アロエは犬に食べさせてはいけない食材!下痢などの中毒症状や危険な理由

【獣医師監修】アロエは犬に食べさせてはいけない食材!下痢などの中毒症状や危険な理由

人間の健康の為に、よいとされることが多いアロエですが、その効果ゆえに、犬にとってアロエは有害なものにあたり、中毒症状は時に命に関わることもあります。普段から、アロエを与えないように十分注意しましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

アロエは犬が食べてはいけない食材

アロエ

まず、結論からお伝えすると、アロエは犬に与えてはいけない食材の1つです。

アロエは「健康に良い物」というイメージをお持ちの方も多いと思います。実際に人間はアロエを食べることで、様々な健康効果があると言われていて、アロエヨーグルトなどは便秘解消や美肌によいとされていますよね。

しかし、中にはアロエを食べることでお腹を壊してしまう方がいるのをご存知ですか?そして実は、犬にとってはさらに害となってしまう場合があり、そのためアロエは食べさせないほうがよいとされているのです。

犬が口にすると中毒症状を起こしてしまう食べ物はいくつかあります。ネギ類はその代表的なものですが、アロエも同じように中毒症状が出てしまいます。

しかし、どの犬も食べてすぐに中毒を起こすかと言われるとそういうわけではありません。たくさん食べても症状が出ない犬もいますし、少しの量で重大な症状が出てしまう犬もいるのです。

犬にアロエを与えてはいけない理由

犬がアロエを食べると、嘔吐や下痢を起こし、胃炎を起こす場合があります。さらに重篤な場合は、腎炎などの症状が出て血色素尿が出ることもあります。血液中のヘモグロビンが破壊されてしまったり、アロエの中の成分が下痢を引き起こすのです。脱水や貧血は、犬によっては、そのまま命に関わる重大な症状になります。

実はアロエには、非常に多くの種類があり、300種以上も知られています。皮膚炎を治す為に、アロエを患部に塗るという昔ながらの治療を行ったことがある方もいるでしょう。便通をよくする為にアロエを食べたほうがよいと言われた経験がある方もいるでしょう。しかし、犬の場合は、アロエを口にすることでさらに重大な中毒症状を引き起こしてしまう危険性もあります。

どれだけ食べて命に関わるのか、どれだけ食べて症状が出るのかは個体差がありますが、危険となる成分が入っているアロエは基本的に犬に与えないことが健康の為にはよいでしょう。

アロエに含まれる犬に危険な成分と中毒症状

注意の看板を持ったパグ

サポニン

あまり聞きなれない成分かもしれませんが、サポニンは水と混ぜると泡が立ち汚れを落とす効果や殺菌作用がある物質です。さらに抗酸化作用などもあるため、サプリメントにも配合されている成分です。

それだけ聞くと、とても良いもののように思うでしょうが、サポニンは消化不良を引き起こす場合もあります。また胃の弱い犬ならば、下痢や嘔吐の原因となるだけではなく腸の炎症も引き起こしてしまいます。

バルバロイン

下痢の原因になってしまうのは、アロエの樹液の中に含まれるバルバロインという成分です。中毒症状の中でも、下痢はよく見られる症状であるため軽くみてしまう方も多いのですが、あまりにも下痢が続くと脱水症状の原因となりますので下痢が見られたら獣医師に早めに相談をしましょう。

アントラキノン

人の場合は整腸作用となるアントラキノンも犬にとっては下痢や腸炎の原因となります。人の場合でも、多量に摂取するとお腹を壊してしまいますが、犬は少しの量でも体調を崩す原因となりますので、気をつけるようにしましょう。

アレルギー

アロエはアレルギーの原因となる物質でもあります。そのためアロエがアレルゲンとなり皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こすことも。アロエに触れた箇所が赤く腫れてきた、蕁麻疹が出てきたという場合は、アロエにアレルギーを持っていないかチェックしましょう。

犬がアロエを食べた時の対処法

病院で診察を受ける犬

万が一、犬がアロエを食べてしまった場合は、早めに獣医師に相談するようにしましょう。ただし、アロエのどの部分を食べたのか、そもそもどんな種類のアロエを食べたのかによっても症状が異なることもあるので、獣医師に相談する場合は、食べたアロエについて正確な情報を伝えなくてはいけません。

食べてしまった場合に、特に変わった様子がないからと言って様子を見たり、吐き出させたり、水やフードを与えてみるといったことは、結果、その後の重大な症状につながってしまうことがあります。

胃の炎症をさらに悪化させてしまうなど、二次的な症状につながってしまうこともありますので、まずは、かかりつけの動物病院を受診し、中毒症状に伴った処置をしてもらうことがよいでしょう。

犬にアロエを使った食品やグッズを与えても大丈夫?

クエスションマークと首をかしげる犬

アロエ入りのシャンプー

結論から言いますと、犬用として販売されているシャンプーかつ、しっかりとしたメーカーから販売されているものであれば問題はないと思われます。犬用に販売をされているということは、品質に問題はないはずですし、犬に害となる成分を取り除かれていると思います。

ただし、アロエを誤って口にすることで下痢や嘔吐を引き起こす子もいますし、少量でも過剰に反応を示す個体もいますので、使用する際は自己責任でお願いします。

アロエ軟膏

犬用に販売をされているアロエ軟膏ならば良いでしょうが、筆者が探したところ、犬用のアロエ軟膏は見つかりませんでした。人間用のアロエ軟膏はいくつも出てきましたが、犬に使用できる商品はなさそうです。

そのため、基本的にアロエ軟膏は塗らないほうが良いでしょう。昔からヤケドやヒビ割れはアロエが良いと言われているため、ついつい愛犬にもつけてあげそうになりますが、アロエの成分によって中毒症状を引き起こす可能性がありますので注意をしてください。

アロエヨーグルト

アロエヨーグルトやアロエジュースなどの加工食品を口にしても、健康被害は出にくいと言われています。しかし、いくら中毒症状が出にくいからと言っても、中毒症状が出る可能性がゼロという訳ではありません。ぜひ、愛犬の健康のためにもアロエヨーグルトなどの加工食品も与えないようにしましょう。

アロエのアロマ

アロマは直接口に入れるわけでも、肌に触れるわけでもないならば問題はないとも言えます。しかし、アロエによってどのような症状が引き起こされるかは、個体差によって大きく変わってきますので、できるならばアロエのアロマも避けたほうが良いでしょう。もし、アロエのアロマを楽しみたいならば、できるだけ愛犬のいないところで楽しむようにしてくださいね。

犬に与えても大丈夫な食べ物は?

飼い主からリンゴをもらって食べる犬

  • りんご
  • みかん
  • はっさく
  • ラズベリー
  • ブルーベリー
  • マンゴー
  • ヨーグルト
  • ココナッツミルク

犬にアロエを与えなくても、体に良い食材はたくさんあります。りんごやみかんなどは、ビタミンCも豊富な上に抗酸化作用もありますのでおやつ代わりに使うのがおすすめです。またちょっとしたご褒美にヨーグルトにフルーツを入れたものをあげたり、普段の食事にトッピングしてあげるのも良いでしょう。

ただ、一つ注意をしてもらいたいのが、これらの食材は与えても良い食べ物であって、進んで与えたい食べ物ではないという点です。そのため、普段の餌の代わりに与えたり、体に良いからと同じ食材ばかりを与えていると、健康に悪影響を与えてしまいます。

どんな食材も適量を守って与えてあげましょう。できれば普段の食事のトッピングに少しだけ、普段のおやつやご褒美の代わりに、という使い方がオススメです。

まとめ

舌なめずりをするダックスフンド

アロエヨーグルトやアロエジュースなど、普段からアロエを健康に役立てている方も多いかもしれません。確かに、こういった加工品では、中毒症状が出ることも少ないようですが、実際は個体差があります。

一方、観葉植物としてアロエを育てている場合や、お散歩に行った先などでアロエがあった場合、犬が口にしてしまい、思わぬ中毒症状が出てしまうということもあるのです。犬にとって中毒症状が出る食べ物というのは、非常にたくさんあります。

中でも、植物の種類は多く、その中のひとつがアロエなのです。重大な症状が出た場合は、命の危険にまで関わり、最悪の場合、死につながることもあるのです。

普段から、興味ある物を口にしてしまったり、拾い食いの癖がある犬の場合は特に注意が必要です。危険な中毒症状から守るためにも、十分注意しましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 mocmoc

    自宅の玄関先にアロエを置いていたことがあります。愛犬も届く高さだったので、気が付くとかじって遊んでしまっていたことがありました。アロエは犬にとって苦手な匂いなどがあるわけではないので、食べるものだと思っていなくてもこうしてかじって遊んでしまうことがあります。危険ですので、アロエを置く位置にも注意した方がいいです。
    幸いにして、嘔吐や下痢などの症状もなく済みましたが、一歩間違えたらと思うととても怖いです。

    アロエを食べてしまった場合に一番見られる症状は嘔吐と下痢が多いと思います。その後胃の不快感から食欲不振に陥ることもあるでしょう。胃腸炎は痛みを伴うこともあるので犬にとってはとても大きなダメージです。稀に腎炎を起こす犬もいるそうです。下痢が続くと脱水症状にもなり、体力も落ちてしまいます。内臓の炎症による脱水症状は、水を飲むだけでは補給しきれないことがあると獣医さんより聞きました。実際、腎炎を患った愛犬は飲む水の量は増えましたが、その分尿の量も増え、必要以上に体の水分を排出してしまい脱水症状になったことがあります。こうなってしまうと皮下輸液で水分を入れてもらうことが必要になります。

    アロエは犬にとって食べなくてもいいものなので、口にしないように注意してあげてくださいね。
  • 投稿者

    女性 らずべりー

    ユリ科であるアロエは犬にとって中毒をおこす植物の1つなんですね。
    アロエは、アロエヨーグルトやアロエジュースなどでしか食べる機会がないですが、加工されたアロエ食品も気を付けなければいけませんが、観葉植物やお散歩道や庭などにアロエを植えている場合は、特に注意が必要ですね。
    アロエは300種類もあるんですね、、多少の違いはあれど食べてはいけないのは同じですね。もし食べてしまった場合は、食べてしまったアロエを持っていくのが良いと思います。
    獣医さんも植物にはそこまで詳しくないと思いますが、見るとなんとなくわかる事もありますから。

    犬にとって良くない植物などは多いですよね。ありすぎて把握出来ないですし、我が家では観葉植物などはあえて置いていません。
    たまに観葉植物の下に敷いているお皿のお水を舐めてしまった!など、植物を食べなくても、そういうのもあるそうです。
    徹底的に気をつけるか、初めから置かないか選ぶなら、うちでは、初めから置かないです。
    イタズラをしない子や、わんちゃんが入らない場所に置くぶんには観葉植物は癒されるので良いんですけどね。

    頂いたお花を飾るにしても花びらなど落ちないよう気を付けています。

    お家やお散歩では、危ない場所は避けますが、油断しがちなのは、遠出のお散歩道やドッグランやお友達や親戚などのおうちに愛犬も連れて遊びに行ったときです。
    これはアロエだけでなく他の面でも注意が必要ですが、観葉植物などには気を付けてあげたいなと思いました。
    特に仔犬やいたずらっ子なわんちゃんがいる家庭は観葉植物などは控えるのも良いかもと思います。
  • 投稿者

    30代 女性 ちび

    アロエってあんまり犬にとっては良くないんじゃなかったっけ?なんて記事を開いてみたらやっぱり良くないんですね。健康ブームでアロエが流行ったこともありましたがアロエを好きな人は犬にもあげちゃいそうですよね。玉ねぎ、チョコレートは知っていてもその他の食べ物のことは分からないって人多いと思います。こういった記事が広まるといいです
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。