犬に白湯をあげても大丈夫?メリットと注意点

【獣医師監修】犬に白湯をあげても大丈夫?メリットと注意点

お気に入りに追加

犬に白湯を飲ませることにメリットはあるのか?犬に白湯を飲ませる際にはどんなことに注意しなければならないのか?犬に白湯を飲ませても良いのかということについてご紹介しています。

8287view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

犬に白湯をあげても良いのか

白いカップと犬

結論から言いますと、犬に白湯はあげても大丈夫です。

犬が白湯を飲んだことで体調を壊すようなことはありません。むしろ、体調の悪いときには冷たい水よりも白湯を飲ませてあげた方が良い場合もあります。

うちの愛犬ミックスの男の子は胃腸がとても弱く、お腹を壊してしまうことが多いのですが、獣医さんからも「お水より温かいお湯を飲ませることで胃腸の機能が高まって良いですよ」とおすすめしていただきました。

私たち人間の間でも、白湯を飲むことで代謝が高まってダイエットに良いとか、胃腸の機能が高まって消化吸収の働きが良くなるなど、白湯を飲むことのメリットがテレビ番組でも多く紹介されていますよね。白湯を飲ませてあげることで犬にも同じような効果や効能があると考えても良いと思います。

犬に白湯を与えるときの注意点

お皿の水と犬

人間の場合、朝起きたときにカップ一杯の白湯を飲むと良いなどとされていますが、犬の場合はとくに“いつ飲ませなければならない”などこだわる必要はありません。「朝ごはんの前に白湯を飲んでね」と言ったところで素直に飲んでくれる犬はとても少ないでしょう。

お散歩や運動の後など、お水を欲しがるタイミングで白湯をあげてみてはいかがでしょうか。お水じゃなきゃ飲まないという犬もいると思いますので、無理に飲ませる必要はありません。

犬に白湯は熱くないの?

人間の場合、50℃くらいが良いとされており、沸騰させたお湯を50℃まで下げて飲むというのが良い白湯の飲み方のようです。

しかし、犬の場合はどうでしょう…50℃の白湯は熱いのではないでしょうか。人間の場合は温度を確かめながら少しずつゆっくり飲むことができまずが、犬は飼い主さんから与えられたものなら信頼して確認することもなく飲んでしまいますので、あちちっ!と火傷してしまう可能性もありますし、そのような体験をすると、二度と白湯を飲んでくれなくなってしまうかもしれません。

犬に白湯を与えるときの温度

犬用のミルクを参考に考えてみました。犬用のミルクは仔犬だけではなく、成犬や老犬の栄養補給としても与えることができるものですが、ミルクの温度は35℃~40℃が適温だとされています。つまり人肌ぐらいもしくは人が温かいと感じるぐらいの温度が適温です。

やはり、人間が白湯を飲む場合の50℃は犬には熱いのではないかと思います。料理用温度計というものがあり、100均でも売られていますので利用してみてはいかがでしょうか。

犬に白湯を与えることのメリットとは?

水を飲むビーグル

これは私たち人間の場合ですが、白湯を飲むことには以下のような効果や効能があるとされています。

  • ダイエット効果(代謝が高まる)
  • 美肌効果
  • 冷え性の改善
  • 便秘解消
  • 風邪の予防
  • ストレスの緩和
  • 胃腸の働きを高める

不純物を取り除くことができる!

沸騰したお湯を50℃くらいまで冷ましてから飲むのが白湯の正しい飲み方なのですが、ただ単純に沸騰させれば良いというものではないんです。沸騰させてからさらに10分~20分ほど沸騰させ続けることで不純物を取り除くというのが白湯を作る際のポイントなんです。

不純物を取り除くためには10分~20分ほど沸騰させ続けることが必要なのだと思います。「不純物を取り除いた白湯を飲ませてあげることができる」というのも犬に白湯を飲ませることのメリットなのではないでしょうか。

便秘解消と胃腸の機能を高める効果

犬も便秘になることがありますが、人の場合、白湯には便秘解消の効果があり、犬にも同じ効果を与えることができるのではないでしょうか。白湯を飲ませることで腸の働きを良くしてあげることができ、便秘解消に繋がる場合も考えられます。腸は冷えることにとても弱いため、腸の働きを低下させないためには腸を冷やさないようにすると良いのです。

また、季節の変わり目には胃腸炎になる犬が多いようです。胃腸の機能が正常に働けるよう、白湯でサポートしてあげると良いのではないでしょうか。

まとめ

グリーンのお皿とポメラニアン

基本的にお皿にお水を入れておき、犬が飲みたいときに飲むというスタイルですよね。常温のお水を飲んでいる犬が、ほとんどなのではないでしょうか。

白湯を飲ませたい場合、お散歩の後に必ずお水を飲むという犬であれば「朝のお散歩の後に白湯を用意してあげる」、ごはんを食べた後に必ずお水を飲むという犬であれば、「ごはんを与える際に白湯を用意してあげる」というような、対処をしてあげると良いのではないでしょうか。

うちの愛犬の場合、一匹は白湯を与えても飲まず、結局は冷めたものを飲みます。
もう一匹は私のカップに白湯を入れて与えると少しだけ飲んでくれます。
飲んでくれる犬と飲んでくれない犬といると思いますので、無理に飲ませず、お水でも良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。