チワワの避妊手術について メリットとデメリットや予防できる病気まで

【獣医師監修】チワワの避妊手術について メリットとデメリットや予防できる病気まで

お気に入りに追加

チワワを飼っていて、避妊手術をこれからするかどうか悩んでいる方もいるかと思います。初めてのことだと当然不安もあると思うので、この記事を読んで少しでも参考にして頂ければと思います。

11814view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

チワワの避妊手術について

タオルを巻いたチワワ

チワワに限らず、メスの犬を飼われている飼い主さんの多くが、避妊手術をするかどうか悩まれた事があるかと思います。
この記事では特にチワワの避妊手術について詳しく紹介してみたいと思います。

では、チワワの避妊手術においてのメリット、デメリットを考えてみましょう。

メリット

  • 望まない妊娠や出産を避ける事ができる
  • ホルモン関連の問題行動を抑制できる
  • ホルモン関連の病気の予防ができる
  • チワワは、比較的に乳歯が残るケースが多いので避妊手術をするついでに乳歯を抜く事も一度の麻酔で一緒にできる

デメリット

  • 全身麻酔をかける上で他の犬種よりも小さければ小さいほどリスクを伴う
  • ホルモン異常による脱毛がみられることがある
  • 体重が増加する傾向がある

このように、メリット・デメリットがあるのでこれをふまえて注意点などもお伝えしていきます。

チワワが避妊手術で予防できる病気

手術

避妊手術で予防できる病気とは、基本的にはホルモン関連の病気です。

  • 子宮蓄膿症
  • 卵巣腫瘍
  • 乳腺腫瘍
  • 膣脱

などが主にあげられます。

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症とは、発情が終わった時期に子宮内に細菌感染が起こり、膿が子宮内にたまる病気です。

食欲が落ちたり、よくおしっこがでる、嘔吐する、お腹が張ってくる、膣から膿が出てくるなどの症状がでてきます。

発情期などで子宮頚部がゆるんだことで細菌が侵入して感染してしまったり、子宮内膜炎から引き起こされることが多くみられます。子宮内膜炎は妊娠が成立しない発情期を繰り返すことで内膜過形成(厚くなる)が起こることが関係しているとされています。そのため、大体6歳以上で出産した事のない子や過去に一度だけ妊娠をしてその後妊娠も避妊手術もしていない子に多いといわれています。

卵巣腫瘍

卵巣腫瘍とは、卵巣にできる腫瘍です。皮質性腫瘍、類組織性腫瘍、卵生腫瘍の3種類に分類され、その中でも特に皮質性腫瘍の発生が多くみられます。

初期は無症状ですが、脱毛や生理周期の異常、無発情、嘔吐、腹水が溜まることによる腹部の膨張などが見られ、稀に転移して死亡に至る場合もあります。ホルモン活性のない腫瘍の場合、症状があらわれにくい可能性もあるので注意が必要です。

子宮内膜症や子宮蓄膿症と併発することも多いので、そちらの症状に先に気付く飼い主も多くいるようです。特に妊娠、出産経験がない犬や回数が少ない高齢の犬ほど発症しやすいとされています。

乳腺腫瘍

乳腺腫瘍とは、乳腺にできる腫瘍です。良性の場合は摘出を行えば転移することもほぼありません。

悪性の場合は全身に転移し、死亡に至る場合もあります。触るとすぐにわかるので発見したらすぐ病院で診てもらう事をお勧めします。

この病気は、避妊手術によってかなりの確率で抑えられる事が分かっています。

抑制確率は、初回発情前では95%、初回発情後では92%、2回発情後では74%、30ヶ月齢以降は効果なしとなります。

乳腺炎

犬は基本的に左右5個ずつ、合計10箇所の乳腺を持っています。乳腺炎は授乳などで起こることが多いとされていますが、発情期やそれに伴う偽妊娠などが原因で起こることもあります。乳腺炎の症状は乳首が腫れたり乳房にしこりができる、黄色の乳汁が分泌される、発熱をする、痛みを感じるなど。発情期に乳腺炎を起こしやすい場合などは避妊手術をすることでホルモンバランスが安定して乳腺炎が起きにくくなります。

膣脱

膣脱とは、膣が反転し外陰部から脱出してしまう病気です。

若い子の発情期に起こり、発情が終わると自然に引っ込むこともありますが、次の発情期にまた出てしまうというのを繰り返します。

まれに 出産時の無理な助産が原因になる事もあります。床に擦れたりして腫れて潰瘍になる事もあります。

再発を繰り返す場合は、避妊手術で防ぐ事が出来ます。

チワワの避妊手術の注意点

チワワが避妊手術する際に注意点したい点は、チワワは小型犬なので麻酔のリスクは他の犬種以上にある事を覚えておいてください。

チワワだけでなく全ての犬種に言える事ですが、避妊手術を行う際は全身麻酔をかけて行います。

なので、麻酔のリスクはつきものになってきます。

手術する病院によっても多少違ってきますが大体の目安で生後半年以降で、体重も軽すぎると麻酔のリスクも上がってきますので、2kg以上ある方が手術する病院側も安心して麻酔をかける事ができます。

また、チワワでも小さすぎるとまれに先天性の病気をもっていたりする場合もあります。

病院では麻酔をかけるので事前に検査してから異常がなければ手術をおこなうという手順をふんでいる病院がほとんどだと思います。

事前検査では基本的に血液検査やレントゲンといった一般的な検査になりますので、それだけでは先天性の病気を見逃してしまう場合があります。

もしも先天性の病気を持っていたとしたら、麻酔をかけ、メスでお腹を開けて手術をしますので、避妊手術自体が成功したとしてもその後、そのまま麻酔から覚めてこないという可能性もありますし、何らかの症状が起こるようになる可能性もあります。

まとめ

カメラ目線のチワワ

チワワは、超小型犬という部類に入る犬種です。大人になっても2kgいかないという子も少なくはないと思います。

避妊手術をしたくて病院へ相談へ行ったけど、小さすぎて断られたと言う話もたまに聞いたりします。小さいチワワでももちろん避妊手術は出来ない事はありません。

ただ、その分麻酔事故の危険性も上がりますので、メリット・デメリット、病気のリスク、麻酔のリスクなども考えてお家のチワワちゃんに合った1番いい選択肢をかかりつけの病院で相談したり、家でもよく相談をして他の犬種よりも慎重に考える必要があると思います。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 ちー

    我が家のチワワも避妊手術を悩んでいるうちに2回目のヒートを迎えてしまいました。今まで飼ってきた3匹のメス犬はすぐに避妊手術してきたんですが、かかりつけのお医者さんは、やはり躊躇されて、しなくても良いのではとの事なんです。
    チワワ自体は健康ですが、身体が1.5キロしかないので、麻酔のリスクがあるからのようです。
    もし乳腺系の病気にかかった場合、その時に対処したほうが、麻酔を受ける回数を減らせるという事なのか。
    まだまだ悩んでいます。
    もう考える時間も限られているのですが答えを見つけられません…。

  • 投稿者

    30代 女性 ken

    身体が小さな犬には、全身麻酔での手術がとても心配です。手術前に最悪のケースを獣医さんから説明されると、なかなか決断できなくなってしまいます。うちの犬は体重が4kgほどあったのですが、それでも心配で心配で麻酔から目が覚めたらすぐに電話をくださいとお願いをしました。
    全身麻酔のリスクと、避妊・去勢手術をしなかった場合のリスクを天秤にかけて考えられるようなものでもなく、ただ愛犬の命の心配をしてしまうとキリがありませんでした。
    私の場合は、先代の犬が2匹とも10才を過ぎてから婦人科系の病気になりましたので、避妊手術を早くやっておくべきだったと後悔していました。また年を取って体力がなくなってから病気になって麻酔をするよりは、若くて体力もある、回復力もあるうちに、という思いで決めました。
  • 投稿者

    女性 こんぶ

    友人の飼っているチワワの女の子は体重が2kg前後の小さな子です。
    やはり体が小さいことで全身麻酔は心配と避妊手術をしていませんでしたが、9才で子宮に病気をし手術となりました。その手術の際にはやはりとても心配をしていました。
    どの犬にも全身麻酔のリスクはあると思いますが、小さな子はそのリスクが増すと聞きます。信頼できる獣医さんとよく相談をして行わないといけませんね。
  • 投稿者

    女性 青りんご

    チワワではありませんが、昔体重が3kg足らずの小さなマルチーズを飼っていました。
    室内飼いだし、小さな身体でしたので出産させるつもりはありませんでしたが、避妊手術もしておりませんでした。しかし10才前後で立て続けに婦人科系の病気になり手術をして子宮を摘出しました。
    10才を越えてから病気をして手術をするくらいなら、若くて体力のあるときに避妊手術をしてあげればよかった、と後悔しました。
  • 投稿者

    30代 女性 ひまわり

    うちの子(チワワ♀)も避妊手術を受けさせました。記事にも有りますが、子宮関係の病気が結構発症すると聞いて、特に妊娠させる予定も無かったので手術をお願しました。その時獣医さんから言われたのは、麻酔のリスクについてでした。チワワは体が小さいのでその影響も受けやすいそうです。心臓の疾患があるチワワちゃんは特に注意が必要ですよ。
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    チワワのような超小型犬の場合、手術の際の麻酔はどうするんだろうと気になっていました。超小型犬でも体重がある方がもちろん安心ですが、超小型犬よりも短頭種の方が麻酔のリスクも高いようです。
    うちの愛犬はチワワではありませんが、シニアに入る頃、子宮蓄膿症になり子宮摘出手術となってしまいました。麻酔のリスクなど考える時間の余裕もないまま緊急手術だったので、とても心配で麻酔から覚めるまで眠ることもできず、無事に退院できるまで不安で仕方なかったです。後から聞いたことですが、愛犬は歳のせいか手術中に一度心臓も止まってしまったそうです。
    避妊手術もいずれと思っている場合は、やはり他の方のコメントにもありますが、若く体力のあるうちに済ませておくとリスクも減らせると思います。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    我が家には、1.8kgのドワーフタイプのチワワを飼ってます。
    生後5カ月でお迎えし、その後に受けた健康診断で避妊手術希望を伝えました。
    不安もありましたが、ワンちゃんをお迎えする前から身体に問題なければ、必ずする事の1つに去勢避妊手術も視野に入れてました。
    雌雄特有の病気を避ける為でもあり、超小型犬は、出産の際もリスクがつきます。
    子犬を望まないのであれば妊娠は避けたい、避けるべきと思ってます。
    飼い主の勝手な考えですが、生まれた子犬の全てに里親が見つかるとも限らないし、疾病を持つ子だと経済力が要ります。
    飼育費で家計を圧迫させると家庭不和、飼育放棄、捨てるとも成り兼ねません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。