犬はレモンを食べても大丈夫!健康に良い理由とは?

12902view

犬はレモンを食べても大丈夫!健康に良い理由とは?

犬はレモンを食べてもなぜ大丈夫なのかを解説します。レモンはビタミンCの宝庫!ビタミンCはお肌や健康に嬉しい働きをしてくれますが、それは犬に必要なのでしょうか?そういった、犬にレモンを食べさせることについてまとめてみました。

レモン

犬にレモンは与えていいのでしょうか。

そもそも犬にレモンは必要ですか?

「レモン」といえば、ビタミンCが豊富な食べものとして、真っ先に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

人間の場合、健康に良いとされている果物ですが、犬の体はもともとビタミンCを合成する機能を備えています。なので健康な犬であれば、レモンなどの野菜や果物、食べ物からビタミンCを摂取する必要はないとされています。

しかし、犬も年をとるにつれ、生活環境や体力、ストレスからビタミンを多く消耗してしまうため、一日に必要なビタミンCを合成することが難しくなります。
そんな場合にはレモンを食べるようにして、レモンに含まれるビタミンCを補給してあげましょう。

では、特にどのような犬がビタミンCを多く消耗し、補給を必要とするのでしょうか。

お薬を服用している犬

犬はビタミンCを肝臓で合成します。

お薬を服用中の犬は、肝臓がその服用した薬を分解するために働いているので、通常の機能が十分に機能せず、ビタミンCをうまく合成することができない場合があります。

家族に喫煙者がいる犬にはレモンを!

犬の受動喫煙には人間と同じく、とてもストレスがかかり、ビタミンCを激しく消耗します。特に副流煙に含まれる科学物質の中には空気よりも重いものもあるので、人間よりも床に近い所で生活しているわんこに与える影響は大きいのです。そういう環境にある飼い主さんは、犬にレモンを食べさせてあげましょう。

タバコがわんこに与える影響の詳細については『犬にタバコが及ぼす影響は誤飲だけじゃなかった!』の記事で詳しく解説してあります。

年老いた犬にはレモンが効果的!

加齢と共にビタミンCを合成する機能が低下し、必要量を作り出せないため、レモンを与えることでビタミンCの摂取をさせましょう。

このような犬には、レモンの他にもビタミンCを意識的に摂取させるような生活にすると良いでしょう。

また、癌を患っている犬は、血管から高濃度のビタミンCを投与すると癌の進行を遅らせる効果があると注目されています。癌の進行を遅くするレモン、若いころから愛犬に与えていきたいですね(あげすぎはいけませんよ!)。
また、レモンのようなビタミンC成分を与えることが犬の免疫力をあげて、老化防止にもなります。

犬がビタミンC不足になることがあるの?

元気ない犬

前述に記したように、犬はビタミンCを作ることが出来るのですが、それが足りているかどうかはまた違ってきます。

ある調べによると、犬の体内で作られるビタミンCの10~30倍が実際には必要な量だと考えられており、全く足りていないとのこと。

犬は本来、獲物の内臓からビタミンやミネラルを摂取し、体内で作っても足りない分を補ってきました。しかしペット化した犬の現代のドッグフードには、ビタミンCが添加されているものが多いものの、吸収や機能性としては随分と劣ってしまいます。なので犬がレモンを食べるのは良いとされているんですね。

犬がビタミンC不足になると、主に次のようなトラブルが発生します。

レモンに含まれるビタミンCが不足すると起こるトラブル

  • 骨や関節、軟骨のトラブル:股関節形成不全など
  • 皮膚のトラブル:アレルギーやアトピー症状など
  • ホルモンに関わるトラブル:副腎や脳下垂体などの機能低下など
  • その他のトラブル:肝臓や膵臓、膀胱の機能低下や肥満など

また、肝臓の機能が弱ったり病気を患ったときには、ビタミンCの生成が遅れることもあります。普段からレモンなどを摂取して体をサポートしてあげると良いでしょう。

犬に「レモン」の酸っぱさは大丈夫?

「レモン」は人間でもちょっと舐めるだけでとても酸っぱい刺激があります。

犬は味覚が人間ほど鋭くないので酸っぱさにも鈍いのではないかと思われがちですが、犬はリンゴなどの柑橘類の匂いだけでもくしゃみや嫌悪感を表情に出すコがいます。また、柑橘系を与えるとお腹が緩くなって、特にレモンの強い酸は犬にとっても刺激物となります。

犬は飼い主さんがレモンを持っていたら、興味を持って近づき催促するコもいるでしょう。

そのレモンを犬がちょっと舐めてみたり一かけらを齧るのは問題ないので、味見させてみてください。

恐らくレモンのあまりの刺激にビックリして催促はしなくなるでしょう。もしくは悶絶しているその姿があまりに可愛くて飼い主さんの方がまたあげたくなってしまうかもしれません。

しかし、無理に与えることはやめましょう。また、飼い主さんの楽しむ反応を見て興奮したり、レモンの刺激に味をしめる変わり者がいても、大量に与えたりすることは体にも良くないので、少量でやめておきましょう。

「レモン」で体調を悪くすることは?

玉ねぎやチョコレートのような中毒性はないのですが、レモンを大量摂取は薄皮による消化不良や下痢、嘔吐を引き起こす恐れがあります。

薄皮と白い部分は消化に悪いので、与えないようにしましょう。

もし誤って食べてしまっても少量であれば、次の日のウンチでそのまま出でるでしょう。

また、ビタミンの過剰摂取はそれほどきにしなくても大丈夫です。ビタミンCは水溶性ですの、体内に吸収できなかったものは、尿などから自然に体外へと排出されます。

まとめ

サプリメント

「レモン」に含まれるビタミンCは犬の健康にとって大事な成分ではあるのですが、それはレモンで補う必要はなく、ビタミン系のサプリメントや健康補助商品で安全に安心して摂取できます。

動物は本能的に自分の体内に足りていない成分を補おうと、無意識に足りない成分を多く含んでいるものを摂取しようとします。

ですから、犬がレモン食べたそうにして口にし、酸っぱそうにしながらも食べようとするのは、ビタミンCが不足しているからなのかもしれませんね。もしくは、犬が好奇心でレモンに興味を持っているだけかもしれません。

ビタミンC不足なんだと決めつけて、レモンを無理に食べさせたりせず、もし心配な場合はビタミンCはサプリメントやドッグフードで補いましょう。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

愛犬にどのようにレモンを与えていますか?

愛犬にレモンを与える時に注意していることはありますか?オリジナルレシピやアドバイスなど、愛犬へのレモンの与え方を皆さんに教えてあげて下さい(^_-)-☆

  • 30代 女性 チョコママ

    犬の体って自分でビタミンCを作ることができるなんてビックリしました。そんな機能が備わっているんですね!
    たしかに、あの刺激的なレモンを愛犬に与えようとは思ったこともないですし、与えてはいけないと思っていました。愛犬の酸っぱい顔とか見てみたい気もしますけどね(笑)♪
  • 30代 女性 きなこ

    犬はビタミンCを体で生成できるから必要ないと思ってましたが、タバコなどの環境や高齢だと必要な場合もあるのですね。
    与えたくても、すっぱくてそのままだときっと口にしない子がほとんどでしょうね?。
    ビタミンCを摂るにはサプリが一番効率いいと思いますが、自然のものにこだわるなら同じ柑橘系で甘みのあるミカンやちょっと酸味が抑えられてるキウイなどでもいいかもしれませんね^^
  • 50代以上 女性 ソナタ

    記事を読んで、犬の体はビタミンCを合成する機能を備えていることを初めて知りました。
    健康な犬であれば、食べ物からビタミンCを摂取する必要はないんですね。
    レモンに含まれるビタミンCは大事な成分ですが、それはレモンで補う必要はなく、
    サプリメントや健康補助商品で摂取させようと思います。
  • 40代 女性 おはら

    犬は体内でビタミンCを作り出せるので、あえてレモンなどを食べさせる必要はないと思っておりましたので、とても参考になりました。

    犬は加齢とともに体内で作り出せるビタミンCの量が少なくなってしまうのですね。うちの愛犬はもう高齢犬なので、もしかしたら、ビタミンCが必要量もたりていないかもしれません。かといって、犬は柑橘系が苦手な子が多いですし、あの酸っぱいレモンを食べてくれるかどうか・・。

    ビタミンCは犬にとって、コラーゲンの生成に必要な成分ですし、免疫力も高めてくれるので、これからはサプリメントや、ブロッコリー、さつまいも、かぼちゃなどのビタミンCが豊富で、愛犬が食べてくれそうな他の食材で補給していきたいと思いました。
  • 女性 ぷう実

    うちの食いしん坊の愛犬パグは、とにかく食べ物なら何でも大好きです。今まで食べ物で拒否したものを見たことが無かったのですが、レモンだけは苦手だったようです。初めて舐めさせた時、目をクリクリさせ驚きの表情をして、走って逃げて行きました。飼い主の私もそんな姿を初めて見たので、驚いて笑ってしまいました。やはり、独特の酸味に驚いたようで、愛犬にとってインパクトのある食べ物だったようです。老犬にレモンが良いことを初めて知りました。うちの愛犬ももうすぐ老犬の部類に入ってくるので、ビタミンCの豊富なレモンに慣れさせておきたいですね。人間も同じですが、ビタミンCが足りないといろいろと体に問題が出てくるようです。バランスの良い食事をして、愛犬にも長生きしてもらいたいものです。
  • 30代 女性 aoki

    犬は柑橘類のニオイが苦手だと聞いていました。家具などの噛み癖を直すトレーニングスプレーなどは、柑橘系の匂いがつけられているものがあります。なので、犬にレモンを与えた方が良いとは驚きです。(正確にはビタミンCでしょうか)
    ビタミンCの抗酸化力を目的にサプリメントを与えるのなら、アスタキサンチン成分が良いかもしれませんね。最近人間用のサプリメントとしても人気ですが、ペット用に開発された商品を先日紹介されました。アスタキサンチンはビタミンCの6000倍もの抗酸化力だと聞きました。
    またビタミンCは加熱で破壊されやすい成分なので、サプリメントが有効なのは納得です。ビタミンCは過剰摂取の心配がない栄養素なので、ビタミンCの含まれブロッコリーやいちごやみかんなどの食材を、うちの愛犬の手作りご飯でも意識して取り入れていきたいと思います。
  • 20代 女性 由夜

    レモンをあげてもいいなんてとても驚きでした!小学3、4年ごろから犬を飼い始めその後2匹を看取り、今現在も2匹飼ってますが知りませんでした。現在飼ってる犬たちも8歳を越えて、高齢なので与えてあげたいと思います。生のレモンを買うことが滅多にないので、飲み水にポッカレモンを数滴たらしてみたいとおもいます。
この記事をシェアする

愛犬にどのようにレモンを与えていますか?

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。