犬に牡蠣 食べていいものわるいもの

犬に牡蠣 食べていいものわるいもの

お気に入りに追加

牡蠣と言えば、海のミルクとも言われるほど栄養満点な食べ物ですよね。多くの飼い主さんは愛犬にも栄養のある物を食べさせたいと思うはず!という訳で、牡蠣は犬に与えて良いのか悪いのかをまとめてみました。

17002view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬に牡蠣を与えても大丈夫!

殻のついたたくさんの牡蠣

牡蠣、美味しいですよね。
プリッとして中身がぎっしりと詰まった食感は、一口食べただけでもその栄養の豊富さが分かるくらいです。

人間とはまた違い、犬にとっては食べて良いものと食べたら危険な食べ物がありますが、牡蠣の場合はどうなのかと言う事をご存じでしょうか?

調べてみた所、どうやら牡蠣は犬が食べても大丈夫な食材のカテゴリーの中に入っているようです。

よく、犬には貝類はあげてはいけないという話を耳にしますが、私も気になりました。

そこで牡蠣の場合にはどうなのかを調べてみたところ、しっかりと加熱をするならばあげても良いという事のようです。

牡蠣はとっても高価な食材なので、頻繁にあげるという訳にはいかないでしょうが、たまにあげる食材としてはとても優秀な栄養価を持っています。

私の経験では牡蠣を犬にあげてみた事が無いので犬の反応はわかりませんが、普通に犬の手作りご飯の食材として使っている方がいるようなので、犬も牡蠣を食べるんだという事を知る事が出来ました。

犬に牡蠣を与えるた時の効果

鼻と肉球が見やすい状態のダックス

牡蠣の栄養素

牡蠣にはどんな成分が含まれているのかを知っていますか?

  • 亜鉛
  • タウリン
  • 鉄や銅などのミネラル成分
  • たんぱく質
  • ビタミンB1・B2・B12などのビタミン類
  • アミノ酸
  • グリコーゲン

牡蠣は、このように生き物にとって豊富な栄養素がバランスよく含まれている食材なのです。
さすが海のミルクと言われるだけの事はありそうです。その中でも、特に亜鉛の含有量は他の食材と比べてもかなり多いと言う特徴があります。

犬にとっての亜鉛の役割

亜鉛という成分は、犬の皮膚や被毛を健康的に保つために重要な役割を果たしてくれています。
犬の身体に亜鉛が足りなくなると、皮膚の角化がスムーズに行われなくなってしまうので、皮膚や足の肉球、またお鼻の部分がカサカサしたり滑らかさが失われてしまったりするようです。

犬の被毛

普段、良くバランスが考えられたドッグフードを食べている犬はそんなに心配する必要はありませんが、手作りご飯をあげている犬の場合では不足してしまう可能性も有ります。
また、長毛種の犬でも、換毛期という被毛の抜け替わるシーズンには亜鉛を沢山必要とするので、不足してしまう事もあるようです。犬の様子を観察して、亜鉛が不足していないかどうかチェックしてみて下さいね。

犬の亜鉛が不足しているときの症状

  • フケが出ている
  • 顔や鼻周辺、胸やお腹などに脱毛がある
  • 肉球やお鼻がガサガサしていて滑らかでない
  • 色素が抜けて来た
  • 被毛のしなやかさが無くなって、毛艶が悪い
  • 傷の治りが悪い

こんな症状がみられたら、亜鉛不足を疑ってみても良いかもしれません。

手作りご飯で亜鉛が不足を補う

手作りご飯を愛犬に作ってあげている飼い主さんはご存知かも知れませんが、犬の亜鉛の必要量って結構多いです。
そんな時、サプリメントで補うのも良いですが、亜鉛が豊富な牡蠣をご飯に混ぜてあげるのも良さそうです。亜鉛は身体に蓄積されるものなので、毎日では無く、たまにあげる位で充分のようです。
皮膚トラブルで調子が悪かったりする時や、亜鉛を必要とする換毛期などに限って与えるのも良いかも知れませんね。

犬に牡蠣を与える際の注意点

網で加熱している牡蠣

さて、牡蠣を犬に与える時には「しっかりと加熱してから」与えるようにして下さい。
生の貝類に含まれているチアミナーゼでビタミンB1が欠乏してしまう事があるからです。
犬に貝類がダメと言われているのは、このチアミナーゼのせいなんですね。

チアミナーゼは加熱すれば分解してしまうものなので、加熱すれば心配は無くなります。
ちなみに貝類だけでなく生のお魚にも含まれているので、犬に魚介類を生で与えるのはやめておきましょう。

また、人間でもそうですが細菌やウイルスに汚染された牡蠣を食べる事による、食中毒も心配です。
茹でたり、ソテーしたり、蒸したりしてから与えるようにしましょう!

あと、魚介類は犬にとっては消化しづらいもののようです。
与えるならば、細かく刻んだりミキサーでペースト状にすると吸収には良いですよ。

まとめ

普段バランスの取れたドッグフードを食べていても、換毛期や皮膚の調子が悪いときなどには、亜鉛のたっぷり含まれた牡蠣をサプリメント的に与えるのは効果的です。

出来れば人工的なサプリメントよりも、自然な食物から栄養素を摂ってもらいたいという人は多いかもしれませんし、そんな時には牡蠣は役に立つ食材と言えそうです。

私は牡蠣を与えてみたことはありませんが、うちの愛犬はマグロなどの魚介類をとても美味しそうに食べます。
犬も意外と魚介類が好きなのかもしれませんね。

今度の換毛期には、私も愛犬にすこ~し牡蠣をあげてみようかなと思いました♪

ただ、今まで与えたことのない食材を与える時には、その後の体調チェックは十分してあげてくださいね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 ゆべし

    犬に牡蠣、贅沢ですね~!味を覚えられちゃったら大変です。基本的に生ものは消化に悪いので、牡蠣も加熱して細かくしたものを少量だけ与えるなら大丈夫ですね。

    牡蠣に含まれるビタミンB1分解酵素を摂りすぎると、ビタミンB1欠乏症を引き起こす可能性があります。発症すると嘔吐、食欲不振、元気がなくなりふらつくようになるなどの症状が見られます。このビタミンB1分解酵素は加熱すると効果がなくなるため、牡蠣を与えるなら必ず加熱する必要があります。

    牡蠣に含まれる栄養素の中に、犬が自らの体内で生成できるタウリンなどがありますが、これらはどうしても牡蠣から摂取しなくてはならないという成分ではありません。ですが、タウリンは食欲の回復に役立つことからプラスの面も多く持ち合わせています。高齢になったわんちゃんには少量から与えると効果も期待できそうですね。

    牡蠣を与える際には合う食材も一緒に調理すると相乗効果でさらにプラスになります。牡蠣と合うのは鶏肉、納豆、豆腐、にんじんなど。肝機能の向上や動脈硬化予防、皮膚の改善に有効的です。

    牡蠣は貝毒などの心配もあることから、あえて与えなくてもいい食材ですが、調理方法によってはとても効果のある食材にもなります。愛犬が好むようなら少しの量から与えてみるのもいいのではないかと思います。
  • 投稿者

    女性 ふうた

    貝類は絶対NGだと思っていました。加熱すれば、そのNG成分は分解されるんですね。なるほどです。牡蠣が金属物質が豊富、というのはまさに金属の味がしますもんね。以前愛犬の毛の艶がなくなり、ぱさぱさになってしまったことがありました。動物病院で相談すると、獣医さんに「手作り食を与えていますね」とすぐに当てられてしまいました。手作り食は、亜鉛などのミネラル類が不足しがちなんだそうです。良かれと思って手作り食にしていましたが、盲点でした。素人では栄養計算がきちんとできませんから、やはりドッグフードを与えた方が栄養成分に偏りがなく愛犬の健康のためには良いのかもと悩み、以後朝ごはんはドッグフード、夜ご飯は手作り食、としました。栄養バランスもそれ以来気を遣うようになり、半年ほどで毛艶は戻ってきました。
  • 投稿者

    40代 男性 さっちゃんさん

    うちの家には牡蠣(国産の冷凍)を肉類と同程度の量を食べさせていますよー。




この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。