犬のトリミングってどのくらいで行けばいいの?正しい頻度とは?

犬のトリミングってどのくらいで行けばいいの?正しい頻度とは?

トリミングサロンから帰ってきた犬たちは、毛が短くなっているだけではなくなんだかピカピカしていて姿勢もちょっと良くなっていた、とても気持ちよさそうです。犬たちの健康維持に欠かせないトリミングですが、どんな頻度で行えばよいのでしょうか。

お気に入り登録

トリミングの目的

バリカンをされる犬

犬にブラシをかけたり、シャンプーをしたり、あるいは爪を切ったりといった犬の体を手入れして清潔に保つための行為を「グルーミング」といいます。

その中でも特に、被毛をカットして形を整えることを「トリミング」と呼びます。お店ではそれぞれを分けずに「グルーマー」と言ったり「トリマー」と言ったりしますが、いずれにしても犬の美容師さんのような立ち位置です。

シャンプーやブローは自宅でやっているという方も多いと思いますが、犬のトリミングとはいったいどんな目的で行われるのでしょう。

被毛や皮膚の健康管理のため

ハサミでトリミングされる犬

犬は一年を通じて大体同じ毛の長さの犬種と、放っておくとどんどん毛がのびていっていってしまう犬種に分かれます。一年中大体同じ毛の長さの犬の場合は年に2回ほど換毛期があってアンダーコートが抜け替わりますが、伸び続けるほうの犬たちは抜け毛があまりない代わりにずっと毛が伸びて行ってしまうのです。

これを放置しておくと毛玉になってフェルトのような状態になってしまったり、口元では食べかすがついて汚れたり、肛門周りでは便や尿が付着してにおいの原因になったりと不衛生になってしまします。

また、さらに放置すると皮膚炎の原因にもなりますね。また目の周りの毛が伸びることで眼球を傷つけてしまって、結膜炎などの目の病気になったりもします。

これを防ぐために、粘膜周りや絡まりやすい毛などを短くカットするのです。

けが防止のため

犬は全身が被毛におおわれています。肉球は地面をグリップするために毛が生えていませんが、指の間からはたとえ短毛種や普段トリミングが不要な犬たちの場合も毛が伸びていくのです。

すると走っていたり立ち上がろうとしたときにスリップしてケガをする原因になるので、これも定期的にカットが必要でしょう。

トリミングの頻度

ラブラドールのアンダーコート

家に迎えたばかりの子犬の場合は、まずは家や新しい家族になれることが先決です。また、外出はワクチンを済ませてからが望ましいので、生後4ヶ月程度になって2回目のワクチン接種が終わった1週間~2週間ころから始めると良いようです。

そこから成犬になると、人間と同様におよそ1ヶ月に1センチ~2センチの長さで伸びていきます。人間の場合は性別によるかもしれませんが、1ヶ月から2ヶ月もすると前髪が伸びてうっとうしくなりますよね。

犬の場合も同じく、きれいにトリミングされていても1ヶ月がたてばどうしても毛が伸びてぼさぼさに見えてきます。人間より体が小さいので余計に毛が伸びた感じに見えるかもしれません。そう見えたらトリミングの時期です。

あまり長く放置すると毛玉が多くできてバリカンで刈らないといけなくなったり、よだれや涙で毛が汚くなってしまったりと不都合もありますので、どんなに長く待ったとしても3ヶ月が限度となるでしょう。

しかしこれは体力のある成犬に限ってです。シャンプーやブローもあるのでシニア犬の場合は体力をよく確認して、あまり負担にならない頻度に落とすことも大切です。

まとめ

爪を切られる犬

どんな犬種でもトリミングの頻度は被毛の伸び方とその犬の性格などを考慮してあげると良いと思います。よその人と接することがとてもストレスになる犬もいますので、子犬のころから徐々に慣らしていってあげるといいですね。

トリミングサロンに電話をして予約を入れるのがおっくうになったり、ちょっと犬の体調がすぐれずにトリミングに行きにくい、といった場合は簡単でよいので目元、口元、お尻の周りなどをお家のはさみでカットしてあげましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。