犬にナスを皮付きのまま与えよう!強力な抗酸化作用でがん予防に!

50622view

犬にナスを皮付きのまま与えよう!強力な抗酸化作用でがん予防に!

ナスは夏バテ予防に!と、よく雑誌などでも取り上げられているほど、水分も多く含まれている野菜です。ですが、実はナスは栄養価の面からみると、ビタミンもミネラルがそれほど含まれていません。でも、茄子には「ある素晴らしい栄養素」があります!

監修:獣医師 平松育子

(ふくふく動物病院)

犬はナスを食べても大丈夫?

ナス

まず、結論をお伝えすると、『ナスは犬が食べても大丈夫な野菜 』です。

ですが、ほんの少しですが、「アルカロイド」という毒性のある成分をもっており、健康に影響がある可能性があります。そのため、大量に与えるのは控えましょう。

ナスは水分も多く、夏の暑さに弱い犬にとっては、水分を食事からとることができますので、夏には飼い主である人間も一緒に食べたい野菜と言えます。ナス100gに対して、93gもナスには水分が含まれています。

ナスは、「栄養がなく水分だけ」とか、「栄養が少ないから食べなくてもいいのでは?」というお声もよく聞きますが、ナスには「ナスニン」という成分があり、実はこれには驚きのチカラがあるです。

犬にナスを与えるとどんな効果があるの?

ナス

ナスの健康効果

  • 発がん性物質に対する抑制力
  • 動脈硬化対策
  • 糖尿病対策
  • 脳機能を強化する働き

このように様々な健康効果が期待できます。ぜひ食べさせたい野菜の1つと言えますね。

茄子に含まれる健康物質「ナスニン」の効果

ナスには、「ナスニン」というアントシアニン系の色素(ポリフェノールの一種)が含まれています。

とくに、ナスの皮の部分に多く含まれていていおり、ナスニンにはとても強力な「抗酸化作用」があります。

ちなみに、ガン予防に効果的だと言われる食材として、ブロッコリーがよく知られていますが、なすに含まれる「ナスニン」は、ブロッコリーよりも発がん性物質を抑制する力が高いということがわかっています。

しかも加熱調理をしても、仮に100℃で10~20分加熱しても、80%以上の抑制効果が残る優秀野菜なのです。

犬にナスを食べさせる時の与え方

ナスの皮

ナスニンの多い「皮の部分」を取り入れよう

水分の多いナスの身の部分も是非食べさせてほしいですが、重要なのはナスの皮に含まれる「ナスニン」です。茄子の皮は積極的にとり入れたい部位です。

ただ、茄子の皮は私達人間でもかたくて食べづらいですよね?もちろん犬も固く感ることでしょう。

また、皮はかたいということは、「消化しづらい」」という事。人間よりも消化器官の発達していない犬のお腹にとっては、優しい食材とは言えず、体の負担となってしまいます。

ナスは細かくして与える

なすの身も皮も、熱にも強いですから、生ではなく湯がいてやわらかくしましょう。
そして、皮はなるべく細かく刻むか、ミキサーでペースト状にして与えるのがオススメです。また、「ナスニン」は水溶性なので、スープなどにするとさらに効率よく摂取することができます♪手作りゴハンをお作りの方は、ぜひお試しくださいませ。

どんな食べ物でもたとえ食べさせても大丈夫な食物であっても、個体差もありますから、最初に与える時には少量から与えて下さい。便の様子などを見ながら、量を増やしたり、与え方を工夫してみてください。

犬にナスを与える際の注意点

新鮮なナス

天然の毒「アルカロイド」に注意

犬はなすを食べられますが、体調によって食べて大丈夫な場合と、そうでない場合があります。

なぜダメなのかというと、ナスに含まれている少量ではありますが、「アルカロイド」という天然の毒が含まれています。

アルカロイドは、長期摂取することで、関節の修復機能が阻害されたり炎症が起きたりするそうです。

犬にナスを与えてはいけないケース

  • 犬が関節炎を患っている場合
  • 寄生虫に感染している場合

このような状態にある愛犬には、なすびは食べさせないでください。

どうぶつ病院にかかっている際に、先生からも食べ物についてもご説明があるかと思いますので、ぜひ先生のお話も含め注意してみてください。

犬にナスを与える時に一緒に食べさせたい食材

切った茄子

ナスの有用な成分をうまく活用するには、食材の組み合わせが重要です。組み合わせ次第で、ナスの健康効果をさらにプラスすることができます。

今回はナスと一緒に食べさせたい「食材の組み合わせ」を2つ紹介します。

わんちゃんの手作りゴハンやトッピングについて詳しい方から教えていただいた、組み合わせになります。

手作りゴハンやトッピングを実践されている方なら、すぐに実践できる組み合わせだと思いますので、ぜひお試しください。

お勧め①: 「なす」「おから」「胡麻」の組み合わせ

食材と含まれる健康物質

  • なす・・・ナスニン
  • おから・・・食物繊維
  • 胡麻・・・オレイン酸

ナスには血液をきれいにする効果のある「ナスニン」、オカラには腸の調子を整える食物繊維、胡麻には血液をサラサラにする効果のある「オレイン酸」が含まれています。

期待できる効果

  • 動脈硬化予防
  • 血中コレステロール減少

お勧め②: 「なす」「しいたけ」「ニンジン」の組み合わせ

食材と含まれる健康物質

  • なす・・・ナスニン
  • しいたけ・・・β-グルカン
  • ニンジン・・・β-カロテン

ナスにはがん予防に効果のある「ナスニン」、しいたけにはがん予防効果のある「β-グルカン」、ニンジンには抗がん効果のある「β-カロテン」がそれぞれ含まれています。

期待できる効果

  • ガン予防

まとめ

食べる

以上のように、ナスには犬にとっては素晴らしい栄養素があることがわかると思います。もちろん、愛犬の体調によって食べていい場合とそうでない場合がありますが、体調と与え方に注意すれば、とても良い野菜なのです。

野菜は、自らを守る為に少なからず毒素などを持っています。ですが、少量でしたら、愛犬に与えても問題はありませんし、またなすびのように「旬の時期に旬のモノを食べると良い」と言われているのは、実は旬の時期は野菜に含まれる毒素が少ないからです。

ナスには、愛犬の身体を守ってくれる素晴らしい栄養素が含まれていますので、ぜひ食べさせてみてください。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

記事の監修

  • 獣医師
  • 平松育子
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 40代 女性 PESCA

    茄子はわんちゃんのごはんにも使いやすい食材ですよね。
    我が家の畑でも育てていて、とても皮の柔らかい品種でとろけるように甘いみずみずしい茄子です。
    記事にも書かれてあるように、皮の固い茄子はわんちゃんの消化に良くないですね。
    雨が少ない夏など畑の水分が不足すると、茄子の皮はかなり厚く固くなります。刻んでも口に残るような感じです。
    最近は産直でもいろいろな品種が出回っていますから、皮の柔らかいタイプの茄子を選ぶと良いと思います。

    わんちゃんのごはんに、とろとろになるまで煮込んだりしますが、ナスニンは加熱にとても強いのですね。
    ですが、水溶性とのことなので、煮たスープごと食べさせるのもポイントですね。

    夏の野菜の茄子は、身体を冷やしますので、暑い季節にぴったりの食材ですが、食べすぎには注意したほうがいいかもしれません。
    熱を冷ます作用があるので、蒸し暑い時期のお散歩後のお夕飯に、またほてりや炎症を鎮める作用もあるのでスポーツをした日のごはんにも食べさせるようにしています。

    皮をむかずにそのままつかえる茄子は、忙しいときの調理も楽ですね。
    抗酸化作用のある茄子の皮の栄養をまるごと活かせるように、美味しく調理したいと思いました。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。