己防衛

歯を剥き出す犬

4つ目の理由として「自己防衛」が原因となる噛み付きです。最も発生させたくないケースです。これは飼い主自体に「威嚇」をしていることが原因です。普段からしつけを行う際にひどく叱りつけたり、体罰を加えるようなことはないでしょうか。そういったしつけをすると、犬は飼い主に対して恐怖や不安をいだきます。結果として、自己防衛のために噛み付いてしまうのです。

このケースは飼い主と犬との間に信頼関係が全くないことが考えられます。噛み付いたことを飼い主が叱ることで、更に恐怖が増し、噛み付きの行動は助長されます。

叱りつけたり、叩くことがしつけではありません。飼い主の思い通りにいかないからといって、そういったしつけをするのはやめましょう。このケースは今一度飼い主自身がしつけ方法を学びなおす必要があります。

まとめ

見つめる犬

犬が噛み付く理由はさまざまな原因が考えられます。それぞれきちんと理由があります。噛まれたら咄嗟に叱ってしまう気持ちもわかりますが、なぜ噛み付いているのか理由をよく考えてみましょう。犬の行動にはすべて理由があります。普段から愛犬が何を考えているのか、少しでも寄り添って考えられたらいいですね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 マカロニ

    うちの犬は、特定の人の足だけ執着して噛み遊び(?)をする時期がありました。子犬の半年くらいのときだったかな。
    みんなにやるわけではなくて、特定の人の足だけ、スリッパを脱がして靴下を引っ張って脱がそうとするのです。やめなさい、と足を動かすとそれがまた楽しいのか夢中になって足にかじりついていました。
    女性も男性も関係なく、何人か特定の人にだけその遊びをするので、特段その人の脚が臭いってわけではなさそうなのですが…理由はいまだに不明です。小型犬でまだ子犬だったため、足を噛まれる人も遊ぶ姿かわいさに、結構その遊びに付き合ってくれていたので楽しかったのでしょうか。1才を過ぎる頃には全くその遊びを行わなくなりました。
  • 投稿者

    20代 女性 名無しさん

    でも噛んですぐぺろぺろするので威嚇ではないかなと思います(うちは)!???
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。