犬にブルーベリーを与えて抗酸化で老化を防止!

19365view

犬にブルーベリーを与えて抗酸化で老化を防止!

人間の場合、目によいとされているブルーベリーですが、犬がブルーベリーを食べても大丈夫なのでしょうか? 今まさに与えようとしているその食材について知ることは、飼い主としてとても大切なことだと思います。

犬にブルーベリーは与えても大丈夫なのか?

人の身体に良い物とされている食材を、犬にもきっと良いに違いないと信じ与えている、そんな心から愛犬のことを思って与えていた食べ物が、実は犬に食べさせると身体に悪影響を及ぼす食材だった、ということはよくある話です。

愛犬に手作り食を、という考える方が増えてきた昨今、この食材は、ワンコに食べさせても大丈夫?という不安が常に頭を悩ませていらっしゃる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

では、数ある食材のなかで、人の身体には良いとされているブルーベリーは犬に与えてもいいのでしょうか。

ブルーベリーとブドウの違い

最近ではブドウは犬に与えてはいけない果物だと知られるようになりました。

本来、ブルーベリーは、犬に与えても大丈夫な果物ですが、見た目がなんとなくブドウに似ているので、心配になる飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、ブドウとブルーベリーについて少し述べたいと思います。

ブドウ

デラウエア

ブドウは、ブドウ目ブドウ科に属します。

栄養の主成分は、炭水化物で無機質類(特に干しブドウに多く含まれています)と食物繊維が多く含まれています。

成分だけを見たら身体に良さそうなブドウや干しブドウですが、犬がブドウや干しぶどうを食べてしまうと、ぶどう中毒を起こし、2~3時間後には、嘔吐・下痢・食欲不振・腹痛などの症状が表れ、そのまま悪化すれば腎不全を起こし、最悪の場合、死に至るケースがあるということが明らかになっています。

ブドウがダメだと言われるようになってかなり経ちますが、その中毒症状の発生のメカニズム自体は未だ解明出来ていないようです。

ブルーベリー

ブルーベリー

ブルーベリーは、ツツジ目ツツジ科に属します。

この属性でも分かるように、基本的にブドウとブルーベリーは、似て非なるものなのです。私の記憶する限り、ブルーベリーによって、犬が食中毒を起こし、死んでしまったという症例は発表されていません。

主成分は、ブドウと同様に炭水化物で、食物繊維が豊富に含まれています。しかし、ブドウと比較すると無機質類は少ないようです。目によいとされているアントシアニンや抗がん作用のあるエラグ酸という成分も多く含んでいます。ただし、アントシアニンが犬の目に効果があるかどうかは分かっていません。しかし、効果がないとも言われてません。

また、ブルーベリーの表面の白い粉(これはブドウにも見られますが)は、「ブルーム」と呼ばれるもので、実を病気から守り、鮮度を保つ働きがあるといわれていて抗酸化作用があるとされています。この成分自体は、犬にとって悪いものではないようです。むしろ、がん予防になるとも言われています。

犬にブルーベリーを食べさせる時に注意すること

ブルーベリーは、犬に食べさせても大丈夫です。しかし、その食べさせ方によって、注意が必要な場合があります。

適量を与える

愛犬にブルーベリーを与える場合、どれくらいの分量を与えるかが問題になってきます。

果物を与える量は、一般的には、一日あたり食事の10%未満に抑えるのが望ましいようです。

また、一日あたりの食事の量は、犬の大きさによるところが大きく、また、その子の年齢や健康状態でも変わってきますので、ここで、ブルーベリーの数量を明確に表記することは出来ませんが、飼い主さんが十分に注意して「適量」と思われる量を超えないことが大切です。

注意点

ブルーベリーには食物繊維が多く含まれているため、与えすぎると下痢や軟便を引き起こす原因になることがあります。また、ブルーベリーのカロリーは、100グラムあたり49キロカロリー程あるため、与えすぎると太る原因にもなります。

ブルーベリーでお腹いっぱいになり、主食が食べられなくなっては、健康上良くありません。

身体に良いはずのものが、かえって食生活に支障を来す原因となっては本末転倒です。

これは、ブルーベリーに限らず言えることかもしれません。愛犬の体重と個体の体質を考慮して、1日に与える量を見極める必要があります。

ブルーベリーは犬に与えていいものといっても、まれに、アレルギー反応を起こす犬もいますので、初めて与える際は、少しずつ様子を見ながら食べさせてください。そして、「与えすぎないこと」が大切です。

また、身体に良い、食べさせても問題ない食物だからといって、無理矢理食べさせる必要はありません。

もし、愛犬がブルーベリーを与えても口にしない(嫌い)なようであれば、無理に食べさせることはやめましょう。

どうしても、食べさせなければならないものではなく、健康のためのブラスアルファだと考えれば、他にもいろいろな食材があるからです。

まとめ

犬はもともとよく噛んで食べる生き物ではないので、粒状のまま与えてしまうと、そのままゴクンと飲んでしまい、うまく消化出来ないことがあります。できれば、潰すなどの手を加えた方がよいと思います。

犬とヨーグルト

ブルーベリー単体ではなく、ヨーグルトなどと一緒に与えるのも効果的です。この写真では、脂肪分ゼロのヨーグルトに冷凍保存しておいたブルーベリーをレンジで解凍し、少し温めて潰して混ぜて食べさせています。

最近は、ブルーベリーを加工した犬用のサプリメントも目にするようになりました、どうしてもブルーベリーの成分を食べさせたい方で、愛犬がブルーベリーを口にしないという方は、そういったものを利用するのもひとつの方法かもしれません。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 40代 女性 TIKI

    記事にあるように、ブドウは犬に与えてはいけないという事は知っていましたので、見た目が似ているブルーベリーもダメなのかと思っていました。
    でも、属性が違うという事を知って安心しました。もしかしたら人間同様に目にも良いし、老化予防になるのかもしれないですよね。適量を愛犬にもあげてみたいと思いました。
  • 30代 女性 きなこ

    ブルーベリーは見た目がぶどうと似ているので犬に与えてもいいのかな?と思ったけど大丈夫なんですね。
    これからは安心して与えられそうです。
    愛犬はあまりフルーツ類をそのまま食べないので、大好きな無糖ヨーグルトにカットしたものを混ぜたりしてあげています。
    最近は、ブルーベリーが配合されたドライフードや、粉状のサプリなどもあるのでそちらも使ってみたいと思います。
    柴犬は白内障になりやすいのでブルーベリーを食べて予防を期待します^^
  • 50代以上 女性 ろちゃん

    人間の目にいいブルーベリー、犬にとっても抗酸化作用、抗がん作用が期待できるものなのですね。
    家の愛犬のうちの一人は果物好きなので、ブルーベリーも気に入るかもしれませんが、海外在住のため手に入れるのが難しそうです。
    同じくアントシアニンが豊富なウベ(紫芋)をカロリーに気をつけながらあげたいと思います。
この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!