放っておくと大変!毎日の歯磨きで犬の歯周病予防を

【獣医師監修】放っておくと大変!毎日の歯磨きで犬の歯周病予防を

人間は毎日の歯ブラシを欠かすとどうなるでしょう?口内が清潔でなくなり、歯周病などの原因になったりしますよね。それは、わんちゃんにも同じことが言えるのです。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

歯ブラシ

小型犬は歯周病を発症しやすい?

犬の歯周病なんて…聞いたことない!という飼い主さんも多いと思います。
けれども、最近動物病院に行くと歯磨きをやたらとすすめられるのです。

私が飼っているのは生まれて2年ちょっとのロングコートチワワです。
体重は3kgちょっとなので小型犬の部類に入ります。

動物病院の先生の話によると、小型犬は見た通り、顎の骨格が小さいのに口の中を覗いてみると歯は結構大きいらしいのです。
そうなると、必然的に歯と歯の間がぎゅうぎゅうになって歯石や歯垢などがたまりやすくなるそうなのです。

だから、小型犬は毎日歯磨きをするのが理想的らしく…うちは全然やってないので、かなり焦っています。

意外に恐ろしい犬の歯周病

たかが歯周病…と気楽に考えていると大変なことになります。
なんと、歯周病が原因である日突然、下の顎の骨を骨折する恐れがあります。

歯周病の歯周菌によって顎の骨を少しずつ溶かされることで、ある日突然、下の顎の骨が折れてしまうのです。
折れるきっかけは何かを噛んでいた時が多く、食事中に急に折れることもよくあるそうです。

チワワ

歯周病の予防のためにやるべきこと

歯周病予防のためにやることは、毎日の歯磨きです。
犬の歯磨きには、歯ブラシや歯磨きシート、ガーゼ生地でできた指サックのようなものに歯磨きジェルをつけて行なう3パターンがあります。

歯ブラシは小型犬にはちょっと刺激が強すぎるかもしれないので、歯磨きシート、ガーゼ生地でできた指サックのようなものに歯磨きジェルをつけて行なうものの2つがおすすめです。
私の場合は、指サックの方で歯磨きをしています。

ガーゼのような生地なので、愛犬も怖がらずに、歯磨きジェルの匂いや味も好きなのか、歯磨きをする前にジェルをペロペロ舐めてきます。
方法としては、指サックの先端に歯磨きジェルを少しつけて、歯を磨いて行きます。

つまり、指サックに歯磨きジェルをつけている段階で、うちの愛犬はジェルを舐めてくるのです。
歯磨きをすると気持ちがいいのか、終了後は嬉しそうに走り回っています。

指

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。