犬に山芋を食べさせても大丈夫?与え方やアレルギーなどの注意点まで

犬に山芋を食べさせても大丈夫?与え方やアレルギーなどの注意点まで

犬が山芋を食べても大丈夫なのでしょうか?山芋といえば人間でも触ると痒くなる成分がありますが、犬も痒くなるのでしょうか?ここでは、犬に山芋を食べさせる時の注意点や、栄養と効果、与えてもいい量の目安、与え方などご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬に山芋を与えても大丈夫です

山芋

山芋は犬が食べても問題のない食材です。生のままで与えることもできますし、加熱して食べさせることもできます。

後述しますが、いくつか注意する点もあるため、山芋の特性を理解した上で愛犬に与えるようにしましょう。

山芋は「山のうなぎ」と言われるほど栄養が豊富で、薬膳料理の中でも代表的な食材になっており、漢方では「山薬(さんやく)」といわれています。

ちなみに、「山芋」とは「ヤマノイモ科ヤマノイモ属ヤマイモ」に分類されるいも類の総称です。ヤマノイモに分類されるイモには、「銀杏芋(いちょういも)」「長芋(ながいも)」「大和芋(やまといも)」「自然薯(じねんじょ)」などがあります。

そんな山の幸「山芋」の与え方や注意点などについて見てきましょう。

山芋の与え方

山芋の与え方

小さくカットする

犬は食べ物を丸呑みする習性があるため、山芋を与える際は、喉に詰まらないように小さくカットして与えるようにしましょう。また、皮には痒みの原因となる成分が含まれているので、カットの際に取り除くことをオススメします。

水分を加えて粘り気を少なくする

山芋をすりおろすと粘り気が増します。そのまま与えると、粘り気により喉に詰まらせてしまう子もいるため注意が必要です。山芋をすりおろして与える際は、水やスープなどを加えて粘り気を少なくしてから与えると良いでしょう。

皮膚につかないようにして与える

山芋を触ると痒くなることがあります。この痒みは、山芋に含まれる針のような形状をした「シュウ酸カルシウム結晶」が原因で引き起こされます。

シュウ酸カルシウム結晶は、山芋の特に皮の周りに多く含まれており、皮を剥いたりすりおろした時にイモのほうに溶け込みます。そのため山芋が皮膚に付着した時に、針状の結晶に刺激されて痒みが発生するのです。

山芋の痒みが引き起こされるメカニズムはこのようになっているため、犬に食べさせる際はできるだけ皮膚に山芋がつかないようにしてください。

山芋をすりおろした場合は、スプーンなどを使って直接口の中に入れてあげるのもひとつの方法です。

【 痒みの原因を抑える方法 】
山芋の痒みの元となるシュウ酸カルシウム結晶は、酸に触れると溶ける性質があります。ですので、山芋を酢水やレモン水につけることで、痒みの原因を薄めることができます。

しかし、犬は酢やレモンなど酢っぱいものが苦手なため、酢水やレモン水につけた後は水で洗い流すようにしましょう。

また、シュウ酸カルシウム結晶は皮に近いほど多く含まれているので、山芋の中心部のみ与えることでも痒みを軽減することができます。

与えてもいい山芋の分量

山芋を与えるときの量の目安

一般的に、犬に主食以外の食べ物を与える際の目安量は「一日に必要なカロリー量の20%以内」といわれています。

山芋は種類によって100gあたりに含まれるカロリー量が違いますので、食べさせるものによってきちんとカロリー計算をするようにしましょう。

100gあたりのカロリー量(塊根、生)
 山芋(長芋)     :65kcal
 銀杏芋(いちょういも):108kcal
 自然薯(じねんじょ) :121kcal
 大和芋(やまといも) :123kcal

例として小型犬(5kg)の場合、一日に約115gが山芋(長芋)の適量となります。なお、必要なカロリー量は個体差がありますので、下記の記事も合わせてご参考ください。

関連記事
犬に必要なカロリー計算!餌の量の早見表(体重・年齢別)
犬に必要なカロリー計算!餌の量の早見表(体重・年齢別)

最近、犬のカロリーを気にしている飼い主さんが増えてきました。ポッチャリした犬はかわいいけれど、太りすぎは健康に良くないですし、足や腰にかかる負担が気になります。ですが、成長期の子犬は高カロリーの食事が必要ですし、避妊、去勢をした成犬、中高齢犬とでは必要なカロリーに差があります。今の犬に必要なカロリーはどれくらいなのか?どのように計算したらよいのか?気になりますね。今日は犬に必要で、最適なカロリーと、その計算についてお話ししたいと思います。

  • 暮らしの情報
  • 生活の知恵

山芋を与える際の注意点

山芋を与える際の注意点

皮膚疾患がある場合

アトピー性皮膚炎など皮膚が弱い犬の場合は、大事をとって山芋は与えないほうが良いでしょう。何かのきっかけで山芋が少し皮膚に触れただけで、全身に皮膚炎が広がってしまう可能性があります。

腎疾患がある場合

山芋はカリウムを多く含みますので、腎疾患がある子の場合には注意が必要です。

ただし腎疾患の場合は、高カリウム血症と低カリウム血症があります。低カリウム血症の場合は問題はないですが、高カリウム血症の場合は山芋を食べさせるのは控えたほうが良いでしょう。

いずれにせよ、自己判断はせずに動物病院で獣医師さんに相談して、与える与えないを決めていきましょう。

腎臓や尿路系に疾患がある場合

山芋にはシュウ酸カルシウムが含まれているため、過剰摂取すると尿路結石になる可能性があります。特に、腎臓や泌尿器が弱い子は注意が必要です。

ネット上の情報では「山芋は腎臓にいい」と書かれている場合がありますが、それはあくまで健康体の場合です。腎臓や尿路系に疾患を抱えている場合は、決して自己判断せず医師に相談するようにしてください。

関連記事
犬の尿路結石は毎日の食事ケアで予防しよう!
犬の尿路結石は毎日の食事ケアで予防しよう!

犬に多く発症している病気「尿路結石」をご存知でしょうか。治療には長期間の薬の服用や、外科手術が必要で再発率も高い厄介な病気です。完治が難しく治療や予防に注意が必要な尿路結石についてまとめてみました。

  • 病気
  • 病名

アレルギー症状が現れることも

山芋のシュウ酸カルシウム結晶による痒み発生も考えられますが、そもそも山芋自体に食物アレルギーを持っている場合もあります。

愛犬に初めて山芋を与える時は、まずほんの少量で試して、痒がったり嘔吐したりしないか様子を見ながら与えるようにしましょう。

関連記事
目が赤い!?毛が抜けている!?犬のアレルギーについて
目が赤い!?毛が抜けている!?犬のアレルギーについて

なんだか最近、愛犬がいつも以上に痒がっていたり必要以上にゴロゴロスリスリしていたりしていませんか?もしかするとアレルギーの症状かもしれません。人間でも辛いアレルギー。犬はどんな物がアレルゲンになりどんな症状が出るのでしょうか。気軽に試せる改善法もご紹介します。

  • 病気
  • 症状

与え過ぎに注意

山芋が栄養豊富で犬の健康にも良いからといって、食べさせ過ぎには注意が必要です。

食物繊維が豊富なため、適量でしたら腸内改善に良いですが、与えすぎると消化不良による下痢や嘔吐、便秘などの症状が現れる恐れがあります。そして、シュウ酸カルシウムの過剰摂取による尿路結石の恐れもあります。

また山芋は、カロリーがそこそこある種類もあるので、食べすぎは肥満の原因にもなります。与えていい分量を参考に、主食となるフードのトッピング程度で食べさせるようにしましょう。

山芋の栄養素と健康効果

栄養素と健康効果

アルギニン

アルギニンはアミノ酸の一種で、体内のアンモニアを解毒し尿素に変換する働きがあります。アンモニアは、タンパク質を分解するときに発生します。ですので、タンパク質の摂取量が多くなるとアルギニンの必要量も増えてきます。

そのため、タンパク質の多いごはんを食べている場合は、積極的に摂りたい成分です。また、アルギニンには疲労回復や免疫力アップ、血管を拡張する作用による血行促進、腫瘍の進行を遅らせる効果もあります。

アミラーゼ

アミラーゼ(別名 ジアスターゼ)は、胃腸薬にもよく使われる成分で、その用途からも分かるとおり消化を助ける働きをしています。そのため、胃もたれ・食欲不振の改善や、整腸作用などの効果が期待できます。

また、アミラーゼは、炭水化物に含まれるでんぷんを消化する酵素で、人間は唾液に含まれています。しかし、犬の唾液にアミラーゼは含まれていません。そのため、ドッグフードを食べている犬の消化を助ける効果が期待できる成分といわれています。

ビタミンB群、ビタミンC

ビタミンB1やB2、B6などが山芋には含まれており、でんぷん質を分解しやすい形に変えたり、炭水化物や脂質をエネルギーに変える力があります。その働きから滋養強壮、疲労回復、免疫力向上が期待されます。

また、山芋にはビタミンCも含まれています。ビタミンCは、抗酸化作用があり老化防止や皮膚や被毛の健康維持、抗ストレス効果、関節炎などの関節の消耗に関する病気予防の効果が期待できます。

カリウム

カリウムはミネラル成分のひとつで、ナトリウムと共に体液のバランスを保つ役割があります。細胞が機能するために必須の成分で、神経刺激の伝達や様々な代謝にも関与しています。

食物繊維

食物繊維には、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌が排出されやすい腸内環境を作る効果が期待されています。便秘ぎみの犬に与えるのも良いでしょう。

まとめ

与え方さえ気をつければ、犬にとっても健康効果が期待出来る成分がたくさん含まれている山芋。手作り食に取り入れてみたり、人間用に使うときにちょこっとごほうびであげてみたりしてみるといいかもしれないですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。