犬の正しいダイエット方法!肥満を解消する散歩や運動方法

【獣医師監修】犬の正しいダイエット方法!肥満を解消する散歩や運動方法

犬のダイエットはどのように行えばよいのでしょうか。愛犬の肥満を解消してあげたいと考える飼い主さんは多いかもしれませんが、ダイエットは正しい方法で行わなくてはいけません。今回は、犬の肥満を解消するダイエット方法と、犬のダイエットに効果的な運動や食事についてまとめました。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬のダイエットについて

メジャーを巻いた肥満気味の犬

愛犬が肥満傾向にあることを悩んでいる飼い主さんは多いのではないでしょうか。肥満の状態をそのままにしてしまうとさまざまな病気を引き起こす危険性があるため、ダイエットをして健康的な体を取り戻さなければいけません。

しかし、ダイエットと言っても、ただ食事を減らしたり、運動したりすればよいというわけではないようです。間違った食事制限や運動などは犬のストレスに繋がり、体調を崩してしまう可能性があります。そのため、犬のダイエットは正しい方法で行うことが大切なのです。

ダイエットを行う前には必ず犬の適正体形、体重を把握しておきましょう。その犬の理想体型を知ることで、どの程度体重を減らせばよいのか目標を立てることができます。急に体重を減らすのは犬の体によくありませんので、かかりつけの獣医さんに相談してから計画的に行うようにしてください。

犬の肥満を解消するダイエット方法

おやつを見る犬

運動によるダイエット

肥満を解消するためには、まず運動量を増やしていくダイエットを取り入れなければいけません。運動をすることで筋肉量を増やし、基礎代謝を高めることができるので、徐々に肥満を解消していくことができます。

運動で一番取り入れやすいのが散歩です。肥満気味の犬は散歩に行きたがらない様子を見せることもありますが、まずは通常の散歩から始め、慣れてきたら少しずつ距離を伸ばしていきましょう。

ただし、体重が多く普段運動をあまりしない犬が急に運動量を増やしてしまうと、足腰や心臓への負荷をかけてしまうことが懸念されます。一度、かかりつけの獣医さんに相談してから運動量を決めるとよいでしょう。また、散歩中犬が疲れていたら無理せず休憩をとってあげることも大切です。

食事によるダイエット方法

犬のダイエットも人間のダイエットと同じく、運動だけで体重を落とすのはとても難しいことです。運動に加えしっかりとした食事の管理が必要となります。ダイエット中の食事は一日にあげる量や摂取カロリーを決め、決まった時間に与えるようにしましょう。

犬が欲しがるからと餌やおやつを気にせず与えてしまうと、一日の摂取量をオーバーし肥満を解消することができません。ドッグフードの裏面に記載されている適正量などを目安に、愛犬に合った量を与えましょう。

今までの量より少なくなることで餌を欲しがる犬もいるかもしれませんが、飼い主として愛犬のためにぐっと我慢することも大切です。犬が何度も餌を欲しがるときは、一回に与える量を減らし、その分与える回数を増やすことで、空腹感を少し紛らわせることができます。

犬のダイエットに効果的な運動

ドッグランで走る犬

ドッグラン

ドッグランで体を動かすことはダイエットに効果的です。広い敷地を思いっきり駆け回ることができ、他の犬と触れ合うことができるドッグランは、普段あまり運動しない犬や散歩を嫌がる犬でも楽しみながら運動量を増やすことができるかもしれません。遊具を設置している施設へ出かければ、普段とは違った体の動かし方もできるでしょう。

遊びながら運動

室内でおもちゃを使って遊ぶのも効果的なダイエット方法です。おもちゃを引っ張り合う、ボールを投げて取ってくるという遊びを繰り返すだけでも犬にとってはとてもよい運動になります。散歩と同様、毎日行うことで犬の運動量をあげることができます。

さらに遊んだ後の代謝が上がっている時にマッサージをすると、よりダイエット効果があると言われています。犬の体を優しく撫でながら体を温め、リンパの流れを意識しながら優しく全身を揉んであげましょう。

プールなどで運動

肥満気味の犬や関節などにトラブルがある犬の場合は、足腰への負担が少ない水中での運動がおすすめです。水の中では重力が軽減されるため、体に負担をかけずに運動することができます。また、水圧によって全身に程よく負荷がかかるため、短い時間の運動でも効果が高いと言われています。

最近ではドッグプールのある施設なども多くなってきています。ダイエットを考えている飼い主さんは利用してみるのも良いでしょう。

犬のダイエットに効果的な食事

ドッグフード

ダイエットフードに替える

ダイエット中は、カロリーの低いダイエットドッグフードに切り替えることをおすすめします。ダイエットフードは低カロリーに作られているため、餌の量を減らすことなく減量することができます。

しかしドッグフードをいきなり変えてしまうと、犬が食べなくなったり、下痢など引き起こしてしまったりする可能性があります。今までのドッグフードに混ぜながら少しずつ切り替えていくようにしましょう。

おやつを少しずつ減らす

おやつを与える場合は低カロリーのものを選ぶようにしましょう。ダイエット中だからといっていきなりおやつを与えなくなるのは、犬がストレスを抱えたり要求吠えをする原因にもなります。カロリーの低いささみや茹でた野菜などに切り替え、少しずつ与える量を減らしていきましょう。

カロリーの低い食材だからと与えすぎてしまってはダイエットの意味がなくなってしまいます。おやつを与える場合はそのカロリー分だけ餌を減らすなどの食事管理をしっかりと行ってください。

低カロリーで栄養バランスの良い食事

犬の食事を手作りしている飼い主さんは、低カロリーで栄養のある食材を選ぶようにしましょう。ダイエット中は、葉物類やきのこ類などミネラルやビタミン、食物繊維を多く含んだ野菜や、鶏の胸肉やささみなどの低脂肪、高たんぱくの食材がおすすめです。糖質を多く含むさつまいもやかぼちゃはダイエット中には不向きな食材なので控えるようにします。

どのような食材が体によいのかを知れば、ダイエットだけでなく健康維持にも繋げることができます。犬のダイエット用レシピなどを参考に、愛犬が喜ぶ食事を作ってあげましょう。

まとめ

肥満気味のパグ

肥満気味の犬のダイエットには運動や食事制限が効果的であるということが分かりましたが、急な変化は犬にとってストレスになるため、慎重に進めることが大切です。かかりつけの獣医と相談しながら行うことで、犬にかかる負荷を減らしながら計画的に行うことができます。

犬は自分で食事を選んだり運動をしたりすることができないため、飼い主さんがしっかりと健康管理をしてあげることが大切です。愛犬と健康で長く暮らすためにも、正しい方法でダイエットのサポートをしてあげましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    犬のダイエットは本当に大変ですね。小型犬であればなおさらです。
    愛犬もシニアになるにつれて、代謝も運動量も落ち、太りやすくなってきました。
    ダイエット用やシニア用のフードに切り替えましたが、なかなか効果がなく、おやつの量や質を見直したり、回数を減らしたり、気をそらしたり、いろいろと工夫していますが、効果が出るまでに時間がかかるようになりました。

    人間も中年になると代謝が落ち、太りやすくなりますので、ある意味、仕方がない面もあると思いながら、ゆっくりと時間をかけて体重を落とすように考えています。

    おやつをあげる際は、直接あげるのではなく、おやつを入れられるおもちゃを使うようにしました。これによって、直接あげると一瞬で食べてしまうおやつも数分かかるようになり、食べられた時の満足感も強いようで、催促をしてくることがなくなりました。
    フードをぬるま湯でふやかして与えることも、勢いよく吸い込んであっという間になくなることがなく、満足感が得られるため効果があります。

    記事にもありますが、ダイエットしている、量が減っていると気づかれないようにダイエットさせることが大切ですが、なかなか難しいのが現実です。

    我が家は上記の方法と、夏の暑さでお散歩時間が短くなり、運動量が減った分を家で運動してもらえるよう、ガサガサ鳴るショッピングバッグや卵の空パックにおもちゃを隠し、新しいおもちゃのように作って渡して、楽しみながら動いてくれるようにしています。
    興奮すると何でも食べてしまうワンコの場合は難しいですが、食べたりしない子であれば、この方法もお勧めです。

    なお、フルーツは果糖が多く含まれているため、ダイエット中のワンコには与えない、又は量に注意することが大切です。
  • 投稿者

    40代 女性 RYUCH

    犬のダイエットをかわいそうとは思いませんし、逆に太りすぎのほうが体が重くてつらいだろうし将来的なことを考えるとかわいそうだと思います。ダイエットをしないといけない体型にしてしまうのは完全に飼い主の責任だし、それなのに食事制限をしたり運動を強要するのはかわいそうだとは思いますが。犬のダイエットはとてもむずかしいですからね。食事を減らせばいいかというとそんなに簡単なものでもないし、もともと食事やおやつを与えすぎて太らせてしまっている場合、食事制限もかわいそうだと感じてしまってなかなかできない飼い主さんも多いんじゃないですかね。もちろんやせすぎもよくないでしょうし、適度な脂肪も必要ですけど「」ベスト体重をキープするというのがまたむずかしいです。
  • 投稿者

    30代 女性 カブレラ

    肥満犬のダイエットは、飼い主さんの義務だと思います。方法さえ間違っていなければわんちゃんにとっても健康につながりますし、可愛がり過ぎて不健康になってしまっては元も子もありませんよ。記事にも書いてあるとおり、飼い主さんが主導して、ストレスを与えないよに工夫してダイエットに臨むのがいいのではないでしょうか。
  • 投稿者

    40代 女性 まる

    愛犬のダイエットはやはり記事にもあるように運動とごはんだと思います!我が家では散歩の量を増やす時は時間を増やすのと一緒に回数も増やします。やはり一度に長距離だと足腰に悪いので。また、ごはんについても量はいきなり減らさずに低カロリーのものや噛みごたえのあるおやつを与えて調整しています。そうすると2〜3ヶ月で愛犬も痩せてきていますね。冬は太りやすいものですし、あまり無理せずダイエットするのが一番だと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 REI

    今年で10歳になる愛犬がいます。若い頃はスレンダーだった愛犬も7歳頃から少しずつ太ってきて、あっという間に1キロ以上、太ってしまいました。いつもお世話になっている獣医さんも最初の頃は「あれ?少し太ってきたかな?まあ、デブではないけどね(笑)」と笑って話してくれていましたが、だんだんと「これ以上は身体に負担がかかりすぎる。」と真顔で言われるようになってしまいました。小型犬の1キロ増は人間で換算すると10キロ増に値するんだと教えて頂きました。ご飯やオヤツの量を増やしたわけでもないのですが、年齢的に代謝が落ちてきたのと、引っ越しをしたことで今までお散歩で会っていた犬友達と会えなくなり、お散歩が楽しくなくなってしまったのか、あまり歩かなくなってしまったこともあるのかなと思います。歩かないと余計に太る、太ると身体が重くなり、またまた歩かなくなるといった悪循環であったのかなと思います。
    シニア期に入り、心臓への負担も心配されていたため、本気でダイエットに取り組むことにしました。
    以前からドッグフードはダイエット用を購入していましたが、年齢的なことも考え、シニア用に変更しました。フードにもよると思いますが、ダイエット用はタンパク源を少なくし嵩まし成分を多くしているため、腹持ちは良いそうですが毛がかさついてしまうといった影響もあるようです。獣医さんと相談の上、シニア用に切り替え、パッケージ裏面記載の分量の60%を目安に量を調整することにしました。オヤツは量を減らし魚や野菜のオヤツをメインにし、ジャーキー系のオヤツは極力控えることにしました。
    また、さつまいもやカボチャといった糖質の高い野菜を与える際には量を最小限にしました。この方法で半年以上、頑張りましたが、それでも、100グラム~200グラムの増減を繰り返すばかりであまり変化がありませんでした。いつもお腹が空いているようで飼い主がキッチンに立てばウロウロし、何か落ちてこないかなと見上げることも多くなり、どうしたらいいものかと途方に暮れていました。
    ちょうどその頃、愛犬が大好きな親戚が近所に引っ越しをしてくることになり、一緒にお散歩に行く機会も増えるようになりました。
    一緒に歩けることがとても嬉しかったようで、河原に行くと追いかけっこをしたりして遊ぶようになり、気が乗らないと30分も歩かなかった散歩が常に1時間程度歩き、天気が良かった日には1時間半以上、歩くことも珍しくなくなり、だんだんと体重が減ってくるようになりました。
    小型犬のダイエットは特に大変で、運動で体重を落とすのは難しいと言われていますが、愛犬の場合、結果的には半年以上をかけて運動で体重を落としていきました。
    よく歩くとお腹も空くようで、帰るとオヤツの催促がありますが、1つ食べると満足して夕飯まで寝ています。お腹が空いていつもイライラし、お散歩は歩かず、ストレスがたまって余計に食べるといった悪循環から抜け出せたことが痩せる要因になったのだと思います。
    お散歩コースはどうしてもマンネリになりがちです。気づくと毎日同じ道を通ってしまっていることも多いと思います。一緒に歩く人を変えたり、少し遠出をして違った道を歩いてみたりといった刺激も犬にも必要なのかもしれません。
    一般的に、犬のダイエットは食事面の調整がメインと言われています。ただ、我が家の愛犬のように食にこだわりがあるタイプ、とにかくいろいろな美味しいものを食べてみたい(人間用
    に味付けされたものは与えません。)というタイプのワンコには少々、酷なことであり、ストレスがかかりすぎるといったデメリットもあるのかもしれません。
    ストレス太りという言葉もあります。なかなか難しいことだと思いますが、食事面と運動面の両方をうまく調整し、ストレスをあまりかけないようにダイエットさせていくこと、これが記事にあった犬に気づかせないようにダイエットすることなのではないかなと思っています。
  • 投稿者

    女性 プリン

    うちの子もそこまでダイエットは必要ではないですが、動物病院に行くと気をつけないとすぐに太るからね~と脅されています(笑)
    記事にもあるようにダイエットは悪い事ではなく愛するワンコの為には体重管理は飼い主の大切な役割だと思います。肥満だと病気を併発したり股関節などにも影響を与えます。
    ついつい美味しいものを与えすぎたり、偏った食事になるとどうしても太っちゃいます。これは人間も同じですよね。
    かといって食事を抜くなどのダイエットは絶対にNG!!!
    適度なお散歩が必要ですが、一気に歩かせたり走らせたりするのではなく、お散歩の回数を増やして上げるのが一番いいと思います。ただ散歩の回数を増やすことが難しい方は食事の量を減らしつつ、食事の回数を分けてあげるのがベストです。
    うちは偏食なのにガッチリ体型。親戚んちのワンコはとにかく食欲旺盛でちょっとおデブちゃんに。
    親戚んちのワンコは獣医さんからのアドバイスで食事を1日3回にし、ドライフードだけではなく、キャベツの千切りなど大好きな生野菜を混ぜて与えているそうです。
    もちろん芋類はダメです。キャベツやキュウリはカロリー少ないし、水分も適度に摂れます。バリバリ・ボリボリ言いながら食べてるそうですが、しっかり噛みながら食べることで満腹感が違うようです。
    これって人間もそうですよね(笑)
    うちは生野菜を全く食べないので、小さくカットして温野菜にしてトッピングしたり、おもちゃの中におやつを入れて遊ぶものがあるので、これなら遊びつつ動きながら多少なり運動にはなるかもと思っています。わざと取りにくい大きさのおやつを無理矢理入れて(笑)必死で転がして追いかけてます。うちはコングのSサイズを使っています。
    ぜひダイエットが必要なワンコに試してみてください。
    プリンの投稿画像
  • 投稿者

    女性 Melon

    我が家の愛犬はパグです。一時期、オヤツの食べ過ぎでかなり太ってしまい、獣医さんから注意を受けました。また、ダイエットさせるのにもとても大変な思いをしました。今は獣医さんにも褒められるような体に変身し、愛犬にとって一番動きやすい体重を維持することに成功しています。太り過ぎは犬にも人間にも大きな負担になります。愛犬も太っていた時はゼイゼイ言って歩きにくそうでした。お散歩が大好きなのですが、すぐに疲れてしまっていたのです。また、太っている時はイビキもすごかったです!痩せてからイビキが出なくなりました。これには家族中で驚きました。また、犬のダイエットは人間よりも大変だということを知りました。人間は我慢することができますが、犬は我慢という概念が無いので、飼い主さんがしっかりと管理してあげないと結局振り出しに戻ってしまうことになります。ダイエット、頑張ってください!
  • 投稿者

    女性 bo

    我が家にはパグがいます。一度獣医さんから太り過ぎ!と注意をされてしまったこと
    があり、飼い主としても悔しかったです。それから本人にも辛いダイエットをして、
    成功しましたが、パグは太りやすいので注意が必要です。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。