犬にとってもウナギは栄養満点!若返りビタミンで細胞の老化防止

3865view

犬にとってもウナギは栄養満点!若返りビタミンで細胞の老化防止

うなぎはビタミンの王様!老犬の滋養強壮はもちろん、愛犬の健康維持に役立つすぐれた食材です。マルチビタミンなうなぎの魅力をご紹介しましょう

犬にとってうなぎは好都合な食材?

うなぎは高価なので人間用のご飯でもなかなか手がでませんが、犬がたべて大丈夫な食材です。
しかも栄養満点マルチビタミンといわれるうなぎですが、そのうなぎに欠けているビタミンはなんだと思いますか?
それは犬が体内で作り出せるビタミンCなんです。
だから人間はビタミンCを含む野菜と一緒にたべるのが効果的ですが、犬にとってはまさにマルチな栄養を含んだ好都合な食べ物なのです。

ざるの中のうなぎ

うなぎの魅力にせまってみましょう!

うなぎの旬は実は初冬

うなぎは夏バテ防止や土用の丑の日と夏のイメージですが、水温が下がり始めて産卵のために回遊しはじめる準備の季節、冬の初めが一番栄養素を蓄えて美味しいのだそうです。
でも夏場にご飯を食べなくなる犬もけっこう多いようなので、そんな時は犬も人も同じ良質なタンパク質でのりきりたいものです。
また、旬といわれる初冬に、もしうなぎがお安く手に入れば季節に一回くらい犬にもたべさせてあげたいですね。

うなぎのすごい栄養素

うなぎの栄養素はどれも100g中の含有量が多いのでびっくりします。
ざっとあげてみましょう。
ついでに安価で手軽なアナゴと比較してみました。()内がアナゴです。

  • ビタミンA 2400ug(500) B1 0.37mg(0.05) B2 0.48mg(0.14)
  • ビタミンB6 0.13mg(0.10) B12 3.5mcg(2.3) D 18.0㎎(0.4)
  • ビタミンE 7.4mg(2.3)
  • EHA 742㎎(472)
  • DHA 1330㎎ (661)
  • カリウム 230㎎ (370)
  • カルシウム 130㎎(75)
  • 脂質 19.3㎏(9.3)
  • たんぱく質 17.1g(17.3)

ちなみにカロリーは生100gで、255k㎈(161)となります。
もちろんこれがすべての栄養素ではありません。
鉄、亜鉛、またビタミンCも少量含まれています。
うなぎがマルチビタミンといわれるのが一目瞭然ですね。

では、うなぎ100gとはどれくらいの量なのでしょうか?

調べてみると、一般的にスーパーなどでパックになっているうなぎ一匹は150g位のようです。
特大と書かれているもので180g前後、つまり100gの栄養は簡単に取れてしまうということです。

犬に与える量は?

うなぎは魚や肉と同じ動物性たんぱく質ですから、例えば、体重10kgの成犬で一回分なら70gくらい(約半分)でしょうか、ただし一緒に豆乳や、豆腐、おからなどタンパク質が入るときは少し減らしましょう。
カロリーは鳥肉よりは高いですが他の肉より低いです。
脂質が多いので、心配されるかと思いますが、生のうなぎは食べないので実際は焼いて少し脂分は落ちています。
また、うなぎの脂質は魚と同じ、不飽和脂肪酸なので様々な効果もあり食べ過ぎなければ犬にもよい効能を期待できそうです。

カットうなぎ

どんな効果が期待できるの?

肉の脂質との違い

うなぎの脂質は魚ですから高度不飽和脂肪酸とうもので、動脈硬化、高血圧、心筋梗塞を防ぐ働きがあります。
一方、牛肉などの飽和脂肪酸はそれらの病気の原因になるものです。
もちろん、これは人間の場合ですが、これら不飽和脂肪酸はEHA、DHA、オメガ3脂肪酸としてよく知られていますね。
このDHA.EHA、オメガ3脂肪酸は犬、特に老犬のご飯には老化防止にもなりおすすめです。

EHAは血管を丈夫にする効果、DHAは脳の働きをよくする栄養素で、脳細胞の成長を促進するだけでなく、痴呆の予防効果もあります。

ビタミン類

特に含有量の多いビタミンAは犬にも積極的に取らせたい栄養素です。
Aは目のビタミンとよばれ、角膜の健康維持に大切な役割をしています。
老犬の白内障予防にも取り入れたい栄養素です。
また、皮膚や粘膜の健康維持、免疫力を高める作用があることから、ガン予防のビタミンでもあります。さらにうなぎのビタミンAは、レチノールという効力の早い種類です。
また、若返りのビタミンとよばれるEはホルモンのバランスをコントロールし、細胞の老化を防ぎます。また、血行を良くする効果もあります。

そしてビタミンB群はエネルギーの生産を助けたり、疲労回復を早めたり、脳の働きを活発にするビタミンです。糖質の代謝や細胞の再生を促す働きもあり、普段の食事に欠かせないビタミン群です。
次にビタミンDはなんといっても犬にとっても大切な〝カルシウム〟の吸収を助けるという大切な栄養素です。うなぎはカルシウムも豊富なので一石二鳥ですね。

そして若返りのビタミンとよばれるビタミンEも多く含まれています。細胞の老化を防ぐ効果を持っているのでぜひ取り入れたいものです。
いかがですか?マルチビタミンなうなぎ、愛犬の健康のためにおすそ分けしたいですね?

犬に与える時の注意点は?

うな重

まず、うなぎを生で与えようという人いはいないと思いますが、生のうなぎの血液には毒があるそうなので生食はやめてください。
次にうなぎはスーパーなどでパックになっているものは、たれが別についていても、かば焼きにしてあるものが多いので、この場合はたれを洗い流して他の野菜や、キノコなどと合わせて煮て与えるようにしましょう。
白焼きが手に入ればそのほうが良いですが、白焼きは一度しか焼いていないため、かば焼きになっているものより、脂質は多いです。
うなぎの脂質は良いものですが、太り気味の犬には控えめに、または油をすこし落としてから使いましょう。

また、うなぎのビタミンや脂肪酸の量はほとんどが一日の理想摂取量を簡単に取れてしまうほどなので、少ない量で充分です。納豆や、豆乳など良質で吸収の良いたんぱく質とあわせて、総たんぱく量としましょう。

まとめ

うなぎは頻繁に食べるものではありませんが、これだけバランス良く栄養を含んでいて、しかも含有量が多いことから、少しの量で栄養が取れます。
食欲のおちる夏場や、あまり量を食べられない老犬の体力維持にも役に立つと思います。

そうはいってもお値段も高く、なかなかてが出ませんよね?
そんな時はうなぎによく似た〝あなご〟もおすすめです。

上に記したようにうなぎと比較すると栄養素の量は少なく見えますがビタミンA、E、Dに関してはあなご100gで成人の一日の必要量を含んでいます。
きざみあなごのパックなど、お値段も安いので取り入れやすいですね。

愛犬の体質や年齢にあわせて時には〝うなぎ〟を奮発してあげてはいかがでしょうか。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!