愛犬がお水を飲むとむせて苦しそう・・・4つの原因と対策とは?

愛犬がお水を飲むとむせて苦しそう・・・4つの原因と対策とは?

お気に入りに追加

ワンちゃんがお水を飲んだ後むせる回数が頻繁だったり、苦しそうな様子が続くととても心配になりますよね。要因は様々ですが、考えられる事を1つずつでも取り除いてあげましょう。

30498view

原因①容器や高さの問題

ペットボトル給水器や自動給水器

チワワ

犬種によってむせやすい犬がいます。パグとダックスフントではマズルの長さが全然違いますよね?
パグのような短頭種やチワワのような超小型犬は気道が短いため、このタイプの給水器だとむせやすいのです。
このような犬種の場合は、ボウルのような容器に変えて床に置いてあげる方が良いでしょう。

短頭種や超小型犬ではない場合は、まずワンちゃんがお口をつけるノズル自体の太さに注目してみましょう。
一度に出てくるお水の量が多くてむせているのかもしれません。
そしてケージなどに固定する際に、ワンちゃんのお口の位置から高すぎず、また低すぎないように設置し、どの高さが飲みやすそうにしているか、必ず透明のペットボトルで水の減り具合をチェックしてあげましょう。

なお、ノズルタイプはホコリやゴミは混入しませんが、水の鮮度は時間とともに落ちますので、ペットボトルの中に水がまだまだ残っていても毎日新鮮なお水に入れ換えてあげましょう。

床置き容器

ビーグル

床にそのまま容器を置いていてむせるのは下を向いたまま飲むのが苦しいのが原因です。人間も下を向きながらお水を飲むと苦しいですよね?
この場合は容器の下に厚みのあるものを置いて高さを調整してみましょう。
食器スタンド等の商品でも良いですし、家にあるもの(分厚い大きめの本など)でも良いかと思います。安定性のある重みは必要です。

そして、床に置いているのでやはりホコリやゴミは気になります。最低でも1日に2回はお水を入れ換えてあげましょう。

原因②一気飲みや飲みすぎ

大量

犬のお水の飲み方はどうしても空気も一緒に入ってしまいます。
なので、たくさんのお水を飲むと軽く溺れかけたみたいになり、むせてしまうのかもしれません。かといって、大切なお水を取り上げる訳にはいかないので、なるべく負担を減らせる方法を考えてみましょう。

水の量を小分けにしてあげる

お散歩の後、味が濃いめのフードやおやつを食べた後などはどうしてもお水をガブガブと飲んでしまいます。
その時にむせている様なら、そういったタイミングの時だけでも与えるお水の量を小分けにしてあげてください。
普段の生活で、四六時中お水を小分けにする事はなかなか難しいので、基本は常に必要な量を満たすお水を側に置いてあげていて良いと思います。

お散歩後でもなく、食後でもないのに大量のお水をいつも飲む場合は、内臓の疾患がある可能性も考えられます。がぶ飲みでただむせるだけだと軽視せずに悪化する前に獣医さんで診察してもらい、必要な治療を開始しましょう。

犬が1日に必要な水の量

体重1kgに対して40~60ml必要といわれています。
食べているものの中にも水分が含まれているという前提の計算のため、若干少なめの目安(最低限の量)になっています。なのでもう少し足してあげると良いですね。
ウェットフードにはかなり水分が含まれていますし、正確に測るというのは難しい事です。
あまり神経質にならずに、

•水飲み容器に補充する時は計量カップを使う
•毎日トイレシーツを取り替える際に、おしっこの量をチェックする

等の観察から始めてみてはいかがでしょうか。

原因③お水自体の問題

ブルブル

冷たすぎる水は気管支を刺激してしまう

人間でもそうですが、冷たすぎるものを飲んだり食べたりした時は気管支を刺激してしまいます。
犬は気管支の構造が人間よりも温度差のあるものの刺激を受けやすいので、少し冷やしただけのお水でも咳こんでしまうのかもしれません。

基本的に常温のものを

暑い真夏でも室内の日陰ならお水の温度はそこまで高く上がりません。とはいえ、ぬるいお水は美味しくないのではないかな〜と思ってしまいますよね。
どうしても気になる場合はこまめに水を新しく入れ替えてあげてはいかがでしょうか?

ミネラルウォーターより水道水がベター

むせることには関係ありませんが、ミネラルウォーターにはカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが多く含まれています。過剰摂取すると尿路結石などの病気につながることもあるので、水道水の方が良いとされています。

原因④病気の可能性

「気管虚脱」の可能性がある

気管支が変形して細くなり、呼吸しにくくなってしまう病気です。
アヒルの鳴き声を短くしたような「ガッガッガッ」というような咳こみ方をするなら、すぐに獣医さんに診てもらってください。お水を飲んでむせているだけではない可能性が高いです。
この病気は気管を圧迫するので、とても苦しいはずです。

犬と人

犬は人間に言葉では伝える事が出来ません。
飼い主さんが普段からよく観察して、異変に気づいてあげてください。
過保護とは考えずに、些細な変化も見つけてあげましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    キャバリアを飼っていますが飼い始めて何年かはすぐに外耳炎になりお医者さんに行っては治療して愛犬も飼い主もストレスになっていましたが何かで耳を乾燥させておけばいいと読みました。そこで百円シャップで人間用のヘアターバンを首に巻いてそれぞれ左右の耳の毛を(ある程度の束にして)ターバンに置いてその上から耳を挟まないように注意深く洗濯バサミで挟む(あくまでも耳の毛だけを)ようにしています、散歩やお出かけ以外常に寝るときもしています、それ以降あの耳の特有の臭い匂いもなく外耳炎にもならず毎日送っています
    動物病院の先生に念のため耳の中を見てもらったらあらー〜キャバリアちゃんじゃないような耳の中だねーって褒められました
    夏も冬も耳の中が湿ってモアモアしてるのは可哀想だし、何より外耳炎には無縁になり本当に助かっています
    あと念のため月一のトリミングの時に耳の洗浄もしています
    もし外耳炎になりやすい垂れ耳のワンちゃん試してみてください、家の中では耳を乾燥できるようになります(^O^)
    匿名の投稿画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。