犬に必要なカルシウムを与える時の量や与え方について

【獣医師監修】犬に必要なカルシウムを与える時の量や与え方について

お気に入りに追加

骨の形成だけでなく筋肉の形成にもカルシウムは必要で、さらには体の生理機能にもとっても重要な役割を果たします。そんなカルシウムを摂るベストなタイミングと愛犬の生活に必要量はどれくらいなのかを調べてみました。

15208view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬にカルシウムは必要?量はどのぐらい?

牛乳瓶とコップ

犬が必要なカルシウムの量の目安としては、人間の約14倍の量が必要だと言われています。ただし、犬種や個体によって違いがあるので、はっきりとした数字上での必要量は決まっていません。

そして、不足しても骨に異常や障害が起きてしまうカルシウムですが、摂り過ぎても異常や障害が起きることが報告されています。犬が成長期にカルシウムを摂りすぎると、骨の成長障害や形成異常になることがあります。成長期だからといっても、カルシウムの摂りすぎにも注意しなければいけません。

犬にとってカルシウムは骨の形成に必要な栄養素

骨をかじる犬

犬は私たち人間よりも寿命が短い分、数倍のスピードで急成長します。そんな急成長の時期は、骨格も出来上がる大事な時期ですので多くのカルシウムを必要とします。

基本的に仔犬は、母親の母乳からカルシウムを含む成長に必要な栄養素を摂ることができますが、もしこの時、十分にカルシウムを摂ることができないと、成犬になってから骨の弱い子に育ってしまう可能性があります。

犬がカルシウム不足になると?

血液の中にもカルシウムは必要量含まれていますが、その血液中のカルシウムが不足すると、必要量を骨などから排出することになりますので、結果骨がもろくなってしまい、骨折の原因になることがあります。

低カルシウム血症

出産した母犬(特に初産の母犬)が、出産後に授乳によって仔犬たちにカルシウム与えるため、母犬の体内のカルシウムが不足してしまうことでおきます。母犬の骨のカルシウムが不足ぎみになり、骨折しやすくなる原因となる場合もあります。

低カルシウム血症の症状は、筋肉のけいれん、しびれ、硬直がおこりますが、てんかんほどひどくないのが特徴です。そのほか、ほかに疾患を持っている場合、急性(慢性)じん不全、急性の膵炎、副甲状腺機能低下症などの場合も低カルシウム血症を引き起こす原因になると言われています。

犬にカルシウムを与える方法

ご飯を食べる犬

カルシウム吸収に必要な栄養素は?

人間はカルシウムをサプリメントなどで摂る場合、ビタミンDと一緒に摂り、日光にあたることでよりカルシウムの吸収がよくなります。ところが犬はビタミンDや日光に当たるのも必要ですが、「リン」も必要になります。

リンは肉類に含まれていますが、たくさん摂ればよりカルシウムを吸収できるというものではなく、あくまでカルシウムとリンのバランスがとても大事です。犬の場合、リンが1に対して、カルシウムは1.2~1.4と、カルシウムの方がリンよりも少し多めという感じです。

プレミアムフードを食べている犬は、栄養素のバランスが考えられているので、カルシウム不足に対して深刻にならなくても大丈夫だと思われますが、手作り食を食べている犬はカルシウムの摂取量に気を使う必要があります。

サプリメントを利用する

ここで注意したいのがサプリメントの選び方と与え方です。先に書きましたが、カルシウムを摂り過ぎても骨がもろくなるので、摂りすぎには十分注意が必要です。そして、人間用のサプリメントの方が安価なものがたくさんあるので、ついつい人間用を与えてしまいがちですが、海藻成分を主とした、フードにふりかけるタイプのもの、おやつなどもありますので、そういったものを利用されるとよいでしょう。

犬用おやつ カルシウムボーロ
763円(税込)

商品情報
子犬や小型犬のカルシウム補給に

手作り卵の殻パウダー

手軽に簡単に、卵の殻をきれいに洗ってから、オーブントースターなどで焦げない程度に焼き、フードプロセッサーで細かくふりかけのように砕きます。それをフードなどに混ぜてあげます。

まとめ

骨をかじる犬

保存料などの添加物を心配して、ドッグフードよりも手作りワンご飯をと思われる方も多くおられます。カルシウムだけでなく、マグネシウムなどのミネラルなどの栄養素をバランスよくとるためには、仔犬から老犬、ダイエット用など栄養バランスを考えられたフードがたくさん出ていますので、手作りワンご飯の合間に、プレミアムドッグフードを上手に利用されるとよいでしょう。

災害時などの緊急時や手作り食を作っている人が不在の時などにも、手作り食以外の食事に慣れておくことためにもドッグフードの利用はおすすめです。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 あきら

    人間にとっても重要なカルシウムですが、犬にとっては人間の14倍にも相当するカルシウム量が必要である事には驚きでした。それほど犬にとってはカルシウムが必要不可欠なのですね。ドックフードにサプリメントを混ぜるなど、骨や筋肉の育成には精進していきたいです。
  • 投稿者

    30代 女性 ちびまま

    カルシウム入りのおやつは、気にかけていなく愛犬のチビが好むササミ・チーズ・クッキーをあげていました。早速、ペットショップに行き購入して健康な体作りをしたと思います。また、災害の時も考え普段から慣れさせておきたいです。
  • 投稿者

    20代 女性 しずえ

    わたしは小型犬を飼っているので骨などやはり大したことではなくてもケガに繋がりそうな感じがしていたので小さい頃からカルシウムを多く取れるように心がけていました。
    ドライタイプのドックフードを与える際に、わんちゃん用の粉末のカルシウムパウダーをふりかけてあげています。今回この記事を読んでみて改めてわんちゃんにカルシウムが大事なことがわかったので、これからも気をつけてあげたいと思いました。
  • 投稿者

    30代 女性 asami

    うちのわんこさんも手作り食です。ごはんの際栄養には、気を使っていますが、カルシウムとなると難しく、サプリメントなどで補っているのが現状です。
    カルシウムで代表的なチーズとかは、与えすぎると肥満の原因になりますからね。カルシウムは、与えるのにとっても難しいです。

    今回、この記事で卵の殻でカルシウムが摂取できるというので勉強になりました。卵の殻は、毎日の様に出ますし、何よりコストがかからないのでお得ですよね。早速今日からチャレンジしてみようかな!
  • 投稿者

    30代 女性 さえちゃん

    うちの愛犬は、生まれつき後ろ右足の膝の骨が外れやすく、今は若いから大丈夫ですが、年齢を重ねるごとに骨が弱くなるのでカルシウムのサプリメントなどで補っていったほうがいいかもしれないと、以前動物病院で言われました。
    でも、卵の殻を粉末にするやり方もあるんだぁと初めて知りました。
    これだと、毎日卵は使うので、再利用できて愛犬もカルシウムを摂れるなら、とてもいいですよね!
  • 投稿者

    女性 miya

    今はドッグフードにもカルシウムは含まれていますし、普通に食べていれば足りなくなるということはあまりないのではないかと思います。
    もちろんバランスよく摂取するということは、体にとてもいいことなので長寿にもつながりますが、そこまで神経質にならなくても大丈夫です。

    肉類がメインの食事の場合はリンが多く含まれているので、やはりカルシウムは必要です。スキムミルクはカルシウムが豊富ですので軽くふりかけてあげると良いかと思います。ひとつ用意しておくといいですよ。

    カルシウムを過剰に摂取してしまうと、結石の心配も出てきてしまいます。また成長期の子犬だからと過剰に与えてしまうと、骨格異常を引き起こしてしまう恐れもあります。

    普段のフードの場合は一日の摂取量をしっかり見極めて、手作り食の場合も足りないものは何かを把握した上で、都度確認しながらサプリ等を与えてあげてください。摂らなすぎも問題ですが、摂り過ぎも有害です。
  • 投稿者

    40代 女性 おん

    うちの犬は手作り食とドライフードを交互に食べるような生活をしています。手作り食だとミネラル分が不足しがちだから注意するように、と以前トリミングサロンでトリマーさんに言われたことがありました。うちの愛犬の毛艶が急に悪くなったようで、「もしかして手作り食ですか?」と聞かれたのです。それ以来、ミネラル分が不足しないように、ドライフードを与えるようになり(半分ですが)、手作り食にも留意してきましたが、油断していました、カルシウムに関しては考えたことがありませんでした。
    食後にヨーグルトをつけた歯ブラシで歯を磨いていますが、あれっぽっちのヨーグルトでカルシウムが足りているのか不安になってきましたが、ドライフードも与えているし、今のところ健康診断でも問題は出ていません。
    気が付けて良かったです。明日から意識していこうと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 SUSU


    我が家では朝がドライフード、夜は極力、手作りご飯を与えるようにしています。
    記事にあるように、ドライフードはミネラル類やカルシウムなど、必要とされる栄養素は全て配合されているのですが、手作りご飯の場合は特にカルシウムやミネラル類などのバランスに注意が必要と言われています。

    手作りご飯を反対される方、又は興味はあるけど自信がないという方の中に「栄養バランスが難しい、リンとカリウムのバランスを取らなければいけない、手作りご飯はカルシウムを入れることが難しい。トッピングご飯など、せっかくのドライフードの栄養バランスを素人が崩すことになり危険」といったご意見があるのをよく耳にします。

    でも、人間もアスリートでもない限り、そこまで厳密に栄養バランスを考えた食生活を送っている方の方が少ないのではないでしょうか。
    片寄った食材ばかりを食べ続けるのではなく、季節の食材を取り入れ、様々な食べ物を取り入れることによって、免疫力も上がり、バランスの取れた食生活を送れるのではないかなと思っています。
    これは犬も同じことで、毎日、何年間も同じフードを食べ続けるよりも、様々な食材を身体に入れる方がよほど健康的なのではないかなと思うのです。同じ栄養素であっても、合成添加物から摂取するものと、自然の食材から取り入れるのでは、内臓への負担は格段に違うだろうなということは容易に想像できると思います。

    手作りご飯においてカルシウムを入れることは難しいとされていますが、カルシウムは骨以外にもたくさん含まれています。記事に挙げられている卵の殻を作ったパウダーは手軽に安全に摂取出来るので安心です。
    ただ、卵の殻は本来、口にすることを前提とされておらず、どのような環境にあったのかも不明ですので、きれいに洗った後、出来れば熱湯消毒をして自然乾燥させてからの方が無難かなと思います。
    作る時間のない場合は、販売もされています。

    その他、ひじきやワカメ、青のり、焼き海苔などにもカルシウムが豊富に含まれています。我が家の愛犬は青のりの香りが好きなようで青のりが入ったご飯の日は大喜びで食べています。

    海草類はカルシウム以外にミネラルも豊富に含まれており、またご家庭に常備しやすい食材であるためおすすめですが、ワンコが消化するには時間がかかる食材であるため、消化機能が弱っている際は控えた方が無難です。健康体のワンコであれば、よく煮込んでから与えれば問題はありません。
    その他、納豆や豆腐、ヨーグルトや牛乳、ごま、大根の葉、小松菜、チンゲン菜などにもカルシウムは含まれています。

    こう考えると、日頃から様々な食材を口にすることで、特別なサプリなどを考えなくても思ったよりもバランスの取れた栄養をとれているんだなと実感出来るのではないかなと思います。

    同じフードや同じタンパク源を使ったフードを食べ続けてアレルギーを起こすワンコもいます。カルシウムだけでなくいろいろな栄養素を様々な食材から摂取することによって、免疫力もあがり健康で楽しい犬生が送れるのではないかと思っています。
  • 投稿者

    女性 シュトーレン

    愛犬のおやつを選ぶときに、パッケージにカルシウム補給、などの文字があるとなんとなく惹かれます。普段からヨーグルトや魚類を食べているので、カルシウム不足だとは思いませんが、年を取ると骨が心配ですので、コラーゲンやカルシウムといった骨を作りそうな栄養素が含まれていると食べさせたくなっちゃうんです。
  • 投稿者

    女性 ぽち

    うちの犬には手作りご飯を与えているため、カルシウム不足は常に気になります。
    ヨーグルトをトッピングしたり、軟骨を食べさせたりしていますが、ドッグフードの黄金バランスにはやはり敵わないと思います。
    本当はドッグフードを食べて欲しいのですが、食いつきが悪くて、胃液を吐いてまでドライフードは食べないので根負けしてしまいました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。