どうして犬はブラッシングが好きなのか?

どうして犬はブラッシングが好きなのか?

お気に入りに追加

みなさんの愛犬はブラッシングが好きですか?大嫌い、という犬もいるかもしれませんね。ブラッシングは犬と飼い主との大切な時間です。ぜひ好きになってもらいましょう。

7551view

ブラッシングはマッサージ

ブラシをされてるダルメシアン  55079392

ブラシを自分でくわえて持って来たり、飼い主さんがブラシを手にするとゴローンと横になって「ここやって」とお願いする犬がいるようです。
ブラッシングは犬にとって、とても気持ちのいいもの。うっとり顔でブラッシングを受けている姿は微笑ましいですよね。

コミュニケーションにも

ブラッシングには被毛のもつれをほどいたり、ツヤを与えたりするほかに、 皮膚に適度な刺激を与え犬を気持ちよくさせる効果があります。
愛犬が心地よい力で気持ちいい場所を、被毛をとかすブラッシングと同時に、皮膚をマッサージしてあげることで、良いコミュニケーションにもなるんですよ。

ブラッシングで美容と健康を増進

ブラッシングによって被毛の汚れや抜け毛を取り除くことで、 被毛だけでなく皮膚も清潔に保つことができます。また前述したマッサージ効果は、血行を促進します。 加えて大好きな飼い主との充足したリラックスタイムは愛犬の心を満たすことでしょう。
まさにブラッシングは愛犬の健康にいいことづくめ!

愛犬の気持ちいいポイントを探ろう

愛犬はどこにブラシを当てると気持ちいいか、あちこちブラシを当てながら試してみましょう。
口元がゆるんで、力が抜けたら気持ちいいサインです。
じきに目がうつらうつら、眠ってしまうこともありますよ。

気持ちいいブラッシングおすすめポイント

ブラッシングをされてる子犬 78276529

犬が自分で触れないわきの下はかゆくなり易く、ブラシを当ててあげると気持ちの良い場所です。
また 後ろ脚の付け根 は汗が溜まりやすく、こちらも犬が不快に感じやすい場所なので、ブラッシングをしてあげると気持ちよいでしょう。

ブラッシングが苦手な犬に好きになってもらうために

犬ブラシを嫌がる 46265327

ブラッシングが苦手な犬は、ブラッシングで痛い思いをしたことがあるのではないでしょうか。美容のためにも、健康のためにもブラッシングは気持ちよく受けてもらいたいもの。
苦手な犬に、ブラッシングを好きになってもらうために留意する点を紹介します。
少しずつ慣れていってもらいたいですね。

ブラッシングはこまめに行うこと

愛犬がブラッシングが苦手だったり嫌いだと、ついブラッシングをしてあげる頻度も少なくなってしまいがちです。しかしこれは逆効果。 毛玉があちこちに出来てしまったり、お手入れの時間が長くなり、さらに痛い思いや苦痛を感じさせてしまうことに。 ますますブラッシングが苦手になっていってしまう負のスパイラルです。
毛を引っ張ることなくお手入れをしてあげられるように、こまめに行ってあげましょう。

力加減は大丈夫ですか?

ブラッシングを行う時に、ガシガシと力いっぱい行っていませんか?
地肌に強く力をかけると、犬は痛がってブラッシングが嫌いになってしまいます。 犬の皮膚は人間よりずっと薄いため、刺激に敏感です。 皮膚が傷つくと炎症を起こしてしまうこともあるので、優しく行ってあげましょう。
愛犬が気持ちいい力加減を探ってみてください。

おやつでごほうび作戦

ブラッシングが苦手な犬には、毛を引っ張ることなく、力加減に留意しながら、愛犬にブラッシングの合間におやつをあげながら行います。その際には、優しい声で

「気持ちいいね」「おりこうだね」

と愛犬がリラックスするような言葉をかけてあげながら行ってください。
ブラッシングをするといいことがある、とまずは苦手意識を取り除いてあげましょう。

愛犬の好きなブラシはどれ?

毛玉とスリッカー 135109977

ブラッシング用のブラシはいろいろな種類があって用途が違います。

  • スリッカーブラシ
  • ピンブラシ
  • ラバーブラシ

愛犬の好きなマッサージ効果の高いブラシと、毛玉を取ったりお手入れ用のブラシを使い分けながら、気持ちよくお手入れをさせてくれるようにしましょう。

ブラッシングをする際の注意

皮膚疾患や炎症がある場合は、ブラッシングは控えましょう。
また犬の眉間あたりにある大泉門は、力をかけてはいけません。できるだけ触らないようにしましょう。
冬場の乾燥した時期は、静電気が起きやすいためブラッシング用のトリートメントスプレーなどを活用すると良いでしょう。

まとめ

ブラシと犬 135112528

ブラッシングは、被毛のお手入れだけでなく、飼い主と愛犬の信頼関係を構築する大切なコミュニケーションにもなります。 ブラッシングは、犬が一生されなくてはいけないお手入れのひとつです。 嫌いになってしまうと、その犬は一生ブラッシングの度に大きなストレスを感じなくてはいけません。 理想をいえば、パピーの頃からブラッシングに慣れさせるトレーニングをしておくと安心ですね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 ポイポイ

    我が家で一番最初に飼っていた犬はブラッシングが大嫌いで、とても苦労しました。現在の犬はブラッシングが大好きなので、この違いはどこからくるんだろう?と不思議でした。ブラッシングをこまめに行ってあげるのが慣れさせるのには一番良いのかもしれませんね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。