犬用ガムで愛犬が腸閉塞に!?

17104view

犬用ガムで愛犬が腸閉塞に!?

皆さんは愛犬の歯の健康のために犬用ガムを使っていますか?わんちゃんと暮らしている方なら、おそらく、1度は使用したことがあるという方が大半なのではないでしょうか。その犬用ガムが原因で腸閉塞になるという事があるそうなんです!

知らなかった!犬用ガムの危険性

愛犬の歯のケアで最もメジャーな犬用ガムは、ストレス解消やおやつとしても人気の高い製品です。
でも実は、アメリカではその犬用ガムの危険が広く報道されているのをご存知でしょうか。
CNN-newsは「犬用ガムによって40匹の犬が開腹手術を受け、そのうち13匹が死亡した」と報道し、アメリカの愛犬家を震撼させました。

どうなっちゃう?

困り顔のポメ

過去日本において、犬用ガムによって起こってしまった痛ましい症例です。

・歯が折れる、欠ける
・消化不良     ・嘔吐
・下痢       ・窒息
・食道閉塞     ・腸閉塞

これらの場合、最悪開腹手術をしないといけません。

なんでそうなるの?

ここまで恐ろしい事態だと、どういう経緯でそうなるか気になりますよね。
症状別に原因は三通りあるため、それぞれご紹介します。

消化不良、下痢、嘔吐、腸閉塞

私達も普段飴やガムなどを飲み込んでむせてしまう事は、誰もが1度は経験したことがあるのではないでしょうか。
誤って飲み込んでしまったガムは、実は犬の胃液では溶けません。
1度や2度ならまだしも、これを継続的にやってしまった場合、お腹の中が悲惨な事になるのは、容易に想像ができます。

歯が折れる、欠ける

元々犬の歯は、狩りをして獲物の肉を切ったり、ちぎったりする役割を果たす為のものです。
うさぎやモルモットなどのげっ歯類とは違い、とても固いものをゴリゴリ齧る事は本来適していません。
しかし、犬用ガムは手に取った方なら分かる通り、とても固く乾燥しています。
まだ歯が未熟なパピーには特に注意が必要です。

窒息、食道閉塞

ガムを犬が齧ったり舐めたりする事によって、少ない唾液で適当に湿ったガムは非常に強い粘り気を持ちます。

ガムを踏む

これが喉や口の中にくっ付いたりする事によって上記の症状のようになります。
中には手で取れないほど強くくっ付いて、ペンチで剥がしたという症例もあります。

解決法

  • ガムを噛んでいる時は目を離さない
  • ガムを購入する時、愛犬の犬種や体格などを考慮して適切なサイズのものを選ぶ
  • 何か異変を感じたら、引っ張ってガムを引き抜くなどの対象をするか、すぐにかかりつけの動物病院に行く

これまでご紹介した通り、もしも犬用ガムを与える場合には充分に注意が必要です。
中には命を落としたわんちゃんがいることをしっかりと肝に銘じて、飼い主さんの監督下で行いましょう。

一方、「ガムは必要ない!」という声も

骨のイラスト

犬用ガムの危険に対し、歯磨きやストレス解消に鶏や豚の骨を与える飼い主も出てきました。

やり方はとってもシンプルです。

①鶏や豚の骨を沸騰したお湯で10分ほどボイル
②お湯から上げた骨を枝切りバサミでカットしわんちゃんに与える
※鳥の骨は加熱すると縦に割けやすくなるという意見もあり、また、骨の太さなどでも割け方が変わってくる場合がありますので、わんちゃんにあげる前に一度ご確認ください。

たったこれだけ。
粘性が無いため事故が起こりにくく、また添加物や化学物質が不使用なのが注目されています。
しかし、どちらにしても誤飲や噛みちぎって鋭利になった部分での、口内や体内での怪我には充分注意が必要です。

まとめ

犬と人の手

健康の為にと与えた物によって、わんちゃんの命をも脅かす危険がここまで付きまとうなんて、想像もしなかった飼い主さんがほとんどなのではないでしょうか。
私自身も、この記事を書くまで全く知りませんでした。

普通にペットショップやホームセンターなどで手に入るペット用品などは、ある程度怪我や病気などの危険を考慮し、可能な限りそれを排除しているものと思い、私達は買い物をしています。
ですから、まさかその物自体が危険を孕んでいる事など夢にも思わないでしょう。

「愛犬の歯の健康を守る」という点では、やはり専門家に頼むのが一番安全で確実なのではないかと私は思います。
お医者さん嫌いのわんちゃんであれば、自宅でできる簡単な歯磨きの仕方をレクチャーしてもらい、お家で実践するのも1つの手です。

私はこの方法をとっていますが、わんちゃんも知らない人に口の中を触られるよりはストレスが少ないかなと思います。

最後に、犬用ガムとは元々歯の健康の補助として使うものです。
ガムを与えていれば、それだけで歯磨き100%と言うわけではないので、定期的にきちんと動物病院を受診し歯の健康をチェックして貰うことが不可欠です。
そして、場合によっては適切な処置を受けて下さいね。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 るぅ

    骨では無いのですが、
    犬用の硬い「ササミチップス」を
    ポメラニアンに与えたところ、
    しばらくして様子がおかしく
    元気がなくなったので病院へ連れていったところ
    チップスが喉に刺さってたことがわかりました。

    その先生が仰ってたのは、
    「よくあることなので、硬すぎるものは与えない方がいい」との事でした。

    そんなこと全く知らず、
    犬用に売っていたものだし安心して与えてましたし、
    注意書きにも、「刺さることがあります」なんて書いてない…

    なんだか、ひどいなって思いました。

    なので、
    硬くて割ると鋭利な形になるものは
    与えない方がいいと思ってます。

    人間も、魚の骨とか鰻の骨とか
    喉に刺さりますし、痛いですしね…
    鳥の骨は、割れたとき鋭利になるので
    刺さる可能性はあるのかなって思います。

    しかも大きさが魚の骨の比じゃないので
    刺さったら怖いです。
  • 40代 女性 pon

    この記事にある犬用ガムとは牛皮ガムのことでしょうか?
    愛犬が若い頃は、噛むことが大好きだったため与えていました。幸い事故がなく良かったです。
    確かに食べ物を丸飲みするような犬には危険かもしれませんね。うちの犬はカリカリのドッグフードも口の中で噛んでからゆっくり食べるタイプだったので事故が起こらなかったのかもしれません。
    特に子犬期の歯の抜け替わりの頃などは、家具や家人の靴やメガネなど噛まれたら嫌なものを噛まれないようにガムを与えると良いと聞きますが、これには注意が必要そうですね。
    うちの愛犬はもう年を取ってガムを噛むのはめんどくさいのか、あんなに大好きだったヒマラヤチーズにも見向きもしなくなってしまいました。
  • 30代 女性 まろんママ

    ガムは長持ちするし犬もよろこぶのであげていましたが、あまり体によくないとも聞いたことがあって迷いつつ使っていましたが、腸閉塞や窒息などとみるとやっぱり怖くなってしまいますね。固さのことは最初から気にしていて歯が折れないように…と思っていたんですが、それより深くは考えずにあげていて習慣になってしまったんですよね。それに留守番の時にもひまつぶしに♪と思ってあげてしまっていたんですが、やっぱり目を離さない方がいいですよね。小さくなったものが詰まって…と考えるとドキドキしてきます。犬も喜んでいるし歯磨きの一貫になっているのでまたあげる機会はあると思いますが、少なくとも留守番中はやめておこうと思いました。
  • 30代 女性 すず

    記事で言っている犬用ガムってどのようなガムのことを言っているのかいまいちわかりませんでしたが、よく売られているような、牛皮を折って両端が結ばれているようなあれかな?
    わたしは犬を飼いだしたのと同時に、犬の幼稚園へ通ったので、そこでトレーナーさんからそういったタイプのガムは、喉につかえる恐れがあるから棒タイプのものにしてくださいと言われて与えたことがありませんでした。
    犬によるのでしょうが、丸飲みしちゃう子だと、たしかに危なそうです。
    以前獣医さんに歯石の相談をした際に、ガムを毎日与えているのですが、と言ったところ、犬の歯は、その形状からガムで歯石は取れないそうです。なので、ガムはストレス発散などの目的ではいいけど、歯磨き代わりにはなりませんと言われてしまいました。
  • 30代 女性 すず

    わんちゃんホンポの他の記事で、牛皮タイプのガムでなくなる犬がいるというのがありました。アメリカでの症例ですが、飲み込んでしまって、腸閉塞などで死亡する事例が多く、注意喚起がされているそうです。
    実際私も、犬を飼い始めてから通ったしつけ教室で、ガムの両側が結ばれているタイプのものは与えない方が良いとトレーナーさんから言われました。そのため棒タイプのもので、簡単に噛み切れるようなタイプのモノを与えるようにしています。
    うちの犬はガムが好きなので、毎日1本、お留守番のご褒美に与えるのがライオンのペットキッスのシリーズです。国内メーカーという安心感もありますが、喉につまらせることもなく上手に食べられるので、安心して与えています。
  • 女性 Sato

    我が家の愛犬の大好きなおもちゃは犬用のガムです。ヒマさえあれば、自分のクッションの上でムシャムシャしながら遊んでいます。飼い主である私もこんなにガムが好きなので、古くなったらすぐに新しいガムに変えてあげていました。なので、まさか腸閉塞になる確率があるなんて、知りませんでしたよ!ビックリです・・・。しかもアメリカでは「犬用ガムによって40匹の犬が開腹手術を受け、そのうち13匹が死亡した」なんてニュースが報道されたなんて、さらに驚きです。死亡までしているなんて!我が家の愛犬は、ガムで遊んでいてもまだ何も問題はありませんが、一度大き目のかけらを飲み込んでしまい、吐いたことがあります。これにはビックリしましたが、そんなに大きな問題として受け入れていませんでした。おもちゃもよく注意した方が良いですね。
  • 20代 女性 シーナ

    ガムってこんなに危険だったんですね!正直びっくりしました。確かに愛犬の口のサイズにちょうどいいくらいのガムって、小さくなってきたら丸呑みしてしまいそうで怖くて、犬のサイズからしたらかなり大きめのものをあげるようにしています。口でくわえられないくらいで、カジカジ地味に楽しむような感じなのでこれならとりあえず飲んでしまう可能性がないかな、と思って。でも犬はどうなるかわからないし、これからはガムをあげる時はかならずそばにいて目に入る状態で食べさせるようにしようと思います。本当はあげないほうがいいのでしょうが、歯磨きをさせてくれないので歯磨き代わりにガムをかじらせる習慣になっているので…。こういう情報を知れてよかったです!
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。