寒い季節に犬のトリミングはしないほうがいい?

寒い季節に犬のトリミングはしないほうがいい?

定期的に犬のトリミングをしているという飼い主さんは多いと思いますが、冬にトリミングはしない方がいいのでしょうか?寒い季節のトリミングの必要性や注意点について考えてみましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録

寒い季節のトリミングはしない方がいい?

雪をかぶる柴犬

月に1回など愛犬のトリミングをしているという飼い主さんも「冬にカットは必要なのかな?」「寒くない?」と悩むこともあるのではないでしょうか?

トリミングは毛を切り揃えて美しく整えるもので、特に換毛期がなく毛が伸び続けるシングルコートの犬種には欠かせないお手入れです。シングルコートの場合は毛が伸びて絡まりやすく、そのままにすると毛玉になって皮膚トラブルの原因になってしまうので注意しなければなりません。

アンダーコートとオーバーコートを持つダブルコートの犬の場合は、春・秋など年に2回換毛期があるため日頃ブラッシングなどのケアを行えば必ずしもトリミングが必要ということではありません。

シングルコートで毛が伸び続ける犬の場合は毛玉ができたり皮膚トラブルになったりすることを防ぐために、寒い季節でもトリミングが必要です。ただし、暑い季節に必要なトリミングとはやや異なるためいくつか気をつけておくべき点があるということを覚えておきましょう。

寒い季節のトリミングの役割や必要性

トリミング中のシュナウザー

そもそもトリミングの役割とは、毛が必要以上に伸びすぎることで毛玉や皮膚トラブルが発生することを防ぐものです。毛を清潔に保つこと・怪我や病気を防ぐこと・ノミダニなどの発生を防ぐこと・熱中症対策などのために必要とされ、さらに見た目のかわいさやおしゃれのためにトリミングを行うということも少なくないでしょう。

ダブルコートで毛が多い犬の場合、熱中症対策のために毛を短く刈り揃える“サマーカット”をすることもあると思います。寒い季節には熱中症対策のためのトリミングは不要ですが、毛を清潔に保ち皮膚トラブルや怪我を防ぐためのトリミングは季節を問わず必要になってきます。

寒い季節のトリミングの注意点

足先をカットされているチワワ

毛が伸び続けるシングルコートの犬や毛量が多く絡まってしまうような犬の場合は、寒い季節でもトリミングが必要です。

しかし、犬の被毛は体を保温するために必要なものなので寒い季節のトリミングでは短くしすぎないように注意しましょう。次回のカットまでの期間を長くするために毎回かなり短くカットするという飼い主さんもいるようですが、特にシングルコートや小型犬の場合は寒さに弱い傾向にあるのである程度長さを残してあげるといいでしょう。

寒い季節のトリミングでは暑い季節に比べて毛を長めに揃えることがおすすめですが、その場合は日々のブラッシングをしっかりと行って毛が絡まったり毛玉になってしまったりすることを予防するようにしましょう。また、体の毛は長めに整えておいても足先やお尻まわりなど特に汚れやすい部分のみしっかりカットしておけば、清潔を保ちやすいのでおすすめです。

まとめ

笑顔のマルチーズ

シングルコートの犬や毛量の多い犬の健康を守るために、トリミングは欠かすことのできないものです。しかし、ただ短くすればいいというわけではなく、季節に合わせたトリミングを考えるということも大切。寒い季節の場合は体温を守るために胸やお腹などの毛は長めに残し、汚れやすい足やお尻のまわりだけ短く刈るなど工夫するといいと思います。トリミングはそれぞれの犬の寒さ・暑さへの耐性や生活スタイル、持病などを考慮して行うようにしてあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。