犬の歯医者さんとは?料金や施術内容、関東にある病院情報も

犬の歯医者さんとは?料金や施術内容、関東にある病院情報も

お気に入りに追加

犬を歯医者さんに連れて行ったことはありますか?ほとんどの飼い主さんが歯のトラブルは動物病院で診察してもらうのではないでしょうか。数は少ないながらも犬の歯を専門に診ている病院があります。口腔トラブルが重症化してしまった時は専門医に見てもらうのが一番ですよね。今回は犬の歯医者さんについて詳しくご紹介します。

7475view

犬の歯医者さんは歯科専門の動物病院

犬の歯を診察する歯医者さん

普段,愛犬に体の不調がある時にお世話になるのは,通いなれている動物病院ですよね。例えば、愛犬の口臭や歯の調子が気になっても、まずはお世話になっている獣医さんに診てもらうと思います。

動物病院の獣医さんは総合医の方が多く、犬の心身の健康面から内臓の疾患、皮膚の病気、婦人科、もちろん歯科と幅広く診察してくださいます。

かたや犬の歯医者さんとは、もちろん歯科の専門医で歯科治療のプロフェッショナルでもあります。動物病院で行える歯科の治療も多いのですが、犬の歯科治療には、より深い専門的な知識と技術が必要になるので動物病院での対応には限界があるとも言われています。

犬の歯医者さんには歯科に対する深い知識と、治療に対する確かな技術をもつ獣医さんと、より高度な専門機材が揃っています。犬の歯医者さんは全国的にまだ少ないのですが、犬の口腔トラブルが動物病院で対応しきれない時は専門医に診てもらうのが1番でしょう。

犬を歯医者の施術内容・料金

歯ブラシを受ける犬

抜歯

料金

5,000円~10,000円

犬に抜歯が必要になるケースは、乳歯の生え変わりがうまくいかず、永久歯の成長に悪影響を与えるときや、虫歯、歯周病、歯が折れてしまい歯医者さんでも治療が困難な時などです。

もちろん歯医者さんは専門医なので、犬の歯を抜かずに済む治療も行ってくれますが、歯の温存が難しいケースは最終手段として人間と同じく抜歯になります。

抜歯のまえに犬が全身麻酔に耐えられる体調かどうかの健康診断があり、血液検査やレントゲン、心電図の検査を行います。体調に問題が無ければ抜歯オペを行います。

料金は乳歯か永久歯かにより変わりますが1本につき5,000円~10,000円程度の歯医者さんが多いです。
この料金に健康診断の検査代が加わりますのでプラス10,000円強はかかる事が多いです。

スケーリング

料金

7,500円~70,000円

スケーリングとは歯医者で行う歯石除去のことです。人間と同じで犬も歯石を取り除くことで歯周病の予防ができます。実は犬が虫歯になる率は非常に低く、絶対に虫歯にならない訳ではないですが、犬の口腔トラブルは歯石から起こる歯周病が圧倒的に多いと言われています。

スケーリングの料金は全身麻酔をして行うか、無麻酔で行うか、また犬の歯の状態や体重でも変わってきますが7,500円~70,000円ほど。歯医者さんによってかなり料金に差があります。

また犬の歯医者さんでは保険適応している歯医者さんも多いのですが、スケーリングを含み審美目的での治療は保険が適応されないケースがありますのでご注意ください。

歯内治療

料金

30,000円~60,000円

犬の歯内治療とは歯が折れたり割れたりした時や、大きな虫歯が出来たときに歯医者で行う治療で費用は1本で30,000円~60,000円程です。

犬の歯の先端が少しだけ欠けてしまった時は、表面を滑らかにする処置だけで済みますが、エナメル質が欠けて神経が露出してしまった時や、歯根から折れてしまった時に専門的な歯医者で行う治療になります。

神経が露出している場合は犬は大きな痛みを感じていますので、歯が折れてしまった時はすぐに歯医者に診てもらいましょう。歯が折れて間もない時は神経を残す治療も出来ますが、時間が経ってしまうと神経を抜いて詰め物をする歯内治療を行うことになります。

関東にある犬の歯医者さん

犬の歯を診察する歯医者さん

OCEAN’S PET CARE CENTER

神奈川県横浜市にある日本で1番始めにできた、犬専門の歯医者さんです。私たち人間が歯医者で受ける治療と同じ治療を犬にも行うことが出来る歯医者になります。

もともと人間の歯医者さんだった方が担当の歯科医で、ご自宅の愛犬にもご自身でスケーリングなどの口腔内の処置を行っているようです。

担当の歯科医と獣医さんで連携しているのも頼もしいところ。口コミでは清潔で高級感が漂う院内と優しい犬が好きな先生やスタッフさんがいるとの情報もあります。そんなところも飼い主としては通院しやすく嬉しいですね。

動物病院の歯科治療と比べると、歯医者さんは少し料金が高いですが、高い専門知識と確かな技術が人気の歯医者なので安心して犬を診てもらえますね。

【住所】神奈川県横浜市港南区日野南4-2-7
【診療時間】10:00~13:00 16:00~20:00
【休診日】毎週木曜日
【アクセス】
①JR根岸線 港南台駅下車
②港南台駅バスターミナル6番乗り場、船19(大船駅行)もしくは108(港南車庫行)バスに乗車
③「藤ヶ沢」バス停下車、徒歩1分

わんこの歯医者さん

東京の渋谷区代々木にあるわんこの歯医者さん。麻酔を使わない歯石取り専門の犬の歯医者さんで高齢や内臓疾患を抱えていて、全身麻酔を行えない犬の歯石を取り除いてくれます。

麻酔なしで歯石除去が可能かどうかの問診から始まり、トータル的に費用がいくら位かかるかなど事前に伝えてくれますので安心できる歯医者さんですね。

歯石除去自体は超音波振動の専用器具を使い、最終的には歯の表面をツルツルに仕上げてくれます。無麻酔のため料金がお安く7,500円で済むのも嬉しい歯医者さんです。

麻酔を使わない歯石除去は歯周ポケットの中や、歯の裏側の歯石を取り除くのが困難なため歯周病が進行している犬は対応できない事もあるようです。

また、こちらの歯医者の獣医師さんが開発した「Dr.YUJIRO」と言うデンタルケア商品が人気で、天然成分のハタ乳酸菌を使用したパウダーやジェルなどがあります。フードに混ぜたり歯磨きの時に使用したりと、使い方は様々ですが、口臭が減った、歯石がポロリと取れたなど、確かな効果を感じている口コミがとても多いです。

楽天やアマゾンでも販売されているので、気軽に購入できます。高齢や病気など全身麻酔が難しい犬におすすめです。

【住所】東京都渋谷区代々木3-48-5 小野木ビル西参道 B1F
【診療時間】10:00~18:00
【休診日】不定休(完全予約制
【アクセス】小田急線 参宮橋駅から徒歩約7分 JR山手線・中央線・代々木駅から徒歩 約15分

動物歯科クリニック 花小金井動物病院

こちらも東京にある歯医者さんで、予約がなかなか取れない人気の犬の歯医者さんです。先生や看護師さんがとても親切で、治療内容をとてもわかりやすく説明してくれようです。犬を中心に他の動物も診察しています。

歯周病の予防や治療に熱心な歯医者さんで、他の動物病院で歯周病により抜歯をすすめられた犬の歯も、こちらで診察してもらうことにより抜歯しない治療を行うことが出来たケースもあります。

人間の歯医者もそうですが、簡単に抜歯してしまおうとする歯医者さんってたまに居ますよね。抜くのは本当に最終手段として考えてくださる先生は、とても信頼できると思います。

こちらの歯医者さんのホームページに、犬の歯周病予防は歯石を取る事ではなく、付かないようにすること、との言葉があり、飼い主さん向けに犬の歯磨き教室や歯周病教室なども行われています。

【住所】東京都小平市花小金井南町1-13-20 高梨ビル1F
【診療時間】月から金曜日:9:30〜18:00、土曜日:9:30〜12:00
【休診日】日・木・祝祭日

犬の歯の健康を守るには

歯ブラシをくわえた犬

犬の歯周病は成犬に非常に多い病気で歯石に含まれる細菌により、歯の周りの歯周組織が炎症している状態です。

歯や歯茎の健康を損なうだけでなく歯周病細菌が全身に運ばれると、心臓や肝臓の病気を引き起こし最悪の場合は、歯周病が死亡の原因になってしまう事もあります。こうなってしまうと、もちろん歯医者さんだけでは済みませんよね。

犬は人間よりも短期間で歯石がつくと言われています。歯石予防や歯石除去など歯周病の予防方法をご紹介します。

歯磨きをしましょう

愛犬は毎日ご飯を食べますよね?犬の食べたものの食べカスが口内細菌から歯垢になり、3~5日の間に歯石に変化します。歯石になってしまうと、ご自宅での歯磨きケアで取り除くことは難しく歯医者さんにお世話にならなくてはいけません

小まめな歯磨きケアで歯医者に行かなくてもよい状態を保ってあげましょう。歯磨きに慣れてもらうように、まだ乳歯ではあってこも、子犬のうちから歯磨きの習慣をつけると良いよいですね。

いきなり歯ブラシで磨こうとしても嫌がる犬が多いと思います。まずは口周りに触れることからはじめて、犬の抵抗感がなくなったら指で歯に触れてみましょう。その後、歯磨き用のシートや歯ブラシを見せて、まずはその物自体に慣れてもらいましょう。シートや歯ブラシに抵抗感がなければ、歯磨きジェルなどをつけて一本ずつ丁寧に磨いていきます。

歯磨きケアは犬の歯医者さんでも推奨されていますので、ぜひ毎日のケアに取り入れてみてください。

歯磨き用のオモチャやガムを与える

飼い主さんがどんなに努力しても、歯磨きを嫌がる犬とはとても多いです。だからと言って頻繁に歯医者さんで歯石除去をしてもらう訳には行きませんよね。歯磨きが苦手な犬には、歯磨きガムやデンタルケア用の噛むオモチャを与えてみましょう。

歯医者さんでの歯石除去や歯磨きほどの効果や期待できませんが、噛むと言う行為で唾液の分泌を増やし、歯垢や歯石の蓄積を軽減してくれます。

歯磨き用オモチャはまんがいち、噛み砕いて飲み込んでしまっても、安全な素材のものを選んでください。犬の歯磨きガムは牛皮や豚皮、鹿の角やひづめなど様々な商品が販売されています。

飼い主さんが手に持って、歯垢や歯石が気になる部分の歯があたる様に犬に噛ませましょう。飼い主さんが手に持たず、犬にガムを与えてしまうと、大きいまま丸飲みする事があるので目を離さないようにして下さい。

ガムもオモチャも硬すぎるものは、犬の歯が割れたり欠けたりする原因になりかねません。それでは逆に、歯医者さんにお世話になることになるので、適度な硬さの物を選んであげて下さいね。

歯周病予防のサプリやスプレーを使用してみる

どうしても犬の歯磨きが出来ず、オモチャやガムでの対応だけでは心配なとき、歯周病予防のサプリやスプレーもおすすめです。サプリはフードにふりかけて食べるものや、スプレータイプの商品があり唾液の質を上げて口腔環境を良好に保ってくれます。

また歯石除去スプレーと言う物も数多く販売されていて、犬の口内に継続してスプレーするだけで、歯垢や歯石の除去に効果を発揮してくれると言う優れものです。

すべての犬の歯の状態に絶対的な効果がある訳ではないと思いますが、上記で紹介した歯医者さんが開発したパウダーやジェルのように評判のよい商品もあります。歯医者での歯石除去が難しい犬は、1度試してみても良いと思います。

まとめ

犬の歯を磨く人

人間でも歯医者さんが苦手な方って多いですよね。言葉で通じ合うことが出来ない犬は私たちより更に歯医者さんに対する恐怖心は大きいのではないでしょうか。

近隣に専門医である犬の歯医者さんがいてくれると心強いですが、日本ではまだまだ少ないのが現状です。歯医者での治療が必要にならないよう、歯周病予防を頑張ってみましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 ちえ

    人間もワンコも、健康な内臓は歯の丈夫さからなんですよね。歯がボロボロだと身体も弱ってきますし、日ごろのケアが最重要だと思います。記事によると、ワンコの歯の治療に全身麻酔をかける場合があるとの事でした。シニアになってから慌てても負担になるので、あらためて若いうちにキチンとケアしておかなければと思いました。
  • 投稿者

    20代 女性 koz

    愛犬が小さな頃から歯の健康には気を付けていました。記事にもあったように、犬の歯科治療のためには全身麻酔が必要なケースが多いということを知ってから、何としても予防を熱心にしようと思い、愛犬の歯の健康に対して熱心になりました。最初は嫌がっていた歯磨きでしたが、今では「お口をアーンって開けてごらん」というと自分で口を開けるようになってくれました。その仕草はとても可愛らしく、愛犬にとっても歯磨きは怖くない、むしろ楽しい時間だ、と思ってくれているようにさえ感じます。日々の積み重ねの甲斐もあり、獣医師による定期的な健康診断では「こんなに歯の綺麗な子はなかなかいませんよ」というお褒めの言葉を毎回いただいています。愛犬の健康を守れるのは、飼い主だけですよね。これからも健康に長生きしてもらうために、正しい歯磨きを続けていきたい、と改めて思いました。
  • 投稿者

    30代 女性 mimi

    犬の歯の治療の難易度は高く、また治療費もかなりかかりびっくりです。しかも、歯の治療で全身麻酔は体の負担も多いので普段からのお手入れは大切です。いま、ココアは歯周病予防のプロデンを毎日飲んでキレイです。このまま、継続していきたいです。
  • 投稿者

    30代 女性 こみゃこ

    私は、病気でもないのに、全身麻酔をさせたくないので、ほぼ毎日愛犬に歯磨きをしています。それでも完璧に綺麗な状態にするには難しいですね。歯石を取りたくなりますが、取るには夫婦揃って押さえる係と取る係になる必要があり、時間もかかるので、すぐには取りかかれません。定期的に街の獣医さんに行った時に、歯の状態を見て「年齢のわりには、綺麗な歯ですね」と、言ってくれるので、歯が綺麗な犬は、食事も楽しく食べることができるし、長生きの秘訣の1つと思っているので、歯磨きを続けていくモチベーションにつながっています。
  • 投稿者

    30代 女性 芽衣子

    私は犬の歯磨きについてよく知らなかったのですが、愛犬の乳歯が抜けなくて手術をすることになった時に、初めて犬にも歯磨きをすることが大切なんだと知りました。そして、通っていた躾教室で愛犬と一緒に歯磨きの練習を行いましたが、歯ブラシや布を使って磨くのは難しかったです。だけど、愛犬にもずっと綺麗な歯で長生きして欲しいので、これからも歯磨きを頑張ります!
  • 投稿者

    40代 女性 ぱん

    人間も同じですが食べたままだとどうしても歯石が溜まりますので、飼い主さんが気を付けてあげたいものですね。
    わたしは愛犬を迎えた日から歯みがきは日課です。
    毎日する必要はなくても、口を開けさせることに慣れてもらうために短時間でも歯磨き時間を作るようにしてます。4年経った今でも面倒くさそうに口を開けてますが、以前に比べて慣れたということは分かります。

    海外イギリスでは骨を与える飼い主さんが日本より多い気がします。そのため、散歩中に会う犬の歯をみても綺麗な白なのです。犬の年齢を聞いてみると、8歳とか結構シニアの年齢でも綺麗な歯を保っている犬が多い印象です。
    お肉屋さんで犬用として骨が売られていますし、買う人も多く見られます。
    わたしも時々ですが大きな骨をお肉屋さんで購入し、愛犬にあげるようなりました。
    結構大きい骨なので「続きはまた明日ね」と言って取り上げることになりますが、愛犬も楽しみの時間のようです。
    愛犬の大切な歯を守るのは飼い主さん次第です。老後も健康な歯を保ってほしいものですね。
  • 投稿者

    40代 女性 エミリ

    歯ブラシだけはどうしてもオモチャにして齧ってしまうため、指に巻くタイプの布製のものやスプレー、歯磨きガム、民間療法ですが効果があるといわれているプレーンヨーグルトを食べさせるなど、結構頑張っていたので6歳ごろの時点では、獣医さんや看護師さんに褒められていたのですが、8歳をこえたあたりから、目に見えて歯石がたまるようになり、非常にショックを受けているところでしたので、この記事を読んで「犬の歯医者さん」とまではいかずとも、歯のケア(歯磨き)メニューがある病院やサロンがあればいいのに...と心から思いました。歯石がついて歯槽膿漏を起こしやすいのは、上の奥歯・上下の犬歯・下の奥歯とのこと、特にこの歯のケアについては、今まで以上に頑張るようにします。
    全身麻酔で歯石除去をするにも年齢的・体力的な問題があるので早めに決断しなければなりませんが、獣医さんに任せたら、ほとんどの歯が抜歯されたという話もあります。そうならないためにも、日々のケアが大切なんだなと改めて思いました。
  • 投稿者

    20代 女性 ロールケーキ

    元動物看護師です。
    歯磨きはとても大切なことですが、なかなか実践していない方がほとんどだと思います。
    高齢で歯にトラブルが起こってから歯磨きしようとしても、痛みからなかなかさせてくれない子が多いです。歯のトラブルが起きる前に日頃から歯磨きに慣れさせましょう。
    歯磨きのグッズはいろいろありますが、一番良いのは歯ブラシです。歯ブラシは、ガーゼなどでは届かない歯と歯茎の境目に溜まった汚れを毛先がかき出してくれるので一番効果的です。
    歯磨きは決して難しいことではありませんので、順を追って行っていきます。

    ①オヤツを用意する
    ②口元に触ることに慣れさせる
    ③手前の上唇をめくる
    ④奥歯が見えるように上唇をめくる
    ⑤歯を触る
    ⑥歯ブラシを歯にあてる
    ⑦歯ブラシで歯をこする

    ひとつクリアするごとにオヤツを与えて下さい。
    嫌がってしまったらその時点で辞めて下さい。無理に行ってしまうと、嫌なイメージが残ってしまい次にさせてくれなくなります。歯磨きが楽しい、オヤツもらえるなら頑張る、と愛犬に思わせるようにしましょう。

    それから、オヤツとして豚のヒズメを与えている飼い主さんがいますが、あれは固すぎて奥歯(臼歯)が割れてしまいますので与えないで下さい。とても美味しくて夢中になるほど犬は豚のヒズメが大好きですが、奥歯が割れて病院に来院するケースが非常に多かったです。
    犬に固いオヤツを与える場合は、人間の爪でグッと力を入れた時に爪痕が残る固さのものを選んで下さい。爪痕が残らない固さのオヤツは、固すぎて奥歯が割れてしまいますので注意が必要です。ガム製品も同じですね。
  • 投稿者

    女性 アニータ

    ワンちゃんの歯の治療に2~4万の費用がかかると知って驚きました!出費を抑えるには、スキンシップを兼ねた毎日の歯磨きが必須みたいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。