犬の『お手入れ』におけるNG行為2つ

犬の『お手入れ』におけるNG行為2つ

飼い主さんがやってしまいがちな『犬のお手入れにおけるNG行為』をまとめました。愛犬のお手入れ正しく行えていますか?間違ったお手れは、病気や感染症の発症原因になることがあります。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬のお手入れにおけるNG行為①「綿棒を使って耳の中のお手入れをする」

飼い主の膝の上で綿棒で耳のお手入れをされているポメラニアン

愛犬の耳の中のお手入れは、どのようにされていらっしゃるでしょうか。ペットショップやホームセンターなどでは、犬用の綿棒や、犬用の耳のお手入れ用のクリーナーが売られていますが、ご存じでしょうか。

犬の耳の中のお手入れをしてあげたいと思い、購入された飼い主さん、実際に使用された飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。実は、綿棒を使って犬の耳の中のお手入れをすることは、あまり良い行為ではありません。

なぜ、綿棒を使って耳の中のお手入れをしてはいけないのか

犬は、耳の病気になりやすい動物です。特に、外耳炎や外耳道炎になり、病院で診察を受けたことで発見されるケースが多くあります。外耳炎や外耳道炎を発症する原因のひとつに、綿棒を使ったお手入れがあげられています。

耳道を綿棒で擦り続けていると、その刺激によって、表面の皮膚が、どんどん分厚くなっていきます。暑さが増せば増すほど、耳道が狭くなり、通気性が悪くなります。そうすると、耳の中が不衛生な状態となり、雑菌が繁殖しやすい状態となり、抵抗力が落ちます。これらが、外耳炎や外耳道炎の主な原因なんです。

耳の中のお手入れはどうしたら良い?

耳垢やニオイが気になるときは、獣医さんの診察を受け、適切な処置を行ってもらいましょう。飼い主さん自身が適切な正しいお手入れを行うことができるのであれば、犬用のイヤークリーナーや、お手入れのために必要な道具を、獣医さんに処方してもらうこともできます。

ぜひ、相談されてみてください。耳の病気は命に直結するものではありませんが、脳に近い場所であるため、脳に影響することがあります。十分に注意してお手入れしてあげましょう。

犬のお手入れにおけるNG行為②「皮膚のお手入れについて」

身体をブラッシングされている垂れ耳の犬

動物病院で治療を受けている犬の多くが、皮膚病を理由に通院しているとされています。皮膚病は、原因を突き止めることが難しく、治療を開始するまでにも時間がかかってしまうため、悪化してしまいやすいのです。皮膚病を発症する原因は様々ですが、飼い主さんによる、間違った皮膚のお手入れが原因であることもあります。

間違ったシャンプーによる「接触性皮膚炎」

接触性皮膚炎は、皮膚に対して刺激の強いシャンプーが原因で起こる可能性のある皮膚病です。低刺激なシャンプーであっても、シャンプーを頻繁にしすぎてしまい、発症することもあります。犬用のシャンプーであれば良いというわけではありません。愛犬の皮膚の状態に合わせて、適切なシャンプーを選ぶ必要があります。

愛犬のシャンプーは正しく行えているでしょうか。トリミングサロンでシャンプーをする場合も、愛犬に適したシャンプーであるとは限りません。皮膚に異常がある場合には、シャンプーや洗い方に改善が必要な場合もあります。

間違ったブラッシングによる「マラセチア皮膚炎」

マラセチアという真菌は、正常な皮膚の状態であっても、犬の皮膚に常に存在している、常在菌です。間違ったブラッシングによって、皮膚の状態が悪化し、皮脂の分泌が増えるのと同時に、真菌が過剰に増殖します。そうすると、皮膚がベタベタし、独特な悪臭を発生させ、大きなベタついたフケが出るようになります。

毎日のブラッシング、適切に行えているでしょうか。ブラッシングをしすぎて、皮膚の傷つけるようなことがあってもなりません。ブラッシングをほとんどせず、皮膚にホコリやフケや抜け毛がたまったままの状態にしておくのもよくありません。皮膚の状態、被毛の状態など、愛犬に合った、正しいブラッシングを行ってあげましょう。

まとめ

マットの上に伏せている笑顔の秋田犬

犬の飼い主さんがやってしまいがちな、犬のお手入れにおけるNG行為について、

  • 綿棒を使って耳の中のお手入れをする
  • 皮膚のお手入れについて

この2つをテーマにご紹介しました。

お手入れのNG行為、行っていませんか?正しいお手入れ方法がわからないときは、かかりつけの獣医さんに相談されてみてください。その場で正しいお手入れの方法を指導していただくことができます。そうすれば、自宅でも愛犬のお手入れを正しく行ってあげることができますね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。