犬はブルーベリーを食べても大丈夫!栄養や健康効果、与え方や注意点

犬はブルーベリーを食べても大丈夫!栄養や健康効果、与え方や注意点

犬はブルーベリーを食べても大丈夫なのでしょうか?人間の場合、目によいとされていますが、犬も同じことが言えるのか。栄養や期待できる健康効果はあるのかなど、注意点や与え方も含めて詳しく解説します。犬用レシピやおすすめサプリも紹介しています。

お気に入り登録

犬はブルーベリーを食べても大丈夫!

ブルーベリーの入ったボウルと犬

結論から言えば、ブルーベリーは犬が食べても大丈夫な食材です。

免疫向上効果や、抗酸化作用効果など、ブルーベリーには犬の健康に良いとされている成分が含まれています。

「アントシアニン」や「エラグ酸」など健康に良い成分がたっぷり!

注目されているのがブルーベリーは、むしろ目によいとされているアントシアニンや、抗がん作用のあるエラグ酸という成分も多く含んでいます。

アントシアニンが犬の目に効果があるかどうかは分かっていません。しかし、効果がないとも言われてません。

また、ブルーベリーの表面の白い粉は、「ブルーム」と呼ばれるもので、ブルーベリーの実を病気から守り、鮮度を保つ働きがあるといわれていて、抗酸化作用があるとされています。

この成分自体は、犬にとって悪いものではないようです。むしろ、がん予防になるとも言われています。

「ブルーベリー」と「ぶどう」は全く別の植物

ブルーベリーとよく似ている「ブドウ」が、犬にとって死をもたらす恐ろしい食材であるという情報が話題になったため、ブルーベリーも怖い食材だと思われがちです。

ですが、「ブドウ」と「ブルーベリー」は全く別の植物です。

同じく、レーズンもブルーベリーとは別の食材なので間違えて与えないようにしましょう。

関連記事
 犬にぶどうを与えてはいけない!その危険性と食べたときの対処法
犬にぶどうを与えてはいけない!その危険性と食べたときの対処法

犬にぶどうを与えると命に関わる危険な状態になるかもしれないということを知っていましたか?チョコレートや玉ねぎ、タコやイカ、牛乳など、犬に与えてはいけないと昔から言われてきた食べ物については、犬を愛する飼い主さんならご存じの方も多いと思います。特に、犬にとってぶどうは危険な果物として獣医師さんの間では有名です。今回は、ぶどうによる犬の中毒症状についてや、どのくらいの量が危険なのかについてまとめてみました。

  • 食べ物
  • 果物

犬にブルーベリーを与えるときに期待できる健康効果

オーケーサインをする人の手と犬

白内障や緑内障など!目の疾患への予防効果期待

犬がブルーベリーを食べることで得られる効果については、まだ研究段階で確実なことは言えません。

ですがそれでも、犬の白内障や緑内障の予防に効果的である可能性が十分にあると言われています。

というのも、白内障を患っている犬に効果的という訳ではなく、ブルーベリーに含まれる抗酸化作用によって、老化による白内障の発生を遅らせることができるというのが理由です。

その中でも特に注目されているのが、主成分である「アントシアニン」の存在です。このアントシアニンには、水晶体の酸化を抑える効果があるとされています。

科学的な立証データはありませんし、民間療法の域を超えない健康効果ではありますが、食べていて悪影響を与えるようなものではないというのは間違いありません。

抗酸化作用により老化防止

ブルーベリーといえば、目に良い食材というイメージが強いですが、ブルーベリーには老化を防止する抗酸化作用があり、内臓などの老化を予防する効果があると言われています。

また、目に良いとされるアントシアニンには、抗炎症作用や毛細血管の保護作用、さらには血液をサラサラにしてくれる作用もあります。

これらの効果によって、老化を極力防ぎ、いつまでも若々しい体を保つことができると期待されています。

さらに、抗酸化作用によって体が常にクリーンな状態となるため、他の病気の予防も期待できます。

また、ガンや皮膚病の予防にもつながるため、目の疾患に不安を抱えていない犬でも、摂取するのは良いとされているおすすめの食材なのです。

かえで さん
女性 40代
ブルーベリーのことが知りたくて、獣医さんに教えていただきました。

ビタミン類をはじめカリウムなどのミネラルなども多く含まれているそうです。

カリウムの利尿作用によってオシッコの回数が増えたり、稀にお漏らしをする可能性があるらしいです。

あと、便の色が変わる時がありますが特には問題はないそうですよ。

犬にブルーベリーを与える方法

説明

一日に与える目安量

  • 1日5粒程度(4g)を目安にする

果物を与える量は、一般的には一日あたり食事の10%未満に抑えるのが望ましいとされています。

具体的に何粒かと言われると、そのブルーベリーの大きさによって異なってくるため、なかなかたとえにくくはなります。

参考程度ではありますが、ブルーベリーの一粒の大きさの平均は0.8~1.2gでカロリーが6kcalとして、一日に300Kcal必要な犬であるならば、平均で30Kcal未満のブルーベリーを食べて良い計算になります。

これをブルーベリーのカロリーに当てはめると、個数は多くても5粒程度、g数でいうと4gくらいとなります。

あくまでも目安であり、個体によってはもっと少なくても良い場合もありますので、愛犬の体重などを見ながら考えるようにしましょう。

おすすめはジャムやソースなどのペースト状

可能であるならば、ブルーベリーを手作りのジャムやソースなどにして与えるのがおすすめです。

市販で売られているそれらの加工食品は砂糖がたっぷり使われているため、肥満の原因となります。

できれば皮ごと柔らかく煮詰め、砂糖などを使わない無添加の手作りジャムやデザートを作ってあげると安心です。

他にもヨーグルトに混ぜてあげたり、ドライブルーベリーを少量与えたりするのもおすすめです。

pao さん
女性 40代
ブルーベリーの粒が小さいため噛まずに飲み込んでしまい、うまく消化できないことがあります。

せっかくの栄養が吸収されずに出てしまうのはもったいないので、最近は一粒ずつ潰してからあげるようにしています。

ストレスなく摂取していくことが、素材の持つ最大限の効果を発揮してくれる秘訣だと信じて、毎朝一緒に食べています。

犬にブルーベリーを与える際の注意点

注意の看板を持ったパグ

ブルーベリーは健康に良い食べ物ではありますが、与え方を間違えると逆に健康を害する可能性もあります。

食べさせる前に、注意点や正しい与え方を知っておきましょう。

与えすぎないようにする

ブルーベリーには食物繊維が多く含まれているため、与えすぎると下痢や軟便を引き起こす原因になることがあります。

また、ブルーベリーのカロリーは、100グラムあたり49キロカロリーほどあるため、与えすぎると太る原因にもなります。

ブルーベリーでお腹いっぱいになり、主食が食べられなくなっては健康上良くありません。身体に良いはずのものが、かえって食生活に支障を来す原因となっては本末転倒です。

冷凍や皮付きのブルーベリーは与えない

健康に良い食材だからといっても、与え方によっては健康を害する場合もあります。

ブルーベリーはスーパーなどでは冷凍で売られていることが多いでしょうが、それらを使うときはできれば解凍をしてから、与えてた方が良いとされています。

あまりにも冷たすぎる場合、犬がお腹を冷やす原因となりますので解凍をして、大きすぎる場合はしっかりと潰してから与えてあげるようにしましょう。

また、ブルーベリーを皮付きのまま与えると消化に悪い場合もあります。

犬の食事にブルーベリーを取り入れる方法

疾患予防が期待できるブルーベリーを犬の生活に取り入れたいという方も多いのではないでしょうか?

そこで、最後は犬の食事や生活にブルーベリーを取り入れるためのレシピや市販のおやつ、サプリメントなどを紹介します。

乗せるだけの簡単レシピ「ワンコベリーパフェ」

料理のレシピイメージ

愛犬にブルーベリーを使った、デザートを作りたい方にはぜひおすすめの一品です。

ヨーグルトの上にイチゴとブルーベリーを乗せるだけというシンプルなものですが、見栄え良く盛り付けができれば、立派なご馳走スイーツに!

ちょっとしたご褒美やお祝いに是非活用をしてください。

おすすめサプリ「毎日愛眼ブルーベリー&ルテイン」

犬用サプリメント「毎日愛眼ブルーベリー&ルテイン」。

「抗酸化作用」「抗菌作用」「抗炎症作用」の働きが期待できる6種類(ブルーベリー、ルテイン、プロポリス、アスタキサンチン、ムラサキイモ、メグスリノキ)の目に良いとされる有効成分が配合されています。

犬の健康を考えて無添加であるのもおすすめのポイントです。愛犬のためにブルーベリー生活を初めてみてはいかがでしょうか。

おやつを使って上手に栄養補給「アニウェル 瞳きらきらボーロ」

アニウェル (aniwell) 瞳きらきらボーロ 40g(85粒程度)×2袋入
¥650円(税込)

ブルーベリーが配合された、目に良いおやつを探している方はこちらがおすすめです。

ブルーベリーの甘酸っぱい味が堪能できるだけではなく、目や内臓にも良い成分が配合されているため健康に良いおやつを探している方にはぴったり!

まとめ

フレッシュブルーベリー

犬にとってブルーベリーは健康効果が期待できる優秀な食材です。

目に良いだけではなく抗酸化作用によって、老化防止にもつながるブルーベリーを日頃の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

匿名 さん
女性 40代
ブルーベリーが良いと聞き、3年前から自宅で育てています。去年から実を付けてくれて、それを愛犬に与えています。

大きめの植木鉢で庭の片隅で育てられますしオススメです。

私たちも採れたてのフレッシュなブルーベリーを食べれますし、愛犬も大好物です!
はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。