犬が肉きゅうを舐める理由について

【獣医師監修】犬が肉きゅうを舐める理由について

お気に入りに追加

愛犬が肉きゅうを頻繁に舐めている...なんていうことはありませんか?ちょっとした時間に犬が肉きゅうを舐める程度でしたら気にすることもありません。ですが、あまりにも長時間、犬が肉きゅうをペロペロと舐めているようでしたら、注意しなければいけないかもしれません。

150507view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が肉きゅうや手足を舐める理由

チワワ

犬は自分の身体をよく舐めるもの、大好きな飼い主さんのことをペロペロしちゃう子もいますよね。
ですが中には、長時間手足をペロペロと舐めてしまう子もいます。
ちょっとの時間でしたら気にすることもないのですが、あまりにも長時間ペロペロと舐めているようでしたら、注意しなければいけないかもしれません。

犬が肉きゅうにケガをしている

お散歩中に足の裏にトゲが刺さってしまったり、肉きゅうが擦れてしまったり、真夏など暑い時期でしたらヤケドをしてしまったり...冬は乾燥でヒビ割れを起こすことも。
こういった場合、犬は傷がある部分を治すためによく舐めるようになります。
犬の唾液には殺菌作用がありますが、あまりにも長時間に及ぶと犬の口内細菌が傷口部分で繁殖してしまい、治すどころか傷口が炎症を起こしてかえってひどくしてしまうことがあります。
また指の間に赤い腫れができる「指間炎」を起こすこともありますので気をつけなければいけません。

犬の肉きゅうと指の間に異物がはさまっている

人間でも同じことがいえるかもしれませんが、指と肉きゅうの間に泥や小石などの異物がはさまってしまうと、その不快さが気になって舐め続けてしまう場合があります。
また足の裏の毛が伸びすぎて気になる時や、ツメが伸びすぎている場合なども異物同様、犬にとっては足裏が気になって舐めてしまう原因になってしまうようです。

犬が肉きゅうを舐めて退屈しのぎしている

そもそも遊ぶことが大好きな犬ですから、あまりにも暇を持て余してしまうと自分の肉きゅうを舐めて遊び道具のようにしてしまうことがあります。
人間に例えるなら指しゃぶりのようなものでしょうか。
ですが、それも舐めすぎると肉きゅうがただれたり炎症を起こしてしまうことがあり、そうすると今度はその痛みや痒みで舐め続けるようになってしまいます。
こうなると上記の肉きゅうをケガしている場合と同様になってしまうので、悪化する前の早期の治療が必要です。

犬の肉きゅうの皮膚に何らかのアレルギーがある

かゆい...

食べ物や植物など、犬には何らかのアレルギーを持っている子もいます。
そういった子たちがアレルギーを発症している時、痒みから皮膚を舐めたり噛んだりしてしまいます。

アレルギーの主な原因としては食べ物のほか、アトピー性皮膚炎、カビ、ノミやダニなどが考えられますが、いずれにせよ皮膚に何らかの異常が見られた場合には、早めに獣医さんを受診することをおすすめします。
特にアカラス症などしつこい皮膚炎の症状がみられた場合には、早期の治療が大事です。

犬がストレス発散のために肉きゅうを舐めている

人間でもストレスがたまっていてなかなか発散できない時には、貧乏ゆすりをしてしまう人がいますよね。
それと同じく、犬も何らかのストレスがたまると肉きゅうを舐めてどうにか発散させようとします。
こういった場合は、当然ですがストレスの解消が一番!
飼い主さんが一緒に遊んであげるなどして、運動させて犬の気分転換を図りましょう。
でないといつまでも肉きゅうを舐め続けてしまいます。

犬が肉きゅうのお手入れをしている

自分の身体が気になる時、また他の犬のニオイが気になる時など、それが気になってペロペロと舐めてしまうことがあります。
これは単に癖ですので、長時間同じ場所を舐め続けたりしないようであれがあまり気にしなくても大丈夫です。

犬が手足の肉きゅうをペロペロ...どうやってやめさせたらいいの?

ストップ

まず、少し舐める程度であれば気にしなくても大丈夫ですが、あまりにも長時間だったり頻繁に舐める行動をするようであれば、そこには何かしらのサインがあると思って良いでしょう。
症状によっては獣医さんに行ったほうが良い場合もありますので、くれぐれも見逃さないようにしてあげてくださいね。
特に肉きゅうに傷などができている場合には、できるだけ触れないようにして、悪化する前に早めに獣医さんを受診することをオススメします。

また、舐めることをやめさせたいのに、どうしてもやめない場合は。
エリザベスカラーをつけたり、犬用の靴や靴下を履かせることもひとつの手段です。
犬の苦手な味がするスプレー(ビターアップルスプレーなど)を使うことも良いかもしれません。
靴下をはかせるときには間違って食べてしまわないようにお気を付けください。

ちなみに筆者の飼い犬は舐め癖のある子ですが、舐め癖からお尻の炎症を悪化させてしまったことがあります。
そのためいろいろ試しましたが「舐め始めたら人間の手で止める」作戦が一番効果があった気がします。
傷口がある場合にはグッズが使えない時もあると思いますので、そんな時にはやはり飼い主さんの手で止めてあげるのが一番ではないでしょうか。

まとめ

笑顔

犬の鳴き方や行動には、必ず何かしらの意味がある...といいますが、「舐める」という行動もそのうちのひとつなのではないでしょうか。
ちょっとなら良いけれど、あまりにも度を越してしまう場合...これは舐めるだけに限らないと思いますが...そういった行動が見られた時には、飼い主さんが気に留めてあげる、または場合によっては早いうちに獣医さんに行くなどの対処をすれば、防げるケガや病気はたくさんあると思います。

人間と直接言葉でやり取りができない犬だからこそ、鳴き声や全身を使って伝えてくれるメッセージを見逃さないようにしたいものですね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 ミニー

    この記事を見て、犬が肉球を舐める事に理由があると初めて知りました。
    肉球を舐める事に関しては、「かわいいなぁ」ぐらいの感覚で、あまり注意していなかったです。
    今後は、病気やアレルギーの兆しでないか?など、注意しながらココアとの生活を送って行きたいと思います。
  • 投稿者

    30代 女性 のんのん

    記事にもある通り、少し舐める程度なら、退屈しのぎをしている場合があるのであまり心配はいりませんが、長時間しかも頻繁に舐める場合は肉球に怪我をしているかもしれませんよ。よーく観察して愛犬のSOSに気付いてあげてたいですね。
    もし怪我を見つけたら傷口の悪化を防ぐ為に、早急に舐めるのを止めさせて、動物病院を受診させてあげましょう!
  • 投稿者

    30代 女性 すず

    犬が肉球を舐める理由はいくつかあるのですね。私はわんちゃんなりのお手入れだと思っていました。
    愛犬も異常な時間舐め続けていたり、赤くなってしまった事があったので、アレルギーやその他の病気の疑いが無いか獣医さんに確認してみたいと思います。
  • 投稿者

    20代 女性 小夏

    愛犬が怪我した時はしつこいくらい肉球を舐めていました。乾燥が原因でひび割れしてしまっていたようで・・・でも、保湿クリームを塗って数日後ピタッとおさまりました。
    きっとケガを直すために本能で舐めているのでしょうね。
  • 投稿者

    40代 女性 mappy

    皮膚に異常が無く、肉球を舐めることが退屈や寂しさからきている行動なら、時には思いっきり抱っこしたり撫でたりしながら愛犬の気持ちを聞いてあげることも大事かなと思います。
    そして、思いっきり遊んで、身体と心が満足できるようなお散歩をしてお互いに楽しむことも!程よく疲れている状態の時は、舐めるのも忘れてきっと満足そうなお顔で眠っていますよ。
  • 投稿者

    50代以上 女性 あお

    我が家の犬もよく肉球を舐めています。
    足、とくに肉球を触ろうとするととても嫌がり、かみついたり(痛くはないのですが)なかなか触れさせてくれません
    気が付いたときはガサガサでささくれ立っている部分があり、とても痛そうです。
    保護クリームを塗ったり、靴下を履かせてみたり、いろいろやってみますがあんまり効果がないようです。
    靴下は特に違和感があるらしく、いつの間にか脱いでしまっています。
    もっと根気よくできればいいのでしょうけど、なかなか時間も作れず諦めていました
    犬の嫌いな匂いのスプレーがあることをはじめて知りました。
    今度試したいと思っています。
    小さいころからのケアがやはり大切ですね。


  • 投稿者

    40代 女性 momo

    我が家の愛犬も数年に亘って肉球の皮膚炎に悩まされました。そして、一番の問題がその炎症を気にして舐めてしまうという事です。結局舐める事でばい菌が入り、患部が腫れてしまい、抗生物質などを飲ませなくてはいけないので、愛犬にとっても悪循環となってしまいます。
    試行錯誤の末に、肉球に犬用も人間用も両方ある「くっつく包帯」をつけてみたり、靴下と人間用の靴下止めをつけてみたりして、舐める行為をストップすることによって炎症を防ぎました。犬は足に何かを付けられる事に抵抗があったりするので、まずは靴下などに慣れさせる事から始めなければいけないのですが、根気強く履かせたため、我が家では家の中でも外を歩く際にもちゃんと取らずにいてくれました。靴下などを履かせる際に注意する点としては、洗い替えを数点用意して、1日3回くらいは清潔なものに履き替えさせた方が良いと思います。舐め防止をしてもその中が蒸れて汚れてしまっては本末転倒ですので、手間はかかりますが、どうかまめに取り換えてあげて下さい。
  • 投稿者

    女性 白川

    眠る前にリラックスしている状態で肉球を舐めることもあります。怪我や気になる問題もなければ、おそらくは落ち着く行動なのだと思います。

    愛犬も肉球をよく舐めていました。ストレスの一種なのかと思い舐めないように都度注意したり、舐めないようにするためのスプレーなどを使ったりしていました。その後、日頃穏やかな性格なのに段々落ち着かなくなり、名前を呼んでも無視をするようになりました。足を舐めることを注意すると部屋から出て行き、物陰に隠れて舐めていたりもしていました。
    もしかしたら注意することがストレスになっているのかも、と気が付き、一切を止めたところいつもの性格に戻りました。

    思えば短時間しか舐めていませんでしたし、眠る前や横になる前しかやっていませんでした。犬によっては肉球を舐めることが、落ち着くための行動であることも視野に入れておいてほしいと思います。下手に止めることで、返ってストレスになってしまうことがあります。
    もちろん肉球の状態はこまめにチェックしてあげてくださいね。
  • 投稿者

    20代 女性 くっきー

    我が家でも愛犬が肉球をちょこちょこ舐めていますね〜。肉球だけでなく前足をペロペロしている時もあります。基本的に常に舐めているわけではなく、ふいにペロペロする程度ですので特に気にしてはいませんが、一時期頻繁に前足の肉球を舐めていたので気になり病院に行った際についでに診てもらいましたが、炎症もなかったので、おそらく暇つぶしかストレスかなぁとの事でした。
    そのうち頻繁に舐めることはなくなりましたが、頻繁に舐めると気になりますよね。

    わんちゃんはお散歩の時など素足のままですから肉球の間に異物などが入ったり怪我をする危険もあります。お散歩をする中で、愛犬がガムを踏んでしまった事や植物のトゲ?みたいなものが肉球と肉球の間の毛にくっつき絡まったりと怪我ではないのですが異物がついてしまい、歩き方が明らかにおかしくなったときがありました。怖がりな愛犬ですので本人もびっくりしたのか、とんでもない取り乱しようだったので初めは何か怪我??足を痛めた??と心配しました(T ^ T)
    ガムはべったりくっついていてバリカンで刈らなければ取れなかった為、そのまま病院で刈って貰いました。夏場はやけどにも注意ですし、お散歩で肉球が乾燥してカサカサになりやすいので、肉球クリームで保護してぷるぷるな肉球を保つようにしています。
    愛犬が肉球を舐めるのは、退屈しのぎやストレスなども多いと思いますがアレルギーも意外と気づかないうちにあったりするんですよね。
    肉球を見て赤みがあったり、あまりに頻繁に舐めるようなら検査を受けるのもいいかもしれませんね。ご飯の種類を変えたばかりなら、合ってないのかもしれないですし元のご飯に戻すのも良いのかなぁと思います。
    炎症が起きてしまうと治るのにも時間がかかってしまいますし、舐めないようにエリザベスカラーなどつけると愛犬にもストレスがかかりますし、早めに解決してあげたいですよね。
    肉球は清潔にするのが大切ですが、清潔にしすぎずお散歩の前後には肉球クリームなどで保護してあげて下さいね♫
  • 投稿者

    40代 女性 たけ

    4才のトイプードルがいます。
    ここ最近、肉球を舐める行為が続いています。
    マッサージで、小さい頃からプニュプニュ押さえて触るのですが、舐め始めた頃も今まで通りさせてくれます。
    何かあるのかと思い見たのですが、見当たりません。
    そのうち、舐めては顔を洗うの繰返しです。
    これって猫がやるのでは?!
    一週間後にトリミングがあるので、よく見てもらい、必要なら病院へ、そうでなければ、血筋のどこかに猫が入ってると思う事にします!
  • 投稿者

    女性 もふころ

    我が家の愛犬も肉球ペロペロはよくやる方ですが、ある時異常に舐めているのに気が付き見てみると、松の葉が刺さっていました。そんなに挟まらないよ~と思っても、意外に葉などが刺さっていたりします。歩き方もぎこちなくなるので、おかしいと思ったらよく見てあげるといいですよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。