どんな保護犬もピカピカ犬にする個人ボランティアさんをご紹介します

どんな保護犬もピカピカ犬にする個人ボランティアさんをご紹介します

お気に入りに追加

殺処分場から、老犬もけがをしている子も、大きい犬も・・選ばず保護して、きちんと医療を施し、家庭犬としてしつけ、犬と家族の相性を考えた上で里親さんに渡すという素晴らしい個人ボランティアさんに出会いました。

9562view

保護犬と出会ったことから

ペットショップの子犬たちがキャンキャン吠えている中に、1匹だけ全く雰囲気が違う犬がいました。
その犬は保護犬でした。

その子だけは静かに、そしてなんともいいようのない不安そうな目をしていました。
その子を見ているのが辛くて、私はその店を出ました。 
それから保護犬のことが気になり、今まで調べたこともなかった「保護犬」をPCで検索するようになりました。  

保護犬譲渡のHPが山ほど・・

「保護犬」をPCで検索して、こんなにも人間のせいで不幸な目に合っている犬たちがいることに、私はショックを受けました。

自己都合で「この子譲ります」と掲載されている犬たちもたくさんいました。
自分の子供だったら絶対許されないことが犬は普通に行われていました。
でもそこに載せられることもなく処分される犬たちの数は・・。

保護犬を迎えよう

何もできないならせめて1匹でもうちで幸せにしてあげたい、次の子は保護犬を迎えようと決めました。
ただ、保護犬の活動をしている団体は千差万別、宗教活動のように押し付けてくる団体もあるから気をつけてと知人に聞き、少し不安にもなりました。  

信頼できる個人ボランティアさん

ひとめぼれした子は個人ボランティア『GO』さんが救ってくれた子でした。
GOさんは、大変な努力を重ねて山の中で5年間、狭いケージで生かされてきた多頭現場の犬たちを救い、終息させたことで新聞にも取り上げられた方でした。
 
GOさんは、殺処分場からフィラリアに罹った子でもシニアでも、選ばず保護します。
そして保護したらすぐに医療フルコース、悪いところがあればできる限り治してあげるのです。

保健所から保護された優しい秋田犬あすか

ボランティアの中には、子犬やすぐ貰い手が見つかりそうな子だけ引き出す人も多いそうです。
本当に犬を愛しているから、殺処分ゼロを願うから、GOさんは野犬も老犬もケガしてる子も病気の子も助け出してピカピカの家庭犬に変身させるのです。  

大きな手術を乗り越えて

大手術頑張ったチビトトちゃん

先日、とても愛嬌のあるテリア系MIX犬の里親さんが決まったそうです。
この子は事故に遭いそのまま飼い主に見捨てられたのか、保護する時は大きな傷を負い骨は折れて全く動けず、排泄も垂れ流しの状態だったといいます。

GOさんがせめて立って排泄できるようにしてあげたいと保護して、信頼する獣医さんの手によって大手術を受けました。
そして奇跡的に立ち上がり、歩き、走るようになったといいます。

私もこの子に何回か会いましたが、魅力たっぷりでそんな辛い目にあってきた子とは思えないわんちゃんでした。  

保護犬のために残業頑張る会社員

何より驚いたことが、GOさんは犬関係のお仕事をしているわけではなく、普通の会社員で主婦なんです。
だからGOさんの周りにはGOさんを応援しようと、ステキな方たちが自然と集まります。
保護犬の一時預かりをお手伝いされる方たちも皆さん優しい、いぬ愛あふれる方たちばかりです。

生きる輝きがあふれだす

捨てられ何日も気づかれなかったサン君

保健所や殺処分場で命を失いかけた犬たちも、GOさんの犬になればすべて平等。
犬種・大きさ・年齢は違っても命と未来の可能性に変わりなく、生きる輝きに満ちあふれて新しい家族の元へ旅立ちます。

保護犬と里親の幸せ

GOさんは、「保護団体・活動家も様々。後で後悔しないよう見極めてください。
犬を迎えることで人間は満ち足り、時に後悔もします。
幸せにも不幸にもなれば、犬も同じ。だからこそ飼わない選択も尊重しています。」と、保護犬の幸せを願い、里親になる家族のことも気遣い、時に合わないと思えば、里親希望を断ることもあるそうです。

保護犬から家庭犬へ

保護犬はそれぞれの性格や癖をしっかり把握し、家庭犬として幸せになるためのしつけをして里親の元へ渡されます。
たとえ問題があるとしてもすべて公開して里親さんを探します。
だから嘘がありません。里親さんからこれまで苦情は1件もないそうです。
GOさんの犬たちが、だんだん人を信頼し変わっていく姿には心が打たれます。

GOさんの不思議なチカラ

うちに来てくれた子も、初めは私が幸せにしてあげる・・と思っていました。
でも、GOさんや、預かりボランティアさんのおかげで、私を幸せにするために来てくれたとしか思えない、愛情あふれた子でした。  

GOさんがいなければこの子は今、生きていなかった

命を救われた子はどんな境遇にあった子でも、GOさんのチカラでまた人を信じようとします。
人の身勝手で消えかかった命を再び輝かせる、個人で頑張るボランティアGOさんは今日も仕事に、犬とのふれあいに、世話に、動物病院へ、保護犬のイベントへ休む暇なくフル回転です。

▼GO!保護犬GO(猫も) ホームページ(ブログ)
http://ameblo.jp/ntachi-to-sakura/  

あなたも保護犬のイベントに行ってみませんか?

確かな信頼できるボランティアさんの保護犬ならきっと元気で優しくて、ピカピカなはずです。そこであなたを幸せにしてくれる運命の子に出会えるかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。