犬は寝床が大切!睡眠の質を高めるコツについて

64718view

犬は寝床が大切!睡眠の質を高めるコツについて

人間でも同じことが言えると思いますが、良い睡眠をとるためにはまずは良い環境・良い寝床から。愛犬の眠る環境を、犬の寝床をいちから見直してみませんか?

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

愛犬の寝床と睡眠の関係

眠る犬、正面顔

犬は本来夜行性の動物ですが、人間に飼われている犬の場合には飼い主の生活パターンに合わせた生活サイクルで生きています。

みなさん、様々な生活サイクルの方がいらっしゃるとは思いますが、だいたい朝〜昼に起きていて夜は眠る...というパターンの方が多いのではないでしょうか。

犬に必要とする睡眠時間は年齢によって変化し、子犬や老犬で18時間以上、成犬で12時間〜15時間程度といわれています。この睡眠時間が足りないと、人間同様、イライラしたり攻撃的になったり、落ち着かないような動作をすることがあります。

「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」

眠る2頭の犬

眠りには大きくわけて2種類があり、それをそれぞれ「レム睡眠」「ノンレム睡眠」といいます。犬も私たち人間も、眠っている時にはこのレム睡眠とノンレム睡眠を交互に繰り返しているのです。

レム睡眠(浅い眠り)

レム睡眠とは、浅い眠りの状態のこと。体は眠って休んでいますが脳は働いている状態のため、まぶたの下で眼球が動いたり、手足が痙攣するようにピクピク動いたり、または少しの物音で目覚めたりするような浅い睡眠のことを指します。その日に学んだことを記憶へ定着させる働きがあるのもこのレム睡眠中。

犬のレム睡眠(浅い眠り)の時間は、他の動物と比較しても長いといわれています。自然界では眠っている時も危険が多く、些細な物音でも目を覚まさないと、自らの命に関わるというようなことが多々あります。そのため犬の眠りも、その睡眠中の約8割はこのレム睡眠(浅い眠り)が占めています。

ノンレム睡眠(深い眠り)

レム睡眠とは逆に、ノンレム睡眠は深い眠りのこと。心身の健康を保つためには最も重要な睡眠で、体も脳も休んでおり、呼吸も脈拍もおだやかになる状態です。脳の活動も低下するので多少の物音では起きません。

いわゆる「爆睡」という状態のことです。犬の健康にとっては必要不可欠なノンレム睡眠(深い眠り)ですが、心から安心できる環境が整っていなければ、このような深い眠りには至りません。また、お腹を出すなど無防備な姿勢で眠るのもこの時です。犬はこのような2種類の睡眠を、約20分ごとの周期で繰り返すといわれています。

決まったスペースで眠ることが大事!

ミニチュアダックス

愛犬が安心して眠ることができるようにするためには、まず専用のスペースを用意してあげましょう。

眠るのに最も快適な専用のスペースを作ってあげることで、犬は外部からの影響を心配することなく、心からリラックスした状態で睡眠をとることができます。

それでは、犬にとって快適な寝床の条件とは?幾つか挙げてみましょう。

  • 犬専用のスペースを用意し、サークルやケージなどで囲う
  • 場所は直射日光が当たらず、適切な温度が保てる場所に
  • エアコンなどが近くにある場合には、直接当たらないように屋根を作る
  • 敷物はまめに洗濯するなどして、常に清潔な状態を保つ

仔犬など新しく家に迎えたばかりの犬の場合、環境の変化に慣れるまでに時間がかかり、多くのストレスを受けやすくなっています。

最初から広すぎるスペースを用意すると「このスペース全部を守らなければいけない」という防衛本能が働き、余計に多くのストレスを抱えることになってしまいますので、年齢や体のサイズに合ったスペースを用意することも大切です。

犬の成長に合わせて、必要な分のスペースを広げていくようにしましょう。また、寝床にはフリースなど足触りのよいものを選ぶと、自分で好んでその場所で寝てくれるようになります。

夏はもちろんですが、冬も人間と同じ環境で過ごす室内の場合、快適な温度と湿度で皮膚炎の原因にもなる菌が繁殖しやすい状態になっているため注意が必要です。

夏と変わらず、まめに洗濯するなどして清潔な環境を保つように心がけましょう。

犬の寝床まとめ

寝床で眠る犬

筆者の飼い犬がまだまだ小さな仔犬で、迎えたばかりの頃のお話です。

寝床は静かな所が良いだろうと思い、日頃家族が過ごすリビングの隣の和室に、犬用のスペースを作ってサークルを置いていましたが、いつまで経っても自分からすすんで入ってくれません。

慣れさせるためにと人間の手で入れてみても、なかなか落ち着かなかったり気に入らない様子で、筆者にはその理由がなかなかわかりませんでした。

その後しばらくしてわかったことですが、犬の寝床は静かな場所ならどこでも良いということではないようです。犬が安心できる場所、それはやはり「信頼できる飼い主さんの存在が感じられる場所」が一番なのです。

筆者の飼い犬はその後そういった場所にサークルを作り、犬専用の寝床を作ったところ、本気で眠くなると自らその寝床に入って爆睡するようになりました。

ですから比較的物音や人の出入りが少なく、気温も快適に保たれる場所の中でも、常に飼い主さんや家族の姿が見えたり、存在が近くに感じられる場所に寝床を作ってあげてください。

きっと心から安心して、無防備にぐっすりと眠る可愛らしい姿を見せてくれるようになりますよ。

平松育子先生

記事の監修
  • 獣医師
  • 平松育子先生
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 sasara

    激しく同意した記事の内容でした。我が家のワンコは最近のブームはゲージではなく、寝室と繋がっている衣装室です。
    よかれと思って整理して広くしたら入ってくれなくなりました(涙)わんちゃんにも好みがあるので気に入った寝床を用意したいと改めて思いました。
  • 40代 女性 MAKI

    こちらの記事を拝見して、確かに犬も人間も睡眠がとても大事だとあらためて感じました。しかし、ワンコは自ら寝床を整えたり場所を作ったり出来ないので、飼い主さんが温度管理した居心地の良い場所を提供しなければいけませんね。

    特に敷物の衛生面は注意してあげないと、皮膚炎の原因となったりニオイのもとになりますよね。我が家も大型犬なので、敷物は毎日外に干すようにしています。
  • 30代 女性 ちびまま

    今まで愛犬のチビは、私の部屋にゲージを置いて寝ていました。私は、中々寝付けず寝る時間が夜中でしばらくテレビを付けてやっと寝ます。チビは、うとうとしていたし、朝は遅めに私が起床するのでチビも一緒にに起きます。睡眠時間は、充分なので安心していましたが、記事を読むとチビに申し訳ない気持ちになりました。これからは、ゆっくり寝られる様に配慮したいです。
  • 20代 女性 かねごん

    わんちゃんにとって睡眠はとても大事なことです。特に小さい子や老犬は1日の大半を寝て過ごすわんちゃんもいます。成長期のわんちゃんには、大きく健康に育つ為に安定した眠りが必要です。

    みなさんは、わんちゃんが安心して落ち着いて必要なだけ寝ることのできるしっかりとした寝床をつくってあげていますか?わんちゃんは寝床をとても大事にしています。

    タオルや毛布、クッションや座布団など好きな物、お気に入りの物はわんちゃんそれぞれありますが置いてあげてありますか?清潔な環境を保てていますか?
    人が思っているよりも寝床は大事な場所です。わんちゃんが快適な眠りにつけるような場所をつくるよう心がけてみましょう。
  • 20代 女性 みかこ

    私は現在飼っている愛犬を迎えた頃に寝床について、すごく悩みました。それは、愛犬の夜泣きが酷かったからです。マンションに住んでいるので周りに迷惑をかけるんじゃないかと心配になり、動物病院で紹介された躾教室の先生に相談しました。よく愛犬と同じベッドに寝るのは衛生面や上下関係の示すのに良くないと聞いたことがありましたが、先生は愛犬と同じベッドで一緒に寝ているらしく、私も同じベッドで寝る事を勧められました。
    予想外の言葉でしたが、一緒に寝るようになって今までなかなか寝なかった愛犬が直ぐに爆睡するようになりました。10ヶ月経った今でも一緒に寝ていますが、私が夜中に起きても愛犬は起きずに爆睡しています。
    よく一緒に寝ると分離不安になると聞きますが、お留守番も大人しくできているので私の愛犬は大丈夫そうです。

    私も愛犬を飼うまでは、狭い方が良いのだろう、暗い方が落ち着くのだろうと思っていましたが、犬にもそれぞれ安心する寝床が違うのだと経験して分かりました。
  • 50代以上 女性 匿名

    チワワを飼ってます。夜は一緒にお布団で寝てますがいいのでしょうかと悩んでます
  • 50代以上 女性 匿名

    10歳になるボステリですが お散歩OKの6ヶ月で我が家に迎えたました。初めは1階のゲージの中で過ごしていました。夜中はクンクン鳴いてばかり。1ヶ月も経たない頃 屋根なしゲージから ジャンプし脱走。2階の家族が寝ている所へ一目散。その日以来 一緒に寝ています。お留守もきちんとしてくれる犬で 寝床を作っても そこでは寝ずに 私の服の上や季節によって違いますが何枚かの毛布やタオルケットをコタツ机の下に持ってきて そこで寝ていました。時にはベランダに毛布などを敷いた大きな籠を置いていますので そこで寝たり…今では 留守番の時は 家中でお気に入りの場所を見つけては寝ています。夏はそれこそ部屋の真ん中で冬はコタツの中などなど…あまりに放ったらかしな飼い方かもしれませんが 特に問題もなく 今に至ります。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。