犬の避妊手術にかかる費用について

【獣医師監修】犬の避妊手術にかかる費用について

お気に入りに追加

犬の避妊手術にかかる費用がどのくらいか知っていますか?将来かかる可能性のある病気の予防や、望まない妊娠を防ぐために、避妊手術を考えていらっしゃる方も多いと思います。愛犬に手術を受けさせようか迷っている方に知ってもらいたい避妊手術のメリットや手術費用について、またまだあまり知られていない補助金制度について説明したいと思います。

39229view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の避妊手術にかかる主な費用

避妊手術の費用と犬

  • 手術費(小型犬):2万~3万円前後
  • 手術費(大型犬):5万円程度
  • 術前検査費:1万円前後
  • 抜糸の費用:千円前後

手術費

避妊手術の費用は病院によって差があり犬種や大きさによって異なります。小型犬なら2万~3万円前後で、大型犬は5万円程度かかる場合もあるようです。

術前検査

麻酔や避妊手術に耐えられるかどうか、手術の1週間~当日までに血液検査などの術前検査を行います。病院によって術前検査代は手術費に全て含まれている場合や、別途費用がかかる場合があります。別途必要な場合は1万円前後のことが多いようです。

抜糸やエリザベスカラー

犬の避妊手術はお腹を縫いますので、術後10日前後で抜糸が必要になります。抜糸の費用は千円前後が多いようです。抜糸まではエリザベスカラーを付けたり、服帯という洋服を着て過ごしたりします。こちらも手術費に含まれていることが多いですが、別途かかる場合でも1,000円前後です。

犬の避妊手術費用を一部負担してくれる補助金(助成金)

避妊手術の助成金イメージ

市町村が犬猫の避妊手術の費用を一部負担してくれる制度があります。年間たくさんの動物が保健所に持ち込まれ、殺処分されています。そういったことを減らそうと望まれない妊娠を防ぐために作られた制度です。地域によっては補助金の頭数が決まっていたり、抽選の場合もあったりします。

補助金の金額は地域によって様々で、数千円~多いところでは1万円ほど補助してくれます。補助金の制度は全ての都道府県で行っているわけではありません。犬よりも猫の方がノラ猫の問題もあるために実施しているところが多いようです。地域によっては犬にも補助金制度を実施しているところもありますので、お住まいの市役所や保健所へ確認が必要です。

犬の避妊手術の適正時期

避妊手術中の犬

犬の避妊手術は、初回の発情(生後6ヶ月~10ヶ月頃)を迎える前に手術をすることが推奨されています。初回の発情を迎える前に手術を行うことで、乳腺腫瘍の発生率をぐっと抑えることができます。

発情を繰り返していくと乳腺腫瘍の発生率が上がっていき、3回目の発情以降に避妊手術をしても乳腺腫瘍の予防にはならなくなります。初回の発情は個体差もありますが、生後約半年でやってきます。

大型犬は小型犬と比べて発情期が遅く、生後8か月~1年くらいにやってきます。避妊手術を考えている方は生後半年~遅くても1歳になるまでに受けるといいと思います。また発情中で陰部から出血している間は、子宮につながっている血管も太くなっているため、発情中の避妊手術はできません。

犬が避妊手術を受ける意味について

診察中の犬

望まない妊娠を防ぐ

子犬が産まれてもこれ以上飼うことができないなどの理由で毎年たくさんの命が保健所に収容され殺処分されています。お散歩中や多頭飼いの場合は妊娠の可能性も高くなります。望まない妊娠を避けるためには避妊手術が最も確実です。

発情に伴うストレスがなくなる

発情すると陰部から出血が起こったり、食欲がなくなったり、また発情の臭いでオス犬が寄せ付けられストレスがかかってしまいます。

子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)の予防

子宮蓄膿症は発生率の高い病気で、子宮の中に膿がたまる病気です。中高齢のメス犬がなり、発情後1か月ほどで発症します。手遅れになると命を落とす病気です。避妊手術で子宮を摘出することで、この病気を予防することができます。

乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)の予防

犬にも人間と同じように乳癌があります。悪性の場合は肺に転移したり腫瘍が破けたり様々な症状が出ます。早めに避妊手術を行うことで乳癌になる確率を抑えることができます。

偽妊娠(ぎにんしん)の予防

発情期を迎えたのに交尾をしなかった犬は、発情後に妊娠しているかのような行動「偽妊娠」を起こす場合があります。食欲が落ちたり、巣籠もりや特定のおもちゃを自分の子だと思い守ろうとして飼い主さんにも攻撃的になったり、乳が腫れて乳腺炎になることもあります。このような状態を避けるためにも避妊手術を行うことは非常に有効な方法であると言われています。

犬の避妊術後に気を付けること

エリザベスカラーをつけた犬

避妊手術をすることで太りやすくなる傾向があります。運動を積極的にし、食事管理に気を付けることが大切です。ですが、極端に激しい運動は絶対にさせないでください。傷口が開いてしまう原因になります。犬が傷口を舐めたり、ぶつけたりしないように術後着やエリザベスカラーをつけて、飼い主さんが注意深く経過を観察しましょう。

犬の避妊手術にかかる費用に関するまとめ

愛犬の前足と飼い主の手

今後、愛犬に子供を産ませる予定のない場合は、避妊手術を行うことで病気の予防につながります。病気と分かって高齢になってからの手術は麻酔のリスクなども高まるため、健康なうちに防いであげることが長生きへとつながります。

健康な愛犬の体に傷つけるのは…とお考えの飼い主さんもいるかと思いますので、かかりつけの病院の先生ともよく話し合い、これからの長い愛犬との生活をよりよいものにするために納得のいく答えを出すことが大切です。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 momo

    今回、記事を拝見して<避妊手術>に助成金が出る場合があるという事を初めて知りました。避妊手術に関しては賛否両論あって、飼い主さんによっては手術後の副作用を心配したり、一方で手術できるタイミングになったら早めに避妊をしてその後の生活(ドッグランに安心して行けたり)を重視する場合もありますよね。どちらにしても、獣医さんとよく相談した上で納得してから選んでほしいと思いました。確かに、<子宮蓄膿症>だったり<乳腺腫瘍>になりにくくなるという事はよく聞きますし、メリットは多いかと思います。費用のことも記事に詳しく書かれていますので、これから知り合いがパピーを迎える予定がある時にはアドバイスしてあげたいと思いました。
  • 投稿者

    女性 S46

    私の知人で、その方は家でも猫を飼っているのですが、野良猫をこれ以上増やさないようにと一時保護をして、病院で避妊手術を受けさせていらっしゃる方がいます。その避妊手術の支払いは、全てご自身が負担しているそうです。こういう活動をされている方に、手術代の助成制度を活用して頂きたいなと思いました。

    今の我が家の愛犬は、すでに数回ヒートが終わった後に我が家に来ました。獣医さんから「避妊手術をしても病気の予防にはならない可能性があります。」と伺って、悩んだのですが、愛犬にとって意味のない手術ならやめておくべきかと避妊手術をせずにいました。

    しかし、シニアになってから乳腺腫瘍、子宮蓄膿症となってしまい、結局手術をしなければならな状態になってしまいました。避妊手術をしていた先代の子は、これらの病気にはなりませんでした。
    子どもを産ませるつもりがないのであれば、やはり手術は早いうちにしてあげた方が良いのだなと、思っています。
  • 投稿者

    女性 さおりん

    記事にもあるように、メス犬が子宮蓄膿症や乳腺腫瘍の発症率は高いとされ、ヒート中のストレスは愛犬・飼い主とも大変なのは事実ですが、愛犬に避妊手術を受けさせるかどうかについては、健康面・倫理面含め、お迎え前に家族で十分に話し合っておくことをオススメします。というのは、いつ受けてもいいものではなく期間が限定されているからです。
    我が家では「する」と決めてからお迎えし、かかりつけ医とも相談し生後6ヶ月で血液検査を経て手術の予定でしたが、血液検査でまさかのダメ出し...フードを変える等して、1ヶ月後に血液検査の数値が許容範囲となり、避妊手術を行ないました。全身麻酔をするため、血液検査の数値が悪ければ手術は行なえず、その治療・改善の間に1度ヒートを迎えてしまうと、乳腺腫瘍発症の予防率が70%まで下がってしまうと言われヤキモキしました。費用は血液検査別で3万円ちょっと、私の住む地域では助成金は猫のみで、犬はありません。
  • 投稿者

    女性 aoi

    今は亡き愛犬が、当時子宮蓄膿症になってしまい、その手術と同時に避妊手術を行いました。入院も長かったのでかかった金額を合計すると18万ほどです。補助金が出るなんて知りませんでした。手術をした動物病院でもそのようなお話はなかったです。この時はついでの手術だったからでしょうか。
    少ない犬種でもありましたし、愛犬の子犬が欲しくて避妊手術は先延ばしにしてしまっていたのですが、その結果が子宮蓄膿症になり、強制的に避妊手術になるというあまりにも可哀想なことになってしまい、当時は落ち込みました。
    幸いにして回復も順調だったので、18歳という高齢になるまでしっかり長生きしてくれましたが、やはりメスは病気が多いです。
    他の病気も併発してしまうと、それだけ手術も危険が伴いますし、入院する日数も、費用もかかってしまいます。
    年齢が上がるほど麻酔のリスクも高くなってきてしまい、手術が難しくなりますので、早めの決断が必要になると思います。
  • 投稿者

    40代 女性 える

    我が家はオス犬を飼っているので、避妊手術ではなく去勢手術でした。犬を初めて飼ったため、初めて行った動物病院で行い、生まれつきあった臍ヘルニアの手術も同時にしてもらいました。臍ヘルニアの手術があったからかもしれませんが、去勢手術と合わせて手術費用が12万円かかりました。入院は1泊しました。
    後から知ったのですが、手術をした病院は地元で高くて有名なところでした。去勢手術の場合は、メスの避妊手術よりも安価なことが多く、私が支払った代金はどの病院で聞いても高額でした。手術費用は動物病院によってだいぶ変わるようですので、特に犬を飼いたての方は、事前に調べていくことをおすすめします。犬を飼っているご近所さんに評判を聞くのがいちばん良いと思います。
  • 投稿者

    30代 女性 空&花

    個人的には、一般家庭での繁殖はあまり必要でないと思っている方なので避妊手術はみんなした方がいいんじゃないかと思っています。もちろん乱暴な意見だと思うのでリアルの場ではいいませんが、むやみに一般家庭で子供を産ませないでほしい。。。
    避妊手術も多少のリスクはありますが、病気のリスクも減らせることを考えると悪い選択ではないと思うんですよね。
  • 投稿者

    女性 なまず

    小型犬の女の子で、意外と不妊手術をしていない子が多いんだなと最近思います。実家の犬はいつも早くに行ってしまうため、ヒート中のワンちゃんとか見ると「あー、手術しないんだな」と不思議に思っています。私は素人による繁殖は反対ですので、だったら早期に不妊・去勢手術はするべきだと考えていますが、そうではない人が結構いるんだなとちょっと驚きました。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    犬の殺傷処分を救うため、犬を譲渡しました。契約書に避妊手術を受けることとされていましたので動物病院で手術を受けて手術費が9万円かかりました。
  • 投稿者

    女性 もふころ

    避妊手術は、いつかは考えなくてはと思っています。我が家の愛犬も4歳になるので、早ければ早い方がいいのはわかっているのですが、この子の血統はうちの子が最後になってしまったので、どうしても子犬を望んでしまって、なかなか踏ん切りがつきません。
    ですが、先々の病気のリスクを考えると早いに越したことはないですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。